暮らし

新千葉新聞5月14日掲載

5月14日掲載

体験こそ力、共に育む

2019-5-14-01

棒澤会長を再任、かべ新聞等の入賞者表彰  木更津市子ども会育成連協 令和元年度総会

「あの子もこの子もわが子と同じ」を合言葉に活動を展開している、木更津市子ども会育成連絡協議会(棒澤敦子会長、会員12単位子ども会・1637人)の「令和元年度総会」が11日(土)、市民総合福祉会館で開かれた。
木更津市民歌斉唱で開会の式典には、渡辺芳邦市長、高橋浩県議、高澤茂夫教育長、田中雪男袖ケ浦市子ども会育成連協会長、木PTA連協、青少年相談員、青少年補導員など各種団体の代表が出席した。
棒澤会長(写真中央)は主催者挨拶で、昨年度の設立60周年記念事業が盛会裏に終了したことに深く感謝するとともに、令和元年に新たな歴史を築く重みに触れながら一層の連携強化で充実した活動の展開への理解と協力を願った。
また様々な子育て環境の変化等に伴い、会員数の減少も否めず、県下全域での会員増は喫緊の課題、とするなど現状報告も行われた。
来賓各氏は同会の益々の発展を願い祝辞を述べた。
席上、各種表彰も行われ、退任者へ敬意を表するとともに、単位子ども会の活動を称えた。
議事では役員改選も行われ、棒澤会長などが再任された。
表彰者は次の通り。

◎育成者功労表彰
▷山田通子(八幡台子ども会)=永年にわたり、単位育成会長、地区役員を務め退任。

◎特別賞
▷衹園小(清見台1丁目育成会)=第26回県子連主催広報コンクール金賞(広報誌の部)

◎市子連主催、新聞・広報紙・かべ新聞コンクール入賞者
《かべ新聞の部》
▷金賞=東太田ひまわり子ども会「平成ヒマワリ新聞」
▷銀賞=真舟子ども会「真舟ニコニコ新聞」
▷銅賞=清見台南町子ども会「南町新聞」、南清子ども会「ひょっこり新聞」
▷努力賞=貝渕たけのこ子ども会「楽しさまんさいたけのこ新聞」、八幡台子ども会「八幡台子ども会新聞」

新役員は次の通り。(任期は2年、敬称略)
▷会長=棒澤敦子
▷副会長=鈴木清、宮木明美、水島享子、鳥飼万希子
▷事務局長=高岡礼乃
▷監査=斉藤昭平、杉山道江
▷顧問=荻野一男、尾坂勇、三上徳康

 

 

変動著しい社会に対応

2019-5-14-02

全案可決。研修の充実や社会貢献活動等  県税理士会木更津支部 定期総会を開く

千葉県税理士会木更津支部(安室信成支部長、会員97人、法人15件)の令和元年度「第18回定期総会」が10日、東京ベイプラザホテルで開かれた。
杉田慶一千葉県税理士会会長、室岡哲也木更津税務署長、中村幸一千葉県木更津県税事務所長、青木和義木更津法人会会長、佐宗隆納税貯蓄組合連合会会長、鈴木克己木更津商工会議所会頭、渡辺芳邦木更津市長、君津地域4市税務担当部長、木更津税務署幹部職員など来賓多数も出席して、開会を祝した。
安室支部長は、冒頭、「令和元年の支部長という要職に身の引き締まる思い」と挨拶、さらに「複雑・多様化・変動著しい税を取り巻く社会情勢に対応して、常に今何をするべきかを考えての行動が求められている。そのために、①研修の充実、②社会貢献活動の実施、③他の外部団体との連携強化」などを掲げて、会員の理解と協力を願った。
来賓各氏は、地域経済の発展に税理士の果たす役割の重要性に触れながら、益々活力ある組織であるよう願い、祝辞を述べた。
(写真は挨拶する安室信成木更津支部長)

 

 

拓大紅陵が2連覇

2019-5-14-03

千葉商大付に完封勝ち、10度目優勝  春季県高校軟式野球 関東大会出場決める

「春季県高校軟式野球大会」が4月27日から今月12日まで、青葉の森野球場(千葉市)と長嶋茂雄記念岩名球場(佐倉市)で行われた。
熱戦の結果、拓大紅陵が3-0で千葉商大付に完封勝ちし、2年連続10度目の優勝を決めた。
同大会には、拓大紅陵、木更津総合、千葉商大付、横芝敬愛、千葉聾、日出学園、八千代松陰、市川、筑波大付聴特の9校が出場。
拓大紅陵の先発・重城選手は8回まで2人の走者しか許さない9三振を奪う力投で相手打線を封じ込めた。
木更津総合は初戦敗退した。
拓大紅陵と千葉商大付は今月25日(土)から東京・ネッツ多摩昭島スタジアムほかで行われる「春季関東地区大会」に出場する。
拓大紅陵は14度目、千葉商大付は6度目の出場。
地元勢の結果は次の通り。
◎2回戦
▷拓大紅陵  18 - 0 筑波大付聴特(5回コールド)
▷千葉商大付  4 - 2 木更津総合
◎準決勝
▷拓大紅陵   5 - 4 八千代松陰
◎決勝
▷拓大紅陵   3 - 0 千葉商大付

 

 

道路の正しい歩き方

2019-5-14-04

交通公園で木更津市と袖ケ浦市の児童  木更津警察署 小学生交通安全大会

5月11日~20日までの「春の全国交通安全運動」に因み、木更津警察署(木川良徳署長)では初日の午前9時から、木更津市交通公園で「第2回木更津警察署小学生交通安全大会」を実施した。
これは、「小学生低学年児童の交通事故防止」と「自分の安全は自分で守る」という交通安全意識の定着などを狙いに昨年同署で初めて開催、今回2回目。
参加者は木更津署管内の木更津市と袖ケ浦市の小学2年生が対象で、東清・西清・南清・高柳・清見台・岩根・八幡台・波岡・蔵波・奈良輪・根形・昭和の各小学校から1人~5人、合計27人と保護者。
さらに渡辺芳邦木更津市長、杉浦弘樹袖ケ浦市民健康部長(市長代理)、交通安全協会(田丸幸男会長)、安全運転管理者協議会(前田正登志会長)、木更津署関係者など多数が大会運営に協力した。
開会行事で木川署長は保護者などに対し昨今の痛ましい交通事故についてふれ、「子どもたちの安心・安全確保のために見守り活動の強化を図る」などを期し挨拶。
児童らには「道路の歩き方をしっかり勉強してください」などと約束した。
参加者を代表して、櫻井さん(7歳、奈良輪小)が、「交通事故のない毎日が過ごせるように、この大会で交通ルールをしっかり学びます」と選手宣誓を行った。
児童たちは、公園内の模擬道路で信号機の見方、正しい歩き方の実技審査、道路の歩き方などに関する筆記試験に臨み、合計得点の上位4人には、メダルや商品が贈られた。
最後にマスコットキャラクターなどとの記念撮影も行われ、有意義な学びとなった。

 

 

日本画、洋画の春季展

2019-5-14-05

駅前の中央公民館 木更津美術協会主催

木更津美術協会(会長・豊藏愛子)の「春季展(日本画、洋画)」が15日(水)~19日(日)午前10時~午後5時30分(最終日4時迄)、木更津市立中央公民館第二会議室(スパークルシティ木更津6階)で開かれる。
木更津市教育委員会及び文化協会後援。
会員42人による力作を紹介する展示会。
多くの来場を歓迎している。会員は次の通り。
▷相澤重行、青木重夫、赤崎英昭、浅見由紀子、穴吹昭人、石井菊男、石井省三、石井信輔、伊藤直子、今杉直子、岩埜せつ子、岩間ふみ江、大森美枝、岡田登美枝、角本三代、北川りつ子、木村博幸、栗田信子、木場正臣、坂井駿夫、佐々木とし子、須貝剛、鈴木ふじ子、堂園寿子、戸貝誠一、豊藏愛子、永田千代子、中村竹子、広田富美子、廣中敏夫、藤岡節子、伏見誠司、保立節子、本宮秀雄、本郷美枝子、松江久美子、盛一枝、山口とし江、山田周治、山田美都、吉田昌弘、吉永安伸。(敬称略)

 

 

おしゃべりサロン

2019-5-14-06

請西の八崎集会場

高齢者福祉を目的に木更津市請西の八崎集会場で開かれている「請西おしゃべりサロン」(代表・和田和代)が開設10周年を迎え、これを記念したサロンが、来る16日(木)午前10時から午後2時まで開かれる。
記念のサロンは、開設に尽力してくれた人、毎回参加している人、支援者、講師、スタッフなどを招待したいと計画されたもの。
いつもの講話、体操、お茶などの他、演芸も楽しめ、時間も通常より2時間延長して実施。
「請西おしゃべりサロン」は毎月第3木曜日に開かれており、今回で124回目。
地域限定はなく、請西地区以外からも参加できる。
また、サロンを開設したい地区の人の視察も歓迎する。
申し込み不要、直接会場へ。
問い合わせは和田代表 TEL090-2367-3810。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら