暮らし

ジュースに含まれる糖類をご存知ですか?

こんにちは、健康推進課の保健師です。

 新緑の季節になり、過ごしやすい日が続いています。海や山などのレジャーに出かけたくなりますね。

暑くなってくると飲みたくなる冷たいジュースですが、ジュースやイオン飲料に含まれる糖類の量をご存知でしょうか?

 糖類は、1日に必要な適正量があります。糖類を過剰に摂取すると、身体に負担がかかり肥満や生活習慣病の原因となってしまいます。適正量を知ることが、家族の健康を守ることにもつながります。お子さんにジュースを与えすぎていませんか?

 

糖類の適正量(調味料に使う砂糖も含めて)

1歳6か月    5g      
2歳       5g
3歳    10g
4歳    10g
5歳    10g
6歳    15g
成人    20g

 
成人の1日の糖類量 20g
スティックシュガーにすると 約7本分(スティックシュガー1本 約3g)

砂糖20g

 
糖質や脂質、たんぱく質はすい臓のホルモンや消化酵素で分解されます。
脂肪とたんぱく質の消化酵素が大人なみになるのは3歳、糖質の消化酵素が大人と同じくらいになるのは4歳です。多量の砂糖や脂肪を摂取してしまうと、成長途中のすい臓に負担がかかってしまいます。

body_naizou_bad

 

では、人気のジュースに含まれる糖類の量を砂糖に置き換えてご紹介します。


500mlの炭酸飲料
炭水化物(糖類)54g 225kcal

コーラ

スティックシュガーに換算すると18本分

コーラ 砂糖

 

450mlのオレンジジュース 
炭水化物(糖類)50g 198kcal

なっちゃん

スティックシュガーに換算すると 17本分

なっちゃん砂糖

 

500mlのイオン飲料
炭水化物(糖類) 32g 125kcal

ぽかり

スティックシュガーに換算すると 11本分

ぽかり砂糖



これらのジュースは500ml1本飲むと、1日分以上の糖類を摂取してしまいます。

 

おすすめの飲み物

牛乳

牛乳

 


MW5LP_R1_20130719

お茶
oolongtea_bottle

 
1歳6か月から6歳までの幼児は、1日に牛乳400mlが必要といわれています。おやつの時には、ジュースではなく牛乳や水、お茶などを飲むようにして、糖類の摂り過ぎに注意しましょう。

 お子さんだけでなく、保護者の方も一緒に飲料の内容や量を見直し、家族で健康に毎日を過ごしましょう。

Blog information

健康推進課市民向け健康情報

市民向け健康情報

健康推進課

市民の皆さまに役立つ健康情報を発信しています。

掲示板はこちら