暮らし

新千葉新聞5月25日掲載

5月25日掲載

市民総出でごみのない街

2019-5-25-01

5月30日中心に「ごみゼロ運動」  5月26日日曜日に 君津地域4市の日程

5月30日の「ごみゼロ運動」が今年も5月30日を中心に各地で実施される。
この運動は、昭和57年に関東地方知事会の「空缶対策推進委員会」によって定められ、関東甲信越静の1都10県が共同歩調で取り組んでいるもので、5月30日の語呂合わせから、5月30日に一番近い日曜日を「関東地方環境美化行動の日」と定め、ごみの散乱防止と、空き缶等の収集による再資源化促進の普及・啓発などを目的に展開されており、今年で37回目。
千葉県でも毎年、県民総参加で実施されており、君津地域4市では、あす26日(日)に行われる。
近年はライフスタイルの多様化等で、自治会ごとに、あるいは個人で前倒しして実施することも多い。
地元各市の予定は次の通り。
▷木更津市=市職員が22日(水)、昼休みを利用して、朝日庁舎、駅前庁舎、出先機関周辺などで「市職員ゴミゼロ運動」を展開した。
渡辺芳邦市長は26日(日)当日、公務のため、清掃活動には参加しない。
▷君津市=石井宏子市長は、午前7時50分ごろ、久保自治会の高畑公園でごみの収集作業を行った後、午前9時頃には大井青年館で住民と共に活動する。
▷富津市=高橋恭市市長は、午前8時に、総合社会体育館に富津地区住民と共に集合し、富津地区の活動に参加する。
▷袖ケ浦市=出口清市長は例年、自宅周辺で地域住民の活動に参加する。

 

 

税の重要性を深く認識

2019-5-25-02

木更津税務署管内納税貯蓄組合連合会  青年部・女性部の3組織 合同定期総会開く

木更津税務署管内納税貯蓄組合連合会(佐宗隆会長)による、「木更津市令和元年度第60回連合会定期総会、第36回青年部(苅込昌俊部長)定期総会、第33回女性部(村松章子部長)定期総会」が23日、君津信用組合本店4階大会議室で開かれた。
3組織関係者が一堂に会しての合同総会には、室岡哲也木更津税務署、中村幸一木更津県税事務所長(代理・盛田信次長)、出口清袖ケ浦市長(4市代表)、各市の納税課及び各種経済団体代表など約30人が出席した。
主催者挨拶で佐宗会長は「今年も国を支える税の重要性を深く認識して、期限内完納、電子申告、納税制度の普及活動の推進など、税のよき理解者・協力者の拡大に努めたい」などと挨拶、理解と協力を願った。
来賓各氏は、同連合会の高い納税知識に敬意を表し、「特に税の作文募集事業ではすぐれた作品が多数寄せられ、税に対する新しい視点も学ぶことが出来る」などと高く評価し、一層の期待を込め祝辞を述べた。
議事では3組織がそれぞれに、平成30年度事業報告・収支決算報告、令和元年度事業計画・予算案を審議し、全会一致で承認された。
また任期満了を伴う役員改選では村松女性部長が退任希望を提出しており、現在女性部長が空席となっている以外は全員留任、再任された。
総会終了後、木更津税務署より、今年10月からの消費税率引き上げに伴う「消費税軽減税率制度」についての説明も行われた。
新役員は次の通り。
◎役員(青は青年部、女は女性部、表示なしは本会)
▷会長=佐宗隆(県連常任理事兼)
▷副会長=田中勝、石渡正明、嶋津正和(青副部長)、苅込昌俊(青部長)
▷常任理事=藤平利雄(青理事)、芝﨑操
▷理事=佐久間ひろし、宮澤義夫、鳥飼宏親、鶴岡弘、多田正行、目黒泰之、榎本雅司(青副部長)、戸波亮(青副部長)、田中智和(青会計理事)、美濃川光夫(青理事)、神子良男(青監事)、氏家慎司(青監事)、門脇なな子(女副部長)、武内スミ江(女副部長)、土岐早苗(女副部長)、齊藤一江(女会計幹事)、森いく(女幹事)、榎本好子(女幹事)
▷監事=鶴岡忠男、宮木一則
▷相談役=鈴木金彌   (敬称略)
(写真は総会で佐宗会長の挨拶と総会の出席者達)

 

 

暫定配備 木更津市に

2019-5-25-03

オスプレイ配備市長に説明 防衛副大臣が来津

24日(金)午前、原田憲治防衛副大臣が木更津市役所(木更津駅西口、スパークルシティ8階)を訪問して、『陸上自衛隊MV-22オスプレイ』の暫定配備に向け、「陸上自衛隊木更津駐屯地を使用させてもらいたい」旨の説明を、木更津市(渡辺芳邦市長)と、木更津市議会の近藤忍議長・國吉俊夫副議長に行った。(詳細後日)
オスプレイは、ヘリコプターとプロペラ機の特徴を併せ持つ輸送機。
プロペラを上に向ければ垂直離着陸ができ、前に向ければプロペラ機のように速く飛べる。
米軍は普天間基地(沖縄県)や横田基地(東京都)に配備している。
防衛省は2021年度までに計17機のオスプレイを導入し、最終的に佐賀空港(佐賀市)に配備する計画。
佐賀県は昨年8月に受け入れを表明したが地権者の多くが所属する地元漁協との調整が難航している。

 

 

職種は上級一般事務・上級機械

2019-5-25-04

かずさ水道広域連合企業団 職員採用試験募集

かずさ水道広域連合企業団(木更津市潮見2-8、前木更津市水道部)では、「職員採用試験(令和2年1月1日採用)」を7月28日(日)に実施するに当たり、受験者を募集している。
試験職種は上級一般事務と上級機械、募集人員はいずれも若干名。
職員採用試験の詳細は次の通り。

【試験職種、募集人員、受験資格】
《上級一般事務》
◎募集人員=若干名
◎受験資格
▷昭和58年4月2日から平成9年4月1日までに生まれた人で学歴を問わない、
▷平成9年4月2日以降に生まれた人で学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)を卒業した人。
(令和元年12月までに卒業見込みの人を含む)
《上級機械》
◎募集人員=若干名
◎受験資格=昭和58年4月2日以降に生まれた人で学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において機械に関する課程を専攻して卒業した人。(令和元年12月までに卒業見込みの人を含む)
【受験手続】
◎申込書(受験票含む)の請求先=同企業団の総務企画課窓口で23日から配布している申込用紙の郵送を希望する場合は封筒の表に「○○職受験申込用紙請求」(○○は試験職種)と朱書きし、住所・氏名・郵便番号を明記した返信用封筒(A4判サイズ・角型2号)に切手(120円)を貼り同封する。
◎申込手続=申込書及び受験票に必要事項を記入し、同課へ直接持参か郵送する。
郵送する場合は封筒の表に「採用試験申込」と朱書きし、住所・氏名を明記する。
【受付】
◎期間=6月5日(水)から6月19日(水)まで。
時間は午前9時から午後5時まで(土・日は除く)。
郵送は6月19日(水)まで(当日消印有効)。
【試験日時・場所】
◎第一次試験=7月28日(日)午前10時から(受付9時~9時20分)同企業団会議室、
◎第二次試験(第一次試験合格者対象)=9月中旬(予定)。
【試験科目】
◎第一次試験=教養試験、専門試験、適性検査、作文試験(両職種共通)。
(作文試験は第二次試験として評価)
◎第二次試験=口述試験(両職種共通)。
【合格者の発表】
◎第一次試験合格者=8月中旬(予定)に合否にかかわらず書面により通知。
◎最終合格者=第一次試験及び第二次試験結果に基づき最終合格者を決定し、合否にかかわらず書面で通知する。
問い合わせは、かずさ水道企業団・総務企画課TEL0438-25-1621へ。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら