暮らし

新千葉新聞 2020年5月27日掲載

2020年5月27日掲載

「慣らし登校」始まる

2020-5-27-01

 

 

6月15日からの一斉登校に向けて
地元4市児童生徒 元気な声や笑顔溢れ

千葉、埼玉、東京、神奈川、北海道に発令されていた新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」が25日(月)に解除されたのを受け、「まだまだ終息ではない。気を緩めないように!」と、国や地方自治体等の呼びかけも続いているが、26日(火)には君津地域4市でも各地に人や車の往来が増えてきた。
地元4市の教育委員会では、25日に、君津市と富津市、26日には、木更津市と袖ケ浦市でそれぞれ、6月1日(月)からの学校再開に向けた慣らし投稿がはじまり、校舎内に元気な子ども達の声が返ってきた。
26日、木更津市立第一中学校(西克夫校長、生徒数332人)では、4月6日以来、約1か月半ぶりの登校日(分散・慣らし・自由投稿)。この日は1年生と3年生の男子が午前8時10分に投稿、休校中の様子を報告し合ったり、新型コロナウイルス感染症対策への現状や、今後の学校生活での注意点などが説明された。
下校時には、全教員が校門近くで声を掛け合いながら生徒を見送り、「学校はこうでなくちゃ!」などと話していた。生徒たちも「久しぶりに友達と会えてうれしかった」と明るい笑顔が溢れていた。このあと午前10時に女子が登校した。
1年生と3年生の次の登校日は28日(木)。2年生は27日(水)と29日(金)に、男子と女子が時間差で登校する。
6月1日(月)から12日(金)までは、全クラスで2府ループに分かれて午前と午後で投稿、6月15日からの一斉登校開始に向け準備を整える。

 

 

鎌足桜の保存活動確認

2020-5-27-02

 

 

 

木更津市鎌足桜保存会 定期総会は書面決議

伝説に彩られた花”鎌足桜”の保存・育成に力を注いでいる、木更津市鎌足桜帆損壊(会長・田中幸子副市長)の5月17日に「予定されていた「令和2年度定期総会」は、新型コロナウイルス感染拡大防止により緊急事態宣言が出されている状況を踏まえ、書面による総会として開始された。
議案は、「令和元年度事業報告」、「令和元年度決算報告及び会計監査報告」、「拓院の一部変更」、「令和2年度活動方針」、「令和2年度事業計画」、「令和2年度予算」の6件で、全案承認された。
令和2年(2021年)のカレンダーの元となる「鎌足桜の魅力」写真と短歌・俳句のコンテストの募集も、5月29日(金)に締め切られる。8月30日(日)に表彰式をかずさアカデミアパークで開催予定。
役員等は誌面の通り。

 

 

 

体育はマスク着用不要

 

2020-5-27-03

 

 

スポーツ庁通達 全国の教育委員会に

スポーツ庁は5月21日、「学校の体育の授業で、新型コロナウイルス感染対策のためマスク着用は不要」とする事務連絡を全国の教育員会などに出した。
ただし、子ども同士の間隔を十分確保するなどの感染予防策は必要とした。
体育の授業でのマスク着用については、大分県教育委員会が着用を求める通達を出したが、中国でマスクをつけた中学生が突然死する事故があいつだことを受けて、すでに撤回している。
この事務連絡では、運動時のマスク着用で十分な呼吸ができなくなったり、熱中症になったりするリスクが指摘されているとし、体育の授業での着用は必要ないと明記。同時に、感染を防ぐために可能な限り屋外での授業のほか、不必要な会話を避け、授業前後の手洗いも求めている。
子ども同士が密集する運動や、近距離で組み合ったり、接触したりする場面の多い運動は、地域の感染状況から安全な実施が困難と判断すれば、当面は行わないこととした。

 

 

最優秀賞「たかやなぎ」

2020-5-27-04

 

 

令和元年度第34回広報誌コンクール 木更津市PTA連協 PTA活動功労者

木更津市PTA連絡協議会(原田拓会長・太田中P)の「令和2年度定期総会と表彰式」は、新型コロナウイルス感染拡大の観点から今年度は中止となった。議事は書面決議として承認された。恒例の「令和元年34回広報誌コンクール」表彰では最優秀賞に高柳小学校の『たかやなぎ』が選ばれた。
令和元年度広報誌コンクール入賞校やPTA活動功労表彰者等は誌面の通り。

 

 

「セイタカシギ」のヒナ

 

2020-5-27-05

 

木更津市長須賀 可愛い姿が話題に

木更津市長須賀のレンコン田で、”水辺の貴婦人”を呼ばれている「セイタカシギ」のヒナが生まれ、可愛い姿が話題になっている。
「セイタカシギ」は4月に住み着いて巣作りを始めた。水田の中に枯れ枝などを積み上げた巣が9か所あったが、数日前の雨で4か所の巣が流され、5か所の巣が無事で、ヒナが誕生したという。
そのうちの1か所で黄色い産毛に覆われたヒナ3羽は、生まれて翌日には巣の下に降りて、泳いだり歩き出した。親鳥はヒナをやさしく見守っており、子育て真っ最中。
セイタカシギの成鳥の体調は約40センチで、ピンク色の細長い足を持つことから、”水辺の貴婦人”と呼ばれている。

 

 

酒提供は午後10時まで

 

2020-5-27-06

 

千葉県の取り組み 2段階まで休業解除

政府は25日、新型コロナウイルス緊急事態宣言を全国で解除した。
これを受け、千葉県は、映画館等への休業要請を26日午前零時に解除。併せて酒の提供自粛を求める時間帯を「午後7時以降」から「午後10時以降」に緩めた。
県は同日、対策本部会議を開き、22日の前回会議で決めた通り宣言解除に伴って業種別に4段階で進めるとしていた、休業要請の第2段階(映画館など)緩和の前倒しを決めた。
22日に発表した休業要請解除基準・4段階のうち、▽2段階=「三つの密」の発生を抑制しやすい施設(大学、各種学校、自動車教習所、学習塾、映画館、集会場、公会堂、展示場、ホテル・旅館等)については、26日午前零時から要請が解除された。
県が集団感染のリスクが最も低いとみなした、▽1段階=文化・健康的な生活を維持するための施設(図書館、美術館)は22日に解除済み。その他は感染状況を踏まえておおむね1週間ごとに緩和する考えだったが、政府の決定や近隣都県を含めた新規感染者の減少傾向を踏まえ、判断を早めた。
休業要請が続く、▽3段階=(1段階、2段階以外で)クラスター発生歴がない施設(ボウリング場、パチンコ店、ゲームセンター、遊園地等)は「来週以降に検討する予定だったが、6月1日から解除する。また、県内の緊急事態宣言が解除されても、当面休業要請を続ける予定だった当初の最後の段階、▽4段階=クラスター発生歴があるか、感染リスクの高い施設-のうち、スポーツクラブとカラオケボックスも6月1日解除に早める。
なお、接客を伴うナイトクラブやキャバレー等の飲食店、ライブハウス等は今後の状況をみて判断する。
県では、休業要請後も引き続き、マスク着用や入場制限など感染防止対策の徹底を求めると共に、県民に県外への往来への慎重な対応を求める。また、感染が再拡大すれば休業を再要請するとしている。

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら