暮らし

新千葉新聞10月9日掲載

10月9日掲載

木更津でバナナを生産

2019-10-9-01

苦労の末に糖度の高い甘いバナナ収穫  ㈱木更津ファーム 長谷部修氏の農園

昨年10月に木更津市の「農園経営改善計画認定書」の交付を受けている、農業法人㈱木更津ファーム(木更津市真里谷)の長谷部修氏の農園では、昨年11月にビニールハウス3棟に、バナナの苗木200株を植栽、その後、バナナは順調に生育し、枝分かれしてバナナの木は約500本に。
それぞれが徐々にバナナを実らせた。
収穫を数日後に控えた9月9日未明、台風15号の暴風に襲われ、ビニールハウスは全壊、バナナは皆、横倒しとなってしまった。
落胆しつつも長谷部さんらは倒れたバナナの木を1本ずつ起こす復旧作業に努めた。
すると約1か月でバナナの木は元気を取り戻をはじめ、房も徐々に色づき、外皮には擦れた傷はあるものの、糖度の高い美味しい木更津産バナナが収穫できた。
長谷部さんは7日に木更津市役所農林水産課を訪問して、被災を克服して見事に実ったバナナを報告。
ビニールハウス再建への協力を要請した。
同法人の長谷部さんは、岡山県の田中節三氏が考案した『冷凍解凍覚醒法』で耐寒性バナナ栽培に取り組んでいるもので、赤ちゃんにも安心して食べてもらえるよう、有機栽培にこだわり、無農薬・皮ごと食べられ・糖度も従来のものより1.5倍強など利点尽くしてのオーガニックなバナナの生産に成功した。
バナナのサイズは1本約16センチ位。
現在ネット販売されており好評という。
問い合わせは、㈱木更津ファーム・長谷部さん TEL070-1322-3944。
(写真上はバナナを持つ長谷部さん)

 

 

読んだ本の感動綴る

2019-10-9-02

4市の児童・生徒が課題と自由図書で  君津地方審査会 読書感想文最優秀賞

千葉県教育研究会図書館部会君津支会(支会長・高橋達之岩根中学校校長)主催「令和元年度第65回君津地方読書感想文コンクール」の審査会が9月30日、君津教育会館(木更津市)で開かれた。
同コンクールは、君津地方4市の児童・生徒を対象に、夏休み等に読んだ本の感動を綴った作品を「課題図書」の部と「自由図書」の部で募集したもの。
審査会は当初、9月11日に予定していたが、台風のため延期されていた。
今回は小学校から5,641点(課題図書4,403、自由図書1,238)、中学校からは2,561点(課題図書369点、自由図書2,192点)の合わせて8,202点(昨年6,115点)が寄せられた。
これら校内選考を経た代表作品を、小学校3部門(低学年・中学年・高学年)と、中学校の計4部門で、課題図書と自由図書別に審査。
総計で最優秀賞20点、優秀賞10点、優良賞34点、佳作を決定した。
最優秀賞の全作品は、県審査会に出品される。
最終審査は今月21日(月)、千葉市生涯学習センターで行われる。
最優秀賞に選ばれた児童生徒は次の通り。
【最優秀賞】
◎小学校低学年
▷課題図書=「もぐらって、すごいんだよ」初芝(鎌足①)、「せんせい、もぐらはね」皆川(飯野①)
▷自由図書=「みずはすごい」鈴木(青堀②)、「『かがやけいのち!みらいちゃん』をよんで」平野(中川①)
◎小学校中学年
▷課題図書=「見えない形」福山(木二④)、「形の変化のしゅん間」中村(周西④)
▷自由図書=「愛情がたっぷりつまったえんぴつ」平上(八幡台③)、「へらさない地球の生き物」山上(岩根④)
◎小学校高学年
▷課題図書=「屋久島に学ぶ自然との付き合い方」矢代(木一⑥)、「本当のやさしさを考えた」高木(真舟⑥)
▷自由図書=「あきらめない心、感謝の気持ち」佐藤(坂田⑥)、「命とまっすぐ向き合う」川名(南清⑤)
◎中学校
▷課題図書=「美しい青空のもとで」鈴木(志学館②)、「『ある晴れた夏の朝』を読んで」濱田(太田①)、「私が忠敬に学んだこと」山﨑(八重原①)、「平和な世界を求めて」小國(周南②)
▷自由図書=「八番目の花を咲かせるために」佐々木(木二①)、「この思いが冷めないうちに」岡本(木一③)、「本気で向き合うこと」玉川(佐貫③)、「分かること、続けること」赤井(周西南①)

 

 

親子で歯磨きピッカピカ

2019-10-9-03

波岡小学校1年生 歯科衛生士が指導

木更津市立波岡小学校(校長・百瀬正洋、児童数222人)では、4日に1年生の親子学習会を実施した。
講師に、木更津市役所健康推進課より歯科衛生士を3人招いて、歯磨きについての指導を受けた。
体育館に児童、保護者が集合し、歯科衛生士によるお話で始まった。
どんなものを食べるとむし歯になりやすいのか、虫歯にならないためにはどうすればいいかなど、エプロンシアターを使い、わかりやすく説明した。
そしていよいよ、実際に歯磨きをすることとなった。
まず、朝の磨き残しを把握できるような薬品を使ってうがいをし、どこが磨かれていないか、鏡を使って確認した。
自分の口の中を見て、磨き残しがあると赤く染まることを目の当たりにした児童からは「えー!」「こんなに赤いの!?」などの驚きの声が上がっていた。
その後、保護者が見守る中、歯科衛生士の丁寧な声かけのもとで、歯の赤い部分を中心に歯磨きを行った。
自分の歯がどんどんきれいになる様子を見た児童の表情はとてもうれしそうだった。
最後に、保護者による仕上げ磨きとなり、我が子の歯を丁寧に磨く様子は、愛情あふれるものだった。
「歯が白くなった!」「前よりも歯がつるつるになった!」など、笑顔いっぱいの姿がたくさん見られ、中には「これから歯磨きをがんばろう」という児童も見られた。
担任の谷教諭は「歯科衛生士の人達がわかりやすく説明してくださったので、とても充実した学習会になったと思います。子どもたちも保護者の皆さんも、これからも歯磨きに生かしてくれたらと思います」と話していた。
(写真は、親子で歯磨きチェック)

 

 

食べ・飲み歩きイベント

2019-10-9-04

チケット販売中 11日から木更津バル

木更津市は、市の魅力である「食」を生かした食べ・飲み歩きイベント、「第11回木更津バル」を今月11日(金)~20日(日)木更津駅周辺で開催する。
市民が主役のまちづくりの発展を目指し、まちなかに賑わいを創出するために実施するもの。
今回は駅周辺のカフェ、居酒屋、寿司屋、バーなど33店舗(うち初参加4店舗)が参加する。
時間は午前11時から午後0時まで(店舗により異なる)。
場所は駅みなと口(西口)地区が中央、富士見。
駅太田山口(東口)地区は朝日、木更津、東中央、大和、及びその周辺。
参加方法は回数券形式のバルチケットを購入しバルマップを参考に店を選び、店でチケット1枚につき提供されるバルセットを味わい、参加店舗をハシゴする。
価格は前売り券2,600円、当日2,800円(1冊4枚綴り)。
前売り券はあす10日(木)まで、当日券は11日~20日のバル実施期間中、(一社)木更津市観光協会、参加店の一部で販売。
観光協会でバルチケットをアクアコインで購入すると前売り、当日ともに100円引きになる。
バルマップ掲載店でアクアコインによるバルチケットやバルメニューの購入はできない。
詳細は木更津バル特設HPで。
http://kisarazubar-event.jimdo.com/
アドレス(スマホ対応)参加店は次の通り。
▷みなと口地区(16店舗)=栄家、剣寿司、いせもとcafe、なべや西口店、すき焼きしゃぶしゃぶ田園、海鮮茶屋活き活き亭富士見店、ルフラン、やきとり小晴、ラケル木更津モカ、Japanese Dining RAZZ、木更津味処宝屋、寿司竹、大衆酒場木更津せんべろ、ワンディシェフかんでんち(新規店)、cafe&bar satoa(新規店)、ラーメン西山家西口店(新規店)
▷太田山地区(17店舗)=cafe bohemian、カフェラッテ、魚や77、四季味宴席たく、イタリアンバル木更津商店、緑寿司、PIZZA DINING JOYs木更津店、木更津東口の庭鶏、木更津焼きそば、木更津東口大番、木更津の煖、コーヒーレストランモンシェリー、コーヒー専門店ブレンド、食事処とも、中華食堂金龍、10PEN、おいしい薬膳 AriHacafe(新規店)

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら