暮らし

新千葉新聞 2020年5月8日掲載

2020年5月8日掲載

 

5月末まで延期と決定

2020-5-8-01

 

「新しい生活様式」の実践例と留意点
政府緊急事態宣言 全都道府県を対象

政府は4日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、5月6日に期限を迎える「緊急事態宣言」について、タイY層を全都道府県としたまま、5月31日まで延長と正式決定した。
安倍晋三首相は「感染者の減少が十分なレベルとは言えない。医療現場のひっ迫状況を改善するために、1か月程度の期間が必要だと判断した」と説明。
特に重点的に取り組みを求める13の特定警戒都道府県(千葉県を含む)には「極力8割の接触機会の削減をお願いする」と協力を要請した。
5月14日をめどに専門家による分析を行い、状況によっては期限の31日を待たずに宣言を解除する考えを示し、追加の経済対策にも前向きな姿勢を見せた。
また同日、新型コロナウイルス感染症対策を検討する政府専門家会議(座長・脇田隆字・国立感染症研究所長)は、感染者が少ない地域では今月7日以降に社会経済活動が段階的に緩和されることを踏まえ、「新しい生活様式」の実践例と職場での留意点を示した。実践例の抜粋は次の通り。
【感染症防止3つの基本】
1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗い
【日々の暮らしの感染対策】
▽人との間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)あける
▽家に帰ったら、まず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替え、シャワーを浴びる
▽手洗いは30秒程度かけて水を石鹸で丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)
【移動に関する感染対策】
▽発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする
▽「3密」(密集、密接、密閉)の回避
▽毎朝体温測定、健康チェック
【買物】
▽通販も利用
【娯楽・スポーツなど】
▽筋トレやヨガは自宅で動画を活用
▽歌や応援は、十分な距離かオンライン
【食事】
▽大皿は避けて、料理は個々に。対面ではなく横並びで座ろう。
▽会議はオンライン。名刺交換はオンライン。

 

月末まで継続

2020-5-8-02

 

千葉県・休業要請

緊急事態宣言の延長を受け、千葉県は5日、対策本部会議を開き、6日までとしていた県民への外出自粛要請や事業者への休業要請などの措置を5月末まで継続すると決めた。そのうえ、6日までの外出自粛要請の効果などを見極め、1,2週間後に要請の緩和など措置内容の見直しを検討するとした。
また県は経営悪化した中小企業等への最大30万円の支援金について、7日に受付を始めた。4月22日から6日に休業要請などに応じていることが条件だが、7日以降に営業を再開しても支給対象とするとした。
また緊急事態宣言が延長されたことに伴い、森田知事はその後の分として10万円を追加すると述べた。

 

 

夏場所は中止

2020-5-8-03大相撲両国国技館

日本相撲協会は4日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の延長を受け、東京・両国国技館で今月24日に初日を迎える予定だった大相撲夏場所を中止すると発表した。
本場所の中止は八百長問題を受けた2011年春場所に続いて3度目。
また7月19日初日の名古屋場所については、会場を東京・両国国技館に変更し、無観客での開催を目指すとしている。

 

オンラインプレママ講座

2020-5-8-04

 

妊婦への不織布マスクの配布の2事業
木更津市子育て支援課 初妊婦の母親学級

木更津市では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、「オンライン(ZOOM)によるプレママ講座の実施」と、「妊婦への不織布マスクの配布」の2つの事業に取り組む。
「オンラインによるプレママ講座の実施」は、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言発令に伴い、子育て支援下で実施しているプレママ講座(初妊婦を対象とした母親学級)を延期していることから、妊婦の不安を少しでも和らげることを目的とする事業。
開催日は5月15日(金)、5月27日(水)。時間は2日間とも午前10時30分(受付午前10時~)から午前11時45分まで。
対象は木更津市に住民票がある、初めての子供を妊娠中の人。定員は両日とも10人程度(予約制)。内容は母乳について・沐浴について・サンゴの生活についてなど、講習やグループワークまど。
参加希望者は次の内容を記入して、子育て支援課へメールで申し込む。
▽懸命に「5月〇日プレママ講座参加希望」と記入(〇には希望日を記入)。
①氏名 ②生年月日 ③母子健康手帳番号※木更津市以外で母子健康手帳の交付を受けている人は別冊(妊婦健康診断診察票)の番号 ④連絡のつく電話番号 ⑤ZOOM利用経験の有無 ⑥妊娠・出産に対する心配事など、質問。
対象者には、メールで詳細を伝える。なおZOOMを利用して実施するため、Wi-Fi環境を整えることが必要。
※プレママ講座の抗議の一つとして実施している沐浴実習の動画を作成し、ユーチューブで配信する。
※6月以降の開催は、今後の新型コロナウイルス感染症の自粛要請の状況を見ながら検討する。
【ニンフへの不織布マスクの配布】
妊婦に、子育て支援課から応援メッセージと不織布マスク(サージカルマスク)一人あたり50枚を配布する。4月30日までに妊娠届を出した人には郵送で、5月1ン地位以降に妊娠届を提出した妊婦には、母子健康手帳交付時に渡す。
問い合わせは子育て支援課へTEL0438-23-4244.
メールアドレス jidoukatei@city.kisarazu.lg.jp

 

 

経済・観光等に閉塞感

2020-5-8-05

 

 

君津地域の外出自粛で 潮干狩り場も休場

新型コロナウイルス特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が5月31日まで延長されたことに伴い、君津地域各地では外出自粛規制に対し、経済・観光等を中心に、大きな閉塞感があり、住民の不安が増幅されている。
例年4月末から5月中旬まで大型連休を含むこの時期は木更津市内及び富津市の潮干狩り場は県内外から多くの来場者で賑わうが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に5月末まで休場しており、温かな日差しのもと、塩はひいているのに、広い駐車場は閉ざされたまま。
富津潮干狩り場に隣接する富津公園駐車場も閉鎖されており、公園内の遊具広場のブランコや滑り台などすべての遊具が使用不可となっており、寂しい光景が広がっていた。飲食店は軒並み「コロナ対策臨時休業」の張り紙があった。
一方、営業中のホームセンターには多くの賑わいがあり、レジ待ちは1メートル以上間隔を空けて並んでいることから長蛇の列ができていた。

 

事業所等の労働問題など

2020-5-8-06

 

君津労働基準協会 無料相談を受け付け

事業所で生じる労働問題等で困っている事業者・労働者からの相談に社会保険労務士が無料で対応し、必要なアドバイスをする(一社)君津労働基準協会では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で事業活動の縮小を余儀なくされた事業主を対象とした、国の雇用調整助成金に関する相談も受け付けている。
相談日は、毎月第二、第四水曜日(午前9時30分~午後4時30分)。5月は13日(水)、28日(木)。
事前の予約・連絡が必要。
相談員は社会保険労務士の江澤真弓氏。
相談内容は、解雇・懲戒、リストラ、賃金不払、退職(金)、定年制、労働時間・年休、時間外協定、パワハラ、セクハラ、いじめ、パートタイム、アルバイト、派遣労働者、外国人労働者、労災保険、労災補償、通勤災害、メンタルヘルス対策、休職後の職場復帰、就業規則・労務規約、賃金制度・割増賃金、職場の安全衛生管理、健康診断・安全教育。
君津労働基準協会は木更津市潮浜1-17、TEL0438-37-9620、FAX0438-37-9621.
kijunkyokuaikensaibo@dune.ocn.ne.jp

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら