暮らし

新千葉新聞1月1日掲載

1月1日掲載

次世代に誇れる千葉県の実現

2020-1-1-01

東京五輪パラ五輪に向け環境整備を着実に  千葉県知事 森田 健作

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨秋の台風及び大雨により、今なお不自由な生活を余儀なくされている方々がいらっしゃることと存じます。
県では、被災された方々の生活再建や産業の再生等の取り組みを総合的に進めています。
また、防災対策の一層の充実や強化を図り、「災害に強い千葉県づくり」を推進します。
さて、今夏、東京2020大会が開催され、県内では8競技が開催されます。
開催効果を最大限に活用し、オール千葉でおもてなしの機運醸成や、積極的な観光プロモーションに取り組むとともに、東京2020大会を通じ、人材育成や地域活性化につながるよう、国際交流を進めていきます。
社会基盤の整備では、成田空港において、第三滑走路の新設等の「更なる機能強化対策」の実施に向けた手続きが進められており、これにあわせて関係機関と連携し、環境対策の実施と、地域と空港の発展が好循環する地域づくりに実現を目指します。
また、首都圏中央連絡自動車道の令和6年度の全線開通や、北千葉道路の未事業化区間の早期事業化、湾岸地域における規格の高い新な道路ネットワークの計画の早期具体化への取組を推進します。
経済の活性化については、前向きに挑戦する中小企業を応援するとともに、県、市町村、民間の役割分担で産業用地の整備に取り組みます。
農林水産業については、今年デビューする米の新品種「粒すけ」の普及、研究体制の強化、生産性の向上等を通じ、生産者や関係団体とともに力強い農林水産業を創り上げます。
県民の安全と安心の確保については、防犯ボックスの新規開設等、地域防犯力の向上に努めるとともに、関係機関と連携して「電話詐欺」の撲滅、交通事故防止に取り組みます。
昨年、両親からの虐待により女児が亡くなるという痛ましい事件が起きたことから、「千葉県子どもを虐待から守る条例」に基づく新たな計画を策定し、児童虐待死亡事例等検証委員会の答申を踏まえた児童相談所の機能強化等、児童虐待防止に向けた対策を進めます。
また、保育所の整備等による待機児童の解消や医療・介護人材の確保等により、県民が健やかで生き生きと暮らせる社会づくりに取り組みます。
10月18日に開催する「ちばアクアラインマラソン2020」では、国内外のランナーや応援に駆け付けた方々を日本一のおもてなしの心でお迎えします。
630万県民の皆さまとともに、「がんばろう!千葉」を合言葉に、次世代に誇れる光り輝く千葉県の実現に向けて、全力で取り組んでまいります。

 

持続可能なまちづくりの加速を

2020-1-1-02

木更津市長 渡辺 芳邦

明けましておめでとうございます。
皆様には、希望に満ちた輝かしい新年をお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。
昨年は、第二次基本計画をスタートさせ、位置付けた諸施策の着実な推進を図ってまいりました。
パークベイプロジェクトの実現や中心市街地活性化への取り組みなど、新たな賑わい創出に向けた動きが顕在化する一方で、台風や大雨等により発生した災害は、市民生活や産業に大きな影響を与え、防災対策の早急な見直し・改善や気候変動による自然環境の変化への対策などの課題が明らかになったところです。
迎えました本年は、次期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」や「オーガニックシティプロジェクト」に基づく新たな地方創生の取り組みに着手し、市民の皆様と一体となって、人と自然が調和した持続可能なまちづくりを加速させたいと考えております。
このような中、地域防災計画等の検証・見直しと、地域における「共助」の意識醸成や市の支援体制構築などによる地域防災力の向上を図るほか、木更津内港周辺の新たな魅力づくりや、電子地域通貨「アクアコイン」の更なる普及、有機農業や地産地消等の推進などにより、まちのにぎわい・活力づくりを進めてまいります。
また、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催が、様々な人たちとの新たな交流を生み出し、まちづくり・人づくりに寄与するレガシー(未来へ受け継がれるもの)を創出する機会となるよう取り組んでまいりますので、皆様には、引き続き、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。
本年が、皆様にとりまして、明るく実り多い年となりますよう、お祈り申し上げ、新年のご挨拶といたします。

 

東京五輪で、観光を地方創生の切り札に

2020-1-1-03

衆議院議員 浜田 靖一

新年明けましておめでとうございます。
昨年は相次ぐ台風により、大きな災害に見舞われました。
お亡くなりになった方々に心からお悔やみ申し上げるとともにすべての被災者の皆様にお見舞い申し上げます。
特に台風15号は私たちのふるさと南房総に、大きく深い爪痕を残しました。
停電・断水等ライフラインの復旧に時間を要し、不安な日々を過ごされ、そして、今現在もまだまだ不自由な生活を強いられている方々が多くいます。
この大災害からの復興は、国政に課せられた最優先に取り組まなくてはならない課題であります。
近年頻発する大規模災害を鑑み、国土強靭化、防災・減災対策及び迅速な復旧・復興に向けた取り組みをより一層進め、財源を十分確保し、皆様の生命と財産を守りぬく決意を新たにしています。
さて、私たちは、急速に進む少子高齢化、激動する国際情勢に立ち向かい、希望にあふれ誇りある日本を創らなければなりません。
安倍内閣が発足して8年目を迎え、安倍首相は通算在職日数が歴代最長となりました。
この間、自公連立政権は経済再生に取り組み、国民総所得は過去最高となり経済状況は大幅に改善しました。
外交面では、戦略的な安定性を確保し、国際社会では日本の存在感が圧倒的に増しています。
しかし、我が国を取り巻く東アジア情勢は、信頼を喪失した日韓関係は過去最悪となり、中国と台湾が緊張状態に入り、ロシア北朝鮮など激しく動き始めいます。
現在も予断を許さない状況が続いているなか、日米同盟をより安定させ、あらゆる外交問題に対し、毅然とした態度で対応してまいります。
本年は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催されるに当たり、世界中から多くの方々が訪日することが予想されます。
「おもてなし」の精神でお迎えし、日本の魅力に触れていただき、素晴らしい想い出を持ち帰って頂きたいと思います。
この東京五輪を契機に、経済波及効果の大きい観光を地方創生の切り札として取り組み、地域活性化、雇用機会の増大などを目指します。
そして、観光には必ず移動が伴います。
交通インフラの整備・拡充を図り、観光立国の実現を成し遂げたいと考えています。
私は、これまでの政治経験を活かし様々な課題に取り組み、皆様のご期待にお応えし、南房総の発展と我が国の繁栄のため、全力を尽くしてまいります。
変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。
本年が皆様にとりまして希望に満ちた素晴らしい年となりますことをご祈念申し上げ、新年のご挨拶とします。

 

令和の新春に寄せて

2020-1-1-04

木更津市議会議長 近藤 忍

新年あけましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては新春を健やかにお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。
また、日頃より、市政発展のために、多大なるご理解と協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、昨年4月に行われました木更津市議会議員選挙により選ばれた24人の議員で第20期の市議会が、令和の時代とともにスタートいたしました。
私も改選後の最初の市議会において、議員各位のご推挙を賜り、議長の要職を拝命いたしました。
改めてその責任、重さを感じております。
昨年を振り返りますと、元号が平成から令和へと変わる中、市議会と致しましては、議員と市民の信頼関係を築く基盤として、「議会基本条例」に続き、「議員政治倫理条例」を制定いたしました。
また、本会議や委員でのタブレット端末の運用も軌道に乗り、ペーパレス化による機能的な議会運営とコストの削減を進めております。
7月には議会代表として、ベトナム社会主義共和国ダナン市友好協定締結式に参列してまいりました。
9月、10月には、度重なる台風の襲来で、ツール・ドちばをはじめ、さまざまなイベントが延期・中止となり、市議会としても災害時における議員の役割や初動体制など、多くの災害復興への課題を残しました。
これからの課題を解決し、ふるさと木更津の復興、未来の責任を持つまちづくりを目指し、皆さまとともに歩んでいく所存です。
さて、今年の夏には、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催され、本市もナイジェリアのホストタウンに決まりました。
また、10月には5回目となるちばアクアラインマラソンが開催されます。
これらのイベントにあたり、おもてなしの心を持ち、多くの方々に木更津市の魅力をPRしていきたいと思っております。
新春にのぞみ、皆さまのご支援、ご協力をお願い申し上げますとともに、本年が皆さまにとりまして、幸せで実りの多い飛躍の年になりますことを心より祈念し、新年のごあいさつといたします。

 

活力ある木更津教育を目指して

2020-1-1-05

木更津市教育長 高澤 茂夫

新年明けましておめでとうございます。
皆様には、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年は、即位の礼やラグビーワールドカップにおける日本の大躍進など、明るい話題がある一方、相次ぐ台風や大雨により、当地域も甚大な被害を受けました。
被災をされ、復興に取り組まれております皆様に、心からお見舞い申し上げます。
さて、本市の教育環境に目を転じてみますと、統合して、新たな校名となった「富来田小学校」は、隣接する富来田中学校とともに「(通称)富来田学園」として、小中一貫教育を開始しました。
現在、小中合同による「ささのは音楽会」や英語指導助手ALTの参加による「ワールドフェスティバル」を開催するなど、特色ある教育活動を展開しています。
施設整備面では、建設を進めてきました中郷小学校の新校舎が完成し、昨年4月から木の温もりが感じられる校舎で、子どもたちが生き生きと学校生活を送っています。
また、快適な学習環境を確保するためのエアコン整備は、普通教室への設置が完了し、本年は、急増する児童生徒に対応するため、太田中学校、金田小学校の校舎増築工事に着手する予定です。
現在、教育改革が進む中で、「プログラミング教育」や小学校における「外国語教育」など、多様な学びが行われています。
仕事柄、学校を訪問し、授業を参観することが多いわけですが、工夫された授業展開で、子どもたちが楽しそうに学習に取り組んでいる姿は、本当に感動的です。
この日々の学びが子どもたちの成長を支える「生きる力」の育成につながります。
教員の「働き方改革」も叫ばれている昨今ですが、『新たな学び』に先生方や子どもたちが自信を持って挑戦していけるよう、全力を傾注してまいりたいと考えています。
引き続き、皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
結びに、本年が皆様にとりまして、幸多い年になりますよう、お祈り申し上げます。

 

未来へ向けた「まちづくり元年」

2020-1-1-06

木更津商工会議所会頭 鈴木 克己

新年明けましておめでとうございます。
皆さまには、新たなる希望を胸に、穏やかな新春をお迎えになられたことと存じ、心よりお慶び申し上げます。
また、この度の台風により被災されました皆様には、心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興を願っております。
木更津商工会議所では、被災企業の復旧、復興を支援するため、「特別相談窓口」を設置し、地域事業者の再建に向け、全力でサポートしてまいります。
また木更津市に対しては、「台風15号・19号による災害の復旧・復興に関する緊急要望」を提出し、企業や商店街への支援をお願いしております。
さて、昨年11月の当所臨時議員総会におきまして、皆様からご推挙をいただき、引き続き会頭を務めさせていただくことになりました。
皆様方のご指導・ご支援をお願い申し上げます。
就任以来、「個が輝き・地域が輝く 木更津の実現に向けて」をスローガンに掲げ、「木更津50年計画推進協議会」の設置により中心市街地活性化へ取り組んでまいりました。
木更津市では、「中心市街地活性化基本計画」を策定し、今年度中に内閣府から認定を受け、来年度から事業の実施が予定されております。
その核となる港では、「パークベイプロジェクト」の第一弾として鳥居崎海浜公園の整備・管理運営事業が進められており、来年3月の完成に向け、4月から工事が始まると伺っております。
まさに、今年は未来に向けた「まちづくり元年」となります。
また、地域が根差した企業を輝かせるため、商工会議所の経営相談機能である「中小企業相談所」と「木更津市産業・創業支援センター(らづ‐Biz)」を強化することで、多様化する相談に対応してまいります。
今年も木更津商工会議所は、地域と地域に根差した企業が輝けるよう、役員、職員一丸となって様々な事業に取り組んでまいります。
ご支援のほどよろしくお願いいたします。
結びに、本年が皆様にとりまして、健康で希望に満ちあふれた すばらしい年となりますよう祈念し、年頭のご挨拶といたします。

 

危機感が人を動かします

2020-1-1-07

千葉県議会議員 高橋 浩

新年 明けましておめでとうございます
皆様には、令和2年の新春を健やかにお迎えの事とお慶び申し上げます。
昨年、本県は台風15号、台風19号、10月25日には大雨があり、大きな被害を受けました。
皆さま方の被害はどうであったでしょうか。
私の会社の事務所もシャッターが飛び、ガラスが割れ、水浸しとなりました。
未だに、コンパネを打ち付けた仮復旧の状態でありますが、屋根が無く、雨漏りが続いている方々の事を思えば、我慢できる範囲では無いかと思っております。
これから、1日も早く安心して暮らすことができる様、次の災害にそなえて危機感を持ち、皆で復旧に努力していきましょう。
そして、昨年の末に令和元年に日本全体で生まれた子供の数が、87万人になってしまったとのショッキングな数値でました。
平成28年には100万人でありましたので、4年間で13万人も減ってしまったとの事であります。
この国はこれからどうなってしまうのか、今後、この日本では、全国一律の発展はもう望むことはできないとも考えます。
この地域においては、経済を動かすことについては、アクアラインの800円の継続はもちろんですが、高速のバス網が拡充を図らなければなりません。
市の目指す、チバスタアクア金田バスターミナルを乗り換えできる様にし、東京、横浜、茂原、館山、何処にでも行くことができるバスターミナルにし、便利な地域にすることであります。
そして、子供を産まない一番の原因が経済的なことであることから、子供たちに一番公平な支援でもある給食費の無償化をはじめ、あらゆる施策を行い、子供を育てやすい地域にしなければなりません。
この地域は今であれば全国の中でも、まだ可能性が残っている地域であります。
私がアクアラインの800円運動を地域の皆さまと始めたのも、人口減少への危機感からでもあります。
是非、危機感を持ち、この1年も皆で協力をし、子供達の残れる地域を目指して行きましょう。
どうぞ、本年も宜しくお願い致します。

 

中島の梵天立て

2020-1-1-08

11日午前7時~

木更津市の中島区文化財保存会(会長・篠田芳夫)では、令和2年「中島の梵天立て」行事を、今月11日(土)午前7時から、金田漁業協同組合事務所(木更津市中島4412)裏の海で実施。

 

真心教育の推進

2020-1-1-09

君津学園理事長 真板 竜太郎

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は、君津学園設置各校に対しまして、ひとかたらなぬご支援とご協力を賜り、哀心より御礼申し上げます。
本学園は昨年、清和大学に隣接して短期大学部の新校舎が完成しました。
1階は、短大生は勿論、4大生や地域住民の方々も利用できるカフェテリアを設置するなど、新しい環境の中で学問に勤しみ、学生生活を謳歌しております。
また、木更津総合高等学校のソフトテニス部は、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)男子団体優勝同じく柔道部は個人戦で2階級において準優勝、共にあと一歩という所でしたが、大いなる活躍と成果をもって平成最後の年、そして令和元年を締めくくることができました。
これもひとえに皆様方の温かいご声援の賜物と深く感謝いたしております。
さて、今年7月には4年に1度の待ちに待った東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
このオリンピック・パラリンピックがもたらす経済的効果、更には文化面、スポーツ面においても、大きく繁栄し躍動する年になることは必至でしよう。
大いに期待する所であります。
また今年は十二支に一番目、鼠年です。
『鼠は大黒天の使い』と申します。
鼠は福の神だという考えです。
学園といたしまして、決して現状に甘んじることなく、驕ることなく、1つ1つ誠心誠意着実に事に当たり、凡事を徹底して真心教育推進に努めてまいる所存です。
皆様におかれましては、昨年同様、倍旧のご支援とお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
末尾になりましたが、皆様方のご健康とご多幸をお祈りするとともに、今年1年が、実り多き年でありますようご祈念申し上げまして、年頭の挨拶といたします。

 

「人生開拓」の精神を堅持

2020-1-1-10

紅陵学園理事長 鎌田 淳一

2020年の輝かしき初春を迎え、謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。
お陰様で学校法人紅陵学院は、設立以来43年目を迎えることができました。
これまでの年月を振り返りますと今更ながらに積み重ねていくことの大切さを実感しているところであります。
この間、本学院の拓殖大学紅陵高等学校は、開校以来一貫して幅広い人間形成を主眼とした文武両道の教育を推進してきております。
また志学館中等部・高等部では中高一貫教育を推進し、進学校としての地位をより一層確立すべく、大学への現役合格率の向上に努めております。
いずれも建学の理念「人生開拓」の精神を堅持し日々の実践に励み、伝統校としての実績を着実に積み上げて参りました。
さて、昨年も国内外でも様々な出来事や事件がありました。
5月には新天皇陛下がご即位されました。
秋には千葉県各地の甚大な被害をもたらした台風15号、19号、そして大雨…未だ復旧もままならず不自由な生活を強いられています。
また、世界的には地球温暖化に伴う異常気象、更には米中貿易摩擦、日韓関係の冷え込み、北朝鮮を巡る問題等々世界情勢も不安定なものとなっています。
このような問題を抱えた中、「令和」となり初めて迎えた新年。
「令和」命名の由来には、「厳しく寒さの後、美しく咲き誇る梅の花のような希望に満ち溢れた時代にしていきたい」という意味が込められているそうです。
また、今年は「子年」。
植物が循環する様子を表している十二支の一番目に「子」が来ているように、子年を植物に例えると新しい生命が種子の中に萌えはじめる時期、新しい物事や運気のサイクルの始まる年になると考えられています。
こうした中、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。
日本選手の活躍も楽しみですが、日本全体が「ONE TEAM」となり大会を成功裏に終らせたいものです。
新たな時代の息吹を感じつつ、夢と希望に満ち溢れた1年にしたいものです。
現代はグローバル化や情報化、少子高齢化など社会の急激な変化に伴い、高齢化複雑化する課題への対応が迫られています。
「子(ねずみ)」のようなどんな過酷な環境に置かれても、くよくよ考えず生き抜く順応性を存分に発揮したいものです。
紅陵学院も「子年」に因んで「粘り強くやり抜く生徒」の育成を目指し、子どもたちの夢を後押しできるよう精一杯精進していく所存です。
これまでと変わらぬご支援・ご厚誼をお願い申し上げます。

 

令和最初の新年を迎えて

2020-1-1-11

(一社)木更津観光協会会長 野口 義信

新年、あけましておめでとうございます。
皆様には、輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
今年2020年は、いよいよ東京で2度目のオリンピックが開催される年となりました。
東京からアクセスの良い木更津市は、外国人観光客や宿泊客が増えることが見込まれることから、観光協会では昨年から今年にかけて、木更津市の小中学校で英語を教える外国人の先生たち(ALT)と積極的に交流を図り、観光案内の英語対応化や資料・動画の外国語版製作に取り組みました。
オリンピックをゴールではなくチャンスと捉えて、今後とも観光案内の一層の充実を図って参ります。
また、本年はアクアラインイースト観光連盟の事務局となることから、近隣3市を中心に広域連携に力を入れて参ります。
さて、昨年は関東近辺を襲った台風や大雨により、木更津市も多くの方が被災されました。
このことで「まちづくり」を行う観光協会として「できること・するべきこと」を真剣に考えさせられ、災害直後に施設情報や交通情報の提供を、その後は飲食店や観光施設などへ人を呼び戻し、木更津市に元気を取り戻すことを第一として尽力してまいりました。
今後、地球環境の面からこういった事態が増えることが予測されており、情報発信力と地域とのつながりの強化を喫緊の課題として取り組んで参ります。
私ども観光協会は、本年が大きく飛躍する年になりますよう一層努力してまいります。
皆様には引き続きご指導を賜りますようお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様にとりまして、本年が佳き年となりますよう心からお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 


 

新千葉新聞社


〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら