暮らし

新千葉新聞1月24~25日掲載

1月24日掲載

警察運営等へ支援協力

2020-01-24-01

令和2年、34の個人・企業・団体に  木更津警察署 部外功労者へ感謝状

木更津警察署(木川良徳署長)は21日と22日の両日、「令和2年部外功労者感謝状贈呈式」を署内で行った。
これは平成31年と令和元年(2019年)中に、木更津警察署管内の安全・安心な日常生活や環境保持、交通安全、青少年健全育成等で、昼夜を問わず働く警察官や同署の警察運営・活動等への物心両面の支援・協力などで貢献した市民を顕彰し、感謝したもので、例年この時期に行われている。
今回は、警察運営功労の木更津署警察官友の会会長の松田紀道氏(三栄港運㈱会長)など、17個人、17企業・団体が称えられた。
贈呈式は署員多数が整列して見守るなか、木川署長が1人1人の功労に敬意を表して感謝状を手渡した。
署長は、木更津市の治安維持のために、それぞれの立場での尽力に感謝するとともに、「市民の安心・安全のためには木更津署のみの力では限界がある。市民の力・協力なくしては実現できない。これからも木更津署一丸となって、安心して暮らせる街の構築に努めるが、今後も変わらぬ支援協力をお願いしたい」などと挨拶した。
感謝状贈呈者は次の通り。
◎警察運営功労(友の会、産業医、委託医、署員の福利厚生への貢献ほか)
=松田紀道、福山悦男、鶴岡忠男、共栄海運㈱、㈱テツゲン君津支店、拓殖大学紅陵高等学校(校長・森章)、お食事とコーヒーこかげ木家下一男・一枝、木更津・味処宝家、割烹田園、㈱エフ・エフ・エス キングバーベキュー木更津店、㈲尾崎商事、三友社書店・白須裕通、㈱祝一木更津支店、小松サイクル
◎地域安全功労(防犯パトロール、防犯・抑止情報提供ほか)
=木更津署管内金融機関防犯連絡協議会(会長・宮澤義夫)、木更津署管内風俗関係営業等防犯協力会、袖ケ浦スクールサポーター(代表・安藤昌美)、鎌田哲也、大津幸男
◎捜査協力
=金田クリニック重城院長・重城明男、重城産婦人科小児科院長・重城利國、東京湾横断道路㈱アクアライン事業所、㈲さくら商事(オーナー・齋藤勇)
◎交通安全功労(交通安全指導など)
=元袖ケ浦市長・出口清、かずさエフエム㈱(代表取締役社長・石村比呂美)、㈱道標(会長・前田正登士)、佐々木重機㈲(会長・佐々木輝夫)、㈱さわや(会長・大澤藤満)、拾雄精二、市川光雄、イオンモール木更津、袖ケ浦自動車教習所(代表取締役・浜名洋一)、木更津自動車教習所(理事長・田丸幸男)
◎警備活動協力
=東京電力パワーグリッド㈱木更津支社。   (敬称略、順不同)
(写真上は21日、写真下は22日の表彰者)

 

渡辺芳邦市長を囲んで

2020-01-24-02

渡辺よしくに後援会 27日に新春の集い

木更津市長・渡辺芳邦氏を囲む「新春の集い」が、今月27日(月)午後6時からロイヤルヒルズ木更津ビューホテル(同市太田)で開催される。
渡辺よしくに後援会(会長・池田庸)主催。
会費は2,000円(当日受付で、立食形式)。
新元号・令和になって初の新春(子年、令和2年)を迎え、後援会をはじめとした支援者・支持者などが集まり、結束を誓う。
車で行く人は乗り合わせで。
なお飲酒をする人は車での来場を遠慮してほしいとのこと。
「木更津駅」みなと口(西口)から木更津ビューホテルのバス送迎あり。
問い合わせは同後援会(TEL0438-23-4492)へ。

 

東京で きさらずフェア

2020-01-24-03

丸の内KITTE 中尾彬さんトークも

(一社)木更津市観光協会では、木更津市と共催で、台風等の復興イベント、「元気です!KISARAZU"いろいろ"フェア2020」を、今月29日(水)午前11時~午後7時まで、東京都千代田区丸の内 KITTE地下1階 "東京シティアイ パフォーマンスゾーン"で開催する。
木更津市内の「自然」「食」「暮らし」など固有の"色"を持つ事業者・団体による物販・PRが行われる。
木更津いろいろ物産展には、15店舗が出展を予定している。
また午後5時30分からは「木更津PR大使・中尾彬さん」によるトークセッションが行われ、木更津市の"いろいろ"な魅力を語ってもらう。
さらに、地域に点在する歴史・文化・特産物など"いろいろ"な観光資源を活用したDMOプロデュースの周遊コースを5コース発表など、木更津の"いろいろ"な魅力が体感でき、新たな楽しみ方を発見できるプログラムになっている。
東京に出かけた際には、是非、立ち寄ってほしいと来場を歓迎している。

 

丹精込めた作品並ぶ

2020-01-24-04

君津地方中学校 県技術・家庭科部会長賞

君津地方教育研究会技術・家庭科部会(部会長・渡邉修周南中学校長)主催、「令和元年度君津地方小中学校技術・家庭科作品展」が18日(土)と19日(日)、長浦小学校体育館で開かれたが、県技術・家庭科部会長賞入賞者は紙面の通り。

(写真は中学生の作品展)

 

ストライカー育成の必要性

2020-01-24-05

木更津市少年サッカー連盟が26日に  桜井公民館で講演会 講師は松原良香氏

「木更津市サッカー協会第4種委員会(木更津市少年サッカー連盟)」は、今月26日(日)午後4時から木更津市立桜井公民館で、元Jリーガー、元サッカー日本代表、現サッカー解説者の松原良香氏(写真)を招いて、『ストライカー育成の必要性』と題して、ジュニア世代の指導者・保護者を対象に「講演会」を開催する。
同氏は、10年ほど前から木更津市の暁星国際学園のサッカー部を指導し、同中高を県内屈指のチームに育て上げ、中学は全国大会準優勝の実績を誇り、現在も多方面にわたり活躍している。
昨年、『ストライカーを科学する』と題したサッカー専門書を出版、日本サッカーの課題であるストライカーの育成について、データを基に解説し、各方面から高い評価を得ている。
木更津市少年サッカー連盟(代表・小林紀之)では、同氏の経験、実績を踏まえた講演の中から、今後の少年サッカーの指導・育成に役立てたいと期待している。
問い合わせは小林氏(TEL090-3106-3627)へ。

 

最優秀賞に遠藤さん

2020-01-24-06

NTT児童画コンクール 学校賞は周西小

県内の小学生を対象に、未来の暮らしをテーマにした絵画を募った「第70回NTT児童画コンクール」(主催・NTT東日本千葉事業部)がこのほど行われ、君津市の(5年生)遠藤さんが最優秀賞の『NTT東日本千葉事業部長賞』を受賞した。
応募総数は3,322点(285校)。
各賞は最優秀賞4点、優秀賞18点、新設の70回特別賞70点。
このほか10校が学校賞を受賞した。
千葉市中央区の千葉ポートタワーでは、入賞作品展(最優秀賞・優秀賞)が今月31日(金)まで開かれている。
君津地域関係の入賞者は次の通り。
▷優秀賞「NTT東日本千葉事業部長賞」=遠藤(5年・作品名「未来マンション」・君津市)
▷優秀賞「金賞」=花篭(6年・作品名「行きたいところへワープ列車」・木更津市)
▷70回特別賞=加藤(2年・木更津市)、相川(2年・袖ケ浦市)
▷学校賞=君津市立周西小学校

 

1月25日掲載

今年は創立55周年に

2020-01-25-01

第55代伊藤友彦理事長のもと結束  かずさ青年会議所 2020年度定時総会

明るく豊かな社会の構築などを目的に、定例会を中心に幅広い実践活動に取り組んでいる一般社団法人かずさ青年会議所の2020年度定時総会が21日、木更津ビューホテルで開かれた。
総会には浜田靖一衆議院議員、渡辺芳邦市長(第33代理事長)、森岳県議(OB)等来賓も列席。
2019年度事業・決算報告、2020年度事業計画・予算案等が審議され、全会一致で承認された。
褒賞式では、例会100%出席者や、新入会員、活発に各種活動を展開したメンバーに表彰状などを贈った。
バッジ交換では、第54代(2019年度)江﨑勝博理事長(写真右)から、第55代伊藤友彦理事長(写真中央)へ「理事長バッジ」が引き継がれ、会員30人による新体制がスタートした。(写真左は鈴木崇史第53代理事長)
伊藤理事長は就任挨拶で、「2020年度基本方針、『Re:』~必ず還ってくると信じて~のスローガンのもと、個を磨き、互いに切磋琢磨して、まちづくりやひとづくりを継承していくことで、地域社会の好循環を生み、その好循環がかずさ青年会議所を輝かせる。
今年はかずさ青年会議所創立55周年の節目の年。
5月30日に記念式典を開催する。
メンバーが一丸となり、足並みをそろえ前進していく」と決意を語り、理解と協力を願った。
来賓を代表して、渡辺市長・濱田衆議院議員は、「卒業した先輩たちは次のステージでも輝かしい活動を継続している。先輩たちとの人脈を大切に、先輩たちの貢献を引き継ぎ、様々な価値観が生み出されていく変革の時代に、地域で必要とされる団体であり続けて欲しい」などと益々の活動の展開に期待を寄せ祝辞を述べた。
続く新年会では多数の来賓や各地の青年会議所代表、歴代会長、会員などが和やかに交流の輪を広げた。
なお、新年度役員(理事)は次の通り。
◎執行部(敬称略)
▷理事長=伊藤友彦(㈱アヴァロン)、直前理事長=江﨑勝博、▷副理事長=二瓶広夢、能城匡彦、▷専務理事=鈴木誠、▷事務局長=在原太郎、▷事務局次長=丸屋拓都、▷監事=冨沢道俊、長谷川聡。   2面へ続く。

 

市長賞に鈴木秀夫さん

2020-01-25-02

木更津市で開催中 群鷗書人展の入賞者

群鷗書人会(理事長・千代倉桜崖、木更津市)主催の「改組第38回群鷗書人展」―併催学生展―が、今月23日から26日(日)まで、イオンモール(木更津市築地)で開かれており、会場には墨痕鮮やかな力作が展示されている。
開場時間は、午前11時から午後6時(最終日は午後4時)まで。
一般公開に先立ち、23日の午前中に出品作品の審査が行われ、入賞者6人が次の通り決まった。
▷市長賞=「萩原朔太郎詩」鈴木秀夫(袖ケ浦市)
▷教育長賞=「空」山岡裕子(木更津市)
▷奨励賞=「青い花」粕谷薫(袖ケ浦市)、「空」小林弘子(木更津市)、「強い腕に」鈴木真理子(木更津市)、「臨皇甫誕碑」藤井裕子(富津市)   (敬称略)
なお、授賞式は26日(日)午後6時半から「ワシントンホテル」で開催される。

 

瑞々しい感性光る作品

2020-01-25-03

君津・木更津地区 高校美術・工芸作品展

千葉県高等学校教育研究会美術工芸部会主催「第44回君津・木更津地区高等学校美術・工芸作品展」が23日から26日(日)まで、木更津市立中央公民館(アクア木更津B館3階多目的ホール)で開かれている。無料。
天羽、上総、木更津、木更津総合、木更津東、君津、翔凛、袖ヶ浦の8校が参加。
各校の美術部員が制作した絵画、立体作品等を一堂に展示中。
いずれも高校生らしくエネルギッシュで瑞々しい感性の光る作品ばかり。
開場時間は、きょう25日(土)が午前10時から午後7時、あす最終日26日(日)は午前9時から同10時30分まで。来場をと。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら