暮らし

新千葉新聞2020年4月28日掲載

2020年4月28日掲載

全国高校総体が中止

2020-4-28-02

 

新型コロナウイルスの感染拡大受け
史上初の取りやめに 県高校総体も中止

全国高等学校体育連盟(全国高体連)は26日、オンラインで臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏の全国高校総体(インターハイ)を中止すると決定した。1963年かた毎年開催されてきたインターハイが中止になるのは初めて。
競技中や移動、宿泊などによる感染リスクの高さ、休校措置による練習不足でけがや熱中症の危険性があることに加え、医療機関は感染症への対応を迫られており、大会中の事故に十分な対処ができない可能性がある-等の理由で中止を決断したという。
全国高体連岡田正治会長は、オンラインの記者会見で、「中止という判断の向こうには、大きな悲しみと目標を失った高校生たちの姿があることは痛いほど承知しているが、安全・安心・命を守ることを選んだ結果」と、高校生に向けてメッセージを送った。
東京五輪(7月23日開会式)・パラリンピック開催が予定されていたため、高校総体は8月(一部競技は7月)に群馬、栃木、茨城、埼玉の北関東4県を中心として全国21都府県で分散開催される計画だった。
また7月~9月に予定されていた全国高校定時制通信制大会の中止も発表された。
夏の全国高校総体の中止を受け、すでに県大会の開催を断念している千葉県高等学校体育連盟は「生徒や関係者の気持ちを考えると辛い決定です。現状を踏まえると止むを得ない判断」としていた。
県高体連は17日の理事会で、6月末までに予定されていた県高校総体の中止を決めた。
インターハイの予選を兼ねた競技も含まれていたが、集団感染のリスクを排除することは難しく、臨時休校が続いて練習不足の選手たちが故障する恐れもある-との判断を示した。
インターハイ同様、中止は史上初という。

 

 

「鎌足桜」が咲き誇る

2020-4-28-03

 

木更津市の市指定文化財 福祉会館入り口にも

木更津市の市指定文化治財「鎌足桜」が今盛りと咲き誇っている。
27日は、青空のもと、木更津市民総合福祉会館の駐車場入り口には3本、すぐ隣のロータリーガーデンにも、美しい1本の大きな淡桃色の八重桜・鎌足桜が咲いた。
染井吉野は散ったが、車を運転する人や歩行者が美しい鎌足桜に見入っていた。

 

 

支払い猶予を2か月に

2020-4-28-04

 

電気・ガス大手各社 緊急小口資金利用者ら

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、電力・ガス大手各社は24日、料金の支払い猶予期間を2か月に拡大すると発表した。
電気料金の場合は、これまで支払いが3月下旬以降のものを、1か月猶予する方針だったが、営業自粛の広がりなどを踏まえて延長する。
対象者は、無利子で生活費を貸し付ける国の「緊急小口資金」の利用者ら。希望者は電力やガスの小売業者に、電話やインターネットで申し込む必要がある。

 

 

高炉一基休止正式発表

2020-4-28-05

 

日本製鉄君津地区 鋼材消費量が急減

日本製鉄は21日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による鋼材需要の急減に対応し、東日本製鉄所君津地区(君津市)の高炉一基を5月中旬以降に一時休止すると正式発表した。一時休止中の二基と4月下旬に以降に一時休止する一基と合わせ、慶24%相当の生産能力を縮小することになる。
鉄鋼業界では、新型コロナの影響で大口需要先である自動車や建築向けなどの鋼材消費量が急減。東南アジア向けなどの輸出も低調に推移し、足元の事業環境は厳しさを増している。
日鉄は、製鉄所の中核施設である高炉休止に合わせ、君津地区のコークス炉の一部も生産調整のため休止する。

 

 

はしご獅子舞

2020-4-28-06

 

鹿野山、中止に

鹿野山祭礼実行委員会主催の千葉県指定無形民俗文化財「鹿野山のはしご獅子舞」が、今日28日(火)午後零時30分から、九十九谷展望公園(くじゅう区谷を一望する神社の前「天崖」と呼ぶ広場)で行われる予定だったが、中止された。

ダム放流中止

5月3日の亀山ダム

ゴールデンウィーク特別企画、恒例の「亀山ダム特別放流(ゲート4門からの一斉放流)」~普段は入れないダムの下から放流見学~が例年5月3日(日・祝)に実施予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響で今年は中止されることになった。

 

社説

2020-4-28-01

 

 

コロナに便乗の犯罪に注意

千葉県警では、新型コロナウイルスが絡む犯罪の対策について、新型コロナウイルスに便乗した犯罪に気をつけてほしいと注意を呼び掛けている。
県内でも新型コロナウイルスに関連した不審な電話が相次いで確認されている。
県警ではオレオレ詐欺や還付金詐欺などの電話de詐欺の被害に遭う恐れもあるので、犯人からの電話に出ないために、自宅での電話機を留守電設定にするなどの防犯対策をしてほしいと要望している。
現在まで確認されているもんとしては、視野kすよ職員を名乗り「コロナのことで調べている」、親族などを名乗り「コロナの件で銀行の封鎖が始まるから、お金をおろして家に置いておいた方が良い」、宅配業者を名乗り「消毒作業で伝票が読めなくなった」、病院関係者を名乗り「息子さんがコロナでうちに入院したので電話した」などという電話も確認されている。もし、不審な電話を受けた場合は、警察への通報を呼びかけている。
現在、感染予防のため、多くの学校が休校となっている。これに伴い、子供だけで留守番している家を狙って、嘘をついて室内に入り込もうとしたり、電話で友達の名前を聞き出そうとする犯罪が予想される。子供に留守番をしてもらう時は、▽大人が不在だということを伝えないようにする、▽電話番号は伝えない、▽留守番電話設定をする-などの対策を取りたい。
また、新型コロナウイルスに便乗した悪質商法も発生する恐れがあり、政府が布製マスクの配布を決定して以降、マスクの配布に乗じて個人情報を聞かれたり、身に覚えのないマスクが宅配便で届いたなどの相談が増えているという。大手通販ショップを装い「全国でマスクが品薄状態になっている。お客様へ徳部地にご提供します」などと記載されたメールを送り付けて、偽のマスク販売サイトに誘導される犯罪も発生している。公的機関や公式サイトから情報を得るようにするなど、注意することが重要だ。

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら