暮らし

新千葉新聞2月28日掲載

若竹さんへ市民栄誉賞

2018-2-28-01

 

デビュー小説『おらおらでひとりでいぐも』 第158回芥川賞受賞 木更津市5件目

木更津市は26日、「第158回芥川賞」を受賞した若竹千佐子さん(同市内在住)に「市民栄誉賞」を贈呈すると発表した。 若竹さんは自身のデビュー小説『あらあらでひとりいぐも』で、今年1月に賞史上2番目の高齢となる63歳で第158回芥川賞を受賞した。 この実績は市民の誉れであるとともに、木更津市の分か進行に大きく寄与するものであると認め、その栄誉を称えるもの。 若竹さんは岩手県遠野市生まれ、結婚後、家族と共に木更津市に移り住む。岩手大学教育学部卒。平成21年、55歳で小説講座に通い始める。 受賞作は、還暦を過ぎてから2年ほどかけて仕上げ、昨年8月文藝賞(河出書房新社主催)を受賞した。 半世紀前に東北から上京し、夫を亡くした74歳1人暮らしの「桃子さん」が、ある日、自分の内側からあふれ出してきた大勢の「おら」との対話を通して、深い悲しみの中で反省を振り返り、更生する姿を東北弁(遠野弁)の語りで記す。 木更津市の市民栄誉賞は平成12年に設立され、これまでに、①財団法人かずさDNA研究所(平成13年2月表彰、「シロイヌナズナ」の全ゲノム完全解読の功績による)、②連続ドラマ・映画、木更津キャッツアイシリーズ製作者一同(平成18年11月表彰、木更津を舞台にしたストーリーで熱狂的なファンを生み、木更津の知名度を高めるとともに地域の活性化に貢献した)、③峰幸代専湯(平成20年11月表彰、北京オリンピックソフトボール協議において金目立つを獲得し、市民に明るい夢と希望を与えた)、④鷹見由紀子選手(平成21年10月表彰、第14回世界剣道選手権大会女子個人の部において優勝し、市民に明るい夢を希望を与えた)の4件(2団体と2個人)の贈呈があり、若竹さんは5件目の贈呈となる。贈呈日時は現在調整中。

 

電話de詐欺被害を防ぐ

2018-2-28-02

 

木更津警察署 2か所に署長感謝状

木更津警察署(矢野義春署長)は26日、「電話de詐欺被害未然防止功労者及び被疑者検挙功労団体」への感謝状贈呈式を署長室で実施し、敬意を表した。 ▽「電話de詐欺被害未然防止功労」は、セブンイレブン袖ケ浦駅北口店に勤務するアルバイト店員の斎藤夕子さんと星野恵美さんなど3人。 2がウ6日午前11時30分ごろ、高齢男性(70歳代)が、「アマゾンのカード2万円分が欲しい。どこにあるのか」と尋ねたことから、いつもと様子が違うことなどに疑問を持ち、使途などを尋ねたところ「電話で購入を指示された」とのことで、斎藤さんらは電話de詐欺を疑い、木更津署の応援を得て被害を未然に防止した。 ▽「被疑者検挙功労」は、千葉信用金庫岩根支店(大野恵支店長)に2月26日午後0時55分ごろ、恒例の男性(70歳代)から「信用金庫職員を名乗る男にキャッシュカードを手渡してしまった」と電話があった。同店では即、木更津署に通報するとともに、同カードが使用されたATMなどを確認し、警察に情報提供、同カードを所持していた犯人がタクシーに乗り込もうとした寸前で検挙したもの。キャッシュカードが犯人に渡ってから30分間の迅速な謙虚だった。千葉信用金庫では2月14日に木更津署の協力を得て袖ケ浦支店で県南地域合同の電話de詐欺被害防止訓練を実施しており、訓練が生かされた。 矢野所長は、日ごろの心がけなどがお客さまの被害防止につながったことに感謝し、今後も一層の協力を願った。 昨年1年間千葉県下では過去最高の1516件、約31億円の詐欺被害が発生している。今年も既に156件の被害が報告されている。木更津署ではまだ報告はないという。

 

 

銭湯で甘酒片手に音楽を

2018-2-28-03

 

木更津市内、ミュージシャン招き飲食も 松本佳奈さん主催 中央の「人参湯」で

木更津在住のシンガーソングライター・松本佳奈さん主催、木更津みなとまちなかワークショップ、木更津ナチュラルバル協力の音楽イベント「木更津銭湯フェス!其の三~銭湯で、甘酒片手に音楽を~」が「3月4日(日)午後2時から6時30分まで、木更津市中央3-4-39の「人参湯」で開かれる。 年齢性別問わずだれでも参加できる。定員50人。現在予約受付中!「人参湯」は昭和7年創業、平成24年に廃業した老舗銭湯。現在の建物は昭和27年の建築で、雨漏りしたり、ペンキが剥がれたり年季を感じる箇所が覆うが、昭和初期の面影を残す貴重な建物。 松本さんは、同イベントを平成29年から半年に1度のペースで企画しており、今回で3回目。参加費の約30%を人参湯に保存費として寄付している。 毎回様々なミュージシャンを招き、地域で活動する飲食店により飲食ブースの設置や、木更津を舞台にした写真展も同時開催。今回の出演は、huenica(混声ユニット)、トート・リオ「(ピアノトリオ)、ダニー坊や楽団、松本佳奈の4組。飲食ブースでは甘酒(よりみち)、きさ津野酵素ジュース・ホットワイン等(Earthnic Cafe)、春のデトックススープ(&sola)、総菜パン&菓子パン(Cafeku)を販売する。アーティストは湯船で歌い、お客さんは洗い場に座布団を敷いて聴く。銭湯と言う特殊な場所で聴く音楽は格別!と多くの来場を歓迎。なお、同イベントは、同日午前10時から木更津駅みなと口(西口)のスパークルシティ木更津周辺で開催される「木更津ナチュラルバル」をのコラボ企画であり、駅前にも足を運んでもらえればと案内している。 参加費は大人3000円(プラス1ドリンク)、小中校生1000円。問い合わせ・予約申し込みは松本さんへ

 

 

食品衛生の努力店舗

2018-2-28-04

 

木更津食品衛生大会 功労者を表彰2

袖ケ浦市での「木更津食品衛生大会」表彰者は続きは次の通り・ 【木更津食品衛生協会長表彰】 ▽食品衛生努力店舗の部=寿司割烹一心(竹内哲郎)、ゆたか旅館駅前館((株)としまや商事、代表取締役・渡辺ひさ江)、シャトレーゼ袖ケ浦店((株)ナミキ、代表取締役・並木耕一)、ローソン・スリーエフ袖ケ浦さつき台店((有)やましげ酒店、代表取締役・中村重幸)、日本料理天ぷらありはら(在原康志)、社会福祉協会佑啓会ふる里学舎蔵波(社会福祉法人佑啓会、理事・里見吉英)、ドライブイン中国料理栄華(青柳茂雄)、スーパー伊藤(伊藤良治)、アトリエ・アッシュ・プリュス(谷本耕作)、すなっく宇(藤原理加)、そば処じゃんじゃん亭(藤惠子)、bijoux(佐藤由香)、闌豆(清水一英)、(有)桜寿司(代表取締役・内藤きよ子)、居酒屋かかし(高野真知子)、琥晴(吉川千尋)、ジョリラパン((株)アートワークスラパン、代表取締役・安部智恵)、(株)せんどう木更津店(代表取締役・木口誠一)、カフェ「宇宙の小部屋」((株)三旺コーポレーション、代表取締役・コマツ亮介)、(株)富士食品(代表取締役・秋元直人)、でんでん(鈴木信好)、アイマール(藤平武美)、JSきみつ味楽囲さだもと店(君津市農業協同組合、代表理事・齊藤茂雄)、スナックごんべえ(市川清子)、レストランディジョン(今村英二)、スーパーと身分君津店((株)冨分、代表取締役・清水一)、中華料理達巳(尾坂達也)、もん勝((株)もん勝、代表取締役・勝目久美)、そば割烹せいわ((株)せいわ、代表取締役・永塚善彦) ▽食衛生優良従業員の部=野崎巳江子(幸春)、鈴木雄介(一平)、福田実((株)すずとみフーズ)

 

 

アコーディオンと一緒に

2018-2-28-05

 

うたのひろば木更津 みんなで歌いましょう

うたごえグループ青い空主催、「第33回うたのひろば木更津」~アコーディオンと一緒に、みんなで歌いましょう~が、3月3日(土)午後1時から木更津市中央公民館・1階ホールで開かれる。 参加費200円。歌集「うたのひろば」のない人は歌集代300円。歌集を持っている人は忘れずに持参をと。 「故郷」「早春賦」「うれしいひなまつり」「ふじの山」「みかんの花咲く丘」「ステンカラージン」「花は咲く」「平和の歌」「贈る言葉」などをみんなで一緒に歌う予定。 2018年うたい初めの会に多くの参加を歓迎している。


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら