暮らし

新千葉新聞2月14日掲載

2月14日掲載

確定申告の季節到来

2020-2-14-01

木更津市民会館中ホールは17日開設  木更津税務署管内 地元4市の相談受け付け

令和元年度分の所得税・復興特別所得税の確定申告、令和2年度(令和元年分)市・県民税の申告が始まる。
確定申告は、申告書や収支内訳書などを自分で作成する「自署申告」が原則だが、木更津税務署はもとより地元各市でも、経費などが集計済みであることを前提に相談や申告書作成をサポートする。
申告に必要なものは、収入や経費の分かる書類、源泉徴収票・収支内訳書など。
控除額が分かる書類や各種社会保険料の令和元年中の支払金額を証明するもの。
医療費控除のある人は、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となり医療費は人ごと、病院ごとに集計が必要。
障害者手帳など認定証明書等。
本人確認書類(マイナンバー及び本人確認書類)。
利用者識別番号を持っている人は、利用者識別番号と暗証番号の分かる書類。
印鑑。還付金の受取り口座(還付のある人)。
申告書(会場にも用意)。昨年申告した人は昨年分の控えを持参。
◎木更津税務署の受付会場は木更津市民会館中ホール。
開設期間は2月17日(月)~3月16日(月)まで、土・日・振休は除く。
ただし2月24日(月・振休)と3月1日(日)は受付を行う。
受付時間は午前8時30分~午後4時まで。
受付内容は、所得税・復興特別所得税・個人消費税・地方消費税の確定申告及び贈与税の申告。
会場ではパソコン画面案内に従って入力すると自動計算されて申告書が作成できる。
税務署員や非常勤職員などが支援してくれる。
また国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」には24時間、いつでも申告書が作成できるコーナーがあり、作成した申告書などは郵送または、データを送信により提出することもできる。
「家庭でも活用してください」と木更津税務署では申告書の自己作成への協力を願っている。
なお同期間中、木更津税務署庁舎内には申請書作成会場はない。
◎地元4市が行う相談・受付は2月17日(月)~3月16日(月)まで。
市・県民税・所得税・復興特別所得税の確定申告のみ。
消費税の確定申告、贈与税の申告、青色申告などは出来ない。
税務署による申告相談を利用する。
各市の概要は次の通り。
【木更津市】
▷市役所朝日庁舎会議室A1・A2。
2月17日(月)~3月16日(月)、土・日・振休を除く午前9時~午後4時まで。
ただし、2月27日(木)~3月6日(金)は公民館での出張受付のため、朝日庁舎では市・県民税の申告のみとなる。
出張受付の日時・会場等は広報2月号、ホームページ(HP)、市民税課TEL23-8571へ。
【君津市】
▷市役所5階大会議室。
2月17日(月)~同21日(金)、3月10日(火)~16日(月)午前9時~正午、午後1時~4時(午前8時10分から整理券配布)。
土・日・振休を除く。
市役所本庁舎は午前8時開錠となるが、1階5番課税課窓口での申告相談はできない。
本庁舎以外の相談・受付会場等は広報2月号、HP、課税課TEL56-1122へ。
【富津市】
▷市役所1階大会議室。
2月17日(月)~18日(火)、27日(木)~3月3日(火)、3月9日(月)~3月16日(月)午前8時45分~11時30分、午後1時~4時。
土・日・振休を除く。
▷市民会館=2月19日(水)~21日(金)、3月4日(水)~6日(金)
▷峰上地区公民館=2月25日(火)~26日(水)。
地域毎の相談会場の詳細は広報2月号、HP、税務課TEL0439-80-1241。
【袖ケ浦市】
▷平川公民館(2階視聴覚室)=2月17日(月)~21日(金)、市民会館(3階中ホール)=2月25日(火)~3月4日(水)、長浦公民館(2階研修室)=3月5日(木)~16日(月)。
午前8時30分~11時、午後1時~4時。
土・日・振休を除く。
相談の地区割など詳細は広報1月15日号、HP、市民税班TEL0438-62-2519。

 

春巡業 大相撲木更津場所

2020-2-14-02

県災害復興支援 3月からチケット販売

令和2年春巡業 千葉県災害復興支援『大相撲木更津場所』が4月15日(水)、木更津市民体育館で開催される。
チケット販売開始は3月1日(日)チケットぴあ、ローソンチケット。
主催は大相撲巡業運営委員会、協力は八剱八幡神社、学校法人紅陵学院、後援は木更津市、千葉県内航海運組合、木更津商工会議所、社会福祉法人木更津市社会福祉協議会。
当日は、午前9時から公開稽古、午前11時30分頃から、幕下以下の取り組み開始、初切・相撲甚句・やぐら太鼓実演、午後1時頃から十両土俵入り・十両取り組み、午後1時30分から幕内、横綱土俵入り、幕下取り組み、弓取り式、午後3時頃打ち出し(終了)。
(一部変更になる場合がある。事情により参加力士が変更する場合がある)
大相撲巡業は、相撲道の普及、地域の活性化、青少年育成を目的に行われている。(暴力団または暴力団関係者の入場はお断りしているという)
チケット料金は、▷マタリ席S=14,000円、▷マタリ席A=12,000円、▷2人マス席S=11,000円(22,000円)、▷2人マス席A10,000(20,000円)、▷イス席S(10,000)、▷2階席=5,000円、▷飲食・土産セット引換券=3,500円。
問い合わせは、TEL03-6284-0438、FAX03-6284-0439。
メールアドレス 2020haru@tosinkai.jp
URL www.tosinkai.jp/2020haru

 

特別賞に地元から3人

2020-2-14-03

県小・中・高校書き初め展 千葉日報賞6人

「第72回千葉県小・中・高校書き初め展覧会」(一般社団法人書星会、千葉日報社主催)の特別賞決定審査が、このほど書星会本部(千葉市内)で行われた。
応募総数114,769点の中から選抜された県内17地区代表374人の作品が審査され、知事賞など特別賞75点と千葉日報社賞が決まった。
君津地域からは、3人が特別賞を受賞、千葉日報社賞は6人だった。
特別賞と千葉日報社賞の作品展示は、今月16日(日)まで県立美術館(千葉市中央区)で行われている。
最終日には特別賞の授賞式がある。
なお、例年実施している中央席書大会は、昨年9月の台風被害で会場の県総合スポーツセンター体育館(千葉市稲毛区)で使用できず、今回は見送られた。
地元関係の受賞者は紙面の通り。

 

珍しい椿「玉之浦」咲く

2020-2-14-04

木更津市大寺 安田芳雄さん宅で

木更津市の木に指定されている「ツバキ」(昭和48年の若潮国体を記念して市民投票で選定)。
50年以上の長きにわたり「ツバキの栽培」に取り組んでいる安田芳雄さん(94、大寺)宅で、珍しい「玉之浦(たまのうら」という品種の椿が開花のときを迎えている。
「玉之浦」は、長崎県五島市玉之浦町の野生ヤブツバキから発見された品種で、春は鮮やかな濃紅色地に白覆輪の一重ラッパ咲き。
鉢植えで30年以上の古株に今年もたくさんの蕾があり安田さんは「これからも1つずつ花が開いていく。これを見るのが楽しみ。子育てと同じです」と目を細める。
近所に住む山田忠さん(89)などと一緒に、かつては「中郷盆栽同友会」を結成して約30人の仲間と、四季折々活動してきたが、高齢化等で解散、今は数人と楽しんでいるという。
安田さんとツバキの出会いは、50年ほど前の旅行で、九州・熊本城を訪れた際、気品のあるツバキの盆栽に魅せられとりこになった。
以来、苗木収集、接ぎ木、交配など様々な方法で研究を重ね、現在、50品種・300鉢以上がある。
これから美しい香りの『ニオイツバキ』も開花する。
「花から元気をもらっています」と両人。
昨年までは南房総の太海フラワーパークで展示会などを開催して好評を博してきた。
「ツバキは茶席の花としても品格があり親しまれてます。どうぞ見に来てください」と安田さん(TEL0438-98-0905)。
(写真右が安田さん、左・山田さん、下はツバキ「玉之浦」)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら