暮らし

新千葉新聞3月31日掲載

3月31日掲載

4月30日まで延長に

2020-3-31-01

3月末迄だったが 木更津市の施設貸し出し

木更津市では24日、「第7回木更津市健康危機管理対策本部会議」を開催し、3月31日(火)まで貸し出し休止としていた施設について、休止期間を4月30日(木)まで延長することとなった。
4月30日(木)まで延長する施設は次の通り。
▷市民会館、市民総合福祉会館、公民館、図書館、金田地域交流センター(きさてらす)、木更津市市民活動支援センター(きさらづみらいラボ)、清見台コミュニティセンター附属体育館、体育施設(柔剣道場含む市民体育館、市営貝渕庭球場、市営野球場、市営弓道場、江川野球場、江川庭球場、江川多目的広場、江川陸上競技場、桜井運動場)、小櫃堰公園庭球場、スパークルシティ6階の自習&ワークスペース、郷土博物館金のすず、旧安西家住宅、▷追加=健康増進センター(いきいき館)、老人福祉センター。

 

街なか2マンション完成

2020-3-31-02

木更津市補助事業 3棟目も中央へ建設

木更津市が実施している「木更津市街なか居住マンション建設補助事業」で、市内2地区で行われていたマンション建設がこのほど終了したことが、26日開催の定例記者会見席上で発表された。
令和2年度から始まる「マンション取得助成事業」の宣伝効果もあり、両マンションの事業者から「既に全戸完売」との報告もあり、来年度引き渡しが行われるという。
同事業は、~木更津駅周辺の市街地環境の整備改善、土地利用の共同化を図り、定住促進に寄与することによる賑わい創出を図る~を目的に実施されているもの。
建設されたマンションは、
▷『デュオヒルズ木更津』(写真上)同市富士見2丁目、事業期間は平成29年度~令和元年度、総事業費約23億円、この内補助金は国費約3憶円、市費約3憶2千万円。地上12階建て、84戸(3LDK他)、
▷『ドリームタワー木更津』同市木更津1丁目地区、事業期間は平成29年度~令和元年度、総事業費約13億円、この内補助金は国費約1憶2千万円、市費約1憶3千万円。地上14階建て、38戸(3LDK他)。
また市内3棟目となるマンションが、中央3丁目地区(みほし跡、写真)に建設される。
今年度中に解体工事が完了し、令和2年度から建設工事に着工予定。
木更津市では、「今後も策定される中心市街地活性化基本計画及び立地適正化計画のもと、木更津駅周辺の賑わい創出に努めていく」としている。

 

台風被災者の復興支援

2020-3-31-03

らづ‐Bizのエールプロジェクト  大和の『ごくりっ』 第2弾は野菜のお寿司

木更津市の産業・創業支援センターらづ‐Bizでは、昨年秋の台風被災者の復興を支援しようと令和2年1月から≪復興×エールプロジェクト》を展開している。
これは「復興の当事者」と「復興を支援したい人(エールを送る人)との連携で付加価値を創造し、集客増・売上アップで早期復興の実現を目指すもので、第1弾では3つの新商品を販売、好評を博し、同プロジェクトの趣旨に賛同する新たな参加希望者も増えている。
第2弾(3月末~6月頃)のトップは、具のすべてを野菜で作った、野菜のお寿司『夢結寿司(ゆめむすびずし)』、3月28日に発売開始。
マグロ、サーモン、穴子、白魚等々どれも新鮮でおいしそうなネタ揃い、これらはすべて野菜で出来ている。
江戸前寿司の赤酢の代わりにトマトを使用、色・味・旨み・爽やかさも実現している。
「見た目の美しさ、具の野菜は何かなどを想像しながら味わってほしい」と多くの来店を歓迎している。
発売店は『ごくりっ』木更津市大和2-2-16、TEL0438-40-5182。
オープンは午後4時~翌日午前1時まで。月曜定休。
定価は980円、店内飲食1078円、テイクアウト1058円。食材提供者(生産者)は次の通り。
▷房なりグレープトマト「いんどう・ウォーター・ファーム(木更津市)、▷燻製オイル「かずさスモーク(木更津)」、▷長ネギ、パッションフルーツ、搾菜「JBKファーム(木更津)」、▷人参「耕す(木更津市)」、▷ちば海苔「中川海苔店(木更津市)」、▷ほうれん草「ファーム笹山(袖ケ浦市)」、▷米「齋藤さん(袖ケ浦市)」、▷はちみつ「ONEDROPFARM(市原市)」
(写真は右から瀬沼健太郎センター長、渡辺芳邦市長と共に野菜の生産者たち)

 

みんなで守ろう交通ルール

2020-3-31-04

新入園児や1年生の事故防止を訴え  木更津自動車学校附属 「交通安全ニュース」発行

一般財団法人木更津自動車学校附属公益事業推進センター(代表理事・田丸幸男)では、このほど、春の全国交通安全運動(4月6日~同15日)にあわせ、事業の一環として、広報紙第41号「交通安全ニュース」(写真)を4月1日付で発行し、地域・事業所等に配布、交通事故防止を呼びかけた。
今回のテーマは、『みんなで守ろう!交通ルール』。
木更津自動車学校では、木更津警察署管内地域を対象に、児童・高齢者等の交通安全教室及び広報活動等公益事業を積極的に推進。
例年、新入生がこの時期に通学することから、1万部を製作し、木更津署管内(木更津市、袖ケ浦市)で配布、新入生や高齢運転者の事故防止に一役買っている。
また「夕暮れの 一番星は 反射材」「スマホより 横断歩道の 僕を見て」「しっかりと 止まってかくにん 横だん歩道」の交通標語が目を引く。
新入園児・児童の交通安全を取り上げ、「どうろをあるくときの5つのおやくそく」も載せられているほか、「やめよう!あおり運転・ながら運転」にも触れ、昨年12月に施行された改正道路交通法施行令では、違反点数・反則金とも引き上げられている―ことで注意を喚起している。
2019年中の木更津警察署管内の交通事故死亡者数は9人、負傷者926人で、県内ワースト2位。
2019年中の千葉県は交通事故志望者172人、負傷者19904人で、全国ワースト1位と不名誉な状況になっている。

 

総務課長に安田貴之氏

2020-3-31-05

4月1日付 木更津市の課長級異動①

木更津市の異動内容の続きは次の通り。〇は昇格。敬称略。
【課長級】
▷市長公室秘書課長=亀田聡史(総務部秘書課主幹・秘書課長補佐兼秘書係長事務取扱い)、
▷市長公室市シティプロモーション課長=中原茂裕(総務部総務課主幹・総務課長補佐兼法規係長事務取扱い)、
〇総務部総務課長=安田貴之(総務部総務課副主幹・総務課総務係長事務取扱い)、
▷総務部管財課長=平本俊明(総務部管財課主幹・管財課長補佐兼管財係長事務取扱い)、
▷総務部管財課主幹=小川和弘(再任用)、
▷総務部管財課主幹・管財課長補佐兼管財係長事務取扱い=竹内康博(木更津市まなび支援センター主幹・木更津市まなび支援センター副所長兼学校支援係長事務取扱い)、
▷総務部危機管理課長=大岩房之(総務部危機管理課主幹・危機管理課長補佐兼防災係長事務取扱い)、
▷総務部危機管理課主幹・危機管理課長補佐兼防災計画係長事務取扱い=大森克巳(市民部保険年金課主幹・保険年金課長補佐兼国保賦課係長事務取扱い)、
▷総務部危機管理課主幹=梅木竜彦(採用)、
▷企画部企画課長=曽田智生(総務部総務課長)、
▷企画部企画課主幹・かずさ水道広域連合企業団・令和2年4月1日~令和3年3月31日=藤村浩隆(都市整備部下水道推進課主幹・下水道推進課施設係長事務取扱い)、
▷企画部企画課主幹・企画課長補佐兼基地対策係長事務取扱い=長谷川光敏(教育部教育総務課主幹・教育総務課長補佐兼管理係長事務取扱い)、
▷財務部財政課長=吉原隆史(財務部財政課主幹・財政課長補佐兼財政係長事務取扱い)、
▷財務部市民税課長=石井彰一(市民部市民活動支援課長)、
▷財務部資産税課長=石渡雅浩(企画部情報政策課長)、
▷市民部市民課主幹・市民課出張所長事務取扱い=高橋克典(健康こども部健康推進課主幹・健康推進課長補佐兼検診予防係長事務取扱い)、
▷市民部保険年金課主幹・保険年金課長補佐兼後期高齢者医療係長事務取扱い=茅野孝行(市民部保険年金課主幹・保険年金課後期高齢者医療係長事務取扱い)、
▷市民部市民活動支援課長=阿津直人(市民部市民活動支援課主幹・市民活動支援課長補佐兼市民活動係長事務取扱い)、
▷健康こども部スポーツ振興課主幹=原良明(再任用)、
▷福祉部社会福祉課長=野口琢郎(教育部生涯学習課長)、
▷福祉部高齢者福祉課長=鈴木昭宣(経済部産業振興課主幹・産業振興課長補佐兼商工労政係長事務取扱い)、
▷環境部火葬場建設準備室主幹・火葬場建設準備室次長兼火葬場建設準備係長事務取扱い=鈴木光教(教育部学校教育課主幹・学校教育課長補佐兼学務保健係長事務取扱い)。
▷経済部地方卸売市場長=長谷川直樹(財務部資産税課長)、
▷都市整備部都市政策課長=兵藤雅宏(経済部産業振興課長)   (続)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら