暮らし

新千葉新聞4月6日掲載

4月6日掲載
信頼される看護師へ

2018-4-6-01

 

初心を忘れず、学びを深めると決意
君津中央病院付属看護学校 男女60人が入学

国保直営総合病院君津中央病院(海保隆病院長)付属看護学校(永見寿治学校長)の「平成30年度入学式」が4日、4階体育館で挙行された。
式典は、君津健康福祉センター・野田秀平センター長(代理・大嶋英二郎副センター長)、県看護協会・川名千春氏、君津地域4市の健康管理課や同校生徒たちの実習先の医療機関等の関係者、同校を運営する君津中央病院企業団・田中正企業長、海保病院長、保護者、病院、病院・学校職員、在校生など多数が見守る中、厳粛に行われた。
今年度の入学生は60人(うち男性8人)。
新入生が1人ずつ呼名された後、永見学校長の「入学おめでとうございます」の言葉に、新入生に安どと喜びの表情が満ち溢れた。
永見校長は式辞で、「学校内だけの学びでなく、ボランティア活動など様々な体験を通して、十分な知識と精神面を高め、優れた人間性を持った看護師になってほしい」などとエールを送り、入学を祝った。田中企業長や海保病院長、来賓各氏も「医学の進歩は日進月歩、学びを深め、初心を忘れず、看護師になるという夢を実現させてほしい」「学校生活では、医学の基礎を学び、医療現場で様々な課題に対し、解決の方法やその答えを見つけ出す方法を学ぶ3年間にしてほしい」「努力する事の大切さを忘れずに」など、期待を込め祝辞を述べた。
上級生代表の野口茉由さん(3年生)が「仲間を大切に、共に日々学びを深めよう」と歓迎の言葉。新入生代表の深井茉林さんから「憧れの看護師になることを目標に地域の人々や患者様から信頼される看護師になれるよう努力します」と誓いの言葉があり声高らかに校歌を斉唱した。
(写真は新入生誓いの言葉)

 

 

悩みなど気軽に相談

 

2018-4-6-02

 

中学校10校と小学校9校に11人配置
木更津市教委 心の教室相談員を委嘱

児童生徒が悩みなどを気軽に相談し、ストレスを和らげることのできる第三者的存在、木更津市教育委員会の「心の教育相談員」への委嘱状交付式が3日、市役所朝日庁舎で行われた。
高澤茂夫教育長が相談員一人一人に配置校が示された委嘱状を手渡した。
同相談員は教職経験者や青少年育成団体など地域の人材の中から、同事業に積極的に取り込む意欲のある人を委嘱しているもので、平成10年度に文科省の事業で開始され、平成13年度に木更津市独自の重要事業として継続しており、今年で21期目。任期は1年間。
今年度は新任2人、再任9人の計11人。市内の10中学校と9小学校に配置した。
席上、教育長は「心の問題は表からは目に見えにくい。個別指導を有する子供もいると思うが、教職員とは違った目線で個々に寄り添い配慮してほしい。地道な活動ですが、よろしくお願いします」などと期待を込めて挨拶をした。
相談員と配置校は次の通り(新任以外は再任)。
▷渡邊由美子(木一中、木一小)、▷山口照子(木二中、真舟小)、▷鈴木眞佐枝(木三中、祇園小)、▷坂下孝子(岩根中、高柳小)、▷青木かおり(波岡中)、▷渡辺悦子(請西小)、▷塚本恵子(太田中、木二小)、▷縄谷裕子(岩根西中、南清小)、▷山岡裕子(清川中、富来田中、馬来田小)、▷赤石秀子(畑沢中、新任)、▷齋藤清美(畑沢小、新任) (敬称略)
(写真は高澤教育長などと心の教室相談員)

 

 

児童生徒の読書推進へ

2018-4-6-03

 

小学校に19人、中学校に13人を配置
木更津市で独自採用 読書相談員を委嘱

木更津市では4日、「平成30年度読書相談員」を委嘱した。
これは、市内小中学校の児童生徒の読書活動の推進を図るなどを目的に市独自に平成18年度から実施しており、今年度で13年目を迎えた。初年度は小学校のみを対象に12人でスタート。その後学校や保護者などからのニーズに応え、規模を拡大、平成22年度には中学校でも開始した。今年度は26人(1人新任)を委嘱し、市内の全小中学校(小学校19校、中学校13校)に配置した。任期は1年間。
読書相談員は朝読書や読み聞かせ、図書室の環境整備、学校支援(図書)ボランティアとの連携活動などを行っており、児童・生徒の読書意欲が高まり、読書量も増加するなど大きな成果をあげている。また市で保有する図書の数の確保に係る「図書台帳」の整備にも協力している。
委嘱状交付式では高澤茂夫教育長が相談員一人一人に委嘱状を手渡して、活動の展開に期待を寄せた。
席上、高澤教育長は、木更津市民の若竹千佐子が今年1月に第158回芥川賞を受賞したこと、若竹さんを講師に「文芸講演会(木更津市立図書館主催)」が4月28日に木更津ビューホテルで開催されるなど紹介し、「木更津市にとって誇れること。今後も子ども達の読書活動を推進し、読書の素晴らしさ、楽しさを伝えて欲しい」などと要請、日ごろの協力に感謝した。
読書相談員と配置校は次の通り。(新任以外は再任)(敬称略)
《小学校》
▷中原まどか(木一)、▷近藤麻里子(木二)、古藤田葉子(東清)、▷三木栄子(西清)▷長屋紀美恵(南清)、▷三好美恵(清見台)、▷中田智子(祇園)、▷廣木真理(岩根)、▷石神美絵(高柳、富岡)、▷落合求美(波岡)、▷北河小百合(鎌足)、▷桐枝直子(金田)、▷永井真由美(中郷)、▷多喜成美(馬来田)、▷河口いずみ(畑沢)、▷庄司織江(請西)、▷小原貴子(八幡台、新任)、▷前田佳代(真舟)

《中学校》
▷石橋直子(木三、岩根西)、▷地曳友子(畑沢)、▷佐々木和江(木一、清川)、▷酒井美幸(金田、富来田)、▷田中真由美(太田)、▷山﨑香奈枝(木二)、▷信田夕美子(鎌足、波岡)、▷山田正惠(岩根、中郷)
(写真は高澤教育長や岩埜伸二教育部長らと読書相談員)

 

木一小教頭に吉田氏

2018-4-6-04

 

君津地域4市 小中高の教頭の異動

南房総教育事務所管内にいける君津地域4市の異動のうち、小中学校・県立高校の教頭の異動等は次の通り。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら