暮らし

新千葉新聞10月22・24日掲載

10月22日掲載

創立25周年迎えて

2019-10-22-01

世界最新の解析技術によるDNA研究等  かずさDNA研究所 記念講演や一般公開

木更津市のかずさアカデミアパーク(木更津市かずさ鎌足2-6-7)の先導的・中核施設として、1994年(平成6年)10月16日に開所した「公益財団法人かずさDNA研究所(田畑哲之所長)が今年創立25周年の節目を迎えた。
当時は、世界初のDNA解析を専門に行う研究所だったが、現在でも世界的に珍しいという。
職員数は138人(研究員39人、技術員44人ほか、令和元年8月時点)。
同研究所は千葉県の支援のもと、生命科学とバイオテクノロジーの根幹であるDNA(世界最先端)の研究や、DNA分析技術を活用した公益事業を展開している。
主な事業内容は、世界最新の解析技術によるDNA研究、希少難病の遺伝学的検査、アレルギーなどの疾病遺伝子研究、農作物種子の品質検査、DNA情報を利用した作物品種改良法の開発、バイオ産業支援ほか。
開所日を記念して、10月26日(土)午後1時から、かずさアカデミアホールで「開所25周年記念式典」と「記念講演会」が開催される。
記念講演では、午後1時45分から2時45分まで、『21世紀のDNA研究~その歴史と今後の展開~』を演題に、大石道夫かずさDNA研究所理事長(東京大学名誉教授)が話をする。
続いて午後3時から同4時まで、『イネの品種改良~来し方行く末~』を演題に、矢野昌裕氏(農業・食品産業技術総合研究機構・総括調整役)が話をする。
また25周年に因み、11月16日(土)には午前10時~午後3時まで、「かずさDNA研究所に1日公開」も実施される。
いずれも希望者は同研究所のHPで申し込んでほしいとしている。
https://www.kazusa.or.jp/
問い合わせは同研究所TEL0438-52-3930(直通)へ。
(写真は研究所の全景)

 

 

自分達の手できれいに

2019-10-22-02

台風被害の後、元気を届けようと  木更津第一小学校 地域クリーン活動

木更津第一小学校(河野勝校長、児童数412人)でこのほど、「地域クリーン活動」が行われた。
この活動は、1年生から6年生まで学級や学年を越えて編成された縦割り班で地域を清掃し、ボランティア精神と郷土愛について理解を深める体験学習として毎年実施されている。
今年度は台風被害の後ということもあり、同校児童会が掲げた「安全で気持ちよく過ごせる街にしよう!そして、木更津に元気をとりもどそう!」というスローガンのもと、全校児童が活動に臨んだ。
出発式には、木更津第一中学校区住民会議の高木厚行会長、中央公民館の石井一彦館長、北村和則同窓会長らが訪れ、「いつもお世話になっている地域の人々のために、木更津の町をきれいにすることは素晴らしいこと。安全に注意しながら、地域のために頑張ってほしい」と児童たちを激励した。
出発式の後、児童たちは13のコースに分かれ、PTAの地区役員など地域の人達と協力しながら、約2時間にわたってゴミの収集や分別に汗を流した。
縦割り班の中心となって活動した6年生児童からは、「自分たちの手で地域をきれいにし、木更津のために役立つことができてうれしい。これからもこの活動を続けていきたい」、「地域の人達にたくさん挨拶ができた。台風被害があったこの町に、自分たちなりに元気を届けられてよかった」という声が聞かれた。
(写真は児童会によるスローガン発表)

 

 

上位入賞者は県大会へ

2019-10-22-03

小中体連木袖支部 中学校新人体育大会①

県小中体連木更津・袖ケ浦支部(支部長・平一晶畑沢中校長)の「中学校新人体育大会」がこのほど終了した。
結果は次の通り。
上位入賞者は県新人体育大会に出場する。
【野球】
▷優勝=昭和、▷準優勝=太田※以上県大会出場、▷第3位=木二、金田・清川連合
【サッカー】
▷優勝=暁星国際、▷準優勝=岩根西※以上県大会出場、▷第3位=畑沢、昭和
【バスケットボール】
◎男子
▷優勝=太田▷準優勝=昭和※以上県大会出場▷第3位=木三、長浦
◎女子
▷優勝=波岡▷準優勝=太田※以上県大会出場▷第3位=長浦、岩根
【バレーボール】
◎男子
▷優勝=波岡※県大会出場▷準優勝=木二▷第3位=清川※県大会出場
◎女子
▷優勝=長浦※県大会出場▷準優勝=太田▷第3位=清川※県大会出場、木二
【ソフトボール】
▷優勝=木三※県大会出場▷準優勝=昭和▷第3位=木二
【卓球】
《団体戦》
◎男子
▷優勝=太田▷準優勝=畑沢※以上県大会出場▷第3位=木一、長浦
◎女子
▷優勝=太田▷準優勝=畑沢※以上県大会出場▷第3位=平川、蔵波
《個人戦》
◎男子シングルス
▷優勝=宮嵜(畑沢)▷準優勝=田倉(木一)▷第三位=水野(太田)、千葉(太田)※以上県大会出場
◇その他の県大会出場者=長谷川、河上(以上太田)、若狭、渡辺、前田(以上畑沢)、山田(長浦)、片山、竹内(以上蔵波)
◎女子シングルス
▷優勝=高橋(木二)▷準優勝=渡邉(畑沢)▷第3位=早野(太田)、井上(蔵波)、渡邉(昭和)、菅原(太田)※以上県大会出場
◇その他の県大会出場者=齊藤、井坂、伊藤、渡邉(以上畑沢)、濱川、石原(以上太田)、桝瀬(昭和)、工藤(長浦)

 

10月24日掲載

子ども達の健全な成長願い

2019-10-24-01

通学路や安全な環境、図書館充実等  木更津市母と女性教職員の会 市長・議長に要望書

木更津市母と女性教職員の会(羽田知世会長)の代表や、きみつ母と女性教職員の会(兼近裕美会長)の石川みか副会長など8人が21日(月)、木更津市役所駅前庁舎を訪問して、渡辺芳邦市長に「子どもたちの健全な成長を願って-要望書」を手渡した。
木更津市母と女教職員の会は、1974年に設立され、今年で46年目を迎えてる。
今年の要望書提出では、昨年度の要望で実現したことなどが報告され、同会では感謝の意も表している。
今回は、同要望の早期・確実な実現を願う母や女性教職員、市民等2,740人分の署名も添えられた。
木更津市からは渡辺市長、高澤茂夫教育長はじめ、要望項目の担当部長(地曳文利市民部長、渡部史郎都市調整部長、岩埜伸二教育部長、市民活動支援課、都市整備部市街地整備課・土木課ほか)も同席して、要望に耳を傾け、意見交換を行った。
なおこの要望書の提出は、きみつ母と女性教職員の会と君津市・富津市・袖ケ浦市の各市は母と女性教職員の会が合同で、それぞれの市の実情に即した要望書を提出する予定。
木更津市への要望は次の通り。
◎通学路の安全の確保と整備
▷歩者分離式信号機等の設置・変更7件、
▷横断歩道の新規設置4件、
▷横断歩道・白線の引き直し15件、
▷交通標識や、「飛び出し注意」などの看板設置22件、
▷カーブミラーの設置6件、
▷市内全域を対象に、街灯及びトンネル内電灯の設置・点検、
▷地域安全パトロール等の強化への支援継続などその他8中学校区。
◎子どもたちが安全に過ごせる環境整備
▷公園・遊び場管理・拡充15件、
▷市内全域での警察等による継続的なパトロールへの働きかけ。
◎学校図書館の充実・子ども達の読書環境の整備
▷学校図書館に司書の配置、読書相談員の配置時間の更なる拡大を、
▷学校図書館施設の整備・充実。
◎その他
▷学校給食の100%実施への感謝、
▷引き続き老朽化している学校施設・道具等の定期的な点検・改修を。
(写真右側は市長に要望書提出の会代表者)

 

 

皇居に残る自然~昆虫

2019-10-24-02

房総の地域文化講座 講師に斉藤明子氏

房総の地域文化を学ぶ会(会長・金子馨前木更津市史編集委員会委員長)主催「房総地域文化講座」が、今月27日(日)午後2時から4時まで(1時45分から受付)、木更津市立中央公民館(木更津駅西口前、スパークルシティ木更津6階)第7会議室で開かれる。
講師に斉藤明子氏(千葉県中央博物館自然史・歴史研究部前部長。理学博士)を迎え、『皇居(旧江戸城)に残る自然~昆虫を中心に~』を演題に話を聞く。
今年は何かと話題の皇居。
皇居内の吹上御苑(ふきあげぎょえん)と同じく皇居内の道灌堀(どうかんぼり)で行われた昆虫調査の様子と、皇居の自然について、調査の時のエピソードなども交えて話す。
受講料400円(非会員のみ。会員は無料)。
参加申し込み・問い合わせは、同会の筑紫(つくし)敏夫幹事長まで、Eメールか、電話で。
TEL 090-3431-9483(留守番電話に伝言メッセージを残す)。
アドレス toshi-551223@kzh.biglobe.ne.jp

 

 

狸ばやしの踊り等楽しむ

2019-10-24-03

木更津市の證誠寺 狸まつりを開催

木更津市富士見の證誠寺(隆直浩住職)で恒例の『狸まつり』が19日(土)、開催された。
狸まつり実行委員会(実行委員長・高木厚行南町区区長)主催、南町区・證誠寺橋通り商店会・證誠寺仏教壮年会・仏教婦人会共催、木更津市・木更津市観光協会後援。
商店街の活性化と伝統文化の継承、歴史と伝統のまちの発展、童謡「證誠寺の狸ばやし(野口雨情作詞、中山晋平作曲)」にちなむ観光振興などを目的に、例年この時期に開催されている。
本堂での式典では、祭文、諷経、法話であり、来賓祝辞では、「全国的に知られている童話『證誠寺の狸ばやし』は木更津市の大切な財産であり、これからも大切に保存・継承していきたい」「外国の日共大変関心を示している」などと述べられ、地域あげての同まつり継続への尽力に感謝した。
続く余興の部では、松本社中による野口雨情・中山晋平ゆかりの童謡などの琴演奏、證誠寺仏教婦人会の木更津甚句の踊り、狸ばやし保存会と木一小児童28人による「證誠寺の狸ばやし」の踊りがメロディーに合わせて元気に披露された。
また境内では、證誠寺バザー、南町婦人会による「甘酒」の接待、八天堂のパンの販売などが行われた。
(写真は木一小児童による狸や和尚等に扮しての踊り、岡本範正氏撮影)

 

 

上位入賞者は県大会へ

2019-10-24-04

小中体連木袖支部 中学校新人体育大会②

県小中体連木更津・袖ケ浦支部の「中学校新人体育大会」の結果は次の通り。
上位入賞者は県新人体育大会に出場する。
【剣道】
《団体戦》
◎男子
▷優勝=畑沢▷準優勝=木一※以上県大会出場▷第3位=波岡、蔵波
◎女子
▷優勝=木一▷準優勝=波岡※以上県大会出場▷第3位=蔵波、木二
《個人戦》
◎男子
▷優勝=佐々木(富来田)▷準優勝=川村(畑沢)※以上県大会出場▷第3位=大屋(富来田)、沼畑(木一)
◎女子
▷優勝=春川(木一)▷準優勝=牟田(波岡)※以上県大会出場▷第3位=高石(蔵波)、海保(長浦)
【柔道】
《団体戦》
◎男子
▷優勝=木一※県大会出場▷準優勝=蔵波▷第3位=昭和
◎女子
▷優勝=木一※県大会出場▷準優勝=長浦
《個人戦》
◎男子
◇50キロ級▷優勝=杉本(昭和)※県大会出場▷準優勝=鬼島(昭和)▷第3位=佐藤(平川)
◇55キロ級▷優勝=佐藤(木一)※県大会出場▷準優勝=酒井(木一)※以上県大会出場
◇60キロ級▷優勝=坂巻(木一)▷準優勝=佐々木(蔵波)※以上県大会出場
◇66キロ級▷優勝=新(木一)▷準優勝=小野寺(長浦)▷第3位=長谷川(平川)※以上県大会出場
◇73キロ級▷優勝=増戸(平川)▷準優勝=山本(蔵波)※以上県大会出場▷第3位=黒田(蔵波)
◇81キロ級▷優勝=中武(蔵波)※県大会出場
◇90キロ級▷優勝=花澤(蔵波)※県大会出場
◇90キロ超級▷優勝=目良(木一)▷準優勝=繁田(蔵波)※以上県大会出場▷第3位=片野(蔵波)
◎女子
◇40キロ級▷優勝=河奈辺(長浦)※県大会出場
◇44キロ級▷優勝=加藤(木一)▷準優勝=竹内(木一)※以上県大会出場
◇48キロ級▷優勝=田中(木一)※県大会出場
◇52キロ級▷優勝=山田(木一)※県大会出場▷準優勝=多根(長浦)▷第3位=磯ヶ谷(長浦)
◇57キロ級▷優勝=吉田(木一)▷準優勝=金山(木一)※以上県大会出場
◇63キロ級▷優勝=山下(木一)▷準優勝=岩越(木一)※以上県大会出場
【ソフトテニス】
《団体戦》
◎男子
▷優勝=木二※県大会▷準優勝=清川▷第3位=昭和、平川
◎女子
▷優勝=畑沢▷準優勝=蔵波※以上県大会出場▷第3位=木二、清川
《個人戦》
◎男子
▷江口・川名(木二)▷準優勝=鈴木・鶴岡(平川)▷第3位=鈴木・田代(畑沢)、吉村・森谷(清川)※以上県大会
◎女子
▷優勝=佐々木・高橋(畑沢)、濱田・梅本(波岡)▷準優勝=伊藤・堤(畑沢)、進藤・辻井(岩根)▷第3位=松井・鹿島(木二)、羽山・荒井(畑沢)※以上県大会

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら