暮らし

新千葉新聞4月4~5日掲載

4月4日掲載

医療の担い手へ決意新た

2020-4-4-01

君津木更津医師会立木更津看護学院  看護師養成2年課程 34人に入学を許可

郷土の医療現場を担う看護師養成機関、一般社団法人君津木更津医師会(神田豊彦会長)立木更津看護学院(重城利國学校長)の「准看護師課程第69回生入学式」が2日、同校3階大教室で挙行された。
式典には例年、君津地域4市の代表や、学生が実習を行ったり卒業生の勤務する医療機関関係者、保護者などが出席して晴れの入学を祝っているが、今年は、現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、出席者は、新入生と医師会正副会長、学院教職員のみ。
窓を開け、全員マスク着用、椅子の間隔も広く開け、国歌や校歌斉唱はピアノ演奏を聴くだけ(斉唱なし)など、安全対策に万全を期して行われた。
今年度の入学者は、地元君津地域を始め、県内外からの34人(女性30人、男性4人)。
一人一人が呼名された後、重城学校長が入学許可宣言を行った。
重城学校長は式辞で「今年は感染症の影響で異様な入学式となったが、現場では常に様々な問題が発生する。どんな状況でも一番大切なのは優しさ、思いやり、相手の立場に立って物事を考えられるかである。2年間の学習の中で知識と技術、豊かな人間性を身につけてもらいたい」などと期待を込めて挨拶、入学を祝した。
医師会を代表して神田会長は、「新型コロナは非常に厳しい状況である。皆さんは今日、医療最前線の入り口に立った。2年間の勉強・実習に励み、全員が資格を取得してもらいたい。医療現場で待っています」などと激励。
新入生を代表して鈴木佳代さんが「伝統ある本学院で学べることを誇りに、学びや実習を通して人間としても成長できるよう日々努力する」と宣誓を行った。
同校は昭和15年(1940)木更津助産婦看護婦学校として設立され、昭和27年に君津郡市医師会立木更津准看護婦学校となり、現在に至る。
開校以来、多くの准看護師などを輩出、地域の看護力充足に貢献している。
(写真は全員がマスク姿での今年の入学式、右が重城校長)

 

会長に矢田博幸 波岡中校長

2020-4-4-02

木更津市小中学校長会 新年度役員決まる

令和2年度木更津市小中学校長会の全体研修会(総会)がこのほど、君津教育会館で開かれ、今年度の役員体制が決まった。
会長には波岡中学校の矢田博幸校長が就任した。
新役員は次の通り。
▷会長=矢田博幸(波岡中)
▷副会長=高野芳一(真舟小)、高橋達之(木二中)
▷事務局長=白井弘子(高柳小)
▷事務局=出口雅志(富来田中)
▷監事=長島則彦(中郷小)、吉沢信之(金田中)
▷管理運営部長=大木昌代(木二小)
▷調査研究部長=唐鎌勲(岩根小)
▷経営研修部長=篠田薫(畑沢小)
▷学校財政特別委員会委員長=増田一秀(波岡小)
▷勤務態様特別委員会委員長=座間良彦(西清小)
▷生徒指導特別委員会委員長=西克夫(木一中)   (敬称略)

 

週末と平日夜の外出自粛を

2020-4-4-03

森田知事が県民に呼びかけ 当面12日まで

新型コロナウィルスの感染拡大を抑えるため、森田健作千葉県知事は2日、週末と平日夜間の不要不急の外出を自粛するよう県民に呼びかけた。
当面12日までとした。
森田知事はこれまで、週末の東京都内への不要不急の外出と、平日の都内での夜間外出を控えるよう県民に要請していた。
県内でも感染者が増えており、対象を拡大した。
県内では3月28日、東庄町の知的障害者福祉施設「北総育成園」の集団感染が判明、2日夕で97人の感染が確認されている。
県疾病病対策課によると、同日で県内の感染者は195人(うち死者1人)となった。

 

小規模事業者の金融支援

2020-4-4-04

新型コロナウィルスの影響を受けた会員  木更津商工会議所 マル経融資相談会

木更津商工会議所では、新型コロナウィルスの影響により「売上客数減少」などの影響を受けた会員(小規模事業者)の金融支援に繋げるため、日本政策金融公庫と連携して、『新型コロナウィルス対策マル経融資(小規模事業者経営改善資金)相談会』を、今月20日(月)、22日(水)、24日(金)の3日間開く。
同商工会議所 中小企業相談所の経営指導員が相談に応じる。
時間は午前9時から午後5時まで。
場所は同商工会議所2階特別会議室。原則予約制。
マル経融資とは、昭和48年に誕生した「無担保・無保証人・低利」の国の融資制度のこと。
新型コロナウィルス対策マル経融資の特長は、
▷無担保・無保証人で保証料も不要、
▷融資金利は1.21%=貸付日から当初3年間0.31%、3年経過後1.21%(令和2年4月1日現在)、
▷返済期間は、運転資金7年以内・設備資金10年以内(各々措置期間設定あり)、
▷貸付限度額は、一般マル経とは別に1千万円(コロナ特別貸付併用の場合、条件あり)。
利用できるのは次の要件の全てを満たす同会議所会員。
▷従業員20人以下(商業・サービス業は5人以下)の法人・個人事業者、
▷商工会議所の経営・金融指導を受けて事業改善に取り組んでいる、
▷最近1年以上、木更津市内で事業を行っている商工業者であり、日本政策金融公庫の融資対象業種を含んでいて税金(所得税・法人税・事業税・住民税等)を完納している、
▷新型コロナウィルス対策の影響を受けて最近1か月の売上高が、前年または前々年同期と比較して5%以上減少した。
申し込みは申告書に必要事項を記入し、木更津商工会議所へファックスで(FAX0438-37-8705)。
問い合わせは同商工会議所 中小企業相談所へ(TEL0438-37-8700)。

 

久留里線の活性化図る

2020-4-4-05

3市とJR千葉支社等 協議会を設立予定

『(仮称)JR久留里線活性化協議会』が4月15日(水)設立される。
地域住民の通学・通勤の足として重要な役割を担ている「JR久留里線」は、近年利用者が下降傾向にあることから、同沿線の君津市・木更津市・袖ケ浦市と管理運営を担う千葉県及び東日本旅客鉄道㈱千葉支社では、~JR久留里線の利用促進の推進、同線の持続的な発展、沿線地域の振興~などを目的に、同協議会を設立して、地域住民の利用促進や県内外への活発な広報活動により観光客の誘致等の取り組みを進める。
15日午後3時から君津市役所内で行われる設立総会には、君津・木更津・袖ケ浦市の市長、千葉県総合企画部長、東日本旅客鉄道㈱千葉支社企画部長などの出席が予定されている。
席上、▷規約の制定、▷役員の選出、▷令和2年度事業計画、▷令和2年度収入支出予算などが審議される。

 

歩け歩け大会等中止に

2020-4-4-06

新型コロナの影響 鎌足たずね歩きも

▷4月11日(土)、清和県民の森周辺で開催予定の「清和県民の森・地層観察会」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となっている。
▷4月12日(日)開催予定の木更津市立東清小学校を発着とする「春の市民歩け歩け大会」(木更津市主催)も中止になった。
▷4月18日(土)開催予定の「鎌足ふるさとたずね歩き」(鎌足公民館集合)も新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止となっている。

 

 

4月5日掲載

春の全国交通安全運動

2020-4-5-01

新年度、子どもや高齢者の事故防止  地元4市の活動 6日から全国一斉に

「見過ごすな 信じて挙げた 小さな手」をスローガンに「春の全国交通安全運動」が4月6日(月)~15日(水)まで全国一斉に展開される。
例年4月当初は、入園・入学して間もない園児・児童や、横断歩行中の高齢者の交通死亡事故なども多発傾向にある。
今回の運動の重点項目は、
①子供を始めとする歩行者の安全確保
②高齢運転者等の安全運転の励行
③飲酒運転等の危険運転の防止
④自転車の安全利用の推進(特に、ちばサイクルールの周知徹底)。
千葉県警では、
▷道路を横断しようとする高齢歩行者や子どもを見かけたら、ドライバーは一時停止をして通り終るまで待つ
▷自転車利用者を見かけたら、スピードを落とすなどしての思いやり運転を
▷「事故を起こさない」「事故に遭わない」ためにも、一人ひとりが交通ルールの順守と交通マナーを実践し、交通事故を防ぎましょうと呼び掛けている。
昨年(2019)1年間の県内の交通事故死者数は172人で全国最多を記録した。
今年は3月18日現在で既に28人の犠牲者がいる。
君津地域4市でも、木更津署・君津署・富津署及び各種交通安全協力団体との連携のもと、横断幕・懸垂幕・幟り旗・広報無線・広報紙はじめ、青パトや移動交番等の広報車両による巡回周知活動、警察官・交通安全協会会員等による児童生徒の登下校見守り活動、交差点等での立哨警ら活動など、様々な媒体を活用して交通安全を呼び掛けている。
しかし今回は、世界を震撼させている新型コロナウィルス感染拡大の牛のため、地元の3警察署・自治体等が主催する同運動の『出動式』は全て中止で、特別行事も中止または縮小となっていることから、県警(各署)では、4月10日の「交通事故死ゼロを目指す日」を中心に、歩行者・ドライバー・自転車利用者など個々が交通ルール順守など細心の注意を払い、交通事故撲滅へ協力を願っている。

 


「木更津舞尊」延期に

2020-4-5-02

新型コロナの影響 今秋11月を予定

5月3日(日、祝日)に開催が予定されていた「第19回かずさYOSAKOI木更津舞尊」は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、11月に延期となった。(日程は未定)
木更津の語源を生んだ「日本武尊(やまとたけるのみこと)」の名にちなんで「武」を「舞」に転じ、舞い尊ぶ者たちという意味に込めて名付けられた木更津舞尊は、北海道のYOSAKOIソーランと融和した踊りの大イベント。
例年、県外や市外などから参加した約千人の踊り子たちが、木更津一番街商店街エリアや木更津東部商店街エリア等でYOSAKOI踊りを披露してきた。
しかし今年は、6月に開催予定だった北海道・札幌でのYOSAKOIソーランも、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止となっている。
問い合わせは木更津市観光案内所TEL25-1377へ。

 

新学期からよろしくね

2020-4-5-03

小学校中学校異動 袖ケ浦市・木更津市

千葉県教育庁南房総教育事務所管内における君津地域4市の教職員異動続きのうち、袖ケ浦市の小学校と、木更津市の中学校の異動は次の通り(4月1日付。退職は3月31日付)。
【小学校】
《袖ケ浦市》
◎転任
▷昭和=高野さつき(平岡)、吉沢裕子(蔵波)、鈴木高広(有秋東)、泉和美(中川)
▷長浦=西村恭子(真舟)、渡辺久夢(蔵波)
▷根形=飯島奨(長浦)、加藤祥江(奈良輪)
▷中川=角田早紀(木更津第二)、佐野由美子(天羽中)、神馬純子(真舟)
▷平岡=高橋朋彦(周南)、長谷川康之(昭和)、城下清美(奈良輪)、城戸亜紀子(木更津第二中)
▷蔵波=齋藤英子(衹園)、高橋満代(畑沢)、山内翔(周西)、名取知彦(根形)、新田美絵(根形)、高桝裕美子(中川)、小泉光代(鎌足)
▷奈良輪=若島杏奈(岩根)、鳥飼千恵美(鎌足)、曲田英世(衹園)、鈴木雅代(真舟)、新井沙織(蔵波)
▷白金へ=作村孝典(昭和) ▷千種へ=石峯玄規(平岡)
◎新任
▷昭和=宮﨑健一 ▷長浦=石川凌大 ▷中川=石井尚行 ▷蔵波=太田緑、澤谷知美、渡邊祐貴 ▷奈良輪=菰岡涼太、國見俊太、長谷川隼士
◎退職
▷昭和=藤田美紀 ▷長浦=勝呂千恵子、重田吉昭 ▷平岡=杉本正美 ▷奈良輪=鶴岡秀子
【中学校】
《木更津市》
◎転任
▷木更津第一=前田里美(久留里)、野村美紗紀(亀山)
▷木更津第二=鹿野和樹(亀山)、平田精二(大貫)、大戸貴敬(有秋)、西原和子(奈良輪小)
▷木更津第三=三浦健雄(木更津第二)、岩崎昭典(周南)、神谷裕子(八重原)
▷岩根=積田雄大(富来田)、宮原健太郎(佐貫)
▷鎌足=石渡恵里(大貫小)
▷金田=永井光(波岡)
▷富来田=齋藤勇(木更津第一)、佐野健志(木更津第三)、山口裕子(松丘)
▷太田=松村健二(木更津第二)、江田由香利(波岡)、川口千尋(久留里)、藤嵜啓子(天羽東)、刈込清(衹園小)、大岡久美子(久留里)
▷畑沢=園田愛(蔵波)
▷岩根西=窪田直樹(太田)
▷波岡=堀越暉史(清見台小)、和田光(畑沢)、鳥飼栄一(小櫃)、中野英紀(周西南)
▷鴨川へ=荒井祐也(太田)
▷五井へ=吉葉晶典(木更津第二)
▷若葉へ=成田悠紀(太田)
◎新任
▷木更津第三=西島美季
▷畑沢=平野寛大
▷波岡=内田歩
◎退職
▷木更津第一=伊東雅芳
▷木更津第二=在原洋一
▷岩根=鶴岡宗一
▷金田=大野雅美
▷富来田=海老根昭男
▷太田=關口信之、萓野彰
▷畑沢=伊澤幸恵、安田英毅
▷清川=木下陽一   (敬称略、続)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら