暮らし

新千葉新聞 2020年5月12日掲載

2020年5月12日掲載

 

マスクの配布や各種相談

2020-5-12-01

 

 

特別低額給付金、郵送は29日から振込へ
木更津市の内容 コロナ対策取り組み ①

木更津市では7日、新型コロナウイルス感染症対策として様々な取り組みをまとめ、発表した。
内容及び担当びしょは次の通り。
【感染予防】
≪マスク・消毒液の配布≫
市民から寄付してもらったものもあわせ、市内の医療・福祉施設、学校施設、保健所等へ、マスクや消毒液を配布している。
▽医療起案、福祉施設、学校施設等へマスク約16万枚m消毒液450リットル(総務部危機管理課配布)
▽児童家庭支援センターへ子ども用布マスク約170枚、消毒液0.5リットル(健康こども部子育て支援課配布)
▽妊婦へマスク1人50枚(健康子ども部子育て支援課)
≪窓口における感染対策≫
各手続きにおける郵送での案内や、市民課における各種証明書の窓口以外での取得について周知する等、来庁・訪問数を減らす取り組みを実施している。また、窓口に透明ビニールシートを設置するとともに、待合の長いすでは距離を置いて座るように案内する等、お客様との距離を撮れるよう対策をしている。
≪木更津マスクチャレンジ≫
新型コロナウイルス感染症拡大防止及びマスク不足の不安解消等を目的として、市ホームページ、Facebook、Twitterを通じて呼びかけている。また、市民活動支援センターや金田地域交流センターでも市民団体と協力してマスクの作成、寄贈を行った。(企画部地方創生推進課TEL23-8049)
≪要介護・支援認定有効期間の延長≫
要介護・支援認定更新の際に行っている認定調査員による対面調査を取りやめている。令和2年4月末・5月末に認定有効期限が到来する人には、現在の認定と同じ区分で有効期限を12か月延長した「介護保険証」を送る。(福祉介護保険課TEL27-7162)
【子育て関連】
≪母子手帳の交付≫
母子手帳交付を予約制西、旭庁舎別棟「検診室」で交付している。(健康こども部子育て支援課TEL23-7244)
≪沐浴動画の配信≫
沐浴指導の動画をYoutubeで公開している。(健康こども部子育て支援課23-7244)
≪市内保育所等入園者への対応≫
家庭での保育が可能な場合は、園児の投稿自粛をお願いしている。あわせて、登園日数に応じ保育料を日割り計算し、翌月以降の保育料に充当する。(健康こども部こども保育科TEL23-7245)
≪市内公立小中学校の休校への対応≫
保護者からの臨時休業に関する電話相談等を受け付けている。また、市内公立小中学校に在籍している就学援助を受けている準要保護児童・生徒の保護者へ、臨時休校期間の学校給食費相当分の昼食費を支給する。(教育部学校教育課TEL23-5259)
【相談】
≪市民からの相談≫
新型コロナウイルス感染症により健康面で不安を感じている人からの相談を受け付けている。(健康推進課TEL38-6981)
≪納税相談≫
新型コロナウイルス感染症の影響により税金の納付が困難となった際の分割納付や徴収猶予などの納税相談を行っている・(収税対策室TEL23-8713)
≪市営住宅の一時使用許可及び相談≫
新型コロナウイルス感染症の影響による解雇等によって住宅の退去を余儀なくされた人に対し市営住宅の一時使用許可や相談を行っている。(都市整備部住宅課TEL23-8598)
【5月市議会臨時会】
≪特別低額給付金≫
感染拡大防止の観点から、申請方法は郵送申請、オンライン申請を基本としている。<郵送申請の申請書は、5月14日(木)に発送予定>(特別定額給付金本部<産業振興課TEL23-8698>)
◎オンライン申請
▽申請受付開始=マイナポータルからの電子申請▽口座振り込み開始=5月中旬からを予定。
◎郵送申請
▽申請受付開始=5月18日▽申請方法=申請書、口座確認書類、本人確認書類の写しを郵送▽口座振り込み開始=5月29日からを予定。
(続きは2面)

 

 

 

会長に松坂直之氏就任

2020-5-12-02

 

 


定期総会は書面決議で、全会一致可決
木更津商工会議所青年部 新役員体制決まる

木更津s商工会議所青年部と女性会の令和2年度定期総会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため「書面決議」で実施され、全会一致で可決された、
青年部は”Are You Ready?~未来をイメージ~を令和2年度スローガンに定め、松坂直之第64代会長のもと、部員23人で令和2年度がスタートした。
令和元年度の事業報告では、金見代前会長や各委員会委員長などが、昨秋の度重なる事前災害に対してのボランティア活動・募金活移動等で多くの支援協力に感謝するとともに、第7回木更津CMコンテスト(20作品の応募)が盛会裏に終了など、様々な実績が報告された。
令和2年度では、▽部則一部改正(役員の構成図の改正)▽委員会の事業計画(第1回街コン(8月)、第2回街コン(2月)、第8回CMコンテスト(1月)の開催。この他収支予算案、各委員会メンバーとの活動方針等が承認されている。(女性会は後日掲載)
令和2年度青年部役員・委員会構成は次の通り。任期は1年。
【執行部】
▽会長=松坂直之((有)AKMサービス・港南台)
▽副会長=國吉康介((株)アーク太陽不動産・大和)、平野将弥((有)ひらの・大和)
▽副会長兼会計=石井渓(石井正法律事務所・中央)
【総務広報委員会】
▽委員長=神門千郎(東京海上日動保険(株)・大和)
▽副委員長=渡邉菜美((株)サンセルモ・富士見)
▽委員=鈴木竜二((株)大和フーズ・請西東)、鈴木純(ローヴァーズ(株)・築地)、山口晃平(鈴木設備(株)・永井作)、森一貴((株)セント・朝日)
【地域活性委員会】
▽委員長=杉本竜也(ネクストワンインターナショナル(株)withMamaの家・桜井新町)
▽副委員長=森田泰文((株)F・清見台南)
▽委員=中村希予位(酒処ゆらん・中央)、茂木千明(C-PROエンターテイメント・清見台)、岩月悠太(関東自動車工業(株)・大久保)、堂野前健(合同会社房総山業・矢那)
【交流委員会】
▽委員長=工藤浩真(真福寺・矢那)
▽副委員長=鈴木克典((株)NANCY<ナンシー>・笹子)
▽委員=渡邉勇太((有)ワタデン・請西)、宮城一平(ワインバルBON・東中央)、地曳貴志(鳶地曳久美・犬成)、宮川佳奈((有)宮川丸・中央)、中村泰浩(合同会社房総山業・矢那)
【顧問・事務局】
▽顧問=鈴木崇史((株)すず陶・大和)、森岳(千葉県議会議員・大和)
▽直前会長=金見代雄(東屋・吾妻)
▽事務局=島野淳史(木更津紹介会議所・潮浜) 
(敬称略)

 


消費者詐欺被害防止など

2020-5-12-03

 

木更津市の内容 コロナ対策取り組み ②

木更津市では、新型コロナウイルス感染症対策として、様々な取り組みを行っている。内容及び担当部署は次の通り。(一面続き)
【情報発信】
《各種情報媒体を通じた発信》
各種支援策や取り組み策をまとめた広報きさらづ臨時号を4月17日に発行した。また、房総8市1町市長町長のメッセージ動画を作成、公開した。広報車、広報きさらづ月例号、市ホームページ、安心安全メール、Facebook、Twitter、Youtube、らづナビを使い、臨時情報を発信していく。(市長公室シティプロモーション課TEL23-7460)
《在住外国人向け情報配信》
在住外国人に、新型コロナウイルスの感染症の情報をホームページに「英語」と「やさしい日本語」で配信している。また、在住外国人からの相談も受け付けている。(企画部地方創生推進課TEL38-3089)
《消費者詐欺被害防止に係る啓発》
新型コロナウイルスに便乗した犯罪被害防止のため、広報きさらづ臨時号や広報無線、安心安全メール等で啓発を行っている。(市民部市民活動支援課TEL23-8701)
《「自宅でできる運動・介護予防体操・消防体操」の紹介》
ホームページやFacebookで、運動不足解消のための取り組みとして、自宅でできる運動や介護予防体操「きさポン体操」、消防体操の紹介を行っている。(健康こども部スポーツ振興課TEL23-5328、福祉部高齢者福祉課TEL23-2630、消防本部警防課TEL23-9184)

 


レジ袋有料化へ

2020-5-12-04

 


7月からコンビニ等

今年の7月1日(水)から、スーパーマーケットやコンビニ、一般商店等で無償配布されている「レジ袋」の「有料化義務化」が施行される。ミニストップでは同施行に先駆け6月1日から30日までの1か月間、環境に配慮した取り組みの一環として手地袋の無料配布を中止する。この1か月間に、来店者にはマイバック(エコバック)持参を習慣化してもらおうという狙いで手地袋を1枚1円で販売する。

 

 

20歳未満の飲酒禁止

2020-5-12-05

 

 

中高生の身体は未完成 体の害になる理由

「身体の大きさは親と同じくらいだし、肉体的には自分はもう大人。だから酒を飲んでも平気なはず。」と、中高生などは思っていませんか?しかし、見かけは大人と変わりなくても、中高生などの身体は未完成!まだまだ成長の真っただ中。
大人でも飲み方を誤ると大きな害があるのがアルコール。成長檀家の中高生などの身体や心には害になるだけで何の利益もない。
20歳未満の者の飲酒が法律で禁止されているのには、それだけの理由がある。先ず①脳の機能を低下させる。酒に酔うという状態は、アルコールや、アルコールが分解される途中でできる神経毒性(中枢神経抑制作用)によって起こる。20歳未満のうちから飲酒を始めると、これからという時期にうつ状態になったり、学習能力・集中力・記憶力等の低下を引き起こす。②肝臓をはじめとする臓器に障害を起こし易くなる。体内に入ったアルコールは約8割が省庁で、残りは胃で吸収され血中に入り、肝臓で分解される。成長段階にある20歳未満はアルコールを分解する酵素の働きが未完成の為、大人に比べ飲酒すると短期間で様々な臓器に障害を起こす危険性が高まる。③性ホルモンの分泌に異常が起きる恐れがある。④アルコール依存症になりやすくなる。アルコールが切れるとイライラしたり、手の震え、動悸、不眠等の身体症状や、性格の変化、知能の低下などの精神症状もみられる。⑤20歳未満の者を守るために飲酒を禁ずる法律がある。成長段階の身体にマイナス要因しかない飲酒は、止めなければいけない。販売店・飲食店は20歳未満の者にお酒を売ったり、飲ませたりしてはいけない。「イッキのみ」は、短時間に大量のアルコールが体内に入ることで「急性アルコール中毒」となり死に至ることもある。20歳を過ぎてもイッキのみは危険極まりない。
2022年4月から民放の青年年齢が18歳に引き下げられるが、飲酒に関する年齢制限は20歳のままが維持されることになっている。誰かにお酒を勧められ、飲んでみたいと思っても、自分自身を守るために「飲まない」意思を強く持ちたい。

 

 

 

 

 


 

新千葉新聞社

〒292-0067
木更津市中央2-10-3

電話:0438-22-3849(本社)
FAX:0438-25-1684
E-Mail:shinchiba@nifty.com

 

 

 

Blog information

木更津暮らしの情報サイトをもっと知ってもらいたい

木更津市内の情報

KISACON

きさこんスタッフが木更津に来る人、木更津に住んでる人に向けて発信します。

掲示板はこちら