暮らし

新千葉新聞1月31日掲載

1月31日掲載

木更津市の発展を期して

2020-01-31-01

渡辺よしくに後援会「新春の集い」  3市市長等も出席 過去最多の520人

渡辺よしくに後援会(池田庸会長)主催の「木更津市長渡辺よしくにを囲む新春の集い」が27日、ロイヤルヒルズ木更津ビューホテルで開かれた。
同会には、浜田靖一衆議院議員、高橋恭市富津市長、石井宏子君津市長、粕谷智浩袖ケ浦市長、近藤忍市議会議長以下市議多数始め、経済界、各種団体代表等過去最多の520人超が参集して、新春を寿ぎ、さらなる結束で木更津市の発展と飛躍を期した。
主催者挨拶で池田会長は、多くの参加に感謝するとともに「昨年の自然災害での教訓を生かし、より災害に強いまちづくりと被災からの早急な復旧・復興が求められている」などと挨拶、一層の支援協力を願った。
来賓を代表して浜田衆議院議員、高橋・石井・粕谷各市長は、渡辺市長の強いリーダーシップや適切・迅速な行動力等に敬意を表し、今後も4市が連携を深め、共に発展していきたいと決意を語った。
森田健作千葉県知事、森岳県議の激励祝電も披露された。
これに応え渡辺市長は、「様々な課題が山積するも、今年の東京五輪・パラ五輪ではナイジェリアのホストタウンとして国際力を高めていきたい。災害のない1年であるように」と、参会者の多幸を祈念し、謝辞を行った。
松田紀道自由民主党木更津支部長の乾杯発声で祝宴に入り、交流を深めた。
アトラクションではナイジェリア出身、日本で活動するミュージシャン2人が演奏を披露して会を華やかに彩った。
(写真は右から松田氏、渡辺氏、ほか3市市長等乾杯)

 

働くことの意味と価値

2020-01-31-02

様々な職業の9人を講師に話を聞く  清川中学校 キャリア教育の出前授業

木更津市立清川中学校(校長・中務公明、生徒数366人)では、このほど、保護者や地区住民の協力を得て、1年生(105人)を対象に「地域の職業人に学ぶ会」を実施した。
キャリア教育の一環として、平成14年度より毎年行われており、今年で17回目。
同地域で生活する社会人の9人=ジェットスター・ジャパン運航本部機長・黒瀬馨氏、エル・プランタンシェフ・山本晋介氏、同店パティシエ・松本瑠奈氏、第2みどり幼稚園教諭・吉田晴美氏、マティス美容師・倉持一瑳氏、マルミスポーツ営業担当・大野栄一氏、木更津東邦病院看護師・渡部みどり氏(写真右)、木更津ビューホテルマネージャー・長谷部理絵氏、アニマルクリニック美咲ヶ丘獣医師・佐藤英典氏=を招き、さまざまな職業の方たちとのふれあいを通じて、生徒たちの「職業観」や「勤労観」の形成を図ることを大きな目的としている。
生徒たちは、事前に、身近な人への職業インタビューを行いつつ、働くことの意味や目的について考えてきたこともあり、会場では積極的な質疑応答や意見の交流が生まれた。
各講師たちは、自分たちの携わっている仕事を「人のつらさを知り、その人に安らぎを与える仕事」「自分自身の技術(スキル)を磨き続ける仕事」「お客様のニーズに応えながら信頼を築いていく仕事」「命や安全を守る責任がある仕事」「人々の安全を支える仕事」というふうに、わかりやすく説明しながら、生徒たちからの多くの質問にも丁寧に向き合ってくれた。
会を終えたある生徒の感想には「将来、社会に出る時に、『この仕事に携わりたい』と思える仕事に就きたい」と記してあったという。
同体験学習を担当した木下陽一学年主任は、「地域の皆様方の協力に支えられて、長年続いている伝統的な行動(会)であり、生徒たちにとっては、将来のライフプランやキャリアプランを考える素晴らしい経験の場になっている。
2年次で行う職場体験に、必ずよい形でつながっていくはずだ」と語っていた。

 

紙コップシアターを製作

2020-01-31-03

岩根公民館 五感で感じる絵本講座

自分だけの絵本(紙コップシアター)ができたよ!
木更津市立岩根公民館(大河原敏雄館長)において、今年度の新規事業「五感で感じる絵本講座」の第4回目(最終回)が開催された。
講師は、市読書相談員の古藤田葉子さん。
今回は「オリジナル絵本を作ろう!」ということで、紙コップシアターを製作する企画。
小学生の親子連れ10人が公民館を訪れ、思い思いの絵本を作った。
紙コップを2つに重ね合わせて、片方には自分で考えた4コマのストーリーを描く。
そして、片方の紙コップをゆっくり回していくと、自分で描いた絵が、窓の中に出てくるというもの。
古藤田さんが自分の作品を示しながら、丁寧にわかりやすく作り方を説明した後、親子で思い思いの絵本を作っていった。
参加者からは、「回して読むのが面白かった。家で、お姉ちゃんと弟とやってみたい」「すごく楽しかった。次の場面は何かな?というわくわく感があった」などの感想が寄せられた。
最後には、古藤田さんから、素敵な折り紙バッグのプレゼントもあり、笑顔であふれた素敵な時間となった。
(写真は古藤田葉子さんの指導で紙コップシアターを作る小学生たち)

 

家内安全や無事成長祈る

2020-01-31-04

木更津市富津市 『どんど焼き』日程②

2月3日の節分に因む年越しの民俗行事『どんど焼き』が今年も各地で行われる。
過疎・少子高齢化などを払拭する地域の恒例行事として、あるいは子ども会行事等として様々な形態で受け継がれている。
どんど焼きでは、門松・注連飾り等を焚き上げて正月に迎えた年神様を送り、合わせて両目開眼のダルマ、子どもたちの書き初め作品等も焚きあげ、家内安全・子どもの無事成長等を祈る。
本来は節分会行事として3日当夜に行われるもので、当地域では今年、1日から3日にかけて実施される。
木更津市・富津市の日程は次の通り。(消防署届出分)
【木更津市】
◎1日(土)
▷富来田、生田神社=午後5時~9時
▷上根岸、八坂神社=午後5時30分~9時
▷真里谷、八幡神社=午後5時~9時
◎2日(日)
▷富来田、熊野神社=午後5時~8時
▷下郡、土器崎地区公会堂=午後4時~7時
▷牛袋、図那児童公園=午後5時~7時
▷茅野七曲、熊野神社=午後5時~8時
◎3日(月)
▷富来田、諏訪神社=午後5時30分~8時30分
▷富来田、日枝神社=午後5時~9時
▷長須賀、長須賀日枝神社=午後3時~5時
▷江川、熊野神社=午後3時~6時
▷真里谷、子三社大権現=午後6時~9時
▷犬成、五霊神社境内=午後6時~9時
▷桜井、御嶽神社=午後1時~2時30分
▷永井作、日枝神社=午後5時15分~7時15分
▷茅野、羽雄神社=午後5時~10時
▷請西、日枝神社=午後0時~5時
▷十日市場、日枝神社=午後6時~9時
※請西、長楽寺は1月13日に実施済み。
【富津市】
8日(土)
▷相野谷どんど焼き=オートプロテック付近の田んぼ(相野谷576-1)、午後5時30分~午後6時頃、点火予定となっている。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら