暮らし

新千葉新聞5月17~18日掲載

5月17日掲載
写真で売上げが上がる

2018-5-17-01

木更津市のカメラマン曽根善範氏撮影  オフィスミズキング 都心百貨店で成果

「私たちの使命は皆様の売上アップです!」を合言葉に、あらゆる産業を支援するワンストップ窓口、「木更津市産業・創業支援センター(愛称・らづ-Biz、瀬沼健太郎センター長)」が今年2月1日、木更津商工会館1階にリニューアルオープンし4か月。
これまでに300人以上の相談者が訪れており、様々な成果が生み出されている。
木更津市岩根で写真撮影を営む、オフィスミズキング(曽根美瑞紀代表)では、同センターの助言で4月から、~スーパーカメラマンによる食べられそうな料理写真撮影サービス≪セールスアップフォト≫~を開始、このサービスの支援を受けた木更津市内の事業者の販売実績が好調になったという。
スーパーカメラマンは料理写真歴35年「ライティングの神」と言われた木更津市の曽根善範氏(オフィスミズキング在籍)。
今回、木更津市羽鳥野でピーナッツを使ったオリジナル料理を発信している『ピーナッツフィールズ(黒川栄一代表)』では、落花生のおにぎり、木更津産落花生、落花生ソフトクリームの商品写真をセールスアップフォトに依頼。
撮影した写真を広告媒体として使用した結果、5月3日~9日まで、東京・渋谷東急百貨店本店での催事販売は高い評価を得て完売。
この結果、東急東横店、東急吉祥寺店での販売が決定した。
撮影した曽根善範カメラマンは、これまでも老舗ホテルのレストランメニューや大手百貨店ホームページ用・パンフレットなど様々な写真を手掛けている。
問合せはオフィスミズキング
TEL 0438-41-5151へ。
(写真左は落花生おにぎり販売用に撮影の落花生ごはん、右は落花生の写真)

 

 

 

暁星国際が初の優勝

2018-5-17-02

県高校総体女子サッカー 関東大会に出場へ

県高校総体「女子サッカー」が13日までに暁星国際高校(木更津市)のサッカー場等で行われ、暁星国際が決勝で幕張総合を2-0で破り、創部5年目にして初の優勝を飾った。
昨年は惜しくも準優勝だった暁星国際。
今大会では出場した全試合で1度も失点を許さず、頂点にのぼりつめた。
同校は6月2日~4日に群馬県で開かれる関東大会に出場する。

同校の対戦結果は次の通り。
(シード校のため2回戦から出場)
◎2回戦
▷暁星国際  5-0 市船橋

◎準々決勝
▷暁星国際 12-0 市松戸

◎準決勝
▷暁星国際  2-0 流通経大柏

◎決勝
▷暁星国際  2-0 幕張総合

 

 

 

アレグラッソ君津が優勝

2018-5-17-03

「ロータスイシヤマ アクアスマイルカップ」  FCウーノ木更津主催 少年サッカー5年生

FCウーノ木更津(代表・小林紀之)主催の「第14回ロータスイシヤマ アクアスマイルカップ少年サッカー大会(5年生大会)」が、このほど、木更津市桜井運動場で開かれた。
市内外の12チームが出場、予選リーグと決勝トーナメントで熱戦を展開した結果、アレグラッソ君津(君津市)が初優勝を飾った。
同大会は、木更津市サッカー協会、同少年サッカー連盟後援、ロータスイシヤマ、水野スポーツ協賛で開催。
木更津市内少年サッカーチームの交流を図り、同時にサッカー技術の向上を目的としている。
試合は勝利を目指して真剣に臨むが、試合が終わった後は、お互いが笑顔で握手をしてリスペクトする。
試合は8人制サッカーで行われ、1チーム6人でも出場できる。
予選リーグは、Aブロック、Bブロック、Cブロック、Dブロックに分かれ、各3チームで戦い、ブロック1位チームが決勝トーナメントに出場した。
その結果、優勝はアレグラッソ君津(君津市)、準優勝は青堀SC(富津市)、第3位はFCフェルサGION(木更津市)、第4位はアクアユナイテット(木更津市)で、それぞれカップと賞状が贈られた。
優勝チームはこのほかメダルも。

決勝の結果は次の通り。
◎準決勝
▷アレグラッソ君津  4-0 アクアユナイテット
▷青堀SC       1-1 FCフェルサGION
        (PK 2-1)

◎決勝
アレグラッソ君津  1-0 青堀SC

◎3位決定戦
▷FCフェルサGION 18-0 アクアユナイテット
(写真はアレグラッソ君津の選手たちを表彰)

 

 

 

創立50周年を迎えて

2018-5-17-04

木更津東RC 記念式典や講演会

木更津東ロータリークラブ(会長・大澤藤満)の「創立50周年式典」が、今月19日(土)午後2時(受付午後1時)から同8時30分まで、木更津市矢那のアカデミアホールとオークラアカデミアホテルで開催される。
午後2時からアカデミアホール202ホールで「記念式典」、同3時30分からは「記念講演会」となっている。
その後、会場をオークラアカデミアホテル平安の間に移し、午後5時30分から祝賀会。
記念講演会では、㈶松下政経塾元塾頭の上甲晃氏が、『志のみ持参』をテーマに話をする。
上甲氏は昭和40年京都大学卒業後、同年、松下電器産業(株)入社。
昭和56年・松下政経塾に出向、平成8年(有)志ネットワーク社設立、平成9年「青年塾」創設。
著者に『志のみ持参』『続・志のみ持参』『志を教える』(以上致知出版社)、『志は愛』『気がついたらトップランナー』(以上燦葉出版社)、『人生に無駄な経験などひとつもない』(五月書房)ほか多数がある。

 

 

 

底生動物、海浜植物、野鳥

2018-5-17-05

干潟を守る連絡会 盤州干潟自然観察会

木更津市の小櫃川河口・盤州干潟を守る連絡会主催「盤州干潟自然観察会」が、今月26日(土)午前10時30分~午後0時30分(雨天中止)で開催されるため、参加者を募っている。
募集人員は先着順で20名。
誰でも参加できるが、小学生以下は保護者の同伴が必要という。
参加費は資料代として300円、
集合はJR巌根駅西口(海側)に午前10時。
盤州干潟は、小櫃川河口周辺に残された東京湾で唯一の自然干潟。
干潮時には沖合2キロまで陸が現れ、広大な面積を持つ日本最大級の砂質干潟。
同観察会では、カニ等の底生動物、海浜植物、野鳥などを観察するほか、運が良ければ環境省絶滅危惧Ⅰ類、世界で小櫃川河口だけに生息する「キイロホソゴミムシ」が見られるかも知れない。
案内人は、公益財団法人日本自然保護協会自然観察指導員。
参加希望者は電話で事務局・御簾納さんへ、午後6時から同9時の間に
(TEL 090-1804-1399)

 

5月18日掲載
健康的な生活習慣を

2018-5-18-01

木更津市で3月末まで 健幸マイレージ

木更津市では、市民の健康に対する関心を高め、健康的な生活習慣を意識するきっかけづくりを目的に、今年度も『きさらづ健幸マイレージ』がスタートしている。
期間は来年3月31日まで。
「マイレージ」とは、プログラムなどに参加登録し、活動によってポイントを貯め、規定ポイント数を達成するとプレゼントなどがもらえる仕組み。
昨年度はこのマイレージ事業に木更津市の他、県下で7市が取り組んだ。
木更津市の同事業は、市が主催する各種健(検)診の受診や、健康をテーマにする講座の受講によりポイントを獲得し、規定のポイント数達成により、何度でも応募できる。
応募者の中から抽選で地元産の野菜の詰め合わせや米などが贈呈される。
昨年度は931人が応募した。
今年度から参加対象年齢をこれまでの20歳から18歳まで引き下げ、若い世代の健康への意識向上を図りたいとしている。
ポイント対象事業は、「国保特定健診(個別・集団)の受診」をはじめとする各種健診及び健診結果の説明会、人間ドック、勤務先での健診、ガンの集団検診、市主催のスポーツイベント・健康講座・いきいき館が主催する事業への参加、献血、自分自身で行っている健康への取り組みなど間口は広く、これからの事業に1回参加することで1ポイント獲得でき、3ポイントで何度でも応募できる仕組み。
第1回の応募締め切りは8月末日。
応募用紙は市ホームページからダウンロードできるほか、健康推進課、保険年金課、朝日庁舎総合案内等で配布している。
詳しくは市健康推進課 TEL 0438-23-8376へ。

 

 


坂田涼音さん大会新

2018-5-18-02

辻航生君は大会タイ、共に100メートルで記録
小中体連木袖支部 小学校陸上競技記録会

千葉県小中学校体育連盟木更津・袖ケ浦支部(支部長・今宮公雄蔵波中校長)主催、平成30年度「第25回木・袖支部小学校陸上記録会」が、16日、袖ケ浦市営陸上競技場で開かれた。
同大会には木更津市・袖ケ浦市の公私立27小学校の4年生以上の男女の代表選手が一堂に集い、自己記録の更新等に挑んだ。
午後8時30分からの開会式には、髙澤茂夫木更津市教育長、御園朋夫袖ケ浦市教育長、南房総教育事務所、木・袖両市教育委員会、各校校長など関係者多数が参列して選手を激励した。
今宮支部長や、来賓代表の御園教育長は挨拶で、新年度の早い時期での同大会の開催にあたり練習不足や夏日を思わせる好天で熱中症等を心配する中で、「学校の代表として、積む重ねてきた練習成果を活かし頑張ってください」などと激励した。
参加選手を代表して長浦小6年の久野幸大選手と錦織百花選手が「多くの応援に感激して、チーム一丸となって力いっぱい協議する」と選手宣誓を行った。
各競技場では児童代表が補助役員を務め、スムーズな協議進行をサポートした。

 

 

 

アンケート調査に協力

2018-5-18-03

木更津市今月末まで 広報モニターを募集

木更津市では、市が発信している様々な媒体について、市民によりわかりやすく、親しんでもらえるようにアンケート調査に協力してくれる「広報モニター」を5月31日(木)まで募集している。
対象とする媒体は、
▷広報きさらづ=毎号閲覧(毎月1日発行)
▷ラジオ番組
 ①情報ばなな(かずさエフエム)=週1回視聴(月・金曜日放送、毎週更新)
 ②おっぺせ木更津(かずさエフエム)=毎回視聴、第2・第4木曜日、月2回放送(毎回更新)
 ③AqualineStories(アクアラインストーリーズ、ベイエフエム)=毎週視聴、毎週日曜日放送(毎回更新)
▷テレビ番組=オーガニックシティきさらづ(J-COMジェイコム、11チャンネル)=月2回視聴、毎日4回放送(毎月1日、16日に更新)

なお、ラジオ・テレビ番組はインターネットでも視聴することが出来る。
番組視聴に係る費用などは個人負担。
試聴期間は7月1日(日)~9月30日(日)。
応募資格は市内在住で対象媒体を視聴できる20歳以上の人。
募集人員は15人。
応募者多数の場合は年齢・性別などを考慮して抽選する。
結果は本人に直接通知する。
謝礼は3000円の図書カード。
申し込み方法は、今月31日(必着)までに、住所・氏名・年齢・性別を明記して郵送・FAX・Eメールで。
詳しくは市ホームページ、情報政策課(TEL 0438-23-7460)

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら