暮らし

新千葉新聞 2020年5月26日掲載

2020年5月26日掲載

 

緊急事態宣言を解除

2020-5-26-01

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止心がけて
政府1か月半ぶり 千葉県等5都道府県

政府は25日、5都道府県に発令していた新型コロナウイルス感染症に関する「緊急事態宣言」を解除した。
4月7日の宣言以来、約1か月半ぶりの解除となった。
政府は同日午前、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を全面解除する方針を、専門家でつくる基本的対処方針等諮問員会に提示した。これまで、宣言は首都圏4都県(千葉、埼玉、東京、神奈川)と北海道で発令されていたが、同方針が妥当と了承され、同日夕方に対策本部を開き、正式に宣言が解除されたもの。
振り返ると4月7日に、5月6日までを期限に千葉、東京など7都府県に緊急事態宣言を発令。その後4月16日には、同宣言を全都道府県に拡大、5月4日には同宣言を5月31日まで延長して拡大防止への警戒を強めてきた。
日本国中が三密厳守、不要不急の外出自粛で新規感染者数は徐々に減少し、期限前の5月14日に39県、21日に近畿3府県で同宣言は解除された。
国が示した解除の目安の一つは「直近の1週間の新規感染者数の累計が人口10万人あたり0.5人程度以下」。
千葉県では24日現在新規感染者数は3日連続ゼロで、0.1人、埼玉0.15人、東京0.36人で解除の基準を下回ったが、神奈川0.70人、北海道0.72人だった。神奈川、北海道、東京は引き続き調査・分析すること、また段階的に経済活動を広げていくことが重要と担当大臣の弁。
君津地域4市でも、連日、防災無線で不要不急の外出自粛など、感染拡大防止を呼び掛けている。
学校が休校になった3月から約2か月半、医療状況は逼迫、職場では在宅勤務が主流となり、社会及び人の動きが止まった。アルバイトや非正規雇用の人々は仕事がなくなり失業、経済は疲弊していった。多くのコロナ倒産も発生、いきなり解雇される人々も多発した。
非常事態宣言が解除され今後、段階的に様々な施設の開放やイベントも開催されていくだろう。学校も再開される。しかし、人々が安どの思いで気を緩めたところに再度感染拡大もありうる。「三密」を厳守しての慎重な行動が求められる。
教育現場では年間カリキュラムにかなりの遅れが生じているという。プロのスポーツ界でも試合数の消化、否!削減など、様々な課題が山積している。
目標をクリアするための過密スケジュールも懸念され、三密でなく四密である。それぞれの『体力』を見定め、冷静な行動での再会を願ってやまない。自分で自分を守ることがこれからも最優先課題である。

 

 

会長に原田拓氏 太田中PTA

 

2020-5-26-02

 

定期総会は中止、新事業等書面決議
木更津市PTA連協 新年度役員決まる

木更津市PTA連絡協議会(鶴岡俊之会長)の「令和2年度定期総会と表彰式」は5月16日(土)に開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から今年度は中止となった。
議事は書面決議都市て、令和元年事業報告、会計決算報告並びに、令和2年度活動方針、事業計画、予算案などを審議、役員改選では、原田拓氏(太田中P)が会長に選出され、全会一致で承認された。
退任の鶴岡俊之前会長は、「9年間にわたるPTA活動では多くの仲間との出会いで、沢山の貴重な経験をさせてもらった」と、感謝の挨拶を総会資料巻頭で延べ、木更津市PTA連絡協議会の益々の発展を祈念した。同氏は今年度、顧問として同協議会活動を応援する。
恒例の「令和元年度第34回広報誌コンクール」表彰では、最優秀賞を高柳小学校PTAの『後方たかやなぎ』が受賞した。
令和2年度事業では、「定時総会・表彰式」中止をはじめ、「第43回PTAママさんバレーボール大会」の市内・君津地方・県大会すべての中止が決定している。
なおコロナ感染防止を目的に休校中の小中学校は5月25日からの準備期間、分散登校などを経て6月15日から一斉当校が予定されているが、市P連事業等の開催は未定であり、今後協議していくとあしている。
新役員は誌面と通り。

 

 

県高野連が独自大会開催

2020-5-26-03

 

 

夏の甲子園中止受け 8月に千葉大会に代わり

県高野連(渡辺範夫会長)は22日、新型コロナウイルス感染防止のため中止が決まった「第102回全国高校野球選手権大会千葉大会」に代わる県独自の大会を8月に開催すると発表した。
同選手権(夏の甲子園大会)と代表49校を決める地方大会の中止が20日に発表されたことを受け、22日に臨時理事会を開き決定した。渡辺会長は「給仕の心情を考え、何もしないという選択肢はなかった」と話した。
今後は部活動の再開状況を見極め、球場の確保や感染予防対策等で、日程は秋季県大会予選が始まる8月20日までを見込む。試合は県高野連認定の公式戦として実施され、記録も残る。
詳細日程や大会規模は未定で、6月7日(日)の定例理事会等で検討していくことになっている。

 

 

退出時間3時間に引き上げ

2020-5-26-04

 

 

 

高速道路から道の駅 うまくたの里など

国土交通省は2020年3月、指定の「道の駅」を利用すれば、高速道路から一時退出しても料金が変わらない、「賢い料金」の退出可能時間を3時間に引き上げた。
「賢い料金」は、ETC2.0搭載車が利用できる制度。道の駅をSA、PAのように利用してもらうことで、高速道路上に休憩施設がない区間でも、適切な休憩をとれるようにする狙いがある。
「かしこい料金」はこれまで1時間以内に退出したICに乗り直し、順方向に戻ることが条件になっていたが、「1時間では休憩には短すぎる」等、多くの利用者の声を受け改定された。千葉県内で「賢い料金」が適用される道の駅は、木更津市の「木更津うまくたの里」(C4圏央道・木更津IC)のほか「保田小学校」(E14富津館山道・鋸南保田IC)。

 

 

県の解除基準4段階

2020-5-26-05

 

 

 

休業要請はリスクに応じ 1週間ごとに検討

千葉県は22日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請の解除基準を発表した。
解除基準は業種や感染リスクに応じて4段階に分けた。図書館や美術館は同日に解除、そのほかは感染状況などを踏まえて順次解除するが、クラスターが発生しやすいスポーツクラブやカラオケボックスなどへの休業要請は当面の間、続ける。
県が定めた解除基準4段階は、①文化。健康的な生活を維持するための施設。②「3つの密」の発生を抑制しやすい施設。③(①、②以外で)クラスター発生歴がない背施設。④クラスター発生歴があるか感染リスクの高い施設。
①にあたり図書館や美術館、博物館は、密集防止策を講じて使用する。該当する県有施設は、今日26日から再開。県立博物館のうち、県立中央博物館本館(千葉市)と県立房総のむら(栄町)以外は県外からの利用者が多いため、当面の間、閉鎖する。
②と③は、25日の国による緊急事態宣言の解除方針等も踏まえ、1週間ごとに検討する。
④には、県内の宣言が解除されても、当面の間は休業要請を続ける。飲食店への種類提供自粛の要請も継続するという。
また、感染が再び拡大した場合、解除後に改めて休業要請する際の目安を2段階で設定。▽新規感染者が1週間平均で1日10人以上▽週単位の増加比が1.5を上回る▽州平均でPCR検査の陽性率が7%以上-の3項目に複数該当すれば、再要請をする。
県は、今後も扶養す級の外出自粛を県民に求めていくとしている。
県の休業要請緩和の対象施設は次の通り。
①文化的・健康的な生活に必要で「三密」発生抑制が容易な施設
▽図書館、博物館、美術館、科学館、記念館(延べ床面積1000平方メートルを超えるものに限る)
②クラスター発生歴がなく、「三密」発生抑制は容易な施設▽大学、各種学校、自動車教習所、学習塾等(延べ床面積1000平方メートルを超えるものに限る)
▽劇場、観覧上、映画館、演芸場等▽集会場、公会堂、展示場、ホテル・旅館(集会場部分は延べ床面積1000平方メートルを超えるものに限る)
③(①、)以外でクラスター発生歴がない施設▽水族館、動物園、植物園(延べ床面積1000平方メートルを超えるものに限る)▽マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター等▽個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、射的場、馬券発売初、場外車券発売初等
④クラスター発生歴がある、または感染リスクが高い施設▽スポーツクラブ等▽カラオケボックス、ライブハウス、キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、性風俗店など。

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら