暮らし

新千葉新聞2月21~22日掲載

2月21日掲載

暮らしの便利帳 第6版

2020-2-21-01

市民の暮らしに役立つ行政情報を提供  木更津市が協定締結 ㈱ゼンリンと協働発行

木更津市は17日、㈱ゼンリンと「暮らしの便利帳」第6版(令和2年8月発行予定)の協働発行に関する協定を締結した。
市役所駅前庁舎8階市長応接室で行われた調印式には、㈱ゼンリン東京第2支社・吉川俊也支社長、同支社千葉営業所・左海龍営業所長等4人が来庁。
木更津市からは渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、山口芳一企画部長、石井宏典企画部次長など関係者が出席した。
「暮らしの便利帳」は、~市民の暮らしに役立つ行政情報を提供する~という理念のもと2年に1回発行しており、木更津市からは各種行政サービスや手続きの方法など身近な情報提供が行われ、発行に係る経費は同誌に掲載される地元企業や事業所等からの広告収入で賄われる。
木更津市からの支出はなく、業務に係る経費も削減される。
さらに同誌も企画・営業・各種事務作業等も全て㈱ゼンリンが行う。
今回は約7万部発行予定で、市内全戸・新規移住者・近隣の公的機関などへの配布も行われる予定。
㈱ゼンリンとの協定は前回の第5版(平成30年8月発行)に次いで今回で2回目。
同社と木更津市は平成30年4月に「災害時における地図製品等の供給等に関する協定」も締結、昨秋の台風被害等には同社の「防災マップ」が大きな役割を担った。
席上、渡辺市長(写真左)は「暮らしの便利帳は、今や市民生活になくてはならない大事なものになっている。今後も有効活用させていただく」などと感謝した。
吉川支社長(写真右)は、「第6版でも防災情報をはじめ観光等にも力を入れ、木更津市の魅力を発信できるものにしたい。ページ数も増やしたい」などと意気込みを示し、挨拶した。
㈱ゼンリンは、君津市や富津市をはじめ、県内11自治体との同協定実績を持つ。

 

ヤマトタケルと弟橘媛

2020-2-21-02

アカデミアホール 和太鼓音心コンサート

木更津に伝わる神話《ヤマトタケルと弟橘媛(おとたちばなひめ)》を題材にした、和太鼓奏者・鈴木淳一氏(木更津市出身、君津市在住)率いる「和太鼓音心(おんじん)」のコンサート、『君去らず伝説 ヤマトタケルと弟橘媛』が、3月20日(金)午後4時(開場3時30分)から、かずさアカデミアホールメインホールで開かれる。
現在、チケット発売中。
宝塚歌劇団出身の峰丘奈知さん(歌)、鈴木氏(和太鼓)はじめ、篠笛、箏などの奏者多数が競演する舞台公演。
峰丘奈知後援会、響きの杜企画(君津市、代表・鈴木淳一)主催。
君津地域4市、木更津市教育委員会、八剱八幡神社後援。
料金は前売り4千円、当日4千5百円。全席指定。
チケット申し込み・問い合わせは同後援会 TEL070-4385-0270、同企画TEL 0439-73-0585・TEL 090-5491-6704。

 

2月22日掲載

推薦に石川精一さん

2020-2-22-01

木更津市観光写真コンクール審査会  木更津市観光協会 当社賞に中山要三氏

"わが街・きさらづ"をテーマにした一般社団法人木更津市観光協会(野口義信会長)主催、「令和元年度木更津市観光写真コンクール」の審査会が20日(木)、木更津市立中央公民館で開催された。
今年度は市内外の65人から、147点の作品が寄せられた。
内訳は一般(カメラ部門、窓口・郵送扱い)27人・102点、WEB部門14人・45点。
斉藤高根氏(日本写真協会会員)を審査委員長に、野口義信観光協会長、塗谷拓真氏(木更津商工会議所)、山口一男氏(JR東日本木更津駅長)、江澤貞雄氏(木更津市観光ブルーベリー園協議会長)、浜端基次氏(㈱ジェイコム千葉木更津局長)、伊藤昌宏氏(木更津市観光振興課長)、報道関係者など8人が審査に当たり、1人50点の持ち点で、木更津市を市内外に紹介するにふさわしく、《木更津に行ってみたい、見てみたい》などと観光意欲をそそるような作品の選出を行った。
審査の結果、最高賞の推薦(千葉県観光物産協会長賞)には、石川精一さん(木・ほたる野)の『すだて最高!!』(写真上)が、当社・新千葉新聞社長賞には中山要三さん(木・吾妻)の『新宿獅子舞』(写真下)が選ばれた。
斉藤審査委員長は、「今年も力作が多く審査に苦慮した。お陰様で素晴らしい木更津市の魅力を発掘できました。木更津市観光協会との連携のもと、この写真を有効活用して、木更津市の観光をもっと盛り上げていきたい」などと挨拶、多くの応募に感謝した。
なお表彰式は3月15日(日)、木更津市立中央公民館会議室で。
入賞者は次の通り。
◎推選
▷千葉県観光物産協会長賞=「すだて最高!!」石川精一(木更津市)
◎特選
▷木更津市長賞=「華麗に彩る」平野博之(千葉市)
▷木更津市議会議長賞=「楽しい潮干狩り」=岡田志郎(君津市)
◎入選
▷木更津市観光ブルーベリー園協議会長賞=「仲良し姉妹」関口英雄(市原市)、
▷JR木更津駅長賞=「馬来田駅の鯉のぼり」柴崎翔平(袖ケ浦市)、
▷木更津商工会議所会頭賞=「紅葉の太田山公園」春川修夫(木更津市)、
▷ジェイコム千葉木更津局長賞=「しょしょ証城寺」黒須俊夫(木更津市)、
▷新千葉新聞社長賞=「新宿獅子舞」中山要三(木更津市)、
▷千葉興業銀行木更津支店長賞=「気概」鶴岡純一(木更津市)、
▷朝日新聞社千葉総局長賞=「冬花火」川名国夫(木更津市)、
▷産経新聞社千葉総局長賞=「夜桜と夜景を楽しむ」篠原茂(市原市)、
▷東京新聞千葉支局長賞=「いっぱいの夢」黒須雪美(木更津市)、
▷読売新聞社千葉支局長賞=「中の島大橋に沈む夕日」斉藤好久(木更津市)
◎佳作=武内慶一、大岩重利、諏訪貞夫、伊藤洋子、倉園博志、石川精一<2点>、鶴岡淳一、武藤慶一(以上木更津市)、小黒勝男(富津市)、岡田志郎(君津市)   (敬称略)

 

地域密着情報を放送

2020-2-22-02

来賓約200人が節目を祝い更なる躍進を  かずさエフエム 開局10周年記念祝賀会

地域をつなぐ83.4メガヘルツ!コミュニティー放送局・かずさエフエム(石村比呂美代表取締役社長、前田伸取締役会長)の「開局10周年記念祝賀会」がこのほど木更津駅東口前の木更津ワシントンホテルで開催された。
式典には、浜田靖一衆議院議員、渡辺芳邦木更津市長、石井宏子君津市長、高橋恭市富津市長、粕谷智浩袖ケ浦市長、清宮宏之市原市副市長、田中敏晴総務省関東総合通信局放送部放送課長はじめ、近隣の政治・経済・観光などの関連団体・企業の代表約200人が出席して、節目を祝い更なる躍進を期待した。
石村社長は、「多くの皆様に支えられ、たくさんのチャンスをもらい走り続けてきた。これからも地域の声をしっかり伝えるコミュニティーラジオであり続ける」と決意を述べ、多くの参加に感謝した。
浜田衆議院議員、地元自治体を代表して渡辺木更津市長、田中総務省放送課長が、「昨秋の台風被害では自社が被災しながらも、鹿野山の電波塔下の仮設放送局で地域の被災者に対し各自治体からの救済情報などを絶え間なく発信し、地域住民を元気づけた」などに触れながら、「小さいけれどなくてはならない放送局に成長している」と称え、祝辞を述べた。
続いて石井君津市長の乾杯発声で祝宴に入り、カラーの形で彩られた会場では各所で歓談の輪が広がった。
かずさエフエムは、1995年開局の『FMべる』、その後の『木更津エフエム』からバトンを受け取り、2009年7月かずさエフエム㈱を設立。
同年10月8日BREEZE RADIO「かずさエフエム」が誕生、本社スタジオを現在の木更津駅西口のスパークルシティ木更津に設置。
生活情報などの地域密着情報を24時間放送、災害時には「災害ラジオ」として的確なライフライン情報を行政と共に発信している。
このほか出版事業(フリーマガジン発行)、イベント事業(企画・運営)なども手掛け、JCBAインターネットサイマルラジオで全世界に発信中。
(写真は、右から地元4市市長と来賓ら、左から2番目が石村比呂美社長、乾杯で祝う)

 

地元定員は499人

2020-2-22-03

今月25日まで後期の願書受け付け  公立高校後期選抜 地元7校9学科で募集

県教育委員会は20日、2020年度の公立高校後期選抜の募集人員数を発表した。
全日制(117校、152学科)は、前期選抜と特別入学者選抜の合格内定者のうち99.8%の21,614人が入学確約書を提出。
後期選抜の募集人員は、計11,351人(同9人減)と確定した。
定時制(17校、17学科)は、前期に合格した819人全員が確約書を提出し、後期は計813人(前年比158人減)を募集する。
君津地域の公立高校8校(12学科)では、全日制で前期合格者10,079人のうち、1,611人が入学確約書を提出。
後期選抜の募集定員は7校9学科で499と確定した。
後期選抜の願書受け付けは、25日(火)午後4時30分まで。
志願変更は26日(水)から27日(木)正午まで1回に限って受け付ける。
後期試験は3月2日(月)に行われ、合格発表は3月6日(水)
入試を2回に分ける前・後期制は今回で終了。
来年春入学分から1本化する。
地元関係の公立高校後期選抜募集は別表参照。

2020年度君津地方公立高校後期募集人員
学校名 学科名 定員 募集人員 志願者数 後期定員
天羽 普通 120 85 83 37
君津商業 商業・情報処理 200 200 200 0
木更津 普通 280 168 167 113
理数 40 40 35 5
木更津東 普通 120 72 72 48
家政 40 40 40 0
〃定時制 普通 40 16 16 24
君津 普通 240 144 135 105
上総 普通 80 37 37 43
園芸 40 28 28 12
君津青葉 総合 120 81 81 39
袖ヶ浦 普通 240 144 143 97
情報コミュニケ 40 40 40 0
(定時制を除く) 1560 1079 1061 499


 木更津東・全日制は女子のみ。



新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら