暮らし

新千葉新聞 2020年6月27日掲載

2020年6月27日掲載

 

青少年の健全育成へ

2020-6-27-01

木更津ロータリーC 図書館へ図書寄贈

木更津sロータリークラブ(会長・加藤智生)は19日、木更津っ私立図書館へ、7万円相当の図書を寄贈した。
同寄贈は、青少年健全育成を目的として、昭和49年(1974年)以降、毎年続けられている。寄贈図書の内容については、図書館と協議して決定している。
前回までで、系6階の寄贈になり、追啓冊数は4905冊(477万3千円)にのぼっている。

 

整備作業が岩国で始まる

2020-6-27-02

 

陸自木更津駐屯地 2機7月上旬・中旬に

木更津市は24日、築城自衛隊木更津駐屯地に暫定配備される輸送機V-22オスプレイの整備作業が米国岩国基地(山口県岩国市)で同日から始まったと明らかにした。防衛省北関東防衛局から同市に連絡があった。
防衛省によると、陸自が導入する17機のうち2機は5月、米国から輸送船で岩国基地に陸揚げされたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、作業に当たる米側要員が移動制限措置を受けたため、整備開始が遅れていた。
点検・整備には約2週間を見込んであり、飛行による木更津駐屯地への到着は1機目が7月上旬ごろ、2機目は同中旬ごろの予定。
防衛省は佐賀空港(佐賀市)を最終的な配備先としているが、地元との調整が難航。木更津駐屯地への暫定的な配備が決まった。
配備機関は1機目の駐屯地到着から「5年以内を目標」としている。

 

 

アクアコイン利用して

 

2020-6-27-03

木更津市で7月から 飲食店応援プロジェクト

~アクアコインで木更津の飲食を応援しよう!~
新型コロナウイルス感染症における緊急事態宣言が解除され、段階的に飲食店などの営業が再開されているものの、依然として事業者の売り上げが減少している状況が続いている。
木更津市では、すぐに売り上げg回復することが見込めない状況下において、電子地域通貨「アクアコイン」で応援クーポンを購入して事業者を応援する「飲食店応援プロジェクト」
《きさクーPON》の販売を7月からスタートする。
同プロジェクトは、同市独自のインフラであるアクアコインというデジタル媒体を利用するもので、他地域で行われている紙媒体のクーポンと比較し、接触機会の低減による感染リスクの回避や、関係者の手続きの簡素化、実施スピードの向上、印刷コスト等の経費削減等を図り、運営負担を最小限に抑え、いち早く事業者に売上金が届く仕組みとした。
また、同プロジェクトに賛同し、クーポンを購入した人には、購入額の20%のアクアポイントを還元し、消費喚起を行っていく。
プロジェクトの概要は、利用者が、各加盟店が販売するクーポンをwebサイトや冊子、チラシなどに掲載されている二次元コード(QRコード)を通じて購入し、各加盟店には売上分のコインが即時に送付される。購入したクーポンは、購入先の加盟店で、クーポン画面を提示することにより利用できる。クーポン購入後に還元されるアクアポイントは全加盟店で利用可能。
販売開始は7月中旬を予定。販売期間は販売開始から2か月(販売総額が1500万円に達した場合は期間内でも終了する)。
購入限度額は一人一店舗あたり3万円まで。
購入額の20%のアクアポイントを、月曜日から日曜日までの購入額に応じ翌水曜日に付与。チケット使用期限は購入した日から6か月間。
利用方法(イメージ)は、アクアコインアプロの「支払う」からカメラを起動させ、webサイトや冊子、チラシなどのクーポン用二次元コードを読み取る→クーポンの詳細が表示され、そのまま購入手続きに進める→支払い内容の確認画面に遷移する。
購入枚数の変更も可能→画面下の青い部分を下に1回、右に1回づライドすると購入が完了する→購入後、店舗へ応援メッセージを送ることが出来る。
同プロジェクトの主催はアクアコイン普及推進協議会。問い合わせは同協議会事務局を置く経済部産業振興課(TEL0438-23-8460)も島村・西原さんへ。

 

 

 


 

 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら