暮らし

新千葉新聞 2020年7月28日掲載

2020年7月28日掲載

 

天内くみ子会長を再任

2020-7-28-01

 

木更津市国際交流協会 書面決議で総会

木更津市国際交流協会の令和2年度総会は、5月16日に開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止及び会員の県央・安全面を考慮し、書面決議(5月29日必着)で実施し、全議案が可決・承認された。
また同様に、理事会も書面決議で開催し、各議案については審議及び承認済みとなっている。可決された議案は、令和元年度事業報告・決算の認定、役員の選任・承認、令和2年度事業計画・予算。
令和2年度の役員等は次の通り。(人気2年、敬称略)
◎会長=天内くみ子(再任)
◎副会長=丸山優子(姉妹都市交流部部会長)、鈴木僚一(外国部会副部会長)
◎理事
▽団体会員=平井秀幸(木更津商工会議所)、北村和則(木更津市区長会連合会)、能城匡彦(かずさ青年会議所)、高村直道(木更津ロータリークラブ)、坂井健治(木更津ロータリークラブ)、滝口君江(木更津市社会福祉協議会)、石渡肇(木更津市農業協同組合)城戸豊貴(木更津ユネスコ協会)、松田紀道(木更津港湾協会)、岩本真左子(木更津茶華道の会)、野口義信(木更津市観光協会)、鹿島典子(木更津市文化協会)、▽個人会員=鈴木義久(級木更津姉妹都市研究会会長)、三上和俊、成瀬雅巳(広報部会部会長)、山口郁子(広報部会計)、中根栄子(文化交流部会部会長)、和田文子(文化交流部会づく部会長)、笠野栄子(文化交流部会会計)、東洋子(語学交流部会部会長)、成田あかり(語学交流部会会計)、畑元弘(日本語教室部会会長)、村上淑子(日本語教室部会会計)、鈴木由紀子(姉妹都市甲虫部会副部会長)、栗林新(しまいとしこうちゅうぶかいかいけい)、李程英(外国部会部会長)、鈴木希依子(外国人部会会計)、鴇田憲司(ホームステイ部会副部会長)、岩部紀子(ホームステイ部会副部会長)、石垣華奈(ホームステイ部会会計)
◎感じ
▽励波幹太((株)かずさアカデミアパーク)、浜端基次((株)ジェイコム千葉木更津局)=以上法人会員。

 

 

3年生引退試合に向け

 

2020-7-28-02

 

コロナの影響で早退中止の3年生激励
波岡中学校 部活動壮行会を開催

木更津市波岡中学校(校長・矢田博幸、生徒数432人)では、このほど、3年生の人体試合に向けて「部活動壮行会」が開催された。
例年のこの時期は、中学校部活動の集大成として種目ごとに「支部総合体育大会」が行われ、勝ち上がった代表校が「県総合体育大会」に出場する。中学3年生としては、最後の対外試合となり、この大会を最後に部活動を引退する。
ところが本年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から全国規模で「総合体育大会」が中止になってしまい、中学3年生「最後の夏」の晴れ舞台がなくなってしまった。中学3年生のために何か最後の舞台を設定できないかと市公聴会で検討して、数試合だけでも試合を行えるよう、各種目ごとに会場を分散して小規模単位で「3年生引退試合」を計画した。
熱中症対策、コロナウイルス感染症対策を十分に行い、無観客での開催となった。
波岡中学校3年生は、学校再開後に「支部総合体育大会」が中止になったことを知り残念な気持ちだったが、代替え試合の開催に「感謝」の気持ちを持って、引退までの限られた活動時間を過ごした。そんな上級生に何かしたいと、2年生が中心になって「部活動壮行会」を企画したもの。壮行会は、3蜜を避けるため、グラウンドを広く使っての開催。づ移送学部の華麗な演奏の中、3年生が入場、武術部政策の応援横断幕『優秀完美』も披露され、各部課同からの決意表明、全力効果、校長挨拶と短い時間だったが、心のこもったな言う用途なった。
壮行会に参加した3年生生徒は、「総体がなくなってしまったと聞いたときはショックだったけれど、代替え試合が開催されると聞いて救われる気持ちになりました。苦しい練習に励ましあってきた仲間と最後にプレーできる舞台を用意していただいて感謝の気持ちでいっぱいです。今まで支えてくれた親、先生方、部活の先輩後輩仲間たちに感謝の気持ちを表せるよう、最後の引退試合に思いっきり臨みます」と決意していた。
「3年生引退試合」は、市内中学校・施設を会場に、7月25・26日、8月1・2日に無観客で開催されている。市内中学校3年生の今までの頑張りを称えたい。

 

 

東清小の存続願って

 

2020-7-28-03

 

東清小学校統廃合反対委員会 やっさいもっさい踊り

木更津市の東清小学校統廃合反対委員会(庄司和美・髙木俊和保護者代表、三根裕之発起人)主催による、《特別PRイベント~~やっさいもっさい踊り~》が、23日(木)午後3時から、同校降車屋上やグラウンドで行われた。
同校(令和2年度当初児童数54人)は現在、令和3年度末をもって廃校、南清小との統合が検討されている。
木更津市から、特色ある学校づくりのモデル的な学校になるように取り組む小規模特認校(市内全域から通学が可能など)に指定されていることから、東清小存続のために、学校の長所をPRしようと取り組んだもの。
児童・卒業生など27人、保護者・地域住民39人、合計66人が参加した。
みんなで元気に踊っている様子を動画に撮り、勝手に応援団(嶋田一彦代表)が主催する~楽しく踊って木更津を元気に使用!~『勝手に!やっさいもっさいオンライン祭り』に応募する。
この日は、数回の練習を重ねた後、「輝け東清小」「明治6年開校」「給食自校式」「親子3代東清小」「みんなおいでよ東清小」など様々なメッセージを記したプラカードを掲げながら笑顔いっぱいに踊った。
三根発起人は、「東清小は地域にとって大切な宝。みんなでできることに取組み、存続できるようにしたい」と話し、卒業生の酒川和樹さん(清川中1年)は、「東清小は、縦割りでの活動が多いから上級生からもたくさんのことが学べる。卒業してその良さが良く分かった」と母校の存続を願った。保護者代表の髙木さんは「みんなが一つになって踊り・行動できて良かった」と多くの傘下に感謝した。
この日収録された動画は踊り3分と東清小のPR30秒、計3分30秒に編集され、応募するという。
「勝手に!やっさいもっさいオンライン祭」の配信(公開開始)は8月14日(金)午後4時から23日(日)まで、同まつりの詳細は後日。
オンライン祭りの問い合わせ先は嶋田大丈TEL090-1800-1605.

 

 

木更津市で新たに2人

2020-7-28-04

 

新型コロナ感染者 県5日連続20人以上

東京都で26日、新型コロナウイルスの感染者が新たに239人確認された。25日には295人の感染が明らかになっており、1日あたり200人越えは26日で6日連続となる。
26日、福岡県では90人、兵庫県では49人が感染、いずれも1日あたりの過去最多を更新した。
千葉県では26日、22人の感染が新たに判明した。25日は21人。1日あたり20人以上の感染は26日で5日連続。26日には木更津市の2人が感染判明。
25日と26日の県内及び君津地域の感染者概要は次の通り。
【25日】
▽県内=10歳代~60歳代の男女21人感染。同日時点で14人の詳しい感染経路不明。感染者のうち2人はクラスター(感染者集団)が発生した千葉市中央区の接待を伴う飲食店に勤務する、10歳代と30歳代の男性従業員。同店での感染判明は啓9人となった。
▽君津地域=なし。
【26日】
▽県内=20歳代~80歳代の男女22人感染。感染経路不明は13人。感染者のうち一人はクラスターが発生した「タムズ浦安病院」(浦安市)に勤務する20歳代の男性理学療法士。同病院での感染者は軽40人。
▽君津地域=木更津市の男女2人感染。①60歳代の会社員女性は17日発症、検査確定日(陽性判明)は25日。推定感染経路不明。発症2日前からの行動歴は自宅、職場、医療機関。②30歳代の会社員男性は19日発症、検査確定日は25日。発症2日前からの行動歴は自宅、職場、医療機関。同男性は①の女性と接触していた。
県では農耕接触者の把握を含めた行動歴の調査を行っている。
26日現在の県内の感染者数は1479人に増えた。袖ケ浦市10人、君津市3人、富津市ゼロは変わっていない。

 

 

 

 

 


 

 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら