暮らし

新千葉新聞4月23日掲載

4月23日掲載

新型コロナ感染症対策

2020-4-23-01
対象職員は消防署職員を除く全職員
木更津市5月1日まで 職員の交互勤務を実施
木更津市は、新型コロナウィルス感染症対策として、行政機関と市民サービスの維持を目的に、今月21日(火)から5月1日(金)まで、臨時的に職員の交互勤務を実施している。
政府からの緊急事態宣言に伴う出勤者抑制の要請がされている。
また、他自治体において、職員が感染者や濃厚接触者となることにより、事業の中止や業務の維持に支障が生じている。
このため、同市では職員の勤務体制を変更したもの。
各課等の職員を2班に分け、1日ずつ交互に出勤する勤務体制とし、出勤しない日は在宅勤務とする。(土日祝日は除く)
対象職員は消防署職員を除く全職員。
同市では窓口業務において、通常より時間がかかる場合も予想されるが、市民には不便をかけないよう努めていくので理解と協力を求めている。

 

房総地域への来訪控えて

2020-4-23-02

ホームページで配信 9首長がメッセージ
新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止に向け、千葉県では4月20日、県内外からの観光客等の人の動きをさらに抑制するため、県外の人々に対して広域的な移動を自粛し、それぞれの地域に留まってもらうことをお願いする知事メッセージを発している。
房総地域8市1町(館山市、木更津市、市原市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、南房総市、鋸南町)も、首長が連名で、当地域への来訪等について可能な限り控えてもらうようお願いをすることが決まり、22日に発表された。
各首長による動画メッセージも作成し、市ホームページで配信する。
メッセージ詳細は次の通り。
【房総地域への来訪を予定されている皆様へ】
▷発信者=館山市長・金丸謙一、木更津市長・渡辺芳邦、市原市長・小出譲治、鴨川市長・亀田郁夫、君津市長・石井宏子、富津市長・高橋恭市、袖ケ浦市長・粕谷智治、南房総市長・石井裕、鋸南町長・白石治和
『房総地域は、温暖な気候や豊かな観光資源に恵まれ、また、東京湾アクアラインなどの広域幹線道路網の整備進展に伴い、都心からのアクセス性にも優れた首都圏有数の観光・リゾート地であります。
1年を通じて多くのお客様にお越しいただいておりますことに、心から御礼を申し上げます。
しかしながら、新型コロナウィルスの感染については、都市部からの人の移動等によりクラスターが各地で発生し、感染拡大の傾向がみられることから、地域の流行を抑制しなければなりません。
特に、ゴールデンウィークにおける人の移動を最小化する観点から、、去る4月16日には、国の緊急事態宣言による緊急事態措置を実施すべき区域が全都道府県となりました。
例年であれば、特に多くのお客様をお迎えし、大変賑わう時期ではありますが、感染の拡大を回避するため、当地域へのご来訪や帰省については、可能な限りお控えいただくようお願い申し上げます。
新型コロナウィルス感染症が収束しましたら、房総地域をあげて、おもてなしの心で皆様をお迎えいたします。
国難とも言うべき事態を皆様とともに乗り越えるため、ご理解・ご協力をお願い申し上げます』

 

会長に石渡勇斗 南清小教頭

2020-4-23-03

各研修班や教育研究会、木P連事務局等  木更津市小中教頭会 新年度役員決まる
木更津市小中学校教頭会の令和2年度役員が決まった。
会長には南清小学校の石渡勇斗教頭が就任した。
役員構成は次の通り。
◎会長=石渡勇斗(南清小)
◎副会長=佐々木伸司(金田中)、佐藤雅之(鎌足小)、石井隆久(太田中)
◎事務局長=池田秀一(清見台小)
◎会計長=佐藤文彦(波岡小)
◎会計次長=茂木真由美(岩根小)
◎会計監査=藤本佳子(鎌足中)、阿津能子(西清小)
◎主題研修班
▷班長=小柴卓也(金田小)
▷副班長=須澤宏之(木更津第一小)、石原広敬(岩根西中)
◎法規研修班
▷班長=窪田宏一(波岡中)
▷副班長=渡邉恭秀(中郷小)
◎課題研修班
▷班長=根本修身(畑沢小)
▷副班長=須田雄策(富来田小)、吉元修(高柳小)
◎他校視察担当
▷班長(小)=都築光(衹園小)
▷班長(中)=和田貴士(畑沢中)
◎木P連
▷事務局長=菴木浩幸(太田中)
▷事務局次長=中尾崇(木更津第二中)
◎木更津市教育研究会
▷小学校副会長=石渡克哉(真舟小)
▷中学校副会長=小松原卓也(木更津第一中)
▷監事=根本勝也(岩根中)
◎木袖支部小中体連理事=高橋健悟(清川中)
◎自主研修幹事=木村高士(木更津第二小)、伊藤昭雄(富来田中)
◎教育機器導入検討委員会
▷小学校=佐藤昌宏(東清小)
▷中学校=大野哲(木更津第三中)
◎君津地方教頭会
▷副会長=池田健介(請西小)
▷会計=土生こずえ(八幡台小)
◎学校事務共同実施運営委員会
▷運営委員=佐々木伸司(金田中)   (敬称略)

 

融資に関する相談に対応

2020-4-23-04

新型コロナに係る資金繰り相談窓口 君津信用組合 5月2日と3日に
君津信用組合(理事長・宮澤義夫、本店・木更津市潮見)では、今般の新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえて、法人および個人事業主、個人の顧客の融資に関する相談に対応するため、ゴールデンウィーク期間中、「新型コロナウィルス感染症に係る資金繰り相談窓口」を全店舗に設置する。
同組合では今後も、地域金融機関として円滑な金融仲介機能およびコンサルティング機能の発揮につとめ、顧客のサポートをきめ細かく進めていくとしている。
概要は次の通り。
◎実施日時=5月2日(土)午前9時~午後3時、5月3日(日)午前9時~午後3時。
◎対象の顧客=法人及び個人事業主、個人。
◎相談内容
▷取扱予定の無利子融資制度を含む新型コロナウィルスの影響による事業性融資の相談全般
▷住宅ローン、その他借入、返済見直しの相談。
◎実施店舗
▷5月2日=本店(中央支店)、ぎおん支店、君津支店、大佐和支店、天羽支店、袖ケ浦支店、五井支店、館山支店、
▷5月3日=いわね支店、東太田支店、子安支店、富津支店、平川支店、八幡支店。
◎その他
▷予約不要
▷店内が混雑した場合などは、車で順番を待ってもらうことがある
▷決算書、試算表、返済予定表など、事業の状況が分かる資料を持参する。
不明な点がある場合は、各店の融資窓口、営業担当者へ問い合わせを。

 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら