暮らし

新千葉新聞10月26~27日掲載

10月26日掲載

木更津市政に対する要望書

2019-10-26-01

台風災害の復旧・復興の緊急要望も 木更津商工会議所 市と市議会に提出

木更津商工会議所(鈴木克己会頭)は23日、木更津市と木更津市議会に対し「令和2年度木更津市政に対する要望書」を提出した。
木更津市の次年度予算編成が始まるこの時期に、より良い木更津市経済の発展等のために、経済関係者などにより多くの意見を反映させてもらいたいと、例年この時期に行っているもの。
この日、木更津市役所駅前庁舎を訪問したのは、鈴木会頭、池田康・平井秀幸・嶋野貞雄副会頭(以上写真右側4人)、永野昭専務理事など。
木更津市では渡辺芳邦市長、田中幸子副市長、栗原由和経済部長などが出席。
市議会からは近藤忍議長、國吉俊夫副議長が同席した。
今回は「令和2年度木更津市政に対する要望」と合わせ、「令和元年台風15号・第19号による災害」の復旧に関する緊急要望も行い、渡辺市長(写真中央)と近藤市議会議長(写真左から2番目)に鈴木会頭から要望書を手渡した。
◎次年度市政に対する要望は5項目で、各項目の中で新規及び一部新規要望は4件。
【要望項目】
①街なかの賑わいづくりの推進
▷中心市街地活性化協議会及び中心市街地整備推進機構の「一般社団法人まちづくり木更津」への支援(新規)
▷まちに『来る人』を増やすための拠点整備(継続)
▷木更津駅駅舎・自由通路の改修、JRと協議(一部新規)
②クルーズ船や高速ジェット船など多様な旅客船の寄港及び発着の実現と港の賑わい創出
▷外航大型クルーズ船の誘致に向けた受入れ環境の整備(新規)
▷港のにぎわい創出のためにパークベイプロジェクトの早期実現(継続)
▷高速ジェット船の内港からの発着実現に向け、航路の浚渫や交流厚生用地含めた港湾計画の早期整備の県への強い働きかけ(継続)
③経済振興施策の推進
▷商店会等の産業経済団体への加入など産業振興基本条例の周知等(継続)
▷公共事業、材料・物品購入等の地元企業への支援(継続)
④道路網の整備促進
▷都市計画道路「中野畑沢線」の整備促進(継続)
▷東京湾アクアライン金田IC周辺の交通渋滞解消に向けての道路整備(一部新規)
⑤介護人材の確保(外国人介護人材の導入)のための支援(継続)
◎台風による被害、復旧・復興に関する要望では、
▷被災した看板・街路灯などの撤去及び修復費用に対する助成
▷中小企業者等災害復旧支援事業補助金」の創設
▷中小企業者等が災害関連対策融資を利用する際の信用保証料の全額補助や利子補給の実施
▷被災した商店会などが行う販売促進イベント等に対する助成、等を要望した。
これを受け渡辺市長は「継続などの要望は現在、全力で取り組んでいるものもあるが、貴重な意見であり、十分検討させていただきたい」などと挨拶。
近藤議長は「市議会と商工会議所とで意見交換の場を設け、より良い対応が出来るように努めたい」などと話した。
なお台風被害に対する要望は、商工会議所県連合会等と連携して、県知事にも要望書を提出する予定。

 

 

美しい花壇で環境美化

2019-10-26-02

木更津ロータリー 花植え作業に精出す

木更津ロータリークラブ(高村直道会長)の社会奉仕委員会(藤平貞順委員長)は17日、例会終了後に木更津市民総合福祉会館駐車場入り口のロータリーガーデンで『花の植栽』を行った。(写真)
この「花植え作業」は、道行く人たちやドライバー、市民総合福祉会館を訪れる人たちに気持ち良い環境をと、例年、この時期に行われており、花を植える作業にも思いが込められた。
前もって、会員による草取りなどを行い、木更津市社会福祉協議会の同市あけぼの園の園生なども参加した同作業では、変形花壇2か所に、黄色や紫、白、濃い赤色などの「日日草」を彩りよく帯状に植え、美しい花壇が出来上がった。
会員たちは「明るい、きれいなまちづくりに取り組むことが出来て良かった」と話していた。

 

 

全日制全校で前期選抜

2019-10-26-03

来春入学の私立高校 地元校の募集要項

県学事課はこのほど、来春入学の県内私立高校の募集要項を発表。
全日制54校の募集人員は12,989人。
このうち前期選抜試験では計12,474人(全体の96%)を募集。
前期選抜試験は全日制の全校で実施。
願書受け付けは最も早い学校で12月17日から始まり、試験は来年1月17日、18日に行う学校が多い。
後期選抜試験も実施する全日制は27校で、試験日は来年2月5日に集中している。
通信制7校の募集人員は計3,045人(同240人増)。
君津地域の全日制全5校(木更津中央、志学館、暁星国際、拓大紅陵、翔凛)を合わせた前期選抜募集人員は1,380人、このうち暁星国際のみが後期選抜を行う。
地元校の募集要項は次の通り。
①募集人員②願書受付開始③願書受付締切④試験日⑤合格発表日⑥試験教科
【拓大紅陵高校】普通科・共学
《前期》
①360人
▷Ⅰ ②1月8日③1月9日④1月17日⑤1月24日⑥国数英、面
▷Ⅱ ②1月8日③1月9日④1月18日⑤1月24日⑥国数英、面
▷Ⅲ ②1月8日③1月9日④1月19日⑤1月24日⑥国数英、面

【暁星国際】普通科・共学
《前期》
①30人②1月6日③1月14日④1月17日⑤1月21日⑥国数英、作文(設定条件型は作文のみ)、面接
《後期》
①30人
▷A日程
②1月23日③2月1日④2月5日⑤2月8日⑥国数英、面接
▷B日程
②2月12日③2月20日④2月25日⑤2月28日⑥国数英、面接

【志学館】普通科・共学
《前期》
①190人
▷Ⅰ ②1月8日③1月9日④1月19日⑤1月27日⑥国数英、面接
▷Ⅱ ②1月8日③1月9日④1月20日⑤1月27日⑥国数英、面接
▷Ⅲ ②1月8日③1月9日④1月21日⑤1月27日⑥国数英、面接

【翔凛】国際科・共学
《前期》
①160人
▷1 ②12月17日③1月9日④1月17日⑤1月21日⑥国数英、面接
▷2 ②12月17日③1月9日④1月18日⑤1月21日⑥国数英、面接
▷3 ②12月17日③1月28日④2月23日⑤2月5日⑥国数英、面接

【木更津総合】普通科・共学
《前期》
①600人
▷1 ②1月6日③1月8日④1月17日⑤1月22日⑥国数英、面接
▷2 ②1月6日③1月8日④1月18日⑤1月22日⑥国数英、面接
①40人
▷3 ②1月23日③1月23日④1月24日⑤1月27日⑥国数英、面接

 

 

 

10月27日掲載

英霊に哀悼の誠と敬意

2019-10-27-01

2か所の忠霊塔に1,782柱  木更津市民会館で 厳かに戦没者追悼式

「令和元年度木更津市戦没者追悼式」が25日午前10時から、木更津市民会館中ホールで厳やかに執り行われた。
過ぎし大戦で祖国の安寧と家族の幸福を願いつつ、遠くで異郷で戦火に散った英霊は、全国で3,100,000柱、千葉県下で53,000柱、木更津市では1,782柱。
この内、1,537柱は太田山忠霊塔、245柱は旧富来田町忠霊塔に刻まれており、遺族や地域住民に見守られ、香煙・供花が絶えないという。
この日の式典には、森田健作知事(代理・松戸滋君津健康福祉センター副センター長)、浜田靖一衆議院議員(代理・近藤忍秘書)、高橋浩県議、森岳県議(書面による追悼の言葉)、近藤忍市議会議長、丁子源三郎県遺族会会長(代理・小出進常務理事)、高橋利親民生・児童委員協議会会長、高橋良子木更津市赤十字奉仕団委員長、市議など多数の来賓をはじめ、市遺族会(地曳弘行会長、会員496人)の会員代表など関係者100人ほどが参列した。
田中幸子副市長の開式の言葉に続き、拝礼、国歌斉唱、黙祷が行われた。
渡辺芳邦市長(写真)は式辞で、「戦後74年の時の経過と共に、現在の平和と繁栄が戦没者の尊い犠牲の上に築かれたことは片時も忘れたことはない。戦中・戦後の長い歳月、様々な困難を乗り越えてきたご遺族のご苦労に思いを馳せ、哀悼の誠と敬意を表し、御霊の遺志を受け継ぎ、戦争の愚かさを次世代に語り継ぎ、真の平和と豊かさを賢持して、木更津市の更なる発展に誠心誠意尽くす」と誓った。
来賓各氏も、灼熱の地・厳寒の地、あるいは大海で散華した英霊に対し「二度と再び過ちは繰り返さない」と恒久平和を誓い、追悼の言葉を述べた。
続いて献花が行われ、主催者・来賓・遺族代表などが菊花を祭壇に手向け、冥福を祈った。
吟道真州流宗家・安増源洲氏の尺八で、小林深洲さんが『英霊南自り還る(松口月城作』を献詠した。
遺族会会員の高齢化は顕著で、式典への参列も年々少なくなっている。

 

 

富来田地区の問題解決へ

2019-10-27-02
木更津市の富来田地区まちづくり協議会  継続案件や新規分 「要望書」を市長に

木更津市の富来田地区まちづくり協議会(鴇田宏会長、委員41人)は25日、木更津市役所駅前庁舎を訪れて、渡辺芳邦市長に「令和元年度富来田地区要望書」を提出した。
同提出には鴇田会長以下役員(写真右側)8人と、地元市議の三上和俊氏と佐藤修一氏が同席した。(写真左側)
木更津市では渡辺芳邦市長(写真左から4人目)、田中幸子副市長、庁内総務部・企画部・市民部・経済部・都市整備部・教育部の部長などが出席した。
富来田地区まちづくり協議会は平成24年に設立され地域の抱える課題解決に向けて活動している。
席上、鴇田会長は台風被害に対して、市からの様々な支援に対し感謝すると共に「これまでも、地域課題に対して、住民ができることは住民の力『相互』の精神を発揮し取り組んでいるが、住民力・地域力だけでは限界もある。県や国等への働きかけをはじめ、行政の力を借りなければ解決できない諸課題を精査して、本日、木更津市へ「要望書」として提出する。
早急に対応してほしい」などと要請した。
特に今年3月に、同地域の富岡小学校が閉校したが、早期に同校跡地の有効活用を強く願った。
これに応え渡辺市長は、台風災害等への地域を挙げた協力に感謝すると共に「今後も停電対策や市民一人一人に市からの情報が迅速に届くように取り組んでいく」などと挨拶。
当日は市内に大雨・洪水・避難警報などが発令中だったことから「同要望についての回答は後日富来田公民館で説明会を開催して、担当部署が回答する」として理解を求めた。
要望内容は次の通り。《継続》(県行政への助成・助言を求める要望)
▷橋梁の長寿命化工事の早期実現(下郡橋)
▷小櫃川・武田川・派川武田川・七曲川の河川の整備・維持管理(河川敷に群生する雑木・竹の伐採、河川底の掃除・整備)
▷農業振興対策(有害鳥獣対策)
▷企業誘致の要望(市への要望)
▷残土埋立に伴う注視・巡回の要望
▷児童・生徒の通学路(下内橋付近の歩道)工事の促進
▷「ゾーン30」の速度制限履行
▷児童の下校見守りに伴う広報無線の活用
▷地区公共交通網の整備・運行(乗用車級の周回バス)
▷都市計画道路の早期整備促進
▷JR馬来田駅前への「交番設置」と、駅ボランティアへの助成《新規》
▷県道法面崩落個所の補修工事の依頼(真里西地区)
▷旧富岡小学校跡地の活用(地域住民も使えるようにしてほしい他)

 

 

ボッチャ競技を楽しむ木更津市長杯争奪 市民スポーツ交流大会

 2019-10-27-03

 

「第1回木更津市長杯争奪市民スポーツ交流大会」がこのほど、市民体育館で開催された。
主催は木更津市と木更津市教育委員会、主管は同大会実行委員会。
あいおいニッセイ同和損害保険㈱千葉南支店が協力した。
同大会は、手軽にスポーツを親しむことのできる軽スポーツ大会を開催し、健康の維持増進及び世代や障がいの有無を超えて、相互の交流を促進することを目的としている。
今回の種目は「ボッチャ」。
パラリンピック競技で、2016年リオ・オリンピックでは、日本代表が銀メダルを獲得して注目を集めている。
大会では、島田登美夫実行委員長が「台風の被災のことを忘れて一日楽しんでください」と述べ、大会開会宣言を行った。
続いて田中幸子副市長(市長代理)が「経験を問わず楽しめるボッチャ競技でチームメイトと交流を深めて下さい。そしてスポーツを通じて元気な木更津に貢献してほしい」などと挨拶し選手を激励した。
大会には市内在住・在勤・在学の小学生以上で編成された9チーム(1チーム3~6人)が参加した。
「地上のカーリング」とも呼ばれるボッチャは、敵と味方が革製の青と赤のボールを6球ずつ投げ合い、白いジャックボール(目標球)と近さを競うスポーツ。
参加者達はボールを投げるたびに一喜一憂し、歓声をあげた。
成績は次の通り。
▷優勝=木更津市バドミントン協会、▷準優勝=アンパンマン、▷きさポン応援団

 

 

住宅金融支援機構と

2019-10-27-04

住宅ローンフラット35 木更津市が協定締結

木更津市は23日、固定金利の住宅ローン『フラット35』を取り扱う独立行政法人住宅金融支援機構との協定締結式を、駅前庁舎の市長応接室で行った。
締結式には、住宅金融支援機構から河田崇地域業務第一部部長(写真右)、高木俊武千葉センター長、加藤智子千葉センター調査役が来庁。
市側からは渡辺芳邦市長(写真左)田中幸子副市長、渡部史朗都市整備部長、鳥飼能道同部次長、山口裕之住宅課長、吉田修三子育て支援課長、兵藤雅宏産業振興課長等が出席した。
渡辺市長と河田部長がそれぞれ協定書に署名し、協定書を取り交わし「よろしくお願いしします」などと挨拶、相互協力を申し合わせた。
同協定により、▷『フラット35』子育て支援型では、中学校修了前の子供がいる若年子育て世帯が住宅を取得する場所や、親世帯と同居または、近居をするために住宅を購入する場合には、借入金利が当初5年間0.25%引き下げられる。
また、▷『フラット35』地域活性化型では、木更津市における「木更津空家リフォーム助成事業」及び「木更津市街なか居住マンション取得助成事業」の申請者のうち、要件を満たした場合は、借入金利が当初5年間0.25%引き下げられる。
河田部長は同協定に感謝し、渡辺市長も「貴機構の制度との併用で、空き家対策・リフォーム・子育て支援などの施策が拡充され、木更津市全体の住環境整備が促進される」などと、期待を込め挨拶した。
同制度の問い合わせは、木更津市住宅課TEL0438-23-8599。
または独立行政法人住宅金融支援機構千葉センターTEL047-400-5562。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら