暮らし

新千葉新聞4月10日掲載

4月10日掲載

安全・安心等の見守り

2020-4-10-01

「イオンタウン木更津請西店』の駐車場内  木更津市初となる『防犯ボックス』設置

木更津市は市民の安全・安心等のみまもりを担い、地域防犯の核となる『防犯ボックス』をこのほど、木更津市請西南の「イオンタウン木更津請西店」の駐車場内(コメダ珈琲店側)に設置した。
今月1日(水)から運用が開始されている。
木更津市では初の設置。
この防犯ボックスは、千葉県が平成25年度から全国初の試みとして県の補助事業で設置を進めてきたもので、木更津市は県下15か所目。(すでに君津市が2018年4月に設置)
各地では「地域の防犯拠点」「第二の交番」として犯罪抑止や地域の見守り活動等に貢献している。
今回、防犯ボックスが設置された木更津市請西南地区は、新興住宅地で、新しく移り住む住民が急増しており、付近に交番がないことから、地域の防犯拠点として1日も早い設置が要望されていた。
この防犯ボックスには、警察官OB3人が「セーフティー・アドバイザー」として午後2時から午後10時まで勤務し、児童生徒の下校時の見守りや、落し物の受付、地理案内、青色パトカーによる定期的な巡回活動、県警や地域住民等と連携して地域に密着した防犯活動などに当たる。
当初、木更津市では、16日に現地で開所式を実施して地域住民に開所を告知する予定だったが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、急遽中止となった。
(写真は「イオンタウン木更津請西店」の駐車場内に設置された「防犯ボックス」、左側に写っているのは「青パト」)

 

小学校は5月6日まで

2020-4-10-02

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部  緊急事態宣言受け 木更津市の施設も延長

今月7日(火)、国は、緊急事態宣言を実施すべき期間を5月6日(水)まで、実施すべき区域として千葉県を含む7都道府県を指定した。
これを受け、千葉県は、生活の維持に必要な場合を除き、昼夜を問わず、みだりに自宅等から外出しないことや、イベントの開催自粛等の措置内容を発表した。
このような状況を踏まえ、木更津市では、2月21日(金)に設置した健康危機管理特別対策本部を、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく対策本部」に移行し、今月8日(水)に「木更津市健康危機管理対策本部会議」を開催し、対応を確認した。
それによると、市の施設等は5月6日(水)まで休止するほか、市主催(共催を含む)のイベントは5月6日(水)まで原則中止、または延期とする。
また、市内公立小中学校は、4月30日(木)まで臨時休業としていたが、5月6日(水)まで臨時休業を延長する。
4月30日(木)までの休業を5月6日(水)まで延長する同市の施設は次の通り。
▷市民会館、市民総合福祉会館、公民館、図書館、金田地域交流センター(きさてらす)、木更津市市民活動支援センター(きさらづみらいラボ)、清見台コミュニティセンター附属体育館、体育施設(柔剣道場含む市民体育館、市営貝渕庭球場、市営野球場、市営弓道場、江川野球場、江川庭球場、ちびっこ広場を除く江川総合運動場、桜井運動場)、小櫃堰公園庭球場、スパークルシティ6階の自習&ワークスペース、郷土博物館金のすず、旧安西家住宅、健康増進センター(いきいき館)、老人福祉センター、少年自然の家キャンプ場。
なお「道の駅木更津うまくたの里」については、5月6日(水)までの、土曜、日曜、祝日のみ休業とする。

 

生活や学習指導を支援

2020-4-10-03

サポートティーチャーや心の教育相談員  木更津市教委 読書相談員など依嘱

木更津市教育委員会(高澤茂夫教育長)はこのほど、令和2年度に市内の小中学校の通常学級等に在籍して、担任教師等と連携を取り児童生徒が落ち着いて学習したり、気軽に相談したり、読書活動の推進等を図る「サポートティーチャー」や「相談員」などの委嘱を行った。
これらの委嘱は木更津市教委独自のもので、例年部門ごとに「委嘱状交付式」を実施して趣旨説明を行い、教育長が理解と協力を願っているものだが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、所属する学校長が個々に委嘱状を手渡した。
委嘱状交付者と職務・配置校などは次の通り。
【スクール・サポート・ティーチャー】
◎授業に集中できるように、特別に支援の必要な児童に対し、学校長の指導のもと、学級担任と協力して生活や学習指導を支援する。
今年度は全18小学校のうち14小学校に配置した。
▷木一小=寺田喜代美、 ▷木二小=安田恵実、壹岐ひろみ、 ▷西清小=鈴木美由紀 ▷南清小=宮﨑明美 ▷清見台小=久保恵美、喜多杏子 ▷衹園小=榎田みずほ、植山純子 ▷岩根小=井上恵美、池田裕子 ▷高柳小=山本純代 ▷金田小=江幡千賀子 ▷富来田小=鎌田小百合 ▷畑沢小=成清知子、曽我辺真理子▷請西小=小泉香生里、柴﨑幸子 ▷八幡台小=山﨑陽子、松村雪絵 ▷真舟小=徳増純子、由元可奈子
【心の教室相談員】
◎児童生徒が抱える様々な悩み事に対し、気軽に相談でき、ストレスを和らげることのできる第三者的存在として、教職員とは違った視線で個々に寄り添う。
今年度は9小学校、10中学校に配置した。
▷玉川清美(木一中) ▷塚本惠子(木一小) ▷山口照子(衹園小、木三中) ▷鈴木眞佐枝(富来田小、富来田中、波岡中) ▷渡辺悦子(高柳小、岩根中) ▷山岡裕子(南清小、畑沢中) ▷渡邊由美子(請西小、太田中) ▷熊倉陽子(木二小) ▷市原理恵(岩根西中) ▷縄谷裕子(真舟小、木二中) ▷青木かおり(畑沢小、清川中)
【読書相談員】
◎市内全小中学校の児童生徒の読書活動の推進。
朝読書、読み聞かせ、図書室の環境整備、学校支援ボランティア(図書)との連携など。
▷白井理恵(木一小) ▷近藤麻里子(木二小) ▷古藤田葉子(東清小) ▷三木栄子(西清小) ▷長屋紀美恵(南清小) ▷三好美恵(清見台小) ▷中田智子(衹園小) ▷廣木真理(岩根小) ▷石神美絵(高柳小、岩根中) ▷落合求美(波岡小) ▷北河小百合(鎌足小) ▷桐枝直子(金田小) ▷永井真由美(中郷小) ▷多喜成美(富来田小) ▷河口いずみ(畑沢小) ▷庄司織江(請西小) ▷小原貴子(八幡台小) ▷前田佳代(真舟小) ▷佐々木和江(木一中、清川中) ▷山﨑香奈枝(木二中) ▷石橋直子(木三中、岩根西中) ▷信田夕美子(鎌足中、波岡中) ▷酒井美幸(金田中、富来田中) ▷田中真由美(太田中) ▷地曳友子(畑沢中)   (敬称略)

 

修了生に特別賞を授与

2020-4-10-04

君津郡市共同高等職業訓練校の門出  建築科と造園科等 修了式と入校式は中止

職業訓練法人君津郡市職業訓練協会・君津郡市共同高等職業訓練校(宇野浩二会長・校長)の「令和元年度修了式」と「令和2年度入校式」が、今月11日(土)、同校(旧木更津市消防本部庁舎、木更津市潮見)で挙行される予定だったが、今年度は中止された。
例年、式典には、同校顧問の君津地域4市の市長代表、県職業能力開発協会、君津地域4市の経済部、県建築士事務所協会君津支部、県建築士会君津支部など多数の来賓や同校講師、在校生などが参列し、修了生の門出と新入生の入校を祝っている。
今年度は現在、日本はもとより世界を震撼させている「新型コロナウィルス感染拡大防止」を目的に、日本政府により千葉県を含む7都道府県で「緊急事態宣言」発令中でもあり中止となった。
令和元年度修了生は建築科(3年課程)4人、造園科(1年課程)6人の計10人。
修了証書、県知事認定の技能照査合格証書のほか、成績・技能優秀者には特別賞も贈られた。
同校では「この訓練校で学んだ知識と技術を生かし、今後もさらに技術を積み重ね、地域産業・経済発展の担い手としての活躍を願う。またそれと共に、後進の指導・育成にも力を貸してほしい。
訓練校は今後も技能者の育成・指導、技能者の育成・指導、技能者の地位向上に努める」などと、同校への一層の支援・協力を願った。
また令和2年度の入校者は建築科5人、造園科3人。
令和元年度修了生は次の通り。
◎建築科=稲垣和樹、庄司直和、渡辺一雄、上原智貴
◎造園科=小泉康、多田芳明、齋藤健吉、平野禎久、藤川敏、伊藤直人

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら