暮らし

新千葉新聞3月31日掲載

3月31日掲載

議員20年の3人表彰

2019-3-31-01

通常議員総会・講演会・懇親会開催  木更津商工会議所 全案原案通り承認

地域の経済発展に力を注ぐ、木更津商工会議所(会頭・鈴木克己会頭)の「通常議員総会」が27日(水)午後4時から、ロイヤルヒルズ木更津ビューホテルで開催された。
議事の、
▷平成31年度事業計画書(案)、
▷同一般会計収支予算書(案)、
▷同特別会計中小企業相談所収支予算書(案)、
▷同法定台帳収支予算書(案)、
▷同会館運営収支予算書(案)、
▷同代理業務収支予算書(案)、
▷同特定退職金共済事業収支予算書(案)、
▷同木更津TMO活動推進事業収支予算書(案)、
▷同産業・創業支援センター事業収支予算書(案)について―9議案は全案原案通り、可決・承認された。
午後5時から5時50分まで「講演会」が開かれ、『木更津市中心市街地活性化基本計画』について、木更津市の山口芳一企画部長や桒田伸一同部参事、兵藤雅宏経済部産業振興課長などが出席し担当者が話をした。
講演では、同市企画部地域政策課が作成した「木更津市中心市街地(木更津駅周辺)の活性化に向けた取り組みについて」を資料に、
▷中心市街地の地域資源(地理的優位性、様々なイベントの展開、豊富な観光資源等)、
▷中心市街地活性化の必要性では、人口減少・超高齢化社会を迎える今後のまちづくりの方向性としては、様々な都市機能がコンパクトに集約した「歩いて暮らせるまちづくり」を進めることが必要であり、実現に向けて、木更津市中心市街地活性化基本計画を策定する。
今後は、国に認定された同基本計画を民間事業者・市民活動団体等と連携して、中心市街地の活性化に取り組んでいくことが重要と結論付けた。
その中で「パークベイプロジェクト」は都市公園の利活用、木更津港港湾計画の整備促進、富士見通りの再整備をあげ、既存事業の定住促進・賑わいづくり等各種事業の継続・充実をも図っていくとした。
講演会のあと会場を移して開かれた懇親会では、木更津商工会議所議員「20年表彰」の伝達式が行われ、会議所議員として20年の永きにわたり会議所活動の中枢を担い地域の活性化や中小企業の活力強化等に力を尽くしたとして、國吉俊夫氏(㈱アーク太陽不動産代表取締役)、和田健氏(綜和熱学工業㈱取締役・相談役)、石井久喜(㈲新千葉新聞社代表取締役)の3人に、日本商工会議所・三村明夫会頭からの表彰状が、鈴木克己木更津商工会議所会頭から授与された。
(写真は表彰式で、左から鈴木会頭、表彰状を持つ國吉・和田・石井の3氏)

 

 

木中央公民館内に移転

2019-3-31-02

木更津駅東口たちより館 駅前連絡所は終了

木更津駅前連絡所はあす4月1日から、木更津駅西口・スパークルシティ木更津6階の中央公民館内に移転し、業務を開始する。
このため今までの、木更津駅東口・たちより館での業務は、3月29日をもって終了した。
駅前連絡所の取り扱い業務は、
①戸籍・住民票・印鑑登録証明書等の交付、
②はり・きゅう・マッサージ施設利用券の交付、
③剪定枝・粗大ごみ処理券の販売。

 

 

秋の東北・三陸クルーズ

2019-3-31-03

ぱしふぃっくびいなす あすから参加者募集

「海を活かしたまちづくり」を進める木更津港発、豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」クルーズの第3弾、《秋の東北・三陸クルーズ》の参加者募集が、あす4月1日から始まる。
今回はこれまでよりスケールアップして3泊4日の旅。
募集室数は230室だがこのうち75室を木更津市民クルーズとして通常料金から10%引き特別料金で実施される。
日程は9月20日(金)午後5時木更津港出港、2日目の寄港地、宮城県石巻港では、各種オプショナルツアー(別料金)の1つとして、「石巻・大震災まなびの半日」ツアーが企画されており、石巻市の震災についてのガイドツアーや同市の復興まちづくり情報交流館を訪問して、東日本大震災の被災地・東北の復興を応援する。
3日目は午後8時大船渡港入港、午後8時出港まで自由行動(オプショナルツアーあり)、4日目は午後3時30分から横浜港下船(木更津行きの有料バスが運行される)。
料金は一般申込者、10,9600円(3人1室利用でおとな1人分)~9タイプ。
木更津市民料金は102,960円(3人1室おとな1人分)~9タイプ。
申し込み受付は4月1日から。
▷一般(155室分)は先着順。申込先は「日本クルーズ客船㈱、TEL0120-017-383(午前9時~午後5時45分)、土・日・祝日は定休日。
▷市民クルーズの部は、市内在住・在勤・在学者が対象。
5月7日(火)必着。
利用人数、希望の客室タイプ、第3希望まで、参加者全員の住所・指名(フリガナ)・生年月日・電話番号を記入して、往復はがき、または電子メールで応募する。
応募者多数の場合は抽選(当選の可否は10日以内に通知される)。
郵送は〒292-8501、木更津市富士見1-2-1、木更津市観光課「市民クルーズ」kankou@city.kisarazu.lg.jp係。
電子メールは へ。
タイトルは「市民クルーズ応募」と明記する。
市民クルーズの問い合わせは、市観光振興課TEL0438-23-8079。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら