暮らし

新千葉新聞2月9日掲載

2月9日掲載

地域一丸で交通事故防止

2020-2-9-01

緑十字銅章や優良管理者・運転者等  木更津安管協 「地区表彰式」を開催

木更津地区安全運転管理者協議会(伊藤由夫会長、以下木安管協)主催、「令和元年度木更津地区表彰式」がこのほど木更津市内のホテルで開催された。
これは永年にわたり、交通事故防止・安全運転等に尽力した優良運転者、管理者、事業所などの功績を称え、一層の交通安全思想の普及などを目指すもの。
式典には木川良徳木更津警察署長(当時)をはじめ、多数の来賓を迎え開会。
新春を寿ぐとともに、交通事故のない平穏な1年であるよう祈念した。
伊藤会長は、「この地域から悲惨な交通事故を減少させるために、本日の受賞者はそのリーダーとして、地域・職場・家庭内での安全運転の啓発・普及への更なる尽力をお願いしたい」などと挨拶。
木川署長も受賞者の長年にわたる交通安全への協力に感謝し、東京五輪・パラ五輪を控え交流人口の増加などを掲げ、「地域が一丸となって安全運転への機運を盛り上げていきたい」などと協力を願い、祝辞を述べた。
表彰者は次の通り。
【交通栄誉章】
◎緑十字銅章
▷優良安全運転管理者=大島徹(エムエム建材販売㈱)
▷優良運転者=庄司千秋(社会福祉法人佑啓会ふる里学舎蔵波)、相川智(㈱ダイセキ)
【木更津署長・木安管協会長連名表彰】
▷優良事業所=旭国際テクネイオン㈱京葉事業所、㈱明成、㈱千葉トヨペットほたる野店、千葉三菱コルト自動車販売㈱木更津店、千葉日産自動車㈱木更津長須賀店、共和建設㈱、ヒラノ商事㈱
▷優良安全運転管理者=飯田正明(木更津市農業協同組合)、太田信之(旭化成㈱川崎製造所千葉工場)、内山恵一(東京ガス㈱袖ケ浦LNG基地)、平野秀樹(社会福祉法人木更津市社会福祉協議会)   (敬称略)
優良運転者などは後日。

 

公募ランナー2人に任命書

2020-2-9-02

木更津市長から アクアラインマラソン応援

10月18日(日)開催の『ちばアクアラインマラソン2020』に向け、木更津市では市民の初マラソン応援企画として、同大会に出場を希望する市民ランナーを公募し抽選で選ばれた男女各1人に6日、駅前庁舎市長応接室で「任命書」を交付した。
これは木更津市のスポーツ振興の一環として前大会に次ぐ2回目の企画で、10キロ以上を超えるマラソン大会の出場経験が無いランナーに対し、フルマラソン完走を目指し、トレーニング方法や食事面のサポート、月2回合同練習会などが行われる。
J:COM木更津やきさらづスポーツコミッションなどが協力。
式典では、山崎克浩さん(42、自営業、大久保)と西尾望さん(47、会社員、畑沢南)に渡辺市長が『任命書』を渡し、「元気な木更津市をPRして下さい」と激励した。
山崎さんは「友人などからたくさんのガンバレ!おめでとう!メールをもらいました。6月に子供が生まれるので、パパ力を示したい」と意気込みを語り、西尾さんは「完走メダルがもらえるよう頑張りたい。ゴールでガッツポーズを決め、オリンピックイヤーの思い出にしたい」と、喜びを語った。
市健康こども部スポーツ振興課では、「この企画をきっかけに、1人でも多くの市民がスポーツ・走ることを楽しんでもらえたら嬉しい。練習会は誰でも無料で参加できますのでお出でください」と参加を歓迎している。
詳細は市HP等で発表する。
(写真は2人を中心に、市長や副市長、教育長、健康こども部長)

 

初期消火と人命救助功労

2020-2-9-03

木更津市消防長 伴野正敏氏に感謝状

木更津市消防本部(岡田清治消防長)は、1月8日に市内畑沢4丁目で発生した火災に対しての初期消火・人命救助等の功労で、会社員、伴野正敏さん(38、羽鳥野)に消防長感謝状を贈り敬意を表した。
これは、1月8日午後11時45分頃、伴野さんは勤めからの帰宅途中に道路脇の住宅から煙が出ているのを発見。
119番通報すると共に、玄関の呼び鈴で家人に知らせ、家の中に入り電源のブレーカーを下ろし、家の中にいた高齢女性1人を外に避難させ、屋外にあったホースで水をかけ消火、消防隊が到着した時にはほとんど火は消えていたという。
伴野さんは「初めての経験でしたが、電気系統の二次災害を防ぐためにとっさにブレーカーを下ろしたり、女性に防寒着を着せて外に誘導したり、何も考えずに行動していた。大災害にならずに本当に良かったと思います」と笑顔が輝いた。
岡田消防長は「伴野さんの協力で、屋外の壁面3.46平方メートルとエアコンの室外機の一部を焦がしただけで延焼を食い止めました。100点満点の初期消火と人命救助でした」と、伴野さんの迅速で適切な活動を称え、深く感謝した。
(写真右は岡田消防長、左は伴野さん)

 

「暫定配備」の背景さぐる

2020-2-9-04

きょう木更津中央公民館 「地位協定」勉強会

オスプレイ「暫定配備」の背景をさぐる~「地位協定」勉強会が、きょう9日(日)午後2時から(開場1時30分)、木更津市立中央公民館・第7会議室(駅前市庁舎6階)で開かれる。入場無料。
講演の講師は、紙谷敏弘さん(日本平和委員会調査研究員)。
講演内容は、▷地位協定とは、▷米軍飛行場(陸上自衛隊木更津駐屯地)の実像、オスプレイ、なぜ木更津かの背景をさぐる。
その後、午後3時15分~同45分まで、意見交換等が行われる。
主催は地位協定を学ぶ会(会長・石川淳一)、後援はオスプレイ来るな いらない住民の会。
なお「地位協定」とは「日米地位協定」の事。

 

夢に向かい努力する大切さ

2020-2-9-05

木更津第一中学校 講師と「夢の教室」

木更津第一中学校では、このほど、JFA(日本サッカー協会)が主催する「こころのプロジェクト」の一環で、様々な協議の現役選手、OB/OGなどを「夢先生」として学校へ派遣し、「夢を持つことや、その夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」などを伝える、「夢の教室」を開催した。
「夢の教室」は【ゲームの時間】、【トークの時間】と、「夢先生」と子どもたちがメッセージのやり取りをする【夢シート】で構成されている。
当日は、2年生4クラスがクラスごとに、体育館で「夢先生」と交流を深めるためのアクティビティを行い、その後、教室で「夢先生」の授業を受けた。
第1弾は、元バスケットボール日本代表の岡里明美さん。
高校時代の全国制覇、アトランタ五輪での7位入賞、Wリーグにおける女性初のヘッドコーチなど、輝かしい経歴の中にも何度か挫折しかけた等の話から、「夢を持ち」、夢に向かって「勇気を持って」向かっていくことが大切であること、「まわりの人たちへの感謝を忘れてはいけない」などをテーマに授業を行った。
第2弾は、元ラグビー日本代表で、「鉄人」「レジェンド」などと呼ばれた伊藤剛臣さん。
法政大学時代の全国制覇、神戸製鋼時代の日本一、ワールドカップへの2度出場等の経歴から、夢に向かって本気になり、チームメイトと協力しながら全力で努力をすれば、成長した自分に必ず出会え夢が実現すると熱い授業を行った。
生徒たちは自分の夢とその実現のためにすべきことを「夢シート」にまとめ、発表した。
体育館でのアクティビティ、そして授業と、大変密度の濃い2時間で、生徒たちの表情には充実感が溢れていた。
今後、1人1人の「夢シート」に「夢先生」からのメッセージを添えて、返却される予定。
(写真は、アクティビティで生徒と交流する伊藤剛臣さん)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら