暮らし

新千葉新聞 2020年5月22日掲載

2020年5月22日掲載

 

6月1日から段階的に

2020-5-22-01

 

 

5月26日~29日は自由登校日
木更津市教育委員会 小・中学校を再開

木更津市教育委員会は20日、休校中の市内公立小・中学校を、6月1日(月)から段階的に再開すると発表した。
現在休校している市内の市立小・中学校について、国から出された「新型コロナウイルス感染症対策の現状を踏まえた学校教育活動に関する提言」うぃ踏まえ、感染予防を徹底した上で、6月から段階的に再開する。
今後のスケジュール等は次の通り。
①5月26日(火)~29日(金)、再開に向けての準備期間として、各校で児童生徒2日程度の「自由登校日」(分散して2時間程度)を設ける。
②6月1日(月)~12日(金)、新たな生活習慣を徹底する期間として、学級を2グループに分け(学校規模によっては分けない学校もある)、午前・午後の分散登校。授業は2~3時間程度行う。
③6月16日(月・県民の日)~、一斉当校、簡易な給食あり。通常に近い形で授業を行う。
▽入学式は、規模を縮小して6月12日(金)に実施する。
▽夏季休業(夏休み)期間は、8月8日(土)~同23日(日)までの予定。
▽現実施中の児童の受け入れについては、6月1日(月)からの学校再開に伴い、原則中止とするが、やむを得ない場合は各学校で相談に応じる。
▽今後の観戦の状況によって変更する可能性もある。
学校再開についての問い合わせは学校教育課TEL0438-23-5249。
これまで木更津市の小中学校臨時休校の経緯を見ると、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月25日の春休みからすべての小中学校で臨時休校、4月6日から学校再開としていたが、その後4月末まで臨時休校延長。4月7日の国の緊急事態宣言を受けゴールデンウイーク終了日の5月6日まで休校延長されたが、さらに5月31日(日)まで延長されていた。

 

 

マスク6000枚を寄贈

2020-5-22-02

 

 

(株)エクスバンド(木更津市)が贈る
学校教育に 木更津一小で使ってと

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、国の緊急事態宣言が続けられている5月15日(金)、木更津市第一小学校(校長・河野勝、児童数389人)に対し、株式会社エクスバンド(代表取締役・濱田基、本社・木更津市)より、不織布マスク3層6000枚(120箱)の寄贈があった。
濱田代表取締役が同校を訪問し、「学校教育に役立ててほしい」と、送ったもの。
河野勝校長は、「学校再開に向けた大きなご支援をいただき、心から感謝しいています。マスクは児童たちに有効に利用します。教職員一同、一層、学校教育の充実に励みたい」とお礼の言葉を述べた。

 

 

「頑張ろう木更津」

2020-5-22-03

 

 

「コロナに負けない!」と市内に掲示
高柳小学校 児童が絵手紙で応援

長期休校中の時間を活用して、木更津市立高柳小学校(臼井弘子校長、児童数392人)では全校児童を対象に、全力高柳2020企画~がんばろう木更津!応援団~を立ち上げ、取り組んでいる。
これは、長引く休校で児童たちが友達や教職員と会えない、学校に行けない寂しさやストレスwお少しでも和らげ、離れていても心はつながっていることを確認できるようにいと、児童に「頑張ろう木更津」をテーマに、「思っていることをはがきに書いて学校に送ってもらおう」と企画した。
5月の連休明けに同趣旨を書いた文章と郵便はがきを各家庭の郵便受けに届け、5がう18日までに学校に返信してもらう仕組み。
まもなく毎日、児童たちが一生懸命取り組んだことが一目瞭然の絵手紙が続々と学校に届いた。低学年児童は満面の笑みに「がんばろう 木さらづ!」と言葉がそえられている。
高学年児童からは「コロナでも心は三密!」と記されてあり、教職員は絶賛、元気づけられた。
同校では、児童からの絵手紙(メッセンジャー)で木更津市を元気にしたいと、模造紙に張り、岩根郵便局や公民館、君津中央病院、木更津駅、君津教育会館、市役所、スーパー等に届けて掲示してもらう予定。
21日には臼井校長と黒山基教諭(26、2年生担任)、庭田芽衣教諭(26、6年生担任)が、木更津市役所旭町者の教育委員会(教育長・高澤茂夫)を訪問して同趣旨を説明し、早速2階の総合案内所近くに掲示した。
両教諭は「はがきからたくさんの温かな気持ちと勇気をもらった」と話し、臼井校長は「こんな時期だからこそ、子どもを中心に学校と家庭が協力して一つのことに挑戦することに意義があり、喜びは実感できた。この流れを学校再開時の力にしたい」などと児童の頑張りを称えた。
なお児童たちからの絵手紙は同校ホームページに掲載されている。

 

 

オンライン申し込み可能に

2020-5-22-04

 

 

 

令和2年度第1回 木更津市職員採用試験

木更津市の職員採用試験でオンライン申し込みが可能に!
木更津市は20日、令和2年度第1回職員採用試験より、オンラインで簡単に申し込みができるようになったと発表した。
市公式ホームページ「令和2年度第1回職員採用試験情報」の申し込みフォームから申し込める。
試験職種・募集人員は、令和2年10月1日採用が一級行政職上級5人、土木行政職上級5人、建築上級A5人、保健師A2人、社会福祉士A2人、令和3年4月1日採用が土木上級B3人、土木中級3人、建築上級B5人、保健師B3人、社会福祉士B3人。
5月20日から6月3日(水)まで申し込みを受け付け、7月12日(日)に第一次試験(筆記試験)が行われる。問合せは職員課・小澤さんTEL0438-23-7467。

 

 

夏の甲子園大会中止に

 

2020-5-22-05

 

 

日本高校野球連盟等 給仕の安全に配慮

日本高校野球連盟と朝日新聞社は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインで「第102回全国高校野球選手権大会」の運営委員会と理事会を開き、甲子園球場で8月10日から「開催予定だった「夏の甲子園大会」と、代表49校を決める地方大会の中止を決め発表した。
これを受け、県高野連は、きょう22日(金)に臨時理事会を開き、千葉県内で独自の地方大会を行うかについて協議する。
全国選手権大会の中止は3度目で戦後初。1回目は米騒動の1918年(大正7年)の「第4回大会」、2回目は1941年(昭和16年)の「第27回大会」で戦争の影響によるもの。選抜大会と合わせた春夏連続の中止は戦争での中断(1942年~1945年)を除き史上初めて。
日本高野連は中止の理由について、開催期間が2週間以上に及ぶことや、代表校が全都道府県から長時間かけて移動すること、集団で宿泊して地元に帰ること等を考慮すると、感染と拡散のリスクが避けられないとした。
地方大会については、感染リスクはもとより、長引く休校による部下道の停止で、練習が十分でない選手の健康と安全を、守るのが難しいことなどを挙げている。
八田英二日本高野連会長は「給仕の安全、安心に最大限配慮した苦渋の決断」と語った。
なお中止となった今大会の回数は102回として数え、来年の大会は103回となる。
また日本高野連は20日、明石トーカロ球場(兵庫県)等で8月26日から予定していた「第65回全国高校軟式野球選手権大会」と、代表16校を決める地方大会、府県大会の中止も発表した。1956年(昭和31年)に始まった同大会の中止は使用初。

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら