暮らし

新千葉新聞10月16日掲載

10月16日掲載
狸ばやしの踊りや甘酒等

2018-10-16-01

木更津市富士見 證誠寺の狸まつり

木更津市富士見の證誠寺狸まつり実行委員会(委員長・髙木厚行)では、故郷の文化の継承と、地域の活性化を期して、平成30年度の「證誠寺の狸まつり」を今月20日(土)午後2時~同4時まで證誠寺(住職・隆直浩)本堂及び境内で実施する。
共催は南町区、證誠寺橋通り商店会、證誠寺仏教壮年会、同仏教婦人会。
木更津市と観光協会が後援している。
内容は、
▷木更津第一小学校児童の舞踊「証誠寺の狸ばやし」、
▷松本社中による琴の演奏と合唱(野口雨情、中山晋平の童謡)、
▷證誠寺仏教婦人会の舞踊「木更津甚句」、
▷木更津茶華道の会による呈茶、
▷チャリティーバザー等となっている。
また正午からは境内で、
▷證誠寺バザー、
▷南町婦人会による「甘酒」の接待、
▷野菜の産地直売、
▷綿菓子販売などが行われる。

 


高点1位は見渡信夫氏

2018-10-16-02

木更津市文化協会 第48回市民短歌大会

木更津市文化協会(井野皆山会長)主催、同市文化祭事業「第48回市民短歌大会」が15日、中央公民館(スパークルシティ6階、第7会議室)で開かれた。
同大会には41人が参加、見渡信夫氏と鈴木眞澄氏(木更津市)による助言のもと、七首互選を行った。
高点歌は次の通り。(敬称略)
▷1位(19点)=「六十年の牛飼い終えて診療を待つ間曲がりし我が指見つむ」 見渡信夫(矢那)
▷2位(16点)=「九十八歳秩父に暮らし手すき和紙護り来し義姉ひそやかに逝く」嶋田榮子(高柳)
▷3位(15点)=「友の通夜終えて帰りし独家の玄関の闇にこほろぎに鳴く」大網克子(請西)
▷4位(14点)=「足曳きて歩みし父の晩年のさびしさ今知る夫の病みて」鈴木眞澄(長須賀)
▷5位(13点)=「ひとことの失言醸す煩いを悔みひとり 庭に雑草(くさ)ひく」児玉江美子(真里谷)
▷6位(12点)=「手文庫の中より亡夫の時計出づネヂ巻けば動く在りし日の刻」山岡久子(金田東)
▷7位(11点)=「雨だれの音を百まで数えつつおれは静かに死んでいきたい」柏崎清一郎(請西東)

 


基地対策に関する市の対応

2018-10-16-03

オスプレイ来るな いらない住民の会 木更津市長に要請書

オスプレイ来るな いらない住民の会(会長・吉田勇悟)は、11日、渡辺芳邦木更津市に当てて、基地対策に関する市の対応についての要請書を提出した。
同住民の会によると、基地対策に関する要望書を、平成30年6月に木更津市議会議長及び基地対策特別委員会委員長の連名で防衛大臣等に出され、同8月28日に木更津市長名で要望書(以下「市長要望書」)が防衛大臣等に出された。
そしてマスコミ各社は9月23日、24日に「陸自オスプレイ、今秋の納入を延期」の報道をした。
また、9月26日の市長の記者会見では、暫定配備が水面下で話し合われているという内容の報道に対し、遺憾であると意思表示をされた。
それに関し、「市長要望書」について、「定期機体整備」について、「陸自オスプレイの暫定配備」についての3点を要請した。
この要請について渡辺市長から近々、回答が予定されているという。

 


木総合は準優勝

2018-10-16-04

県高校軟式野球

「秋季県高校軟式野球大会」が10月6日から13日まで、青葉の森野球場(千葉市)など2会場で行われ、、八千代松陰が優勝(2年連続10度目)、木更津総合が準優勝した。
優勝した八千代松陰と、準優勝の木更津総合は、今月27日(土)から神奈川県で開催される関東大会に出場する。
木更津総合は2年連続11度目の出場。

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら