暮らし

新千葉新聞11月23日掲載

11月23日掲載

中央公民館の環境整備へ

2018-11-23-01

「自習&ワークスペース」の机等寄贈  木更津市長から 木更津電業会へ感謝状

木更津市は20日、市役所駅前庁舎8階の市長室で、木更津電業会(会員13社)に感謝状贈呈式を行った。
これは、木更津市立中央公民館が、老朽化等に伴い今年6月末をもって閉館、その後7月21日から、「スパークルシティー木更津」の6階に移転したことに伴い、6階に設けられた「自習&ワークスペース」の環境整備のため、テーブル、机、いす、ベルトパーテンションなど一式112万円相当を寄付したことに対して、市の表彰規定に基づき贈られたもの。
式典には木更津電業会の地曵誠代表(東神電設㈱)、役員の岩田真氏(井和電気工事㈱)、長谷川由喜枝氏(房総電気工業㈱)の3氏。
木更津市からは渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、髙澤茂夫教育長、岩埜伸二教育部長など関係者が出席して敬意を表した。
席上、渡辺市長は、「お陰様でワークスペースの環境が整い、大好評で、毎日高校生など多数が利用しています」と感謝した。
地曵代表は「お役に立てて光栄です。これからも市民生活向上に微力ながら力を尽くしたい」などと挨拶した。
(写真中央3氏は木更津電業会の代表、左から田中副市長、渡辺市長、右端が髙澤教育長)

 

 

福祉協設立50周年

2018-11-23-02

記念講演、中尾彬氏が鈴木希依子さんと  あす福祉会館で きさらづ福祉まつり

『きさらづ福祉まつり2018』(福祉まつり実行委員会・木更津市社会福祉協議会主催)が、あす24日(土)午前9時40分から午後3時まで、市民総合福祉会館で開催される。
今年は同社会福祉協議会の法人設立50周年記念の「記念講演」も開かれる。
金網房雄福祉まつり実行委員長による開会宣言で開幕。
木更津高校ジャグリング同好会のオープニングセレモニーに続く式典では、地域福祉に貢献した人々の表彰や、共同募金会会長感謝状の伝達等が予定されている。
続いての「記念講演」では、俳優で木更津PR大使の中尾彬氏が『豊かに生きる』をテーマに話す。
聞き手は宝家(市内中央)5代目若女将の鈴木希依子さん。
(講演は事前申し込み制。すでに受付は終了している)
イベントには37組が参加。
福祉施設等の取り組み・活動紹介、福祉用具の展示等、協賛企業・団体等による模擬店、生け花や占い等の各種体験コーナー、芸能発表(プロのサックス奏者による演奏、老ク芸能大会入賞団体の発表、木更津東高生徒のダンス、ボランティアの演奏、人形劇、手話ダンス等)など盛りだくさん。
また「社会を明るくする運動千葉県作文コンテスト」の優秀作品の発表や、新たな取り組みとして「ボッチャ競技」の紹介も行われる(予定)。
『きさらづ福祉まつり』は、社会福祉協議会のキャッチフレーズである《つながろう木更津》を合言葉に、様々な市民の出会い、ふれあい、交流の場であり、老若男女、生涯のある人ない人、共に生きる全ての人々が集うことを目的に毎年開かれているもの。
昨年は816人(関係者516人、一般300人)が来場して賑わった。

 

 

今月29日招集

2018-11-23-03

木更津市議会定例会

木更津市議会12月定例会が、今月29日(木)招集、12月18日(火)までの会期20日間の予定で開かれる。
4日~7日の本会議では一般質問(16議員)が行われる。
詳細後日。

 


新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら