暮らし

新千葉新聞2月9・10日掲載

2月9日掲載

一般会計は約449億円

2019-2-9-01

木更津市が発表 平成31年度当初予算案

木更津市は8日午後3時から、市長応接室で平成31年度当初予算案を記者発表した。
それによると、一般会計予算案は、449億4600万円で、前年度比16億8600万円、3.9%の増加となった。
参考までに、平成30年度当初予算は骨格予算となり、肉付け予算(平成30年度6月補正予算)後、442億1485万3千円に対する比較は、7億3114万7千円、1.7%の増。
特別会計予算は、292億8220万円(前年度比、17億9260万減)で、一般会計予算と特別会計予算を合わせた予算規模は、742億2820万円で、前年度比0.1%減となっている。
詳細は後日。

 

 

古くなった針等に感謝

2019-2-9-02

木更津市富士見 成就寺で針供養会

2月8日の「事始め」に因み、木更津市富士見の満足山成就寺(木村順誠第51代住職)で8日、恒例の『針供養』が厳かに散り行われた。(写真)
折りしもこの日は、同寺が創建されて593年目に当たる誕生日。
針供養は大正時代から始まり、昭和6年(1931)1月に「針供養塔」が建立されてからは毎年供養塔前で行われている。
午前10時からの「古針奉納供養」には、日頃から針を使用している和裁、洋裁、紳士服関係者、工業用ミシンメーカーでカーテンなどを製縫している人等々およそ50人が参列。
住職の読経が流れる中、硬いものを縫い続けて折れたり曲がったり、あるいは古くなって錆びた針を供養塔に納めたり、柔らかな豆腐やこんにゃくに刺し、労苦を労い感謝した。
続いて参列者は本堂での「祈祷会」で今年1年の無病息災、家内安全、商売繁盛、針技芸上達などを祈願した。
木村住職(49)は、木更津は古くからの港町、花柳界の発展と共に呉服関係の商売が盛んだった、などの歴史に触れながら、「日本人は古くから針仕事で、ものを大切に慈しむ心や礼節を学んできた。これは世界に誇る文化。針1本にも命あり、心がある。いま生きていることに感謝して日々精進しましょう」と語りかけ、伝統行事の継承を期し、多くの参拝を歓迎した。
40年以上針供養に参拝している木更津中央公民館和裁教室「みずわ和裁」の講師・顧問の山田ミヤさん(89、大久保)は多くの受講生とともに参列「今年も元気でお参りでき幸せです」と感謝した。
今年初めて参拝したパッチワーク教室講師の松本菊代さん(64、君津市青柳)は「心洗われるようです。これからも針を大切に扱い、手仕事を楽しみたい」と話していた。
この日は夕刻まで多くの人々の参拝があった。

 

 

象徴天皇制の行方を考える

2019-2-9-03

木更津市立中央公民館 2月11日を考える集い

2019年2月11日を考える集い「象徴天皇制の行方を考える」が、きょう9日(土)午後2時(1時半開場)~4時、木更津市立中央公民館(木更津駅西口・アクア木更津B館3階)で開かれる。入場無料。
千葉県高等学校教職員組合君津支部・平和・人権・教育と文化を考える会主催。
講師は日本近現代史研究者で長野県短期大学准教授の瀬畑源氏。
今年2019年4月末に明仁天皇が退位、5月1日に皇太子が新天皇として即位する。
退位で天皇が変わるのは江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶり。
天皇の代替わりでは、どんな儀式や行事があるのか、などを一緒に考える。
問い合わせは事務局・栗原さんへ 090-6149-4132。

 

 

近隣住民に憩いの場

2019-2-9-04

木更津市万石・特養老 カフェ潮の香をオープン

木更津市西部地域包括支援センター及び社会福祉法人梅香会(理事長・重城明男金田クリニック重城院長)では、このほど、同法人施設の「特別養護老人ホームいわね潮の香園」(木更津市万石146-1)内に、近隣住民に憩いの場を提供する「カフェ潮の香」をオープンさせた。
昨今の高齢化社会が抱える様々な悩みや、その相談についてみんなで共有し「ほっと一息」できるような憩いの場として、その利用を呼びかけている。
「カフェ潮の香」は、毎月第4日曜日、午後1時30分~同3時30分までの間「特別養護老人ホームいわね潮の香園」で開催される。
開催初日(1月27日)は、同法人理事長の重城明男医師から『認知症の接し方について』の講演があり、約100人を超す参加者の活気あふれるなか、ユーモアたっぷりの講演に参加者は楽しんで耳を傾けていた。
今後の予定は、
▷2月24日(日)午後1時30分~3時30分、講演内容「落語」。
▷3月24日(日)午後1時30分~3時30分、講演内容「オレオレ詐欺」を予定。
その後も順次第4日曜日に開催する。
参加申し込みは不要、自由参加、ただし飲み物代として100円必要。
(写真はリハビリ体験の様子)

 

 

 

2月10日掲載

一般会計3.9%増 前年度比

2019-2-10-01

「平成31年度当初予算案」を発表  木更津市約449億円 過去最大の予算規模

木更津市は8日、「平成31年度当初予算案」を発表した。
一般会計予算案は、449億4600万円で、前年度比16億8600万円、3.9%の増となり、過去最高を更新した。
参考までに、平成30年度当初予算は骨格予算となり、肉付け予算(平成30年度6月補正予算)後、442億1485万3千円に対する比較は、7億3114万7千円、1.7%の増。
特別会計予算は、292億8220万円(前年度比、17億9260万減)で、一般会計予算と特別会計予算を合わせた予算規模は、742億2820万円で、前年度比0.1%減となっている。
少子高齢化に伴う社会保障費や公共施設の老朽化対策など、財政需要の増加、10月からの諸費税増税による財政負担も見込まれているが、第二次基本計画の初年度として、過去最大の予算規模となった。
重点施策の1つ、「安心・安全で生き生きとした暮らしづくり」への取り組みとして今後3年間で防災力日本一をめざす。
31年度は「防災行政無線のデジタル化整備」など防災力強化を図る。
「子どもを育む環境づくり」では待機児童の解消に向け、民間保育施設整備への支援、全小中学校普通教室へのエアコン設置、児童増加に対して金田小・太田中の校舎増築など。
乳幼児とその保護者への「ブックスター事業」。
人口増に対応して、街なか居住マンション建設への補助等が盛り込まれた。
当所予算案は今月12日(火)開会の市議会3月定例会に提出される。
主な新規事業は次の通り。
▷金田小学校校舎増築事業費=2億708万4千円
▷太田中学校校舎増築事業費=1億6761万9千円
▷西清小学校屋内運動場非構造部材(吊天井・照明等の耐震改修)対策事業費=1億181万1千円
▷岩根小学校屋内運動場非構造部材対策事業費=7千426万7千円
▷パークベイプロジェクト推進事業費(鳥居崎海浜公園整備)=6千万円(同公園内に民間事業者の集客施設を誘致するため、公園内のプールを解体する)
▷パークベイプロジェクト推進事業費(富士見通り歩道改良)=600万円(無電柱化及び歩道整備の調査費)
▷ちば消防共同指令センター機器更新事業費(継続費、平成30年度749万円)=6740万9千円
▷プレミアム付き商品券給付事業費=9千万円
▷JR巌根駅総武線快速停車事業費(プラットホーム延伸の調査)=2千万円
▷郷土博物館「金のすず」空調整備改修事業費=9600万円
▷保育士確保対策事業費(待機児童が生じる原因となっている保育士不足解消へ人材派遣などを活用)=1億円

 

 

12日招集3月20日迄

2019-2-10-02

木更津市議会3月定例会 上程議案44件

木更津市議会は平成31年3月定例会を2月12日(火)招集、3月20日(水)まで会期37日の日程で開く。
本会議は2月12・18・26・27・28日、3月1・20日の7日間、いずれも午前10時から開会。
審議するのは平成30年度関係が補正予算6件など計9件、平成31年度関係が一般会計及び特別会計の予算計6件・条例の制定4件・条例の一部改正18件など計35件、合わせて計44件。陳情2件。
一般質問は2月26・27・28日、3月1日の4日間にわたり午前10時から行われる。
委員会は2月18日に議会運営委員会。
3月5日総務・6日教育民生・7日建築経済の各常任委員会及び協議会。
3月1・12・13・14日予算審査特別委員会。
3月18日に地方創生・広域行政等・基地対策の各特別委員会協議会。
3月20日の本会議終了後、議員全員協議会。
議案内容は次の通り。

【上程議案】
◎平成30年度関係
▷一般会計補正予算
▷国民健康保険特別会計同
▷後期高齢者医療特別会計同
▷介護保険特別会計同
▷公設地方卸売市場特別会計同
▷公共下水道事業特別会計同
▷ひとり親家庭等医療費等の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定
▷原子力発電所の事故に起因する損害に対する和解
▷工事請負変更契約の締結

◎平成31年度関係
▷一般会計予算
▷国民健康保険特別会計同
▷後期高齢者医療特別会計同
▷介護保険特別会計同
▷公設地方卸売市場特別会計同
▷公共下水道事業特別会計同
▷君津地域水道事業の統合広域化に伴う関係条例の整備に関する条例の制定
▷職員倫理条例同
▷第二期君津地域広域廃棄物処理施設整備運営事業者選定委員会設置条例同
▷森林環境整備基金条例同
▷職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定
▷道路占用料徴収条例等同
▷付属機関設置条例同
▷特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例
▷行政組織条例同
▷職員定数条例同
▷職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例同
▷アメリカ合衆国軍隊の構成員等の所有する軽自動車等に対する軽自動車税の特例に関する条例
▷市税条例等同
▷廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例
▷公設地方卸売市場条例同
▷都市公園条例同
▷地域汚水処理場条例同
▷下水道条例同
▷地区計画の区域における建築物の制限に関する条例同
▷火災予防条例同
▷公民館設置及び管理運営条例同
▷市民学習会館等の設置及び管理に関する条例同
▷権利(債権)の放棄
▷業務委託変更契約の締結同
▷木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市、鴨川市、南房総市及び鋸南町広域廃棄物処理事業協議会規約の制定に関する協議
▷木更津市とかずさ水道広域連合企業団との間における下水道使用料及び地域汚水処理手数料の徴収等に関する事務の委託同
▷君津広域水道企業団の解散同
▷君津広域水道企業団の解散に伴う財産処分同

【陳情】
▷「会計年度任用職員制度の施行に伴う、国の地方自治体への十分な財政措置を求める意見書」の提出を要請する陳情書、
▷「幼児教育・保育の『無償化』に係わる制度の拡充、及び、国の地方自治体への十分な財政措置を求める意見書」同。

 

 

実験等で薬物の危険学ぶ

2019-2-10-03

薬物の断り方をロールプレイの手法で学習  木更津第一小学校 薬物乱用防止教室

木更津第一小学校(校長・米澤雅史、児童数420人)では、今月4日、木更津警察署の職員を講師に招き、同校の6年生を対象に「薬物乱用防止教室」を実施した。
前半は、薬物の名前や種類、薬物使用で人間の心や体にどのような害を及ぼすのかについて説明があり、実際の薬物を使った実験も行われた。
脳に見立てた発泡スチロールがシンナーでみるみる溶けていく様子を、実験で目の当たりにした児童からは、驚きの声があがった。
後半は、薬物やタバコを勧められたときの断り方をロールプレイの手法で学習。
代表で参加した児童は、薬物を進める役に扮した警察署員の言葉巧みな誘いに戸惑いながらも、毅然とした態度で断ることができた。
今回の学習を計画した学年主任の古藤明憲教諭は、「子供たちは、4月から中学校へ進学する。中学生になれば様々な人と関わる機会も増えるだろう。今回の学習をきっかけにして、より一層、自分の行動に責任を持ち、正しい判断ができる人になってほしい」と話した。
(写真はシンナーを使った実験。発泡スチロールが溶ける様子を食い入るように見つめる児童)

 

 

一般優勝は竹田氏

2019-2-10-04

日将連かずさ支部

日本将棋連盟かずさ支部(支部長・石原光明)主催「王将位争奪戦1月大会」がこのほど、木更津市内の公民館で行われた。
結果は次の通り。
◎一般の部
▷優勝=竹田一郎(木更津市)
▷2位=石原光明(富津市)

◎子供の部等は紙面の通り。

同大会は木更津市の公民館(予約室)で毎月最後の日曜日午後1時からレイティング方式で開かれている。
誰でも参加可。参加費は一般300円、子ども200円。
問い合わせは関口明幹事長へ(TEL 090-2407-6802)。

 

 

頑張る企業の取組紹介

2019-2-10-05

第9回かずさビジネスマッチング交流会  オークラアカデミアホテル リキュールや養豚等

木更津、君津、袖ヶ浦、富津の4市合同『第9回かずさビジネスマッチング交流会』が、今月22日(金)午後3時(受付2時30分~)から7時まで、オークラアカデミアパークホテルで開かれる。
現在、参加者募集中。締め切りは15日(金)。
木更津商工会議所、木更津市富来田商工会、君津商工会議所、富津市商工会、袖ケ浦市商工会、君津地域4市など計14団体で構成する「かずさアカデミアパーク経済対策協議会」と「かずさアカデミアパークまちづくり協議会」主催。
かずさアカデミアパーク進出企業と地元企業のマッチングを目的とした、かずさ地域最大のビジネス交流会。
昨年は約150人が参加した。
今回は、かずさ地域の2019年経済展望や地元で頑張る企業の地域資源を活用した新商品開発、小規模農家が廃業機器を乗り越えた取り組み事例などを紹介する。2部制。

◎第1部・講演会(平安の間)
▷基調講演(3時~4時)=「2019年県内およびかずさ地域の経済展望」大島朗氏(地方創生コンシェルジュ、関東財務局千葉財務事務所長)
▷事例発表(4時10分~5時20分)
①「木更津市特産品を活用したクラフトリキュールプロジェクト」林利江氏(㈲ベアーズ)
②「国産ブランド豚に人生をかける夫婦の挑戦!」平野恵氏(平野養豚場)

◎第2部・交流会(有明の間、5時30分~7時)=立食形式による懇親会及び名刺交換会(木更津産クラフトリキュール・木更津の恵みポークの試食あり)。
希望すれば1分間程度のマイクを使用した自社スピーチが可能。
PR用の机、アルコールも用意される。
参加費は第1部が無料、第2部が3千円。
送迎バスあり(木更津駅西口ロータリー内午後2時20分発)。
参加申込は申込書に記入しファックスで。
申し込み・問い合わせ先は同経済対策協議会事務局(木更津商工会議所内)TEL 0438-37-8700、FAX 同37-8705

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら