暮らし

新千葉新聞1月29日掲載

1月29日掲載

鉄塔2基が送電を再開

2020-01-29-01

君津市・4か月半ぶりに 強度を増し新設

昨年9月9日、房総半島を直撃の台風15号で倒壊した君津市長石の「かずさ4号公園」近くの送電線の鉄塔2基(約57メートルと約45メートル)の復旧工事が進み、このほど完成、1月24日午後4時過ぎ、4か月半ぶりに送電が再開された。
この鉄塔倒壊で千葉県南部を中心に、最大約107,000戸が停電した。
鉄塔は国の基準の風速40メートルに耐えられるよう設計されていたが、台風15号では、隣の木更津市で最大瞬間風速49メートルを観測。
数多くの鉄塔の中でこの2基だけが倒壊した理由は周辺の丘や斜面の地形によって、風が増幅された可能性があるという。
新設された鉄塔2基はこれまでとはほとんど変わらぬ大きさだが、杭を深く打って土台を固定したほか、太い鉄骨を使うなどの対策が取られ、強度を高めたという。
(写真は再建された君津市の鉄塔)

 

木更津一中男子が優勝

2020-01-29-02

第22回山田次朗吉杯争奪剣道大会  富来田中学校で 中学女子は小櫃剣友会

君津木更津剣道連盟(会長・関口一眞)主催、百錬館主管、「第22回山田次朗吉杯争奪剣道大会」がこのほど、富来田中学校体育館で開かれた。
同大会は、地元の剣豪・山田次朗吉氏の遺徳を偲び、地域青少年の健全育成と交流を目的に、久留里線沿線の小中学生を対象に実施しているもの。
今回は122人(小学生56人、中学生66人)の選手と役員60人が参加。
応援席も80人の保護者等で埋まった。
競技は団体戦3種目(小学校、中学校男子、中学校女子)、個人戦11種目(小学生3年以下~中学校2年女子)が行われ、館内は終日、熱気に包まれた。
結果及び団体戦で5人抜きした優秀選手は次の通り。
【団体の部】
▷小学校
①上総剣友会A ②百錬館B、剣誠会A
▷中学校男子
①木更津第一中(写真) ②小櫃剣友会 ③木更津第二中、富来田中
▷中学校女子
①小櫃剣友会 ②木更津一中 ③混成(富来田・平川)、剣誠会
【個人の部】
紙面の通り。

 

昔遊びに興味を持って

2020-01-29-03

ボランティア12人と、1、2年生  富来田小学校 積極的に昔遊び集会

木更津市立富来田小学校(校長・相場明彦、児童数182人)では、このほど、1、2年生が「昔遊び集会」を行った。
当日は地域の人達を中心に、12人のボランティアが来校し、おはじき・かるた・お手玉・竹ぼっくり、コマ回し、折り紙のブースに分かれて、それぞれグループごとに回ってきた児童にやり方を教えながら一緒に交流した。
児童たちは、今まであまり体験したことのない昔遊びに興味津々で、どの活動にも積極的に参加する姿が見られた。
また、折り紙作品は講師の先生と英語でやりとりをしながら作成し、英語に触れる貴重な機会にもなった。
会の後には、子ども達から「これからも休み時間などにやってみたいです」「コマ回しができるようになりました」などの感想が聞かれた。
その日の帰りには、折り紙で作った干支のねずみを大事そうに持ち帰る姿も見られ、児童たちにとってたいへん思い出深い会となった。
ボランティアの人たちや、児童たちからも、笑顔があふれる温かい会になった。
ボランティアの1人は、「子ども達から元気をもらっています。だからボランティアはやめられない」と、嬉しそうに話していた。
(写真は折り紙遊びで作った作品と一緒にボランティアと児童たち)

 

木更津いろいろフェア

2020-01-29-04

東京都丸の内 ブルーベリー試食等

きょう29日(水)午前11時~午後7時まで東京都丸の内 KITTE地下1階で木更津市観光協会主催の復興イベント「元気です!KISARAZU"いろいろ"フェア2020」が開かれるが、木更津いろいろ物産展(16店舗)のほか、木更津産ブルーベリー試食体験、レモンリキュール作り体験、きさポンフォトセッションなどが行われる。
午後5時30分からは中尾彬さんのトークセッション。

 

12校からの力作展示

2020-01-29-05

君津・木更津地区 あす~高校書道展

千葉県高等学校教育研究会書道部会君津木更津地区主催「第46回君津・木更津地区高校書道展」が、あす30日(木)から2月2日(日)まで4日間にわたり、木更津市立中央公民館(アクア木更津B館3階多目的ホール)で開かれる。
天羽、上総、木更津、木更津総合、木更津東、木更津東定時制、君津、君津青葉、君津商業、志学館、袖ヶ浦、拓大紅陵の12校が参加、書道部員による心を込めた力作が展示される。
出品数は生徒122点、教員17点。
研究発表として、袖ヶ浦高校の『楊・隷書法の一考察』が展示される。
展示時間は、30日が午後4時~7時、31日・1日午前9時~午後7時、2日午前9時~午後2時。
多くの来場を歓迎している。

 

防災と地域コミュニティ

2020-01-29-06

木更津市公民館実践交流集会 参加申込み受付中

「令和元年度木更津市公民館実践交流集会~防災と地域コミュニティを考える~」が、2月11日(火・祝日)午後0時30分~4時45分(受付正午~)、木更津市立中央公民館(木更津駅西口スパークルシティ6階)で開催される。
同交流集会実行委員会及び木更津市立公民館(木更津市立公民館連絡会)主催。
参加費無料。原則、木更津市内在住・在勤・在学者対象。
定員100人程度。現在、参加申込み受け付け中。
締め切りは今月31日(金)。
昨年は、台風15号・19号、21号による大雨と、災害が多い年だった。
地域とともに活動する拠点として設置されている公民館は、災害時の避難所としての機能も有している。
木更津市立公民館では特に速やかな避難所運営が行えるように避難所運営マニュアル作成など地域とともに進めている。
今回の実践交流集会は、「防災と地域コミュニティ」に焦点を置き、地域の災害対策や公民館の関わり、地域と公民館の役割等その意義や認識を深めるために開かれる。
先の台風災害時における地域の対応や、災害ボランティア活動の様子などについても実践発表される。
交流集会の内容は次の通り。
◎第1部・全体会=オープニング・実践発表
①八幡台小学校区まちづくり協議会②岩根東地区まちづくり協議会③清見台・太田地区防災連絡協議会④木更津市災害ボランティアセンター(社会福祉協議会)及び災害ボランティア愛・知・人
◎第2部・展示発表
▷参加団体=千葉県赤十字防災ボランティア木更津地区協議会、全公民館、危機管理課、市民活動支援課、情報政策課(展示のみ)
◎第3部・分散会=意見交換(全体会の発表に関する質疑応答・意見交換等)
◎第4部・まとめ
参加申込み方法は各公民館に電話かファックスで。
2歳以上就学前の幼児を対象とした保育も受け付ける(先着順)。
手話通訳あり(申込の際にその旨伝える)。
全公民館の電話番号は次の通り。
▷中央 TEL25-4581・4582 ▷富来田 TEL53-2027 ▷岩根 TEL41-1184 ▷鎌足 TEL52-3111 ▷中郷 TEL98-0802 ▷富岡 TEL53-5952 ▷文京 23-3836 ▷八幡台 TEL36-4010 ▷東清 TEL98-2919 ▷清見台 TEL98-7654 ▷畑沢 TEL37-1005 ▷岩根西 TEL41-1023 ▷西清川 TEL23-0286 ▷波岡 TEL37-8515 ▷桜井 TEL30-7311。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら