暮らし

新千葉新聞4月22日掲載

4月22日掲載

スポーツ振興と健康増進

2018-4-22-01

県内高校では初、水分や栄養摂取等
拓殖大学紅陵高校 大塚製薬と連携協定

拓殖大学紅陵高等学校(校長・森章、木更津市桜井1403)は19日、大塚製薬株式会社との間で「スポーツ振興及び健康増進に関する連携協定)の締結式を行った。
この協定は、県内の高校としては初の試みであり、紅陵高校におけるスポーツの振興並びに通学する学生及び教職員の健康増進に向けて取り組むことで、将来に亘っての健康的な生活の実現に資することを目的とされたもの。
協定の主な内容としては、目的を達成するために連携し協力し、科学的根拠に基くスポーツ活動時の熱中症対策に関する取り組みの推進や、スポーツ活動時の水分、栄養摂取に関する取り組みの推進など。
また、食育を通じた健康づくりの協力など、科学的根拠に基き、学生及び教職員の健康増進に関する内容となっている。
締結式では、用意された2通の協定書が大塚製薬(株)ニュートラシューティカルズ事業部東京支店長・渡壁勝己氏と、森校長が署名し、それぞれ1通筒を保有する。
締結式の中で、渡壁支店長は「大塚製薬は世界の人々の健康に貢献する革新的な製品を創造するという企業理念のもと、人々の健康を身体全体で考え疾病の治癒から日々の健康増進までを目指したトータルヘルスケアカンパニーとして事業展開しております。
製薬メーカーの科学的根拠に基いた情報で紅陵高校のスポーツ振興・健康増進を応援します」と挨拶した。
また、森校長も、「この縁を大事にし、大会直前で体調を崩したりする生徒が出ることのないことを願い、生徒と共に教員を含め健康管理に努めたい」と抱負を述べた。
(写真は締結式で右が渡壁支店長、中央が森校長)

 

 


中央コミュニティカフェ

2018-4-22-02

 

木更津中央公民館 本格オープン 第1回は今月27日

木更津市立中央公民館では、地域の中にある公民館へ気軽に足を運び、話の出来る居場所づくりをするために、「中央コミュニティカフェ」を開催する。
4月1日から平成31年3月までの1年間、月1回第4金曜日に実施。
時間は概ね午後2時から4時まで。
参加費は1人100円。
内容については昨年度実施の「中央コミュニティカフェ ボランティア養成講座」を受講した準備委員と職員で毎月の準備会で企画する。
お茶をしながらのおしゃべり、また中部包括支援センターの人も参加するので、認知症などの相談もできる。
今年度の第1回は今月27日(金)に中央公民館1階大ホール、またはロビーで開催。
同公民館で活動のサークル「うたごえグループ青い空」を招きアコーディオン演奏で歌を歌う。
気軽に参加を呼びかけている。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら