暮らし

新千葉新聞 2020年7月29日掲載

2020年7月29日掲載

 

 

中学の武道で活用して

2020-7-29-01

 

青畳50枚寄贈、木更津市功労表彰式
木更津市に日本賃貸保障財団が

一般財団法人日本賃貸保証財団(以下JID財団、井坂泰志理事長、本社・木更津市羽鳥野)は、このほど木更津市に対し、中学校がブドウの時間に使用する畳50枚(182万500円相当)の寄贈を行った。
市では27日、畳が保管されている岩根西中学校体育館でJID財団に対し、木更津市の表彰規定(総額100蔓延以上)に基づき、教育行政への多大な貢献として「木更津市功労表彰式」を行った。
青畳50枚が披露された表彰式には渡辺芳邦市長、田中札子副市長、高澤茂夫教育長、岩埜伸二教育部長、中村伸一教育部次長、今井克彦教育部参事ほか教育部関係者が出席。
JID財団からは、井坂理事長、森秀一副理事長等が来校した。渡辺市長から井坂理事長に功労表彰状を贈り感謝した。
JID財団は、「真面目な若者への奨学・援助を通して、我が国の成長・発展へ貢献したい」と、日本賃貸保証(株)の創業者・井坂泰志の強い思いで206年9月1日に設立された。
今回の「畳の寄贈」は、2012年(平成24年)度から中学校での武道(柔道・県道など)学習が始まりすでに8年経過、損傷部分も多いことから、木更津市の要請により寄贈となったもので、市内の中学校で持ち回りで使用し、授業の充実を図っていくという。
席上、井坂知事庁はJID財団グループで行っている教育支援やコロナ対策支援など様々な活動を紹介する中で、「教育への支援は財団の使命。仲間は全国にいるので、これからも次代を担う子供たちへの支援は継続的・積極的に行っていく」などと挨拶。
同グループはこれより先、5月19日に木更津市内30小中学校の全児童・生徒分としてマスク1慢枚の寄贈を行っている。
渡邉市長は、多大な寄贈に感謝して「これからも当地域を牽引してもらいたい」などとお礼の言葉を述べた。

 

 

新会長に篠田芳夫氏

2020-7-29-02

 

 

房総の地域文化を学ぶ会創立6周年
議案はすべて承認 定期総会と記念講演会

房総の地域文化を学ぶ会の「第7回定期総会」と「創立6周年記念講演会」が26日、木更津市立中央公民館(スパークルシティ木更津6階)で開かれた。
定期総会は正午から行われ、昨年度事業報告・決算報告・監査報告、今年度事業計画提案・予算提案・会則の変更案-について審議。図べ手原案通り承認(賛同)された。
その後、役員の改選が行われ、金子撃会長が任期満了により退任し、新設の相談役に就任、新会長に篠田芳夫氏(木更津市中島)が選出された。篠田氏は元君津地方公民館運営審議会委員連絡協議会会長、木更津市中島区文化財保護会会長。2017年度県文化財保護協会文化財保護功労者表彰を受賞している。
続いて午後1時30分から記念公演が開かれ、川名興氏(同会顧問。富津市文化財審議会副会長、東京湾学会理事、NPO自然観察大学講師)が『富津市青木の早起き鳥と蝉ごよみ』を演題に話した。
今年度事業の8月以降の概要は次の通り。
誰でも参加できる。ただし、コロナ禍で定員の削減と厳守が必要なため、会員・非会員を問わず、事前申し込み・予約制とする。日時・会場など詳細は当紙等で随時、案内する。

 

 

マジナーズが優勝飾る

2020-7-29-03

 

木更津市野球連盟 市民野球春季大会

木更津市野球連盟主催「市民野球春季大会」C級1部の準決勝と決勝が26日、市営球場で行われ、木更津マジナーズが木更津市役所を3-0で降し優勝、参加16チームの頂点に立った。木更津マジナーズは、準決勝でアールシッドッグに試合開始早々、2点を先取され、試合の主導権を握られそうになったが、投手陣の踏ん張りで、その後追加点を与えず、中盤、同点に追いつき、後半の少ないチャンスに打線が集中して追加点をもぎ取り、そのまま逃げ切った。
決勝戦では、準決勝で航空自衛隊に延長8回のすえ勝利した木更津市役所と対戦。互いに譲らず無得点のまま迎えた5回にあげた3点が勝ち点となった。
木更津マジナーズは8月8、9日に市原市の三和運動広場で行われる関東選抜第4ブロック大会に木更津支部代表として出場する。1回戦の相手は君津支部代表。
結果は次の通り。
【C級1部】
◎準決勝
▽木更津マジナーズ3-2アールシードッグ
▽木更津市役所4-3航空自衛隊(延長8回)
◎決勝
▽木更津マジナーズ3-0木更津市役所

 

 

地域の魅力を知ってと

 

2020-7-29-04

 

君津振興事務所 プレゼントキャンペーン

君津振興事務所(渡辺絹代所長)運営の公式ツイッター=きみプロにおいて、より多くの人に地域の魅力をしってもらうため、地域内の「お取り寄せグルメ」のプレゼントキャンペーンを、今月21日から8月3日(月)午前9時まで実施している。
内容は、①<アカウント名>きみプロ<アカウントID>kimitupromotion をフォローし、②キャンペーンツイート(7月21日投稿)をリツイートした人から抽選で、計3人に商品をプレゼントする。
商品は、米粉ケーキ専門店「アトリエアッシュプリュス」(木更津市請西南3-11-2)の「グルテンフリー フォンダンショコラと農耕NYチーズケーキ詰め合わせ 引換券(取り寄せ対応)」や、農林水産大臣賞を受賞した袖ケ浦市産「ぷりんセス・エッグ」など、選りすぐりの材料を使って丁寧に焼き上げた、安心で美味しいグルテンフリーのケーキ。
キャンペーンの詳細については千葉県ホームページにて公開中。

 

 

木更津で接触者4人 計23人に増加

 

2020-7-29-05


27日判明のコロナ 職場や親子で感染

東京とは27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに131人確認されたことを明らかにした。都の新規感染者が200人を下回るのは7日ぶりで前日(239人)より大幅に減少した。
都は新規感染者を、おおむね3日間目の検査結果について発表しており、感染者が減ったのは、4練習中のため検査数が少なかったことが影響しているとみられている。全国各地で感染が確認される状況は続いており、沖縄県では過去最多の18人が感染した。
千葉県では27日、新たに10歳代~80歳代の男女24人の感染が判明した。居住地別では船橋市6人、千葉市5人、木更津市4人、佐倉市3人、松戸市2人、習志野市、印西市、成田市、県外が各1にん。
木更津市の60歳代の無職男性(15日発症、26日陽性判明)と20歳代の無職男性(13日発症、26日陽性判明)は親子で、既に同居家族2人(60歳代会社員女性と30歳代会社員男性)の感染が判明(28日付け既報)。この同居家族が勤務する建築不動産事務所を営む70歳代女性(22日発症、26日陽性判明)と40歳代男性(21日発症、26日陽性判明)の親子の感染も判明した。
県では農耕接触者の把握を含めた行動歴の調査等を行っている。
27日現在の、県内の感染者数は1503人(再陽性含まず)。
君津健康福祉センター(君津保健所)管内では、木更津市が23人に増えた。袖ケ浦市10人、君津市3人、富津市ゼロは変わらず。
県の新型コロナウイルス対策本部は27日、新規感染者の発生が続く状況を踏まえ、県内でのイベント時の人数制限への協力要請を8月末まで維持すると発表した。

 

 

 

 


 

 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら