暮らし

新千葉新聞2月26~27日掲載

2月26日掲載

KISARAZUバスれ!

2020-2-26-01

グランプリ(東京在住者)等5人が入賞  きさらづをPR 木更津CMコンテスト

木更津商工会議所青年部(金見代雄会長)等の木更津CMコンテスト実行委員会主催、「第7回木更津CMコンテスト」が22日、木更津ビューホテルで開かれた。
今年のテーマは、「KISARAZUバズれ!」。
~木更津の魅力ある景色、食べ物、文化、日常などを、あなたの視点で、PRするCM(15秒以上60秒以内)をつくってください~と募集。
市内外から20の作品が寄せられ、この日の審査会では、特別審査員の渡辺芳邦市長、鈴木克己木更津商工会議所会頭、野口義信木更津観光協会会長、SKE48の山口鈴蘭さん(当日は体調不良で欠席、電話での出演)の4人と、当日会場入りした観客約80人、さらにユーチューブからの参加者の投票総数で5人の入賞者を発表した。
最高賞のグランプリには、東京都在住のiwapt(イワプト)さんの作品「木更津の魅力~Attracive Kisarazu~」が選ばれた。
審査を終えて渡辺市長は、「グランプリは東京在住者で、首都圏の方の視点で木更津の新たな宝を掘り起こしてくれました。素晴らしい作品でした。これからも期待に応えられるよう、魅力あふれる街にしていきたい」と意欲を示し、多くの応募に感謝した。
入賞作品は今後、JR木更津駅東口・西口のアクアラインバスターミナルの「デジタル掲示板」やプレナビなど多方面の木更津市の観光PR等に有効活用される。
同コンテストは次年度も開催する予定。
入賞者は次の通り。
作品名・制作者名・住所の順。
◎グランプリ
▷「木更津の魅力~Attracive Kisarazu~」 iwapt(イワプト、東京都在住)
◎準グランプリ
▷「元気にしてくれる街 木更津」 高橋佳代子(高柳)
◎特別賞
▷「採れたてを、召し上がれ」 松本佳奈(真里谷)
◎ユーモア賞
▷「KISARAZU CATs 愛」関根直司、
▷「遊びに行こうよ!木更津」 櫻庭賢吾(大久保)

 

自分のことが超好き!

2020-2-26-02

木更津市男女共同参画フォーラム 湯川カナさん講演

笑顔とパワーあふれるメッセージをお届けします!
「令和元年度第3回木更津市男女共同参画フォーラム《講演会》」が、3月1日(日)午後1時30分~3時、木更津市民総合福祉会館で開催される。
講師は湯川カナさん、テーマは「自分のことが超好き!っていえる私になりたい」。
湯川さんはYahoo!JAPANの立ち上げに関わり、社員第1号となる。
その後スペインに移住し、移住生活を糸井重里氏の『ほぼ日刊イトイ新聞』で連載。
現在は、神戸市に「リベルタ学舎」を立ち上げる。
また、民間人初となる兵庫県広報官にも就任。
講演や執筆など多方面で活躍している。
誰でも参加可能。入場無料、定員60人(先着順・要申込)。
あす27日(木)まで参加申し込み受け付け中。
申込方法は電話(平日のみ)、メール、ファックスで。
ファックスは申込書に名前、電話番号、ファックス番号を記入。
メールは表題に「男女共同参画フォーラム申込」、名前、ふりがな、電話番号を明記する。
申込先は市企画課企画調整係 TEL0438-23-7425、FAX同23-9338。
Eメールアドレス kikaku@city.kisarazu.jp

 

古文書の歴史や基礎学ぶ

2020-2-26-03

木更津市立図書館 講師は筑紫敏夫氏

木更津市立図書館に収蔵されている古文書をテキストに初心者向けの古文書講座を行っている「古文書調査・研究のつどい」主催、「古文書入門講座」が3月2日(月)午後1時30分から約2時間、木更津市立図書館/2階小会議室で開かれる。
古文書の歴史、基礎・基本的な事柄、学習の始め方―について学ぶ。
講師は筑紫敏夫氏(東京湾学会副会長、千葉県郷土史研究協議会常任理事)。
持ち物は鉛筆(シャープペンシル可)、消しゴム。
資料代・参加費など200円。
問い合わせ、参加申し込みは筑紫さんへ電話(090-3431-9483)、又はメールで。
メールアドレス toshi-551223@kzh.biglobe.ne.jp

 

2月27日掲載

魅力あるまちづくり推進

2020-2-27-01

多機能複合都市として機能強化図る  千葉県都市協会 金田地区など表彰

千葉県都市協会(会長・金丸謙一館山市長)主催、「令和元年度千葉県都市協会まちづくり功労者表彰式」が、このほど千葉市内のホテルで開催され、木更津市・金田地区(第2期)など、5地区が顕彰された。
千葉県都市協会は、千葉県及び県内49市町村が都市づくりに関する施策の研究等を行うことを目的に昭和37年(1962)に設置された任意団体で、千葉県県土整備部都市整備局都市計画課が事務局を務めている。
同協会が実施しているこの表彰は、平成22年度から実施されているもので、「県内において魅力あるまちづくりの推進に努め、特に著しい功績のあった個人または団体を称えているもの。
「木更津市・金田地区(第2期)」は、金田地区の人口増加に対応した、交流施設「高次都市施設地域交流センター」の整備を行い、地域特性に応じた多機能複合都市としての機能強化を図ったもの。

 

夢を持つ大切さを話す

2020-2-27-02

元Jリーガーと元なでしこジャパン  清川中夢の教室 夢先生2人招いて

木更津市立清川中学校(中務公明校長 生徒数364人)では、このほど2日間にわたり、2年生を対象に「夢の教室」を開催した。
JFAが主催で、様々な競技の現役選手、OB、OGを「夢先生」として学校に派遣。
「夢を持つことやその夢に向かって努力することの大切さ」を伝えると同時に「仲間と協力すること」などを理解してもらうことで自立心と社会性に富んだ、魅力的な生徒を育むことをねらいとしている。
同中学校には、2人の夢先生が来校した。
1人目は元Jリーガーの加藤大志さん。
プロ1年目から27試合に出場するなど活躍し、U-20、U-22の日本代表にも選出されるなど輝かしい経験の持ち主である。
授業では、「人生は1度きり、チャンスは何度もあるものではない。だからこそ、今この瞬間を大事にしないといけない」と伝え、目標をもって今を大切にする生き方を語った。
2人目は元なでしこジャパンの北本綾子さん。
2002年にU-19女子日本代表に選出され、2009年には、なでしこリーグ優勝を果たし、ベストイレブンに選出。
2004年には初選出されたなでしこジャパンで17試合に出場。
AFC女子アジアカップでは3位、アジア競技大会では優勝を成し遂げた人である。
授業では、「中学校時代失敗がなかった。理由は何もチャレンジしなかった。だから成長もしなかった」と語り、中学生の時期に挑戦することの大切さを伝えてくれた。
世界で活躍してきた夢先生の言葉は重く、これからの未来を支える生徒たちの心に響いていた。
(写真は加藤大志さんの講話)

 

平均倍率は1.14倍

2020-2-27-03

君津地方公立高校 後期選抜志願状況

県教育委員会は25日、2020年度県内公立高校後期選抜試験の志願状況を発表した。
全日制(117校152学科)は募集定員11,351人に対し、志願者数が14,743人で、倍率は1.30倍(前年度1.36倍)、前年度に比べ0.06ポイント減少した。
現行の入試制度となった2011年度以降で最低だった。
定時制(17校17学科)は713人を募集し、295人が志願、倍率は0.41倍(前年度0.40倍)、前年度比0.01ポイントの上昇。
君津地方の公立8校のうち、君津商業(商業・情報処理科)と木更津東・家政科及び袖ヶ浦・情報コミュニケーション科で募集はなかった。
この結果、全日制で前年度比40人減の499人(前年度539人)の募集に対し570人が志願、志願倍率は1.14倍と前年度(1.13倍)を0.01ポイント上回った。
最も倍率が高かったのは木更津東・普通科の2.15倍、2番目の袖ヶ浦・普通科の1.51倍、次いで木更津・普通科の1.36倍、君津・普通科の1.11倍の順。
定時制は1校、普通科で24人を募集、6人が志願した。
定員割れとなっているのは、3校4学科と、定時制の1校1学科。
今回も天羽は地域連携アクティブスクールとしての募集となる。
26日(水)から27日(木)正午まで志願変更を受け付け、各校の志願者が確定する。
後期選抜試験は3月2日(月)で、3月6日(金)に合格者が発表される。

2020年度君津地方公立高校後期志願状況
学校名 学科名 定員 後期募集 志願者数 倍 率
天羽 普通 120 37 10 0.27
君津商業 商業・情報処理 200 0
木更津 普通 280 113 154 1.36
理数 40 5 6 1.20
木更津東 普通 120 48 103 2.15
家政 40 0
〃定時制 普通 40 24 6 0.25
君津 普通 240 105 117 1.11
上総 普通 80 43 11 0.26
園芸 40 12 6 0.50
君津青葉 総合 120 39 17 0.44
袖ヶ浦 普通 240 97 146 1.51
情報コミュニケ 40 0
(定時制を除く) 1560 499 570 1.14

                   木更津東・全日制は女子のみ。

珠算能力検定に54人

2020-2-27-04

木更津珠算連盟等 暗算検定に23人合格

日本商工会議所・日本珠算連盟・木更津珠算連盟主催、「珠算能力検定試験」と「暗算検定試験」がこのほど、木更津珠算連盟正会員認定教場(各塾)で実施された。
合格者の内訳は珠算能力検定が準1級3人、準2級5人、4級8人、5級7人、6級13人、7級11人、8級4人、9級2人、10級1人の計54人、暗算検定は1級1人、2級2人、準2級3人、3級3人、準3級7人、4級2人、7級5人(5級、6級はなし)の軽23人。
合格者は紙面の通り。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら