暮らし

新千葉新聞12月25~26日掲載

12月25日掲載

テーマ「働く人に学ぶ」

2019-12-25-01

波岡中学校 1年生にキャリア教育

木更津市立波岡中学校(校長・矢田博幸)でこのほど、1年生の総合学習の時間に「働く人に学ぶ」をテーマとしたキャリア教育を実施した。
ゲストティーチャーとして、加藤幸代さん(畑沢幼稚園、写真)、齊藤勇気さん(サイトウ教材)、鮎川季俊彦さん、高橋由香里さん(美瑳インターナショナル)、西原誠之さん、八藤後翼さん(木更津警察署)、林泉さん(ファーミール産院きみつ)の人達を招き、働くことの喜びや苦労、やりがいについての話を聞いた。
この授業は、1学年主任の末安優子教諭が、次年度に行う職場体験学習の一環として企画した。
生徒は、異なる職種の人々からお話を聞き、「高校卒業後にどのような学校に進めば良いのかわかった」「あいさつや礼儀など、今も学校でやっていることが大切だと思った」「実際に映像を見せてもらい、仕事の状況がわかりやすかった」などの感想を持ち、有意義だった。

 

 

自然エネルギーを利用

2019-12-25-02

太陽光パネルでイルミネーション  木更津高校 同校正門付近で開催

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の木更津高校(小芝一臣校長、生徒数959人)では、SSH活動の一環として、「第4回自然エネルギー(太陽光パネル)を利用したLEDクリスマスイルミネーション点灯式」を、20日午後5時から、同校正門付近で開催した。
主催は同校科学教育部(部長・小川修教諭)。
協力は理化部、合唱部、テニス部、軟式テニス部、有志放送委員会(KBC)、図書情報部、ハナダ電気技術工業、袖ケ浦市教育委員会(高性能プロダクター)など。
今年度SSH活動として実施した自然エネルギーに関連する木更津SEAコラボの講座「太陽とまちをつくる」「水とまちをつくる」で学び、木更津市オーガニックシティフェスティバル(11月)・わくわくサイエンス(8月)で実践発表した。
この日の点灯式では、これらの研究の集大成としてその成果を披露した。
当日は部活動中の生徒も多数が練習を中断して参集、研究成果に注目した。
合唱部によるクリスマスソングがオープニングを飾り、活動内容プレゼンテーションでは、
▷同研究連携先の、東京工業大学、横浜国立大学、木更津工業高等専門学校、木更津市役所、NPOなどから得た様々な自然エネルギーの活用についての学び報告(小内さん)、
▷「ひまわりプロジェクト」(小川さん)、
▷「太陽光パネルの縮小版の開発」(川名さん)が披露された。
続く「自然エネルギーによる発電」では、ソフトテニス部と公式テニス部の部対抗戦、「団扇を使って風車を回し、その力で発電、イルミネーションを点灯する」がぶっつけ本番で行われ、仲間達の大声援のなか、硬式テニス部の電飾がいち早く点り、圧勝した。
小芝校長はじめ多数の教職員も同発表に見入り、民間力(ハナダ電気技術工業)の応援・協力に感謝した。
また同会場では太陽光発電で得られた電力を備蓄した電力で灯されたイルミネーションも披露され、大きな拍手が送られた。

 

 

こども人形劇場100回記念

2019-12-25-03

木更津人形劇場 10年間の歩みに感謝

木更津こども人形劇場(宮﨑栄樹理事長)主催「木更津こども人形劇場100回記念公演」がこのほど開催され、多くの来場者が楽しいひと時を共有した。
バーチャル(二次体験)でない、リアル(直接体験)であり、フィクション(作り物・抽象的)である本物の人形劇(舞台芸術)を通して、子どもたちの創造力や情操を養い、子どもから大人までが楽しめる人形劇場として開設されて10年。
宗教法人愛染院の運営資金援助、地域子育てセンター「ゆりかもめ」関係者のボランティア活動で運営されている。
記念式典で、宮﨑理事長は同劇場が地元の老舗「勢州屋」の由緒ある土蔵を譲り受けての設置など10年間の歩みを振り返り、「いずれの日か《木更津人形劇場》となれるよう今後も活動を続ける」などと誓い感謝の思いを込め挨拶した。
多数の来賓を代表して、木更津市市民部・地曵文利部長(市長代理)が、人形劇という文化の継承により、次代を担う子ども達の心身の健全成への力に深く感謝し、劇場が100回、100回と演を重、市民に愛される劇場としての発展を祈念、100回公演に敬意を表した。
このほか、木更津市市民活動支援課・石井彰一課長、千葉県人形劇協会・佐久間久子会長、鶴岡大治同こども劇場理事なども出席した。
午前10時、くす玉が割られ人形劇開演。
▷第1部は劇団リリィによる「三匹のこぶた、かきのきマン、手あそびかみなりどん、しょうじょう寺のたぬきばやし」
▷第2部は人形芝居「燕や」による「ハローカンクロウ、果てしのないはなし」等が上演された。
木更津こども人形劇場、次回の公演は、
▷1月18日(土)劇団絶好調出演。
▷2月18日(土)にんぎょう畑(プロ公演)
▷3月7日(土)学童れんこんクラブの予定。
詳しくは、よりかもめ寺町分館TEL0438-22-3630。
(写真は100回記念ポスター)

 

12月26日掲載

特養老しおかぜ南が開所

2019-12-26-01

木更津市岩根 同仁会が2か所目

社会福祉法人同仁会(中村和成理事長・写真)による特別養護老人ホームしおかぜ南(平井次郎施設長、木更津市岩根)の開所式が21日、行われた。
式典には田中幸子木更津市副市長、植野博木更津市福祉部介護保険課長はじめ地元自治会代表や関係者多数が出席して開所を祝った。
同じ敷地内には、同仁会が運営する「特別養護老人ホームしおかぜ」(平成25年6月開所)があり、利用者は木更津市民に限定しているが、今回新設された『しおかぜ南』は、市外・県外からの入居も受け入れる広域型施設。
式典で中村理事長は、開所までの経緯に触れながら、木更津市の支援協力、建設業者の創意工夫に感謝して、「利用者が岩根という優しい風に吹かれ、ゆったりと自分らしい時が過ごせるよう職員一丸となって務める」と挨拶。
来賓を代表して田中副市長(市長代理)が、「木更津市にとっても一層の福祉向上が図れた」と、豊かな経験のもとでの新施設の開所を祝い、同仁会の益々の発展を祈念した。
『しおかぜ南』は、鉄骨造3階建、延床面積2052.11平方メートル。
受入れ定員はショートステイ7人、入所50人。
県外者の利用も可能。
現在居住の市町村の介護保険要介護認定1~5の人。
自立・要支援認定者は利用不可。
ケアプランに基づき、利用者に合わせた暮らしを提供する。
施設内はユニットごとに桜・紫陽花・朝顔・向日葵・秋桜・山茶花の名称が付けられており、淡い色彩で、くつろぎの空間と親しみやすさにあふれている。
問合せは木更津市岩根2-2-2、TEL0438-53-8705。

 

 

条件付受入れ

2019-12-26-02

渡辺木更津市長オスプレイ暫定配備

陸上自衛隊木更津駐屯地にオスプレイを暫定配備する計画の確認のため、木更津市の渡辺芳邦市長等が25日午前、防衛省庁舎A棟11階の大臣室に河野太郎防衛大臣を訪れ、条件面での調整を行い、5年をめどに条件付きで受け入れることを表明した。
同日午後には県庁に森田健作知事を訪問した。詳細後日。
木更津市議会は最終本会議(18日)の発議案で、暫定期間を5年と考えており、防衛省においてはこの期間を暫定配備期間の努力目標とする期間として公表することや、住民の安全確保や騒音等による負担軽減等を盛り込んだ意見書を同省等に提出することを可決している。

 

 

早く元気になってね!

2019-12-26-03

上総記念病院 院長サンタがプレゼント

クリスマスイブの24日の夕刻、木更津市新田の医療法人社団養真会上総記念病院で、本吉光隆院長扮するサンタクロースと、看護師扮するトナカイがクリスマスソングが流れる中、入院病棟を回り、入院患者ひとりひとりに「メリークリスマス!早く元気になれますように!」と激励しながらプレゼントを手渡した。
これは同病院のこの季節の恒例行事で、「入院生活は辛いことも多い。少しでも気分を和らげることが出来て、快方への応援になれば…」と本吉院長。
各病室では「サンタさんは院長先生?」などと患者からも笑顔がこぼれ、和やかなひとときが展開した。
(写真は病室を訪れ、プレゼントを渡す院長サンタ)

 

 

バルセロナで上映に

2019-12-26-04

アジア映画祭 鈴木希依子さんの主演映画

木更津市の「ふるさと応援団」のメンバーであり、女優、パーソナリティーなどで活躍中の木更津市中央の老舗日本料理店・宝屋の若女将を務める鈴木希依子さんの主演映画、『Sea of Mirrors』がこのほど、スペイン、バルセロナで開催された「Barcelona Asian Film Festival」で、スペシャルセレクション部門にエントリーされ、Cinemes Gironaで上映されることになった。
『Sea of Mirrors』は、シンガポール出身のトーマス・リム監督による作品で、マカオとロサンゼルスで撮影された美しい景観が随所に盛り込まれている。
鈴木希依子さんは主役の近藤リリ役を演じている。
このたびの、この「バルセロナ アジア映画祭」に招待を受け、鈴木さんはマカオ観光局と共に舞台挨拶を行った。
この映画の全編ipone(アイフォン)で撮影されたアイデアと鈴木さんの演技に対し、上映後、審査員や観客から喝采を浴びたという。
(写真左はスペイン・バルセロナのアジア映画祭で鈴木希依子さん)

 

 

迎春食材を大量に放出

2019-12-26-05

木更津魚市場㈱ 年末特別市場開放

木更津市新田の「木更津魚市場㈱」(荒井弘導社長)は、きょう26日(木)~30日(月)までの朝、一般市民などに「年末特別市場開放」を実施する。
鮮魚を除く迎春食材(海老やカニ等々)を大量に放出するため、多くの来場を歓迎している。
開放時間等は次の通り。
▷26日(木)~29日(日)=午前8時から同10時まで。
▷30日(月)=午前8時~同9時まで。
マグロの冷凍販売は28日(土)頃からの予定。
問い合わせ木更津魚市場㈱TEL0438-25-3131。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら