暮らし

新千葉新聞12月1日掲載

12月1日掲載

拓大紅陵高校 吹奏楽部が金賞受賞

2019-12-1-01

さいたまで開催 マーチングバンド関東大会

高校生の「第54回M-チングバンド関東大会」がこのほど、さいたまスーパーアリーナで行われ、千葉県大会を勝ち抜いた6校を含む全25校が出場した。
同大会において拓殖大学紅陵高校吹奏楽部は、創部以来初の「金賞」を受賞し、マーチング活動において新たな歴史を刻んだ。
惜しくも全国大会への切符は逃したが、来年以降の活動に確かな手応えを感じたと関係者は語った。
また、同校吹奏楽部は、8月に行われた千葉県吹奏楽コンクールにおいても「金賞」を受賞し、本選大会に出場しており、今後の活躍が期待されている。
来る12月25日(水)には、君津市民文化ホールで「第31回定期演奏会」を開催する。
(写真は賞状を持って拓大紅陵高校吹奏楽部の皆さん)

 

 

戦争体験者の話を聞く

2019-12-1-02

木更津市西清小 平和を語り継ぐ会

木更津市立西清小学校(座間良彦校長、児童数254人)でこのほど、6年生49人を対象にした、「平和を語り継ぐ会~戦争体験者の話しを聞く~」が開かれた。
講師は、元教員(退職婦人教職員の会君津支部のメンバー)の池田久子さん(昭和9年生まれ)、菅原康世さん(昭和24年生まれ)、大野三恵子さん(昭和29年生まれ)。
戦争の体験や聞いたことなどを語り継ぎ、二度と再び戦争を起こしてはならないと活動している人々。
3人はそれぞれに当時の写真や被災した日常品などの資料を説明しながら、家族や教え子を亡くした悲しみをこらえて、「戦時下の生活の様子」「戦争に対する思い」「終戦後の子ども達の様子」「今を生きる子ども達への願い」などを語った。(写真)
話を聞いた後児童たちは、これまでは教科書や資料でしか知ることのできなかった当時を生きてきた人々の思いや考え方を聞き、戦争に対する見方を深めていた。
もっと詳しく知りたいと多くの質問も出された。
感想文には、「食べ物、家、家族など、小さい時から何もない中で生きてきたことの大変さを知った。小さくても自分の力で生きていく強さが心に残った」「戦争を二度と起こしてはいけないので、世界平和のために私たちに何ができるかをしっかり考えていきたいと、強く感じた」などが寄せられた。

 

 

再就職に向けた支援 55歳以上対象

2019-12-1-03

木更津市中央公民館 キャリアデザインセミナー

君津地域4市と千葉県ジョブサポートセンター(千葉県と国<ハローワーク>が協力して再就職に向けた様々な支援をワンストップで行う総合支援施設)主催、「シニアのキャリアデザインセミナー」が、今月5日(木)午前10時~正午、木更津市中央公民館(駅西口前、スパークルシティ木更津6階)で開かれる。
定年後の働き方について考えている人、仕事がなかなか見つからない人など、おおむね55歳以上対象、定員30人(予約制、定員になり次第締め切る)、料金無料。
内容は、
▷多様な働き方の現状
▷採用の具体的事例
▷仕事の探し方
▷応募書類の書き方。
持ち物は筆記用具、雇用保険受給者証(持っている人のみ)。
セミナー終了後、個別相談会を原則事前予約で受け付ける。
申し込み・問い合わせ先は、富津市商工観光課TEL0439-80-1287、君津市経済振興課TEL同56-1277、木更津市産業振興課TEL0438-23-8460、袖ケ浦市商工観光課TEL同62-3428。

 

 

11部門で研鑽成果競う

2019-12-1-04

山口杯争奪君津地区 柔道選手権大会結果

「第38回山口杯争奪君津地区柔道選手権大会」がこのほど、木更津総合高校柔道場で開催された。
君津地区の小中高生及び一般多数が参加、計11部門で研鑽の結果を競った。
当日は平成30年新人戦から令和元年総体まで県大会2位以上及び関東大会、全国大会に出場した中高生24人の表彰も行われ、健闘が称えられた。
大会結果及び表彰者は紙面の通り。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら