暮らし

新千葉新聞2月4~5日掲載

2月4日掲載

3つの新サービス導入

2020-2-4-01

君津信用組合、木更津市、木商工会議所  電子地域通貨 アクアコイン便利に

お金の地産地消!をスローガンに、君津信用組合(宮澤義夫理事長)、木更津市(渡辺芳邦市長)、木更津商工会議所(鈴木克己会頭)の3社連携で普及推進が図られている「電子地域通貨~アクアコイン~」が1月末から2月にかけ、3つの新しいサービスが導入され、益々お得で、便利になった。
①「アクアBank」サービス(1月27日から導入)開始。
ユーザー間の送金(手数料なし)等が可能になった。
コインチャージ上限が10万円から200万円に拡大。
コインの有効期限が1年間から3年間に延長。
君津信用組合の口座からもチャージ可能に(7月予定)。
②「フードスクエア カスミイオンタウン木更津朝日店」でアクアコインの利用が2月1日から可能になった。
③「アクアコインでんき」の取扱開始(2月3日から一般家庭向き開始)。
東京電力の従量電灯B、C料金と同類をアクアコインによる自動振替で支払うと、加盟店(約500店舗)での支払いに使えるアクアポイントが最大で電気料金の9%付与される。
「アクアコインでんき」の提供開始を記念して、令和2年7月末までの申込者に500アクアポイントがプレゼントされる。
1月14日現在、アクアコイン利用可能店舗は、木更津市内517店舗に拡大されている。
今回新しく加わったサービスについての詳細は、君津信用組合本支店15店舗の窓口、または君津信用組合地域通貨課TEL0438-20-1122へ。

 

木更津署長に阿部義美氏

2020-2-4-02

県警は3日付で春の第一次人事異動発令  富津署長に仲村氏 君津署長に香月氏

県警は3日付で、春の第一次人事異動(警部以上)を発令した。
昇任を含む異動は警視以上が240人、警部が92人。
県内39署のうち33署が交代する。
地元関係では3署長が次の通り異動する。
【警視】
▷総務部参事官兼監察官(木更津署長)木川良徳
▷警部補参事官兼成田国際空港警備隊副長(君津署長)林茂樹
▷木更津署長(警部補参事官兼1機動隊長)阿部義美
▷君津署長(鉄警隊長)香月直幸
▷富津署長(刑事部理事官兼犯罪捜査支援室長)仲村正信
《退任》
▷永島光男(富津署長)   (敬称略)
3月中旬には警部補級以下の二次異動がある。

 

遺児福祉基金に役立てて

2020-2-4-03

木更津市に30万円 東京湾横断道路㈱が寄付

東京湾横断道路㈱(代表取締役社長・小島治雄)から木更津市遺児福祉基金あてに30万円の寄付があり、同社アクアライン事務所エリア事業課の黒田義仁課長(写真左)が、1月28日に木更津市朝日庁舎を訪問、鈴木賀津也健康子ども部長に手渡した。
これは海ほたるパーキングエリアにおけるチャリティ福袋販売収益金を寄付したもの。
市では交通遺児はじめ遺児の福祉増進を図るために大切に使わせていただくと感謝した。

 

野球人口の増加を図る

2020-2-4-04

木更津市少年野球連盟所属の6年生に  木更津高校 野球部員が小学生指導

『文武不岐(ぶんぶふき)』をスローガンに活動している県立木更津高校硬式野球部(和田純監督、鎌田賢太朗部長)は、野球振興などを目的に1月18日と2月1日、木更津市少年野球連盟(荻野敬次会長)所属の小学6年生を対象にした「少年野球教室」を同高校野球場で開催した。(写真)
この後2月15日に3回目が行われる。
これは、少年野球等で活動してきた6年生が、年齢の近い高校生と一緒に練習することで中学・高校へ進級しても野球を続けてくれることを願い、野球人口の増加・振興などを図りたいと同高校が初めて取り組んだもの。
中学校野球では、少年野球よりボールは1回り大きくなり、塁間も4メートル長く28メートルになる。
木更津高校野球部(清井主将、1年14人、2年10人、女子マネージャー5人)では、同教室を主宰することで、部員自らが考え行動する力を育み、一層能動的な活動へつなげたいとしている。
同部は今年夏の甲子園出場を目指し練習を積んでおり、和田監督は「楽しみなチームです」と期待を寄せる。
1回目の教室には35人が参加、雨のため、体育館内でトレーナーの指導のもと、傷害予防の体づくりや基本動作を学んだ。
2回目の2月1日は28人(女子1人含む)が参加、入念な準備運動、キャッチボール、遠投、ポジションごとの守備練習(スムーズな足の運びや捕球・投球)、シートノック、バッティング練習など中身の濃い練習が約5時間行われた。
会場では、荻野少年野球連盟会長、天海孝副会長、溝渕伸興木更津選抜監督、少年野球クラブの指導者・保護者など多数が見守り、「有難い活動です」などと感謝していた。
3回目には30人以上が参加予定で、ゲーム形式の練習も行う。

 

福祉施設訪問

2020-2-4-05

オレンジフィンガーズ

木更津市の合唱ボランティアグループ、オレンジフィンガーズによる「新春コンサート」が今月7日(金)午後1時30分から、市内長須賀の福祉施設・グリーンパレス1階ホールで開かれる。
メンバーは、近藤郁子さん(ピアノ)、阿部和子・遠藤仁子・近藤真由美・土崎由美子さん(以上歌)の5人。
メンバーのほか、スタッフの皆さん、みんなで歌いましょう―などの4部構成で、「豆まき」「北国の春」「どこかで春が」などを歌う。

 

2月5日掲載

エコドライブ・安全運転

2020-2-5-01

温室効果ガス排出量の削減に取り組む  木更津市地球温暖化対策 コンテスト実施

木更津市では、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき、平成30年(2018)2月に、「第3次地球温暖化対策実行計画」を策定し、温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいる。
同取り組みの一環として、2月1日~29日までの1か月間、『エコドライブ・安全運転コンテスト』を実施している。
このコンテストは、平成30年1月に、「地方創生に関する連携協定」を締結した、あいおいニッセイ同和損害保険㈱の協力のもと、人と自然が調和した持続可能なまちとして、次世代に継承しようとする木更津市の取り組み「オーガニックなまちづくり」の関連事業として実施するもの。
コンテストの概要は、スマートフォンアプリと車載機(タグ)を用いて、参加者の走行データ(スピード・ブレーキ・アクセル・コーナリング・スマートフォン使用など)を点数化して、自分自身で運転結果を確認しながら、他の参加者とランキングを競うもので、エコドライブと安全運転を同時に体験できるイベント。
1チーム3~5人で、チームメンバーの平均スコアを競う。
参加者(チーム)は、オーガニックアクション宣言企業23チームと、木更津市役所下水道課7チーム、合計30チーム、112人が参加する。
表彰式は3月23日(月)午後4時から駅前庁舎8階で。

 

自分達の力できれいに

2020-2-5-02

畑沢中・畑沢小・波岡小・木更津東高  波岡西地区ボランティア 4校合同地域清掃

木更津市の波岡西地区に所属する小中学校(畑沢中学校・畑沢小学校・波岡小学校)と木更津東高校の4校合同で、去る29日(水)に地域清掃ボランティア活動を実施した。
この活動は、千葉県社会福祉協議会より福祉教育推進指定校として波岡西地区の指定を受け3か年の取り組みをしてきた中での活動である。
この指定により、各学校は独自の取り組みを行うとともに、昨年度より、4校合同で地域清掃ボランティアを行っている。
当日は各公園に4校の児童・生徒、社会福祉協議会の人たち集まり、地域の美化作業を行った。
各公園で中学生を中心に始めの会を行い、小中高生が混じったグループで公園および地域の清掃活動を実施した。
参加した児童・生徒は「自分たちの地域を自分たちの力できれいにすることが大切だと思う」「小学生・中学生・高校生が交流しながら作業を進めることでよい時間を過ごせた」というような感想が寄せられた。
畑沢中学校の平一晶校長は、「これからも地域に根差した活動を展開し、地域を愛する児童・生徒を育てていきたい」と語った。
(写真は地域の美化活動を行う生徒たち)

 

鬼やらいで福つかもうと

2020-2-5-03

八剱八幡神社恒例 節分祭追儺式行う

木更津総鎮守、木更津市富士見の八剱八幡神社(八剱隆宮司)では、3日午後6時から、恒例の「節分祭・追儺(ついな)式」が本殿で執り行った。
本殿に隠れている鬼を、ショウキ(鐘馗)が追い払う鬼やらいの神事「追儺式」は、同神社の伝統行事。
赤鬼(役・細田靖史氏)と青鬼(役・筒井一輝氏)が、庄屋さん(役・石井幸一氏)や村人(役・佐藤充宏氏)の所へ飛び出してくるとショウキ(役・地曳和巳氏)が鉾(ほこ)や剣で鬼を追い立て、豆をぶつけると、2匹の鬼はたまらず拝殿の外へと逃げ出す―という儀式。
「追儺式」は仲片町の千葉県無形民俗文化財の「木更津ばやし」保存会により執り行われた。
太鼓の響くなか、約125人が参列した節分祭式は、修祓の儀、八剱隆宮司の祝詞奏上のあと、4人の巫女(みこ)による『豊栄(とよさか)の舞』が、笛や笙(しょう)の音とともに披露された。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)では、宮司に続き、神社役員、祭礼委員長、来賓、総代などが行った。
神事に続いて、来賓や、年男・重田敏雄さん、福女・金見和子さんなどによる豆まき(福まめ)が、たいまつが燈された境内で行われた。
無病息災、開運、厄除けなどの折りが込められた同八剱八幡神社の豆まきには、今年の「福」をつかもうと、大勢の家族連れや市民等が集まり、懸命に手を伸ばして福を取りいれていた。
また境内では木更津金鈴ライオンズクラブによる「甘酒」の接待もあった。
(写真は八剱八幡神社境内での豆まき、岡本範正氏撮影)

 

通常総会開く

2020-2-5-04

かずさスタイル推進協議会が木更津で

かずさスタイル推進協議会(会長・渡邉元貴、木更津市)の「通常総会」が、今月8日(土)午後2時からロイヤルヒルズ木更津ビューホテルで開催される。
▷令和元年度事業報告及び歳入歳出決算、
▷令和2年事業計画(案)及び歳入歳出予算(案)、
▷役員改選
―について審議する。
午後2時30分から同3時の講演では、石川冨美代木更津市議が「市政に対する想い」と題して話をする。
また午後3時から同3時50分までは特別講演として、拓殖大学紅陵高校の森章校長が「心の教育を思う」を演題に講話する。
懇親会は午後4時から。会費は4千円(当日受付で)。

 

8日に針供養

2020-2-5-05

木更津・成就寺

2月8日は「事始め」。
木更津市富士見1-9-17、満足山成就寺(じゅうじゅじ)では、来る8日(土)午前10時から同寺恒例の「針供養会(はりくようえ)」を、境内の針供養塔前で行う。
和裁・洋裁など「針」に携わる人達が、折れた針、曲がった針、さびた針など古くなった針への感謝の思いを捧げ、供養する。
午前10時30分からは、本堂内で住職による読経「祈祷会」が行われる。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら