暮らし

新千葉新聞12月15・16日掲載

12月15日掲載

安房3市町の参加承諾

2018-12-15-01

君津地域ごみ処理事業 25日に覚書の締結式

君津地域4市(木更津、君津、富津、袖ケ浦)が進めている次期ゴミ処理施設設備事業に、南房総と鴨川、鋸南の2市1町が参加を申し入れたことについて、このほど、4市側が受け入れることを決めた。
君津地域4市が、各市議会で承諾する旨の報告を行い、11月20日付で、君津地域4市長連名で、安房2市1町へ回答をした。
今後6市1町で事業を進めていくことになるが、事業を進めていくにあたり、6市1町の長が一堂に会して、(仮称)第2期君津地域広域廃棄物処理事業に関する覚書の締結式を、今月25日(火)、君津市保健福祉センターで実施する。
これまでの敬意を振り返ってみると、今年10月17日付で、安房地域2市1町の長(鴨川市長、南房総市長及び鋸南町長)より、君津地域4市の長(木更津市長、君津市長、富津市長及び袖ケ浦市長)へ、「君津地域広域廃棄物処理事業の次期事業への参加申し入れ」があった。
これを受けて、君津地域4市では、次期事業への受け入れについて、協議、検討を行ってきた。
その結果、君津地域4市では、国が示す、ごみ処理基本計画策定指針に基づく取り組みであること、君津地域4市にとって、ごみ処理経費削減できるという大きなメリットであること、課題として懸念されるごみ運搬車両の交通量の増加や市街地の通行による渋滞や騒音などについても安房2市1町において事前に対策が検討され、課題が軽減される見込みであることから、総合的に勘案した結果、(仮称)第2期君津地域広域廃棄物処理事業に安房2市1町が参加することは、君津地域4市にとって、有益であると判断された。
その後、検討結果を君津地域4市が、全員協議会など各市議会で承諾する旨の報告を行った。
報告では、次期事業に安房2市1町が参入した場合、君津4市が支払うごみ処理委託料は、20年間で約37億円の経費削減が見込まれるとし「参加は有益」とした。

 

 

木管五重奏を楽しむ

2018-12-15-02

木更津市民会館 千葉交響楽団メンバー

平成30年度県民芸術劇場公演「千葉交響楽団メンバーによるクリスマスコンサート(木管五重奏)」が、きょう15日(土)午後2時(開場1時30分)~3時30分、木更津市民会館・中ホールで開かれる。
芸術文化に親しむまちづくり振興事業の一環。
同楽団は、千葉県内を中心に地域に根ざした音楽活動を行っている、千葉県唯一のプロオーケストラ。
その中でフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンを担当している5人のメンバーによる木管五重奏が特別料金(大人千円、高校生以下5百円)で堪能できる。
演奏曲は「くるみ割り人形」「ユモレスク」のほかクリスマスソングコレクションなど。
多くの来場をと。

 

 

1年間の活動の集大成

2018-12-15-03

アクア木更津3階 拓大紅陵の校外書作展

拓殖大学紅陵高等学校書道部の「第6階校外書作展」が、今月18日(火)~同22日(土)まで
木更津市立中央公民館(木更津駅前スパークルシティ木更津)のアクア木更津B館3階、多目的ホールで開催される。
開催時間は初日は午後1時から、最終日は午後2時までとなっている。
「校外書作展」は、部員の1年間の活動の集大成で、どの作品も瑞々しい感性に満ちている。
同部では、「書道部員17人の日頃の練習成果の発表の場として、市民の皆さんにご高覧いただき、ご批評を賜りたい」として、来場を歓迎している。

 

 

 

12月16日掲載

無人駅の衹園駅を清掃

2018-12-16-01

道場生や育成会等が草取や花壇手入れ  木更津聖嘉館 金融機関なども協力

武道を通して青少年の健全育成に取り組んでいる、空手道の木更津聖嘉館(古泉多嘉夫館長、木更津市衹園)では、このほど、JR久留里線の無人駅・衹園駅の清掃・整備活動を行った。
これは同道場の社会貢献活動の一環として、道場生の保護者などで組織する育成会(古泉武昭会長)が中心となって、毎年春と秋、年2回行っており、今年で34年目。
この日の清掃活動には、衹園駅名誉会長・古泉館長をはじめ、幼児から大人までの道場生13人や育成会メンバー11人、さらに地元の君津信用組合ぎおん支店(東條浩一支店長)職員10人、JA木更津市中央支店(大村將博支店長)職員6人、千葉信用金庫清見台支店(安藤辰夫支店長)2人、㈱サイサン(鈴木靖人所長)、JR久留里駅・宮崎正成駅長などの応援者総勢44人が参加。
それぞれ分担して草取り、花壇の手入れ、駅舎の清掃(雑巾がけ、窓ガラス拭き等)、桜の木の整枝などを行った。
回収されたゴミの量は、市指定のゴミ袋で31袋、放置自転車が5台もあった。
古泉館長(77)は「今回も多くの皆さんの協力をいただき感謝です。地域の玄関口である駅を、寒い中、きれいにしていただき新年を迎える準備が出来ました。今後、社会がだんだんと悪化していくのではないかと懸念される中で、この空手道精神を貫けることができるような道場生を1人でも多く育てていければと思い、これからも頑張っていきます」と、参加者達に感謝の言葉を述べていた。
(写真はきれいになった衹園駅舎の前で参加者達、前にはごみ袋が積まれている)

 

 

インディアカ

2018-12-16-02

木更津市民体育館

~インディアカで体幹を鍛えませんか?~「インディアカ体験教室」が、きょう16日(日)午前10時から午後0時30分まで、木更津市民体育館で開かれる。
君津地域4市はじめ近隣市の24クラブで構成する「かずさインディアカ協会」主催。
インディアカで仲間づくりをしませんか?楽しく遊びませんか?と多くの参加を歓迎。

 

 

有機野菜ピザ

2018-12-16-03

木更津市窯焼き

木更津市の窯焼きピザ専門店「ピッツェリア スクデット」(東太田1-9-30、代表・髙橋孝治)では、今月17日(月)まで、新作ピザ『11種の有機野菜とモッツアレラのメタメタ サラダピッツァ<ハーフ&ハーフ>』を販売している。
君津市の農家「医農野菜の会」(上554、代表・村上洋一郎)と共同で開発したもの。
1日限定5食、価格は税込1500円(テイクアウトも可能)。
同店(TEL 0438-97-2207)の営業時間は午前11時30分~午後3時(ラストオーダー2時30分)、午後6時~20時(同9時)。

 

 

ネットの危険性考える

2018-12-16-04

金田中学校 情報モラル講演会

木更津市立金田中学校(校長・西克夫、生徒数71人)ではこのほど、長岡造形大学非常勤講師の市野敬介氏を招き、全校生徒対象の「情報モラル講演会」を行った。(写真)
前半はオンラインゲームや動画、SNS等に過度にのめり込み、生活に支障が出るネット依存についての話、後半は「スマホの使い方を考えよう」というテーマでのドラマを視聴した。
ドラマはSNSを通じて自分の発信した内容が、自分の意図しない形で他人に伝わってしまい、悪気がなくてもトラブルになってしまうというもの。
視聴後、そのことについて、グループで話し合いながらスマートフォンの使い方を考えた。
インターネットで情報を発信する際にどのようなことに気をつければよいのか考える機会になった。
講演を受けた生徒は「普段何気なく使っているSNSですが、1歩使い方を間違えれば取り返しのつかないことになってしまうことが、今回のお話しを聞いて改めてわかりました。これから長い間使っていくSNSなので、しっかりと危険をわかったうえで利用していきたいと思います。またSNSを利用する時も、普段しゃべる時と同じ判断基準で利用するということを忘れないようにしたいです」、「スマートフォン・SNSは私たちの身近にあって、私たちにとって連絡をとったり、話をしたり、便利で楽しいものですが、直接会って話すよりも相手が見えない、文面のみなので、トラブルの原因になりかねないことを痛感しました。ですからよりいっそう気をつけて使っていく必要があると改めて思いました」などと感謝を述べていた。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら