暮らし

新千葉新聞2月5・6日掲載

2月5日掲載

ブルーベリーの料理提供

2019-2-5-01

期間限定、スタンプ集めでプレゼントも  木更津市観光案内所主催 市内18店舗で

木更津市観光案内所主催「BLUE BERRY PARTY」(ブルーベリーパーティー)が、2月9日(土)~17日(日)、木更津市内18店舗で実施される。
これは、木更津市観光案内所(木更津駅みなと口、アクア木更津B館1階、TEL 0438-38-5575)が、「木更津産ブルーベリーの美味しさをより多くの人に味わってもらいたい」と初めて開催するもの。
同イベントでは、参加18店のシェフが腕を振るい、ブルーベリーを使ったオリジナルの料理を期間限定で提供する。
さらに参加店舗2店を回ってスタンプを集めると木更津名産品(潮干狩り招待券、珍味あさり、木更津産海苔のいずれか)を先着350人にプレゼントする。
プレゼント引き換え場所は木更津市観光案内所。
スタンプ押印用のチラシは2月4日以降、参加店舗、木更津市観光案内所、三井アウトレットパーク木更津の観光案内所チーバくんプラザにある。
参加店舗は次の通り。

▷Croissant木更津ワシントンホテル店(大和)、
▷クロワッサン木更津(文京)、
▷せんねんの木衹園店(永井作)、
▷10PENテッペン(東中央)、
▷PAUSE CAFE(清見台)、
▷アーリオ(清川)、
▷木更津ワシントンホテルレストラン ボンサルーテ(大和)、
▷ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル レストランザ・テラス(太田)、
▷宝家(中央)、
▷東京ベイプラザホテル レストラン龍園ランチバイキング(新田)、
▷中国料理東洋(太田)、
▷IL Marioloイルマリオーロ(ほたる野)、
▷羽場UVA(東中央)、
▷Abaceria La antigua(東太田)、
▷グローバルキッチン1982(東中央)
▷あづまや(吾妻)、
▷Kiyomidai cafe清見台カフェ(東太田)
▷29BAL木更津ニクバル(文京)  (順不同)

 

 

木更津署長に木川良徳氏

2019-2-5-02

富津署長に永島光男氏  君津署長に林茂樹氏

県警は4日付けで、春の第1次異動を発令した。
今回は警部相当職以上が対象で605人が異動する。
3月11日と4月1日のそれぞれ予定している警部補相当以下や組織改編に伴う第2・3次異動は計2千人程度となっており、全体では昨年と同規模の見通し。
署長は39署中、32署で交代。
地元3署(木更津署、君津署、富津署)はすべて交代した。
このうち木更津署の木川良徳所長は平成27年9月から同30年2月まで君津署長を務めている。
地元署の警視以上の異動は次の通り。

◎警視
▷木更津署長(警備部参事官兼公安1課長)木川良徳
▷君津署長(交通部参事官兼交通捜査課長)林茂樹
▷富津署長(総務部理事官兼留置管理課長代理)永島光男
▷木更津署副署長(佐倉署刑事官)平野英夫
▷君津署副署長(市川署地域交通官)伊藤慶洋
▷木更津署刑事官(捜査1課管理官)高山善吾
▷刑事部参事官兼生活安全部参事官兼地域部参事官兼交通部参事官兼警備部参事官(君津署長)服田和敏
▷第3機動隊長(木更津署副署長)鈴木文男
▷交通部理事官兼交通捜査課付(君津署副署長)地曵安博
▷薬物銃器対策課管理官(木更津署刑事官)鏑木宏和

◎退職
▷矢野義春(木更津署長)
▷大和田正敏(富津署長)  (敬称略)

 

 

5年生が福祉の心を学ぶ

2019-2-5-03

車椅子・アイマスク・高齢者疑似体験  木更津第一小学校 福祉体験学習会

木更津第一小学校(米澤雅史校長、児童数420人)ではこのほど、同校の5年生を対象に木更津市社会福祉協議会の人達を招いて福祉体験学習を実施した。
学習会では、車椅子体験・高齢者疑似体験・アイマスク体験の3グループに分かれ、それぞれの担当者から説明を聞いた後、児童全員が体験に臨んだ。
当日は、社会福祉協議会から26人、保護者9人の合わせて35人がボランティアとして参加し、児童の活動をきめ細やかに支援した。
体験をした児童からは、「車椅子の操作は難しかった」「高齢者疑似体験では、細かい作業をするのがとても大変だった」「アイマスクで何も見えなかったので、介助してもらうと安心した」といった感想が聞かれた。
同福祉協議会のボランティア代表として参加した新井氏は、「福祉とは、みんなが幸せになりために自分がどうするか考えて行動すること。今回の体験で知ったことを、実際の行動に繋げてほしい」と児童に語りかけた。
今回の学習会を計画した学年主任の石渡真理子教諭は、「たくさんの方が協力してくださり、改めて地域の教育力の高さを実感した。特に社会福祉協議会の皆さんは、事前準備が入念で、大変ありがたかった。この体験をきっかけに子供たちが様々な人の立場に立って考え、行動していけるようにしていきたい」と話した。
(写真はアイマスクをして階段を降りる児童をサポートする)

 

 

鬼やらいで福つかもうと

2019-2-5-04

八剱八幡神社恒例 節分祭追儺式行う

木更津総鎮守、木更津市富士見の八剱八幡神社(八剱隆宮司)では、3日午後6時から、恒例の「節分祭・追儺(ついな)式」を本殿で執り行った。
本殿に隠れている鬼を、ショウキ(鐘馗)が追い払う鬼やらいの神事「追儺式」は、同神社の伝統行事。
赤鬼(役・鈴木清史氏)と青鬼(役・岸本毅氏)が、庄屋さん(役・石井幸一氏)や村人(役・佐藤充宏氏)の所へ飛び出してくるショウキ(役・地曳和巳氏)が鉾(ほこ)や剣で鬼を追い立て、豆をぶつけると、2匹の鬼はたまらず拝殿の外へ逃げ出す―という儀式。
「追儺式」は仲片町の千葉県無形民俗文化財の「木更津ばやし」保存会により執り行われた。
太鼓の響くなか、約130人が参列した節分祭式は、修祓の儀、八剱隆宮司の祝詞奏上のあと、3人の巫女(みこ)による『豊栄(とよさか)の舞』が、笛や笙(しょう)の音とともに披露された。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)では、宮司に続き、神社役員、祭礼委員会、来賓、総代などが行った。
神事に続いて、来賓や年男・福女による豆まき(福まめ)が、たいまつが燈された境内で行われた。
無病息災、開運、厄除けなどの祈りが込められた同八剱八幡神社の豆まきには、今年の「福」をつかもうと、大勢の家族連れや市民等が集まり、懸命に手を伸ばして福をとりいれていた。
また境内では木更津金鈴ライオンズクラブによる「甘酒」の接待もあった。
(写真は鈴木克己商工会議所会頭の豆まき、岡本範正氏撮影)

 

 

 

2月6日掲載

アクアコイン5%還元

2019-2-6-01

木更津市内の加盟店で利用可能な電子地域通貨  君津信用組合や市等 3月末迄キャンペーン

お金の地産地消!
君津信用組合(宮澤義夫理事長)、木更津市(渡辺芳邦市長)、木更津商工会議所(鈴木克己会頭)の3者連携で普及推進が図られている、「電子地域通貨アクアコイン」による支払額の5%還元キャンペーンが、2月1日~3月31日(日)まで行われている。
今年10月には消費税が10%に引き上げられていることに伴い、国の経済対策の一環として、キャッシュレス決済によるポイント還元の実施が計画されているが、木更津市等では一足早く、同キャンペーンを実施するもので、アクアコインによるポイント還元の環境整備等を目的に、同キャンペーンを通して、アクアコイン利用者・加盟店・消費額の増加を加速させようという狙い。
同キャンペーンではアクアコインでの支払いの際に、自動で5%の還元ポイントがアプリに付与される。
また現在実施中の「アクアポイントざくざくキャンペーン(チャージ1千円につき、3%のアクアポイントプレゼント)」とあわせると、8%分のポイント取得ができる仕組み。
ただし、キャンペーンの対象となる支払額の総額(5%分)が3千万に達したときは、キャンペーン期間中でも終了となる。
アクアコインは今年1月15日現在、利用可能店舗は木更津市内406店舗、コインのチャージ額は5千8百49万4千円、コイン消費額は4千6百94万9千円、総インストール件数は4千9百3件。
アクアコインのチャージ上限額は10万円、交換単位は1円が1コイン。
コインの有効期限は最終利用日から1年後の当月末日まで。
ポイントは付与日から1年後の当日末日まで。
詳しくは、君津信用組合TEL 0438-20-1122、木更津市農業振興課TEL 0438-23-8460、木更津商工会議所TEL 0438-37-8700へ。

 

 

最後のエコキャップ活動

2019-2-6-02

4月からは富岡小と統合し富来田小に  地域と共に1年間回収 馬来田小児童会

木更津市立馬来田小学校(校長・相場明彦、児童数164人)では、児童会による「エコキャップ活動」を、全校そして地域とともに取り組んでいる。
4月からは、富岡小学校と統合して「富来田小学校」と改称するため、馬来田小学校としては、最後の活動となった。
1月30日(水)に、児童会の藤田さん、山本さん、鈴鹿さんが代表として、社会福祉法人木更津市社会福祉協議会「木更津市あけぼの園」を訪問し、学校で1年間回収したキャップや地域から届けられたキャップ(1万4千4百72個)を施設の職員に渡した。
持ち込まれたキャップは選別したのち、リサイクル会社に売却され、その売却益で世界の子供たちのワクチン募金代となるという。
BCG(結核)接種には、1人分約7円(キャップ約180個)、小児マヒ(ポリオ)には1人分約20円(キャップは約500個)、はしかには1人分約95円(キャップ約2500個)が必要になるとのこと。
同校では、4月からも統合される富岡小の児童と協力し合って、今後も積極的に児童会の活動として取り組みを続け、地域の人々にも広報活動を通して、さらに助け合いの輪を広げていきたいと考えているとしている。
(写真は木更津市あけぼの園に「エコキャップ」を届けた馬来田小児童会の代表3人)

 

 

なわとび大会

2019-2-6-03

木更津・清川地区

木更津市の「第2回清川地区なわとび大会」が今月9日(土)午前8時45分から清見台コミュニティセンター付属体育館で開催。

 

 

模範の優良運転者など

2019-2-6-04

木更津地区安管協 木更津地区表彰式③

木更津地区安全運転管理者協議会(前田正登士会長、以下木安管協)主催、「平成30年度木更津地区表彰式」がこのほど、東京ベイプラザホテルで開催された。
この表彰式は、永年にわたり、交通事故防止・安全運転に尽力した優良運転者、管理者、事業所などの功績を称え、一層の交通安全思想の普及などを目指すもの。
表彰者続きは次の通り。(敬称略)

【木更津警察署長・木更津地区安全運転管理者協議会長連名表彰】
▷優良運転者
=宮野優輔・鶴岡祐一(㈱道標)、露崎志津子・大野和利・露崎久夫(㈱大鐵建設)、根本真由美・小曽根里絵・小久保雄希・佐藤一貫・中溝幸雄・森美奈(袖ケ浦市役所)、石井幹夫・遠藤照行・三宅慎一郎・髙橋秀樹・田中正範・穂積智之・髙橋秀樹・根本良徳・髙橋貴典・粕谷雄太(袖ケ浦市消防本部)、林俊一・佐久間泰宏・齋藤ひろみ(日本工業検査㈱千葉営業所)、白井雅行(㈱木更津ゴルフ倶楽部)、外山仁美・荒井睦枝・溝口美智子・渡邉恭一(NPO法人ぽぴあ)、高城康男、金子匡代・杉山布美江(NPO法人ぽぴあライズ)、八角茂子・髙橋里枝(袖ケ浦桜ヶ丘幼稚園)、菅野昭彦・畑弘和(東邦化学工業㈱)、吉田好克(住友化学㈱千葉工場)、浅野秀美・武内陽一(東電フュエル㈱袖ケ浦事業所)、鈴木礼子・田沼駿・白熊清子(袖ケ浦興産㈱)、鈴木嘉彦・泉水一博・渡邉義信(東京重機㈱千葉支店)、中野寿昭(日本メジフィジックス㈱千葉工場)、谷島義弘・平島貴亮(㈱巴商会千葉営業所)、大森信(㈱サニクリーン東京袖ケ浦営業所)、栗川克明(社会福祉法人佑啓会ふる里学舎蔵波)

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら