暮らし

新千葉新聞3月17日掲載

3月17日掲載

潮干狩り3会場オープン

2020-3-17-01

木更津・牛込・江川海岸 家族連れ等が楽しむ

木更津市内の潮干狩場6会場の内3会場(木更津海岸・牛込海岸・江川海岸)が14日にオープンした。
15日(日)には温かな日差しのもと多くの来場者が訪れ、木更津海岸では、午後1時過ぎ、潮の引きを待ちわびて都内など対岸からの家族連れ等の来場者が次々と干潟に入り、盛んに熊手を引いては、「あった!」などとあちこちから元気な子ども達の声が聞かれた。
川崎市からの小6男子と夫婦は「子どもがストレスをためているので、解放感を味あわせてあげたい」と来たという。
昨年に続き2回目の埼玉県和光市からの親子3人は「子どもがアサリ大好きで、昨年本当においしかったのでまた来ました」と話していた。
同潮干狩場では、子どもから大人まで各種サイズの長靴の用意もあり、手ぶらで来場者にも対応している。
同潮干狩場を運営する木更津漁業協同組合(内田武雄代表理事組合長)の根本昌彦業務課長は、「ゴールデンウィーク後半は潮回りもいいことから、多くのお客様に楽しんでもらいたい」と多数の来場を歓迎している。
このあと久津間海岸が4月5日(日)、金田海岸と金田見立て海岸が4月7日(火)にオープンする。
潮回り等の情報は木更津市観光協会ホームページや各潮干狩場へ。
(写真は木更津海岸で潮干狩りを楽しむ家族)

 

『広報かずさ水道』創刊

2020-3-17-02

「災害に強い水道を目指して」を特集  水道水の啓蒙図る 各種事業など情報

平成31年(2019)4月1日、国内で唯一の水道事業を経営する広域連合としてスタートした「かずさ水道広域連合企業団」(企業長・渡辺芳邦木更津市長、副企業長・高橋恭市富津市長)の広報紙、『広報かずさ水道』の創刊号が令和2年3月1日に発行された。(写真)
君津地域4市では、これまで各市で行った水道事業を統合するとともに、効率化を図り、安全・安心な生活用水を安定的に供給するなどを目的に、君津広域水道企業団が行っていた水道用水供給事業の経営を広域・一体化し、千葉県と共に「かずさ水道広域連合企業団」を設立し、平成31年度当初から業務を開始している。
同広報紙では、生活に欠くことのできない水道水がどのように作られ、地域に届けられているかなどをより分かり易く伝えるとともに、水道水の大切さなどの啓蒙も図り、同企業団が行う各種事業の予告・実績等様々な情報を提供していく。
創刊号には、「災害に強い水道を目指して」をスローガンに、
▷令和2年度当初予算及び主要事業の紹介、▷台風被害(漏水)による水道料金軽減申請(3月31日まで)、▷水道工事について、▷家庭での飲料水備蓄協力の呼びかけ、▷宅内漏水注意!、▷浄水場見学の案内、▷水の作文コンクール作品募集、などが掲載されている。
同紙はB4判、カラー両面2頁、市役所などに設置されている。
同企業団事務所は木更津市潮見2-8(旧木更津市水道部庁舎)。
TEL0438-38-3276。

 

被災の仲間応援しようと

2020-3-17-03

かずさミニバスケットボール連盟通じ  対岸のミニバス連盟等 4市にそれぞれ寄付

ミニバスケットボール(以下ミニバス)を通して青少年の心身の健全育成、競技力向上、ミニバスの普及・発展などを目的に活動している君津地域4市で組織する「かずさミニバスケットボール連盟(吉田悟会長、会員41チーム)は、このほど、かずさ地域4市それぞれに寄付を行った。
同連盟は、長年にわたり、対岸の神奈川県川崎市、東京都大田区・目黒区などの各ミニバス連盟と大会開催等で交流を深めており、この度、対岸のミニバス連盟に所属する各チームは、昨秋の台風15号等で多大な被害があったかずさ地域4市の仲間を応援しようと募金活動を行い、これらの浄財が、このほど、かずさ地域4市に寄付金として贈られたもの。
袖ケ浦市では3月11日、かずさミニバス連盟所属チームの「フェニックスドリームス」の藤平安俊代表(写真左)が市役所を訪れ、粕谷智浩市長(同右)に趣旨説明を行い、寄付金を手渡した。
粕谷市長は対岸のミニバスチームの善意に深く敬意を表するとともに、「青少年の健全育成事業等に有効活用させていただきます」と感謝した。
同寄付金は115,580円で、かずさ地域4市に同額が寄贈された。

 

「木更津マジック」設立

2020-3-17-04

中学生軟式野球クラブ 28日に入団説明会

中学生軟式野球クラブ「木更津マジック」(代表・荒井潤一郎)がこのほど設立され、その「入団説明会」が、今月28日(土)午後2時30分から午後3時15分まで(受付・午後2時~2時30分)、君津教育会館3階大ホール(木更津市新田3-4-7)で開かれる。
地域交流を基盤とした、地域における子育て活動の推進を図ることや、軟式野球の普及を図るとともに技術力の向上を目指すことが目的。
当日は中学生のほか、保護者も出席してほしいとのこと。
保険料1100円を持参する。
問い合わせは高梨氏(太田中学校TEL0438-98-7001)まで。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら