暮らし

新千葉新聞 2020年6月4日掲載

2020年6月4日掲載

 

鈴木氏と高島氏

2020-6-4-01

 

高齢者叙勲の栄誉

内閣府賞勲局は1日、高齢者叙勲の受章者を発表した。地元関係では次の2氏。
【瑞宝双光章】
▽元木更津市立畑沢中学校校長、鈴木勝江氏=富津市、▽元富津市立大貫中学校校長、高島治雄=富津市

 

 

熱中症で救急搬送される

 

2020-6-4-02

 

暑さを避けよう 予防のための注意点

新型コロナウイルス対策で外出時のマスク着用が続く中、熱中症対策も必要な季節となった。
県が1日から開始した、県内各消防本部からの情報を元にまとめた今年の熱中症救急搬送の集計によると、初日はゼロだったが、2日には県内15の観測地点のうち13地点で気温25度以上の夏日となったことから、船橋市や柏など各地で6人が熱中症で緊急搬送された。
県では、-今年の夏はマスクの着用など新型コロナウイルス感染予防のための「新しい生活様式」と併せて、例年以上に熱中症に気を付けることが重要となる。特に、高齢者や子ども、熱中症にかかる危険性が高いため、家族や周りに人々が体調の変化に気を配りたい-と注意を呼び掛けている。
「熱中症の予防のための注意点」は次の通り。
▽エアコンの利用や涼しい服装を心掛けるなど、暑さを避ける。
▽気温・温度の高い中でのマスク着用は要注意。屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、適宜、マスクを外す。
▽こまめに水分や塩分を取る。
▽日ごろから健康管理に留意し、体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養する。
▽暑くなり始めの時期から適度に運動を心掛け、体を暑さに慣らすことが大事。

 

 

「東京アラート」初発出

 

2020-6-4-03

 

東京都小池知事 警戒を呼び掛ける

東京都は2日、新型コロナウイルスの感染者が新たに34人報告されたと発表した。
30人以上となるのは5月14日以来19日ぶり。
都は夜の繁華街や既に感染者が出ている病院を中心に感染拡大の兆しがあるとして、2日夜から対策本部会議を開き、その後、「東京アラート」を初めて発出し、都民に警戒を呼び掛けた。
都によると、2日までの1週間で判明した新規感染者計114人のうち、夜の繁華街が感染源とみられるのは32人で3割近くを占める。
小池百合子知事は開会中の都議会で東京アラートについて、休業要請に関する現在の「ステップ2」の段階を直ちに変更するものではないとする一方で「いっそう外出を、特に夜の街へのお出掛けを控えていただくことなどを、お願いするものだ」と説明した。
都によると、週単位で比較した陽性者数は前週の2倍強で、直近7日間平均での感染経路不明率は50%。いずれもアラート発表の目安に到達している。
そのほかのアラートの目安である1日当たりの新規感染者は、7日間平均で約16.3人と、基準とを下回った。
2日の新規感染者の34人のうち、8人は夜の繁華街での感染が疑われる若い世代だった。感染経路が不明なのは12人。多数の感染者が出ている武蔵野中央病院(小金井市)の患者ら13人も含まれていた。店員後に感染が確認された患者を含め、この病院に関連する感染者は計32人となった。
都内の感染者数は累計で5283人に達した。80歳代の男性の死亡も確認され、死者の累計は306人にのぼる。

 

 

唾液を使ってPCR検査

 

2020-6-4-04

 

 

コロナ感染調べ 迅速・効率的になる

加藤勝信厚生労働相は2日の閣議後記者会見で、唾液を検体に使って新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の実施を同日から認めたと発表した。
症状が出て9日以内の人が対象で、厚労省は都道府県に通知した。
現在主に行われている鼻の奥の粘膜を綿棒で撮る方法よりも、安全で簡単に検体を採取できるのが利点。より多くの人を迅速で効率的に検査できるようになると期待される。
国立感染症研究所が作成する検体採取のマニュアルを変更し、厚労省は2日から公的医療保険の適用対象にする。日本は欧米諸国と比べてPCR検査の実施が立ち遅れているとの指摘があり、唾液を使った検査の導入で解消する狙い。
綿棒で粘液を取る従来の方法は、せきやくしゃみが出やすく検体を採取する人が感染するリスクがある。ゴーグルやガウンなどを着用して十分な感染防止策をとる必要があり、検査体制を拡充するうえで課題となっていた。
唾液を検体として使う場合は、検査を受ける人に
医療機関などで唾液を容器に出してもらうだけで済む。十分なウイルス量を得るため、直前の飲食や歯磨きは控える必要がある。検体採取の手順以外は検査方法に大きな変更はない。

 

 

明日から再開

 

2020-6-4-05

 

潮干狩り場6か所

木更津市と富津市にある計7か所の潮干狩り場のうち、6か所があす5日(金)から再開する。
再開するのは、①牛込海岸、②金田みたて海岸、③久津間海岸、④江川海岸、⑤木更津海岸(以上木更津市)、⑥富津海岸(富津市)。各潮干狩り場はそれぞれ漁業協同組合が運営しており、新型コロナウイルス対策で4月から臨時休業していた。なお金田漁協が運営する「金田海岸潮干狩り場」は今年度は休業する。

 

 

あおり運転の厳罰化等

 

2020-6-4-06

 

高齢運転者対象も 改正道交法が成立

あおり運転の厳罰化や、一定の違反歴がある75歳以上への実写試験導入を盛り込んだ改正道交法が2日、衆院本会議で可決、成立した。あおり運転は今月末ごろ、高齢者運転者対策は2022年6月までに施行される。
今国会では、事故時に適用される自動車運転処罰法も危険運転の範囲を拡大する改正さんが成立する見通し。2つの法律により、悲惨な事故が相次ぐ交通情勢に歯止めがかかることが期待されている。
改正道交法は、これまで法律上明確な定義がなかったあおり運転を「妨害運転」と定義。違反1回で即免許取り消しになる。他の車両の通行を妨げる目的の車間距離不保持やクラクション、幅寄せ、急ブレーキなどを違反行為明示した。
罰則は「3年以下の懲役または50万以下の罰金」。
高速道路上で相手車両を停車させる行為や、一般道でも衝突しそうになるなど「著しい危険」を生じさせた場合は「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」と罰則が重くなる。
免許取り消し後に再取得が可能になるまでの欠格期間は酒気帯びや酒酔い運転と同様に2、3年となる見込み。
高齢運転者対策は、一定の交通違反歴がある75歳以上に対し、免許更新時に実際に車を運転して能力を確かめる運転技能検査(実車試験)を義務付ける。繰り返し受験可能だが、不合格なら免許更新できない。合格者は更に認知症機能検査を受ける。
「認知症の恐れなし」と判断されると高齢者講習に進み、「恐れあり」の人は医師の診断を仰ぐことになる。
自動ブレーキなどの先進安全機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー)」に限って運転できる限定免許も創設される。本人の新星で取得でき、免許の自主返納を考える高齢者のほか、運転に不安がある人の新たな選択肢となる。対象車種は今後の技術実用化を踏まえて決める。

 

 

社説

2020-6-4-07

 

 

 

悪疫退散祈願の花火大会

6月1日午後8時から約5分間、新型コロナウイルス感染拡大の終息を願い、全国一斉に「悪疫退散祈願」の花火が打ち上げられた。
これは全国160以上の花火業者(日本煙火協会青年部有志)が立ち上げた「全国一斉悪疫退散祈願Cheer up!花火プロジェクト」による活動。~コロナの終息を願い、笑顔で花火が見れるよう全国の人々に「元気」と「希望」を届けたい!~という現代の花火師たちの願いが結集されたもの。参加した花火業者は1日午前10じげんざいで 163事業所を数えた。「3密」を回避するために、事前に打ち上げ場所や打ち上げ摘花火の種類も非公開、打ち上げ時間は5分以内で実施された。
君津氏の福山花火工場(有)を始め、富津市の立石煙火製造所(有)も近隣の耕作地で60発上げた。福山花火工場の小林琢也代表(31)は、「1日も早いコロナ終息の思いを込めました」と話していた。
もともと花火大会はm悪疫退散祈願を目的に誕生したといわれ、これまで鎮魂や復興を願う花火が数多く夜空を彩ってきた。「隅田川花火大会」の期限は約300年前に発生した「享保の大飢饉」。大飢饉で物価が上がり、疫病(コロナ)が大流行、多くの人々が犠牲になった。そこで、慰霊と疫病退散を祈願して8代将軍・徳川吉宗が両国で水神祭を行い、花火を打ち上げたことが始まりという。
6月2日には早朝からラジオやテレビの投稿コーナーには「花火を見た、いきなりで驚いたけど元気をもらった」「久しぶりに空(上)を見た。嬉しかった、ありがとう」などと感謝や観劇の思いが届けられていた。
まだまだしばらくは続くであろうコロナショック。「自分一人くらいは大丈夫だろう」と安易に思うこと自体が、目に見えない金の力を増殖し、感染を広げてしまう。小中学校も「1日も早く学校の日常を取り戻したい」と、様々な工夫を凝らしている。その努力を無駄にしないよう、ここがもうひと踏ん張り、協力し合おう。

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら