暮らし

新千葉新聞 2020年6月16日掲載

2020年6月16日掲載

 

 

当面の事業は状況見て

 

2020-6-16-01

 

新型コロナウイルスの影響で自粛制限
木更津ユネスコ協会 会員の書面決議で

新年度を迎えたが、新型コロナウイルス感染拡大防止による不要不急などを主とした自粛規制によって、各種団体の会議を含むイベントが中止せざるを得ない状況となった。
木更津ユネスコ協会(会長・安藤小平)では、新型コロナウイルスの感染拡大により千葉県に緊急事態宣言が発令されたため、今月7日に櫻井公民館で予定していた令和2年度総会の開催中止し、書面決議とした。
会員には、総会資料を参照のうえ、返信ハガキで議案の賛否を、今月25日(木)までに報告してほしいとしている。
審議事項は、▽議案第一号 令和元年度事業報告について、▽議案第二号 令和元年度決算の承認について、▽議案第三号 令和2年度事業計画について、▽議案第四号 令和2年度予算について、▽議案第五号 役員の改選について-の5件。
またコロナウイスル問題については、多生沈静化に向かったように見受けられるが、第2波が懸念されているため、同会では、しばらくは現状の下で事業活動を進めていく必要性を感じているという。今後の事業については、コロナ問題を考慮し大幅な事業展開自粛を余儀なくされているので、会員にはこの特殊事業を理解して協力をお願いしたいとしている。
当面の事業について▽ALT・ウェルカムパーティー(外国人英語教師歓迎会)=毎年恒例の同パーティーを今月28日に予定していたが、現状での開催は不可能と判断し、今後のコロナウイスル状況を見ながら延期することとなった。
▽日帰り研修会=会員の希望が多かった「鎌倉さんぽ」や「東京方面の国立博物館の特別展」、「花の房州の美味さんぽ」を候補として9月30日(水)を予定し準備を進めているが、今後のコロナウイスル感染状況を見ながら検討することとなった。
また、例年、顕著な活動をした木更津市内の団体・個人に贈っている「ユネスコ大賞」は見送りになる予定。
なお、年会費4000円納入については、これまで総会時に徴収していたが、今回は総会が開催されないので、8月中に、最寄の役員まで納めるか、または、千葉銀行木更津支店(普通)1315670 木更津ユネスコ協会 会長安藤小平、の口座に振り込んでほしいとしている。

 

 

 

運転免許の更新業務

 

2020-6-16-02

 

免許センター 15日から全面再開

県警は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月16日から千葉、流山の両運転免許センターで段階的に再開していた「運転免許更新業務」を15日(月)から全面再開した。
警察署などでの更新業務は、キャパシティー(収容能力)不足の中で急激な混雑発生を避けるため、7月1日(水)に再開する。
一方、有効期限を3か月間延ばす手続きは、これまで7月31日までの人が対象だったが、新たに9月30日までの人に拡大された。
全面再開となった15日、県警は予想される混雑緩和と感染拡大防止を目的に、来庁日時の調整に役立ててもらおうと、両センターについて込み具合を公式ツイッターで情報発信する取り組みも始めた。
県警運転免許課によると、ツイッターでは、午前9時と午後1時半の駐車場及び庁舎内の状況を「大変混雑」「混雑」「混雑なし」の三段階で知らせる。
混雑緩和のため、駐車場・庁舎内への入場を制限する場合があり、同課では「更新手続きは平日や、有効期限の20日前から有効期限までの間に行ってほしい」と要望している。
新型コロナウイルス感染防止対策としては、訪れる人にマスクの着用・アルコール手指消毒を促し、講習は受講者間の距離を確保して行うという。

 

 

保育園など30施設に

2020-6-16-03

 

 

商工会議所青年部寄贈の材料使って
木更津市内公民館など協力 布マスクを製作

木更津市立公民館のサークルや市民活動団体がこのほど、木更津商工会青年部(会長・松阪直幸)が5月7日に木更津sに寄贈したマスク用布地やゴム紐(24万円相当)を使って、3歳児から5歳児用の布マスク約3700枚を製作、6月1日に同市内の教育・保育施設30施設に届け、園児たちから喜ばれた。
ボランティアとして、記事の裁断、縫製、検品、袋詰めなどに協力したのは、中央公民館をはじめとする市内10公民館(富来田・岩根・鎌足・中郷・文京・清見台・岩根西・西清川・浪岡)の20団体(サークル)・82人、市民活動団体等2団体ほかの7人。
完成した布マスクは、3歳児から5歳児のいる施設、市内保育園(7園)や民間保育園(4園)、認定こども園(5か所)、幼稚園(12園)、認可外保育園(2園)の30施設に配布された。
畑沢幼稚園には、木更津商工会議所青年部の代表とともに、マスクを届けた。

 

 

 

県内の社会福祉のために

 

2020-6-16-04

 

 

千葉県信用金庫協会 SHINKIN愛の募金

千葉県信用金庫協会(会長・小森哲佐原信用金庫理事長)は11日、県内の社会福祉のためにと、現金28万6千円を千葉日報福祉事業団へ寄託した。
同協会は、6月15日の「信用金庫の日」にあたり、地域貢献活動「SHINKIN愛の募金」を実施。
募金には、千葉信用金庫、銚子信用金庫、東京ベイ信用金庫、館山信用金庫、東京東信用金庫の6信用金庫と関係2団体の役職員役2500人が参加した。
このほか、6信用金庫では、日本赤十字社の協力を得て、7月下旬まで65か所で献血を実施する予定という。

 

 

抗ウイルス加工

2020-6-16-05

 

コカ・コーラ販売機

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社(代表取締役社長・カリン・ドラガン)=本社・東京都=は11日、リケンテクノス株式会社(代表取締役社長執行役員・常盤和明)=本社・東京都=が展開する抗ウイルス・抗菌フィルム「RIKEGUARD V(リケガード V)」を活用した、自社自動販売機への抗ウイルス・抗菌加工を6月中旬より開始すると発表した。
夏の最盛期にかけ、お客様の安全・安心につなげようと、同社自動販売機の商品選択ボタンなどに抗ウイルス・抗菌フィルムを貼付するもの。商業施設・公共交通機関、病院、福祉施設など公共性の高い施設・場所に設置した約3万台に貼付予定。
「リケガード V」は、抗ウイルス性・抗菌性及び安全性を認証する「SIAAマーク」を取得しているフィルム(同マークの取得には厳しい基準を満たすことが必要とされている)。
抗ウイルスについてはフィルム上に付着した特定のウイルス数を99.99%減少させる高い抗ウイルス性能を持ち、抗菌についてはフィルム表面上の最近の増殖を従来品と比べ1/100以下に抑制する高い抗菌性能を持つ。
同フィルムは、自動販売機の商品選択ボタンの上から貼り付けることに適していることから採用。商品選択ボタンと商品取り出し口(フラッパー)に「リケガード V」を貼付し、抗ウイルス・抗菌加工を施す。

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら