暮らし

新千葉新聞3月30~31日掲載

3月30日掲載
アクアコインの実証実験

2018-3-30-01

 

 

三者連携は全国初 木更津市内で電子地域通貨

君津信用組合(宮澤義夫理事長、本店・木更津市潮見)は地域貢献活動の一環として、木更津市(渡辺芳邦市長)と、木更津商工会議所(鈴木克己会頭)と連携して、木更津市内のみで使用できる電子地域通貨「アクアコイン」の実用化に向け準備を進めているが、28日、実証実験をスタートさせた。期間は6月24日までの約3か月間。
実証実験は、「アクアコイン」を実際に使用して買い物をしてみることで、技術面や運用面等の課題を検証する。
利用者はスマホに専用アプリをダウンロードし、君津信用組合の窓口等で現金をアクアコインとしてチャージする。1円が1コイン。
実証実験初日午後1時30分から、木更津駅東口前の(株)クロワッサン木更津ワシントンホテル店で、多くの一般顧客なども見守る中、宮澤理事長(写真)・久良知篤史副市長・鈴木会頭が揃って、買い物をして、「アクアコイン」で支払いを行い、アクアコインの実証実験開始を祝い、その利便性などをPRした。
席上、宮澤理事長「アクアコインはお金の地産地消。お金を地域で循環させ、消費を高め、地域経済を活性化させたい。アクアコインは地域になくてはならない取り組み。とにかくお金を持ち歩かなくてよい。高齢者にも便利なコイン」とその可能性に期待を込めた。久良知副市長は(10月21日ののちばアクアラインマラソン開催に合わせ本格稼働目指して準備を進めます。楽しみにお待ちください」と市民にメッセージを送り、鈴木会頭は「多くの人に参加してもらい、地域経済の循環を図っていきたい」と決意を語った。
この日は正午から午後2時まで同店前に、地元ラジオ局・かずさFMが特設放送局を開設して「ランチタイムガーデン~Letsアクアコイン実証実験スタート~」の生放送を行い盛り上げた。
この実証実験には三者の職員など1200人と市内の店舗102店が参加している。本稼働までには参加店舗数300店を目指す。
金融機関・自治体・章句会議所の三者連携による電子地域通貨の始動は全国初の取り組みで注目されている。
アクアコインの問い合わせは君津信用組合地域通貨課 TEL:0438-20-1122へ。

 

 

直営の海鮮レストラン

2018-3-30-02

 

金田漁業協同組合 あす「舫い船」オープン

木更津市の金田漁業協同組合(武内秀雄代表理事組合長、組合員532人)直営の≪海鮮レストラン舫い船(もやいぶね)》が4月1日(日)オープンする。
場所は金田見立海岸潮干狩場の駐車場内。営業時間は午前11時~午後9時(ラストオーダーは午後8時30分)。
同レストランは、海岸に隣接していることから強い潮風等にも対応できるように、コンテナを組み合わせた建物(写真下)で、二重ガラスを設置し、冬は暖かく、夏は涼しく耐久性にも富んでおり、室内も広々150平方メートル、多面的に対応できる。テーブルは48席。
同組合の主事業である海苔の養殖・販売・採貝業などでの採りたての新鮮な、アサリや海苔、地魚など海産食材を季節ごとに提供するほか、肉料理などのメニューも豊富。
武内組合長(写真上)は、「地元の人々や、対岸などからの観光客、潮干狩りのお客様等、多くの人々に愛され、また行きたいと言ってもらえるようなレストランを目指す」と、金田漁協活性化とさらなる成長をかけた同レストランオープンへの意気込みを語っており、多くの来場を歓迎している。
問い合わせは、海鮮レストラン舫い船 TEL 0438-42-1418、金田漁協 TEL 0438-41-0511へ。

 

 

木更津に決定していない

 

 

2018-3-30-03

オスプレイ暫定配備 防衛省が市長に説明

陸上自衛隊に今秋配備される輸送機「オスプレイ」5機について、防衛省が陸自木更津駐屯地を暫定配備先とする方針を固めたことを巡り、木更津市の渡辺芳邦市長は27日の定例記者会見で「はっきり決まっていないとしかきいていない」と述べた。
同日、記者会見後に防衛省北関東防衛局が木更津市役所を訪れ、市長に次のように説明した。
陸自V-22オスプレイについては、佐賀空港に配備を要請しており、あくまで現時点の計画であり変更はあり得るが、今秋頃から順次我が国に輸送される予定。なお佐賀空港の施設整備には一定期間要する見込みであり、仮に佐賀県の了解が現時点で得られたとしても、V-22オスプレイの我が国への輸送時に間に合わせることが極めて困難になっている。
防衛省としては、佐賀空港における施設整備が完了するまでの間のV-22オスプレイの一時的な処置については様々な選択肢を検討しているところであり、木更津市に暫定配備するということを決定した事実はない。
渡辺市長は「暫定配備を決定した事実は無いとのことだが、昨年2月に開始された初号機に定期機体整備も完了していない状況の中、このような報道がされた事態を極めて遺憾であり、不快に感じている。市としては佐賀空港配備の状況や報道内容について、今後も防衛省から直接話を聞くなど正確な情報の把握に努めていく」とコメントした。

 

 

3月31日掲載
五件目の市民栄誉賞

2018-3-31-01

 

木更津市の渡辺市長から市の誇りと芥川賞受賞の作家 若竹千佐子さんに贈呈

木更津市は29日、「第158回芥川賞」を受賞した若竹千佐子さん(63、岩手県出身、木更津市在住)に「市民栄誉賞」を贈呈した。
若竹さんは自身のデビュー小説『おらおらでひとりいぐも』で芥川賞を受賞。また同作品で昨年8月に、新人小説家の登竜門といわれる「第54回文藝賞」(河出書房新社主催)も受賞している。
木更津市の市民栄誉賞は、「市民の誉れでもあるとともに、木更津市の文化振興に大きく寄与した」と、その栄誉を称え贈られた。
木更津市駅前庁舎で行われた贈呈式では、渡辺芳邦市長から若竹さんへ市民栄誉賞の賞状と、久良智篤史副市長などから記念品のクリスタルの楯、大理石のブックエンド、花束などが贈られた。
渡辺市長は、幼いころからの夢だった作家志望を実現させたことに敬意を表し、「木更津市から生まれた名作は木更津市の誇りでもあり、木更津の名を高めてくれた。芥川賞の誇りと自信をもって、今後もますます頑張ってほしい」などと称え、さらなる活動の展開に期待を寄せた。
これに応え、若竹さんは「木更津市民となって30年。子どもを産み育て、たくさんの友達を得て、夫も見送った場所。タンポポの綿毛のようにふわっと舞い降りた木更津ですが、私にとって大切な第二の故郷。
好きでやってきた小説で『市民栄誉賞』をいただき、木更津の名を汚さないように頑張りたい」などと挨拶。今後の作品については、「これからも中年以降の女性(おばあさん)を主人公にしてた小説を書いていきたい」と意欲を示している。
若竹さんは休日等は君津市と富津市にまたがる三舟山へのハイキングを続けている。61歳から始めて現在まで334回登った。70歳までに1000回達成が目標という。
若竹さんは昭和29年岩手県遠野市に生まれ、岩手大学教育学部卒業。結婚後、昭和62年12月に家族とともに木更津市に移り住む。平成21年、55歳で小説講座に通い始める。平成29年8月、デビュー小説『おらおらでひとりいぐも』が第54回文藝賞を受賞(同作品は平成29年10月発売の『文藝』2017年冬号に掲載)。平成30年1月、同作品が第158回芥川賞を受賞した。
市民栄誉賞は平成19年に設立され、これまでに①財団法人かずさDNA研究所、②連続ドラマ・映画、木更津キャッツアイシリーズ製作者一同、③峰幸代選手(北京五輪ソフトボール金メダル)、④鷹見由紀子選手(第14回世界剣道選手権女子個人優勝)。若竹さんで5件目の贈呈。
(写真は若竹さんを囲んで、左から高澤茂夫教育長、久良知副市長、渡辺市長、斉藤高根市議会議長、重城正義市議会副議長)

 

 

講師に若竹さんを招いて

2018-3-31-02

 

 

あすから受付、会場は木更津ビューホテル
木更津市立 図書館主催 文芸講演会を開催

木更津市立図書館では、芥川賞受賞・木更津市民栄誉賞を受賞した若竹千佐子さんを講師に招いて、「平成30年度文芸講演会」を開催する。
題名は『おらおらでひとりいぐも みんなでいぐも』。
日時は4月28日(土)午後2時から同4時まで(開場午後1時30分)、ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル(木更津市太田)。定員は250人(要予約)。入場無料。
4月1日(日)予約受付開始。
講演会で若竹さんは、文章を綴ることの楽しさや、小説家として花開くまでの道のりなどを、歩んできた人生や木更津市をはじめ、暮らしてきた土地から受けた影響などを交えながら語る。
また後半ではインタビュートークも交え、参加者が元気になる話を提供するという。
申し込み方法は、住所・氏名・年齢・電話番号を、図書館窓口または図書館(木更津市文京)まで、電話(TEL 0438-22-3190)、FAX(0438-22-7509)、Eメール tosho@city.kisarazu.lg.jpのいずれかで予約をする。
また講演会終了後に当日受付時先着50人限定で「サイン会」がある。
木更津市立図書館の文芸講演会は、著名な作家を招き、著書についての話を聞くことで、市民の文学についての理解を深めるとともに、読書活動の推進を図ることを目的に開催している。(写真はポスター)

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら