暮らし

新千葉新聞4月6日掲載

4月6日掲載

医療の担い手へ決意新た

2019-4-6-01

君津木更津医師会立木更津看護学院 看護師養成2年課程 40人に入学を許可

郷土の医療現場を担う看護師を養成する一般社団法人君津木更津医師会(神田豊彦会長)立木更津看護学院(重城利國校長)の平成31年度「准看護師課程第68回生入学式」が4日、同校3階大教室で厳粛に開催された。
式典には、久保秀一君津健康福祉センター長、木更津市市長代理の鈴木賀津也健康こども部部長、各市の健康・福祉部代表、渡辺尚子県看護協会事業第一課長、長谷部猛君津木更津歯科医師会副会長、剣持義明君津木更津薬剤師会会長、大村富良木更津ロータリークラブ幹事、三枝一雄・本吉光隆君津木更津医師会顧問、学生の実習や卒業生勤務の医療機関代表、保護者など多数が参列して、晴れの入学を祝った。
今年度の入学者は地元君津地域を中心に准看護師課程第68回生40人(女性34人、男性6人)。
国歌斉唱の後、ひとりひとり呼名されたのち、重城校長から「准看護師課程第68回生40人の入学を許可します」と高らかに入学許可宣言が行われた。
続く式辞で重城校長は、これまで3000人を超す卒業生が地域医療の担い手として活躍しているなどと、歴史と伝統を誇る同校への入学を歓迎し、「2年間の学びの中で看護師として知識や技術はもとより、「温かい人間性を養い、資格取得を目指して欲しい」などと期待を込めエールを送った。
来賓各氏も、「専門的な優れた知識や技術を取得し、人間愛溢れた看護師を目指して欲しい」などと祝辞を述べた。
在校生を代表して第67回生の大久保香織さんが、「これから辛いこと、悩むこともたくさんあるが、我々も目標に向かい努力している。共に仲間同士励まし合って頑張っていこう」と歓迎の言葉。
新入生を代表して重田彩佳さんが「歴史と伝統のある本学院で学べることを誇り、2年間の学びや学習を通して、人間としても成長するよう日々努力する」と宣誓を行った。
同校は昭和15年木更津助産婦看護婦学校として設立され、昭和27年、君津郡市医師会立木更津准看護婦学校となり現在に至る。
これまでの卒業生は3,000人超、地域の看護力充足に貢献して来た。

 

 

山口嘉男組合長を再任

2019-4-6-02

JA木更津市の通常総代会 全議案を可決承認

木更津市農業協同組合(JA木更津市)の第46回木更津市農業協同組合通常総代会」が、3月29日に同協同組合本店大会議室で開催された。
当日は総代616人に対し、本人252人、代理人7人、書面議決305人が出席したほか、来賓として渡辺芳邦市長や立﨑政男君津農業事務所長などが出席した。
席上、平成30年度事業報告や平成31年度事業計画など11議案全案が原案通り可決・承認された。
また役員の改選も行われ、理事16人、監事5人が選任された。
総代会後の理事会では、山口嘉男代表理事組合長が選任(再任)された。
このほか、常務理事に善場稔氏、常勤監事に鈴木正氏が選ばれた。
任期は3年間。

 

 

あすオープンイベント

2019-4-6-03

朝市や人形劇など 金田交流セで賑やかに

今月1日に開館した「木更津市金田地域交流センター」(木更津市金田東6-11-1)で、あす7日(日)午前9時から午後2時まで、『オープンイベント』が賑やかに開催される。
オープニングは木更津吟詠会により吟詠、正午からは勇壮な和太鼓(見立太鼓)演奏が披露され、イベントを盛り上げる。
イベントの内容は次の通り。()は協力団体。

◎朝市がやってくる!かねだマルシェ開店=「新鮮な地元産品とキッチンカー」午前10時~午後2時、屋外イベントスペース。(金田漁協所属海苔漁師、金田まちづくり協議会、NPO法人一粒舎<予定>)
◎お楽しみコーナー
▷人形劇=午前11時~11時30分、2階ワークショップ室。
(みなとまちなかFriendship、劇団リリィ)
▷縁日=午後0時30分~2時、屋外イベントスペース。
(みなとまちなかFriendship、劇団リリィ)
▷「卓球で遊ぼう=午後0時30分~2時(予定)、2階多目的ホール。
(かねだ卓球クラブ)
◎無料体験イベント
▷ボッチャ体験=午後10時~午後2時、2階会議室(予定)。
(木更津市、あいおいニッセイ同和損保㈱)
▷ヨガ体験=午前10時30分~正午、2階多目的ホール。
(ヨガサークルかねだ)
問い合わせは同センターへTEL0438-97-6292。

 

 

富来田包括支援センター

2019-4-6-04

介護サービスなど 4月から真里谷に開設

木更津市は今年度4月1日から、「木更津市富来田地域包括支援センター」を開設した。
場所は木更津市真里谷883-1、高齢者支援施設『馬来田の太陽』内。
TEL0438-53-8031、FAX0438-53-8132。
地域包括支援センターとは、高齢者が住み慣れた自宅や地域で生活できるように、必要な介護サービスや保険福祉サービス、そのほか日常生活支援等の相談に応じる高齢者の総合窓口で、保健師など各種専門的な知識や資格を持つ職員が配置されている。
富来田地区はこれまで木更津市北部地域包括支援センターの担当地区となっていたが、同地区に新たに開設することで、より地域に身近な高齢者の相談窓口が出来、高齢化の進む同地域の人々に喜ばれている。
高齢者の総合相談とは、介護に関すること」「心身の状況にあった介護予防の支援」「権利や財産を守るための支援」「高齢者を地域ぐるみで支援」などを無料で行う。
営業日は、月曜日~金曜日(祝日及び1月2~3日、12月29~31日を除く)。
時間は午前8時30分~午後5時15分まで。
担当地区は、大稲、真里、下内橋、戸国、茅野、茅野七曲、山本七曲、真里谷、田川、佐野、下郡、根岸、上根岸、下宮田。
この富来田地区センターの開設で合計5つのセンターが開設されることになり、市内全域をより細かく支援できることになった。

 

 

きさらづ健幸マイレージ

 

18歳以上木更津市民 応募受付始まる

~健やかな生活で幸せに~。
木更津市の『2019年度きさらづ健幸マイレージ事業』応募受付が、4月1日から始まった。
同事業は、市民の健康に対する関心を高め健康的な生活習慣を実践する行動変容のきっかけとなるよう、平成27年度から実施しているもの。
各種健診の受診や健康、スポーツに関する講座への参加、健康のための運動や食事の取り組み・改善等に対しポイントを付与し、3ポイントを達成した応募者の中から抽選で賞品を贈呈する。
なお、若年期健診の受診者数が減少傾向であることを踏まえ、2019年度においては、賞品の一部に電子地域通貨「アクアコイン」のプリペードカードを加えることにより、スマートフォン所有率の高い若年層の健康意識の醸成を図る。
詳細は次の通り。
◎参加対象者=18歳以上の木更津市民。
◎応募方法=ポイント対象事業に3つ以上参加し、所定のポイントを得て健康推進課へ応募。
◎応募締切日
▷第1回抽選=2019年8月31日(土)
▷第2回抽選=2020年2月28日(金)
◎賞品
▷第1回抽選
①アクアコインチャージ用プリペイドカード2,000円分(10人)
②新米(40人)
▷第2回抽選
①アクアコインチャージ用プリペイドカード2,000円分(10人)
②地元産野菜の詰め合わせ(60人)
▷ダブルチャンス抽選(第2回の抽選後、全応募者から再抽選を行う)=アクアコインチャージ用プリペイドカード2,000円分(5人)◎ポイントを貯める期間=2019年3月1日(金)~2020年2月28日(金)
◎応募期間=2019年4月1日(月)~2020年2月28日(金)
◎応募券の入手方法=健康推進課窓口、市役所朝日庁舎総合案内、市ホームページ、がん検診等の案内に同封、ポイント対象となる健診等の会場、ポイント対象となるスポーツ教室等の会場、各公民館、いきいき館等で入手できる。
問い合わせは、木更津市の健康推進課へTEL0438-23-8379。


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら