暮らし

新千葉新聞2月28日掲載

2月28日掲載

校歌を大切に!!しよう

2019-2-28-01

2月22日の校歌制定日にちなんで  木更津第一中学校 校歌制定記念集会

木更津第一中学校(校長・廣部昌弘、生徒数305人)では、このほど、2月22日の校歌制定日を記念して、校歌制定日記念集会を開催した。
校歌制定記念日の取り組みは、3年前の生徒会本部役員の発案で始めたもので、校歌の歌詞やその歴史について知り、校歌に対する思いを強めることを目的としており、本年度で3回目を迎えた。
具体的には、校歌制定日の2月22日前後の期間、生徒会だよりやお昼の放送などで、校歌の歌詞や歴史について紹介したり、帰りの会で校歌の練習をしたりし、校歌制定日記念集会につなげていった。
当日は、生徒会本部役員の中下さんが、校歌制定に至った経緯や校歌の歌詞に込められた思いなどを紹介した後、生徒会本部役員の東條さんの指揮、2学年の岡原さんの伴奏で、学年生徒会役員などが前に整列し、全校生徒、全教職員で校歌を歌った。
木更津第一中学校の校歌は、昭和26年に、当時の堀切友雄校長が中心となり、校歌作成委員会が組織され、作詞を詩人の白鳥省吾氏、作曲を信時潔氏に依頼して作られたもので、現在も学校に信時潔氏直筆の楽譜が残されている。
校歌の歌詞にある「曙匂う富士の嶺」や「清らかにつづく蓮の花」などは、当時のPTAからの要望で書き込まれたことなどが、あわせて紹介された。
説明を担当した中下さんは、校歌を歌う前に、「私たちが何となく歌っている校歌は、一中の誇りあり、代々受け継がれているプライドでもあります。だからこそ、少しでも愛着を持って歌えると素晴らしいと思います。卒業式は、3年生にとって、全校生徒で校歌を歌う人生最後の大切な日です。今日は、校歌制定日を記念して、みんなで卒業式を盛り上げていくためにも、みんなで大きな声で歌いましょう」と訴えた。
全校生徒会顧問の君塚貴司教諭は、「木更津第一中学校の校歌は歴史と伝統があり、当時の関係者の思いが詰まった校歌なので、受け継ぐ立場として、いつまでも大切にしてほしい」と語った。
(写真は、校歌制定記念集会で、全校生徒で校歌を歌っている様子)

 

 

個性ある地域をめざす

2019-2-28-02

観光編・足元を見直す みたて海岸でセミナー

木更津市のオーガニックシティセミナー第5弾・観光編「足元を見直し、個性ある地域をめざす」~持続可能な観光地域づくり~が、3月9日(土)午後1時~4時まで、金田みたて海岸潮干狩場内休憩所(木更津市中島4416)で開かれる。
木更津には、先人達が暮らしの中で守り、伝えてきた個性がたくさんある。
この個性は地域住民の豊かさであり、魅力である。
同セミナーでは地元の人々に、足元を見直し、個性を大切に磨き上げ、継承していこうと呼び掛ける。
プログラムは
①基調講演「人のチカラとツナガリによる観光地域づくり」講師は千葉県観光物産協会・石田文夫氏。
②講演「木更津版DMOによる魅力ある地域資源の観光マネジメント」=Dどんな、M魅力を、Oお伝えするか?講師は木更津市観光協会・魚見和孝氏。
③事例体験「昔の漁師さんの海苔作り体験」講師・木更津市観光協会DMO推進事業部。
参加希望者はTEL23-8049、FAX23-9338、Eメールなどで「オーガニックシティセミナー第5弾(観光編)参加希望」と明記して申し込む。
参加無料、定員30人。

 

 

平均倍率は1.14倍

2019-2-28-03

31年度地元公立高校 後期選抜志願確定

県教育委員会は26日、2019年度県内公立高校後期選抜試験の確定志願者数を発表した。
全日制(119校149学科)は募集定員11,360人に対し、志願者数は志願変更受け付け前の22日時点と同じ15,405人で、倍率も1.36倍(前年度1.40倍)、前年度を0.04ポイント下回ったままとなった。
定時制(17校20学科)は871人を募集し、338人が志願、倍率は0.39倍(前年度0.38倍)で、前年度を0.01ポイント上回った。
君津地方の公立8校のうち、君津商業(商業・情報処理科)と木更津東・家政科及び袖ヶ浦・情報コミュニケーション科で募集はなかった。
この結果、全日制で539人の募集に対し612人が志願、倍率1.14倍と前年度(1.20倍)を0.06ポイント下回った。
最も倍率が高かったのは木更津東・普通科の1.65倍、次いで袖ヶ浦・普通科の1.57倍、木更津・普通科の1.55倍、君津・普通科の1.40倍。
定時制は1校、2学科で60人の募集に対し4人が志願した。
後期選抜試験は、きょう28日(木)に行われ、3月6日(水)に合格者が発表される。

 

 

準1級に6人が合格

2019-2-28-04

木更津珠算連盟 珠算能力・暗算試験

日本商工会議所、日本珠算連盟、木更津珠算連盟主催「珠算能力・暗算検定試験」がこのほど、木更津珠算連盟の正会員認定教場(各塾)で行われた。
木更津珠算連盟の合格者は次の通り。

【珠算能力】
▷準1級(6人)
=川名駿太、鹿島りずの、小竹結愛、植田千晴、坂下怜音、出口柾仁
▷準2級(7人)
=三浦葵、高橋梨奈、川西麻由、川名柴緒音、大久保明香、古泉琉々葉、内間清香
▷4級(15人)
=西村美里、高山知隼、青木ひより、稲葉紗華、玉川みすず、錦織求、八木美咲、朝倉夢翔、秋山雅人、太田伶永、鶴岡小桜、大山晃征、谷村苺花、成瀬あかり、木曽七海
▷5級(15人)
=山田蓮華、工藤玲琉、新隼ノ助、伊藤鳳陽、荒田耕作、山内咲良、鈴木夢乃、北見明音、佐藤結衣、中山苺子、松野圭吾、木曽陽喜、小林英華子、石井美桜、岸田清優利
▷6級(9人)
=髙橋快彗、前川舞琉、前田悠佑、安西心音、似田貝碧、木村有里、渡部創一郎、間弓希咲、岸田歩優利
▷7級(11人)
=小泉佑心、鈴木惟吹、林下賢太、地曵大和、松尾悠司、舛田大雅、都築広夢、吉村莉音、松井心美、白駒優奈、渡邉双葉
▷8級(5人)
=景山丈太郎、牧佑樹、岩田栞奈、原聖矢、遠藤茉那
▷9級(4人)
=玉川縁、宮城杏、小林道葉、桶野祐敬

【暗算】
▷1級(1人)
=髙山実桜
▷準1級(1人)
=石渡亮介
▷2級(2人)
=須藤はんな、逢坂亮汰
▷準2級(1人)
=原田凛
▷3級(7人)
=上園美成海、神田菜月、川西麻由、石渡美咲、鈴木空、梶川麗奈、重田結莉夏
▷準3級(1人)
=髙橋梨奈
▷4級(14人)
=牧佑樹、伊藤鳳陽、伊藤蒼大、桐井蒼未、高尾紗那、鈴木結葉、小倉優花、水尾日鞠、髙橋陽琉、藤原奏斗、松永空、椿原晴、細矢健悟、松井海寿
▷5級(6人)
=内海彩里、安本美葉、マクマーン凛、山口侑汰、木曽七海、吉川杏
▷6級(13人)
=滝本悠貴、佐藤結衣、平野紗愛、太田美海、大西美咲、鶴岡小桜、高倉雫、渡邉理亜奈、原田武、椿原笑、中山苺子、木曽陽喜、大野七瑠美
▷7級(2人)
=小熊香穂、長坂樹

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら