暮らし

新千葉新聞10月17日掲載

10月17日掲載
日本の科学教育事情視察

2018-10-17-01

大田教育科学研究院の院長ら4人来日  木更津市教委 韓国からの教育長訪問

韓国の大田(テジョン)広域市から大田教育学研究院のベ サンヒョン院長をはじめとする教育庁職員、奨学士、通訳の4人が15日(月)午前、木更津市教育委員会・髙澤茂夫教育長を表敬訪問した。
今回の訪問は日本の科学教育事情の研究視察のために来日したもので、2005年1月に重城正義氏(市議会副議長)が、今回同行した教育研究士のヨム ジュヨンさんが(女性)をホストファミリーで受け入れ、それからの長年の交流がきっけとなって来訪したもの。
当日は、木更津市側からは岩埜伸二教育部長、秋元淳同部次長、河野勝同部参事(学校教育課長)、岡崎由子まなび支援センター所長、重城副議長も同席し、和やかな雰囲気のなかで懇談、木更津市の理科教育の現状や教育職員研修の取り組みについて教育委員会職員からの説明を受けた後、科学研究や日本の教育事情などについての様々な質問を交え意見交換した。
ベ院長からは、韓国の科学者の中で、ノーベル賞受賞者を輩出することが大田市における目標の一つとなっており、なぜ日本はノーベル賞受賞者が多く輩出されるのか、日本での視察研究を通じてその理由をぜひ探究していきたいとの発言とともに、今後は大田の教職員と一緒に木更津をぜひ再訪したいとの言葉が添えられた。
(写真は教育長室で、前列4人が韓国の訪問者、後列が木更津市側)

 


野口選手が大会新 棒高跳び翔凛

2018-10-17-02

県高校新人陸上で木総合の森本、塩澤もV  関東大会出場へ 木更津高校で壮行会

去る9月28日(金)~30日(日)に千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で行われた平成30年度「第57回千葉県高等学校新人陸上競技大会」で、翔凛高校(君津市)陸上部部長である高校2年・野口選手(写真上)が、女子棒高跳びで3メートル41の大会新記録で優勝した。
野口選手は、大会後、「結果を出すことでこんなにも喜んでくれる人が沢山いることに気付き、周りの人への感謝・有難さを実感しました。更に上を目指していきます」と、喜びのコメントを述べた。
このほか、同県大会では、男子棒高跳びで森本選手(木更津総合高2年)が4メートル70を跳び優勝したほか、男子ハンマー投げで塩澤選手(木更津総合高2年)が54メートル71を投げ優勝、永嶋選手(同1年)が第4位、女子ハンマー投げでは井手尾選手(同2年)が40メートル64投げを第3位に入賞した。
また男子5000メートルで服部選手(拓大紅陵高)が14分31秒75で第3位、女子走り高跳びで小泉選手(拓大紅陵高)が1メートル58を跳び第4位に入った。
以上の選手らは平成30年度第22回関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会に出場する。
また、木更津高校(校長・廣部泰紀)では、今月11日(木)陸上競技部の反町(そりまち、写真下・左)さんと塙(はなわ、写真下・右)さんが、関東高等学校選抜新人陸上競技選手権大会に出場するため、「壮行会」を同校体育館で行った、
「千葉県高等学校選抜新人陸上競技大会」で反町さんが5000メートル競歩で第2位(記録・22分37秒58)、塙さんが走り幅跳びで第4位(記録・6メートル90センチ)に入り関東大会に出場を決めた。
壮行会では、全校生徒の前で、反町さんは「5月の県大会で悔しい思いをしたので、頑張って練習してきました」、塙さんは「今まで地道に練習してきて、今回自己ベストを出すことができました」と話し、2人とも「関東大会では、自己記録をさらに更新できるよう頑張ってきます」と、力強い言葉が述べられた。
関東高等学校体育連盟・関東陸上競技協会主催の関東大会は、今月20日(土)~21日(日)、山梨中銀スタジアム 陸上競技場で開催される。

 

 

きれいな港街木更津へ

2018-10-17-03

アクアラインマラソン前に305人参加  ジェイコム千葉木更津局 ごみ拾い活動実施

ケーブルテレビの株式会社ジェイコム千葉木更津局(J・・COM木更津、浜端基次局長)は13日(土)午前9時から、木更津市民会館~潮浜公園間で、地域清掃活動「CLEAN UP OUR KISARAZU」を実施した。
この取り組みは、同社が行っている社会貢献活動の一環。
日頃からお世話になっている地域への感謝の気持ちとして、J・・COMサービスエリア周辺でのごみ拾い活動を行い、地域の美化を目指すもの。
今年度は、今年4回目を迎える『ちばアクアラインマラソン2018』が来る21日(日)に開催されるにあたり、参加ランナーや沿道応援者など多くの人々に「きれいな港街木更津」の魅力を知ってもらうため、マラソンのルールをメインに取り組んだ。
当日は、市民会館から潮浜公園までの約1.5キロを3つのルートに分かれ、大規模清掃を実施。
マラソン実行委員会や市職員など、24の団体や市民らの協力のもと、従業員含む総勢305人が参加、約210キロのゴミを回収した。
この活動は、J・・COM木更津が放送している「J・・COMチャンネル千葉(木更津エリア)」(地デジ11チャンネル)の番組『デイリーニュースダイジェスト』で、今月29日(月)から11月4日(日)までの平日午後5時40分、9時、11時から、土・日は午後8時から放送を予定している。
J・・COM木更津では、今後も地域の人々と共に社会に貢献する活動を実施していくという。
(写真は清掃活動に出発)

 


4市の『昭和』の写真集

2018-10-17-04

12月上旬発刊 思い出が詰まった

思い出がいっぱい詰まった君津地域4市の『昭和』の写真集が、今月12月上旬に発刊される。
限定1500部で、4市の書店、またはポスター等が掲載されている店舗で予約を受け付けている。
発行元は、㈱いき出版(TEL 0258-85-6555)、発行元は千葉県教科書販売㈱。
体裁はA4判大型上製本、カバー巻き。
総頁280ページ。
収録写真は昭和の日常風景など600枚以上。
刊行記念特価9990円(税込み)。
発行元では、『何げない日常生活の思い出』に焦点を当て、活力みなぎる昭和の写真集をつくりたい」との思いで、昨年から掲載写真の公募を行ってきた。
多くの人々から関心が寄せられ、最終的には80人以上の人々から写真の提供を受けることができた。
誰もが知っている思い出の場所や、知る人ぞ知る身近な場所、とっておきの風景等々、多種多彩な思い出が収録され、昭和時代を共に過ごしてきた人々と共有できる貴重な『思い出アルバム』が完成した。
富士見通りを進む木更津港まつりパレード(昭和37年)や木更津駅西口ロータリー(昭和39年)、木更津商店街の風景(昭和42年)、日本カ―・フェリー発着所(昭和43年)、木更津駅舎(昭和30年代)など。
ぜひ手元に置いて欲しいと各書店では早めの予約を願っている。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら