暮らし

新千葉新聞4月2日掲載

4月2日掲載

県民の幸せと県発展へ

2019-4-2-01

森岳、高橋浩、吉本充、江野澤吉克氏  千葉県議選 無投票当選の4氏

統一地方選挙「千葉県議会議員選挙」は3月29日(金)告示、4月7日(日)投開票で執行、君津地域4市では木更津・富津・袖ケ浦市の3選挙区で現職・4氏が無投票当選を果たしており、君津市のみが定数2に対し3陣営(現職1、新人2)立候補で選挙戦(既報)を展開している。
千葉県議選(定数94、42選挙区)には130人が立候補、この内17選挙区の25人が無投票当選を決めた。
無投票当選を果たした君津地域3市の4陣営は、告示日の3月29日午後5時30分過ぎ、各市の防災無線や安心・安全メール等で「立候補者の無投票当選が確定しました。4月7日の投票は行いません」などの公表を受け、午後6時過ぎから各陣営で支援者などと共に「当選報告会」を開催した。
席上、当選者は支援者や来賓などの祝辞に応え、「初心を忘れず、市民の負託に応え、地域振興、県発展に力を注ぐ」などと挨拶、決意を新たにした。
君津市の期日前投票は4月6日(土)まで毎日実施されている。
▷市役所1階ロビーと、上総地域交流センターでは午前8時30分~午後8時。
▷小糸公民館・清和行政センター・小櫃公民館では午前8時30分~午後5時。
君津市選挙管理委員会はTEL0439-56-1341。
無投票当選者は次の通り。届け出順。

◎木更津市(定数2)
▷森岳(39、自由民主党、公明党推薦、現②、元証券会社社員、元衆議院議員秘書、中大卒、矢那)
=再び活動の場を頂けたことに感謝。
県民の皆様に納得していただけるよう、全力を尽くす。

▷高橋浩(57、立憲民主党・現④、元木更津市議、不動産会社社長、千葉工大卒、本郷)
=東京湾アクアライン通行料800円の恒久化。
身を削り県議会改革(議員年金復活阻止、定数及び報酬の削減)の推進。

◎富津市(定数1)
▷吉本充(62、自由民主党・現⑥、県議会議長、元富津市職員、元富津市議、バス会社役員、国学院大卒、金谷)
=初心を忘れず、これまでの経験を活かし、県民の幸せと千葉県の発展のために全力を尽くす。

◎袖ケ浦市(定数1)
▷江野澤吉克(69、自由民主党・現④、元袖ケ浦市議、土木会社役員、旧木更津中央高卒、上宮田)
=多くの皆様の支持に感謝、初心を忘れることなく、粉骨砕身、力いっぱい努力してまいります。
(写真は無投票当選の上から、森、高橋、吉本、江野澤の各氏)

 

 

「鈴木三郎家文書」読む

2019-4-2-02

木更津市立図書館 古文書入門講座

木更津市立図書館に収蔵されている古文書をテキストに初心者向けの古文書講座を行っている《古文書調査・研究のつどい》では、4月8日(月)から毎月1回、原則として毎月第2月曜日午後1時30分から3時30分頃まで(受付は午後1時15分から)、同図書館の2階大会議室で「古文書入門講座」を開く。
講座の内容は「鈴木三郎家文書(木更津市指定有形文化財)」について。
各回ごとに、テキストにちなんだ地域の歴史の話も紹介する。
5月13日は「木更津県権令 柴原和(しばはら やわら)の憂鬱(ゆううつ)」を演題に実施する。
講師は筑紫敏夫(つくし としお)氏(千葉県文化財保護協会理事。元千葉県立中央博物館主席研究員)。
持ち物は鉛筆(シャープペンシル可)、消しゴム。
年会費2,000円(全12回分)。
問い合わせ、参加申し込みは筑紫さんへ電話(090-3431-9483、留守電に伝言を残す)、又はメールで。
アドレス
toshi-551223@kzh.biglobe.ne.jp

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら