暮らし

新千葉新聞3月17日掲載

3月17日掲載

「校歌と校章」決まる

2019-3-17-01

安井孝夫氏と鈴木身江子さんに賞状  未来に夢と希望を 4月から富来田小学校

平成31年4月1日開校の木更津市立富来田小学校の新しい「校歌」と「校章」がこのほど決定され、制作者への表彰状と記念品の贈呈式が15日、木更津市役所駅前庁舎8階、市長応接室で行われた。
校歌作詞者や安井孝夫氏(74、造園業、真里谷)、校章デザイン者は鈴木身江子さん(44、ウェブデザイナー、ほたる野、馬来田小卒業生)。
表彰式には、渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、高澤茂夫教育長、岩埜伸二教育部長など関係者が出席、渡辺市長から表彰状と、校歌・校章が収められたガラス製の記念品が贈られた。
席上、渡辺市長は「それぞれの作品には地元の美しい自然や、将来にわたり愛着を持ち、大切に受け継いでほしいという郷土愛に満ちた心が込められている」と、制作者の熱い思いに感謝した。
安井氏は、「できるだけ地域の美しい風景を取り入れた。子ども達には生涯にわたり自然を大切にする人に成長して欲しいとの思いを込めました」と作詞への思いを語った。
鈴木さんは「母校に貢献できて嬉しい。校章のデザインには一緒になる富岡小と馬来田小の両校の意味合いである稲穂を、コスモスロードのコスモスの花がリボンのように束ねる―をイメージした。新しい学校で沢山の楽しい思い出を作って欲しい」と後輩たちにエールを送った。

富来田小学校校歌は次の通り。(安井孝夫作詞)


1、緑花の香りが包む場所 いっせんぼくにわく希望 富来田小学校 我ら みんな明るく元気よく 愛をたずさえ進んでゆくよ
2、榛の木 秋桜 梨の花 小櫃・武田の川清き 富来田小学校 我ら みんな たゆまず負けないで 夢に向かって歌ってゆくよ
3、馬来田 富岡 手をつなぎ 歴史のバトンひきつぐよ 富来田小学校 我ら みんな 足音響かせて 未来に向かって歩いてゆくよ
※榛の木はハンノキ。
(写真上は、左から田中幸子副市長、渡辺芳邦市長、記念品を持つ安井孝夫氏と鈴木身江子さん、高澤教育長、写真下は鈴木さんデザインの富来田小校章)

 

 

観光地域づくりめざす

2019-3-17-02

オーガニックシティセミナー第5弾  木更津市金田で開催 講師は石田文夫氏

木更津市の観光資材の1つである潮干狩りが市内6会場の先陣を切って金田海岸・金田みたて海岸でオープンした9日に合わせ、木更津市のオーガニックシティセミナー第5弾・観光編「足元を見直し、個性ある地域をめざす」~持続可能な観光地域づくり~が、同日午後1時~4時まで、金田みたて海岸潮干狩場内休憩所(木更津市中島4416)で開かれた。
これは木更津市が目指す未来のためのまちづくり~人と自然が調和した持続可能なオーガニックシティ~の実現に向けた取り組みの一環。
木更津市には、自然や風土、文化、産業など先人達が暮らしの中で守り、伝えてきた個性がたくさんある。
この個性は地域住民の豊かさであり、魅力である。
同セミナーでは地元の人々に、足元を見直し、個性を大切に磨き上げ、継承していこうと呼び掛けたもので、当日は定員の30人を超す人達が参集して講師の話に耳を傾けた。
開会行事で、木更津市オーガニックシティプロジェクト推進協議会の野口義信副会長や渡辺芳邦市長は『オーガニック』についての捉え方などを説明し、「様々な取り組みを通して、同プロジェクトが徐々に市民に浸透してきて、木更津市の魅力、日々の暮らしの大切さなどへの理解につながることを願う」などと挨拶、この日の学びの展開に期待を寄せた。
▷基調講演「人のチカラとツナガリによる観光地域づくり」では、千葉県観光物産協会・石田文夫氏が、これまで千葉県や香取市、東金市などで取り組み成果をあげている事例を紹介し、地元にある資源の活用、地元の人たちによるアイデアなどの見極めのヒントを提供した。
▷講演「木更津版DMOによる魅力ある地域資源の観光マネジメント」=Dどんな、M魅力を、Oお伝えするか?=をテーマに木更津市観光協会・魚見和孝氏が話をした。
最後に木更津市観光協会DMO推進事業部の指導で、参加者は手すきで海苔付け体験を行った。
(写真右は金田みたて海岸潮干狩り場内休憩所で開かれたセミナーで挨拶する渡辺市長)

 

 

ネットの上手な利用を

2019-3-17-03

5・6年生が具体例を通して考える  木更津第一小学校 ネット安全教室開く

木更津第一小学校(米澤雅史校長、児童数421人)でこのほど、NTT東日本人権担当課長の今津康弘氏等を講師に招き、同校の5・6年生を対象に「ネット安全教室」が実施された。
今津氏は、ビデオ映像等を活用しながら、インターネットでの上手なコミュニケーション、情報を送るときの注意点、オンラインゲームでの注意点、ネット依存の怖さなどなどについて、具体例を示しながら子供たちに考えさせた。
話を聞いた子供たちからは、「ネットのことについてもっと知りたくなった」「もっと安全にスマホを使いたい」といった感想が寄せられた。
同校生徒指導主任の石渡真理子教諭は、「現在、本校の5・6年生は、7割近い児童が携帯電話やスマートフォンを所持している。今回の学習をきっかけにして、自分の行動に責任を持ち、安全に携帯電話を使いこなせる人になってほしい」と話した。
(写真は今津氏の話に耳を傾ける児童たち)

 

 

明治時代の戸長制度

2019-3-17-04

房総の地域文化講座 講師は豊川公裕氏

房総の地域文化を学ぶ会(会長・金子馨前木更津市史編集委員会委員長)主催「房総の地域文化講座」が、今月24日(日)午後2時~3時40分(午後1時45分から受付)、木更津市立中央公民館(木更津駅西口前、スパークルシティ木更津・6階第2会議室)で開かれる。
テーマは『明治時代の戸長制度~木更津県を中心に~』、講師は豊川公裕氏(千葉県立中央博物館歴史学研究科主任上席研究員)。
江戸時代の村方三役から、明治時代の市制・町村制への移り変わりの時期に戸長制度は存在した。
近代国家の建設が進む中での地方行政制度の成立過程について、木更津県(西上総から安房国全域)、千葉県を例に話す。
受講料400円(非会員のみ。会員は無料)。
参加申し込み等は同会の筑紫(つくし)敏夫幹事長までEメールか電話で。
TEL090-3431-9483(留守電に伝言メッセージを残す)。
アドレスtoshi-551223@kzh.biglobe.ne.jp

 

 

高速ジェット船で伊豆諸島へ

2019-3-17-05

木更津港クルーズ 日帰りと宿泊ツアー

高速ジェット船で初夏の伊豆諸島へ!
木更津市では、6月1日(土)~6月2日(日)、「木更津港~伊豆諸島特別クルーズ」を実施する。
「日帰りツアー」と「宿泊ツアー」があり、現在、両ツアーとも先着順で参加者を募集している。
当日の受付場所はイオンモール木更津(午前6時30分~同7時10分頃)。
運航時間は、
▷日帰りツアー=午前7時50分発~大島同9時30分着。大島午前3時発~木更津同4時40分着。
▷宿泊ツアー=木更津午前7時50分発~新島同10時30分着~式根島同10時50分着。
式根島午後1時55分発~木更津道4時45分着。
その他詳細は次の通り。

【日帰りツアー】
◎日時=6月1日(土)・6月2日(日)のいずれかを選択。
◎定員=各日180人(最小催行人数は70人)。
◎内容及び料金
▷バス観光コース=あじさいが咲き誇るガーデン・地層大切断面・三原山山頂・大島公園内の動物園や椿資料館など大島の魅力溢れる場所へ案内。
大人13,800円、子ども9,800円。
▷三原山ハイキングコース=三原山山頂口から山頂を目指し、パワースポットである三原神社・火口周辺のお鉢周りを楽しむ約2時間30分ほどのハイキングコース。
ハイキングは温泉入浴付き。
大人12,800円、子ども8,800円。
◎申し込み先=日東交通TEL0120-210-444(午前9時~午後5時、土日祝日定休)。

【1泊2日コース】
◎日時=6月1日(土)出発限定、6月2日(日)帰着。
◎定員=65人(各コース25人、往復切符のみ15人)
◎内容及び料金
▷式根島満喫コース=1日目は現地ガイドが案内するハイキング、2日目は白い砂浜の海岸と「海中温泉」等の個性豊かな温泉を楽しむ式根島を存分に満喫できるプラン。
1泊3食付きで添乗員同行。
大人24,800円、子ども16,000円(1人1室利用の場合は3,000円追加)。
▷新島・式根島2島めぐりコース=2島をめぐる欲張りコース。
1日目は新島で神殿造りの露天風呂や神秘的な色彩の新島ガラス工房の見学、2日目は式根島で個性豊かな温泉を楽しむ。
1日目はオプションでガラスのデザイン体験もできる。
大人24,800円、子ども16,000円(1人1室利用の場合は3,000円追加)。
ガラスのデザイン体験は3,240円(先着12人)
▷往復きっぷ=島を自由に楽しむフリーコース(往復の船以外は各自で手配が必要)。
大人15,700円、子ども8,400円。
◎申し込み先=東海汽船お客様センターTEL03-5472-9999(毎日午前9時30分~午後8時まで)。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら