暮らし

シニアが主役のまちづくり 第1回 中央公民館

平成29年度木更津市公民館実践交流会 第1回企画実行委員会 

(平成29年8月30日(水)15:00~17:00)

1、館長挨拶

2、自己紹介

  木更津市16公民館、推薦者、公募、公民館職員、約40名出席がありました。

3、木更津市市公民館実践交流会の取り組みについて

  市民と公民館職員がともに学びあいながら創り上げてきたこの取り組みが

  市内の多様な公民館実践の交流を即し、地域や各公民館で幅広く活躍する市民を

  今日まで育んできたことを振り返れば、こうした市民と職員の協働による実践の

  意義について、問い直してみることが大切ではないかと考えます。

 ≪全体事業が目指すもの≫

  イ、市内の公民館を拠点に行われている学習や地域活動等、

    実線活動の発表・交流の場。

  ロ、地域をよくしていく為に行動する人、地域づくりを担う人材を育成する場。

  ハ、時代に即した地域における公民館の存在や役割、あり方を考える場。

 ≪基本的な考え方≫

  イ、公民館全館で取り組む。

  ロ、公民館職員と公募又は推薦による市民等からなる実行委員会を

    組織して取り組む。

  ハ、共通の全体テーマ(課題)に関連する実践発表(報告)と

    意見交流を基本に取り組む。

  ニ、公民館が事前に開催要項(素案)を検討した上で企画実行委員を募集する。

  ホ、企画実行委員会は必要に応じて開催し、併せて職員会議等で十分な

    意思疎通と共通理解を図る。

 ≪公民館実践交流集会の実践に向けて≫

  (1)公民館実践交流集会の目的(ねらい)

    地域づくりや地域課題の解決に向けた公民館での活動、

    地域の多様な取り組みの中から、全体テーマを設定し、

    そのテーマに関連した実践発表と意見交流を基本に捉えながら、

    市民と職員が相互に学びあい、その成果を各公民館や地域の活動に

    還元していく中で、公民館活動全体の充実を図ると共に、

    これからの地域づくりに資することを目的に、

    木更津市公民館実践交流集会に取り組みます。

≪公民館実践交流集会の意義・目的・内容≫

  ①地域づくりや地域課題の解決に向けた公民館活動や地域の取組から

   全体テーマを設定。

  ②全体テーマに関する実践発表と意見交換を実施。

  ③成果を各公民館や地域に還元し、公民館活動全体の充実を図る。

  ④これからの地域づくりに資する。

(2)実施方法

 ①木更津市の16公民館全館で取り組む。

 ②市民(公募又は推薦)と職員による実行委員会方式により取り組む。

 ③実行委員会発足後、必要に応じて運営委員を追加募集又は依頼する。

 ④事前に検討した開催要項の素案を基に、詳細については実行委員会で決定する。

(3)全体のテーマ

  各公民館の実践内容や地域の活動の中から、

  取り上げてほしい課題(テーマ)について

  募集した結果、特に「地域づくり、まちづくり」

  「高齢者」に関するものが上位を占めたことから、

  29年度は「シニアが主役のまちづくり」を全体テーマに定めて

  取り組むことに決定。  

4、高齢者に関わる地域の特色活動

  (ア)地域の交流・サロン活動

     中郷公民館、波岡公民館、畑沢公民館、八幡台公民館、

     富来田・富岡公民館、岩根公民館、

  (イ)老人クラブの活動

     中郷公民館、波岡公民館、八幡台公民館、東清公民館

  (ウ)介護・認知症予防、健康づくりに関する活動

     桜井公民館、清見台公民館、畑沢公民館、八幡台公民館、

     文京公民館、中央公民館、西清川公民館、

  (エ)地区社協による敬老事業や地域福祉に関する活動

     岩根西公民館、中郷公民館、畑沢公民館、波岡公民館、

     富来田公民館、中央公民館、東清公民館、西清川公民館、

  (オ)地域包括支援センターによる相談・支援活動

     中郷公民館、波岡公民館、八幡台公民館、

  (カ)地域、社会に対する貢献、奉仕活動

     中央公民館、鎌足公民館

  (キ)学習成果の活用・地域還元活動   中央公民館

  (ク)地域づくり、その他        金田公民館

5、公民館における高齢者学級の主な活動内容

   ★高齢者の生活課題や社会参加に関するテーマ・内容(平成28年度実績より)

    (ア)健康に関すること口腔ケアや認知症、介護に関すること

      、体操や運動、調理などの実技、実習を含む。(16公民館)

    (イ)防災に関すること(移動教室を含む)

       中郷公民館、岩根公民館、八幡台公民館、波岡公民館

    (ウ)消費者トラブルに関すること

       富来田公民館、西清川公民館

    (エ)地域の高齢者福祉に関すること

       波岡公民館

    (オ)地域活動への参加に関すること

      (地区文化祭、学校行事への参加・小学生との体操交流など)

       鎌足公民館、中郷公民館、清川公民館

    (カ)サークル活動や地域でボランティア活動を行う人達との交流・

       促進に関すること

       富来田公民館、富岡公民館、八幡台公民館、畑沢公民館

    (キ)その他

       趣味教養、音楽、演芸、映画、芸術鑑賞、地域探訪に関すること、

       移動教室を含む   16公民館

   ★現状と課題

    (ア)個人の学習に留まらず、地域に還元していくような取り組みが必要。

    (イ)受講者の高齢化と固定化が進んでいる。

    (ウ)高齢化に伴い、自分自身の健康問題で参加が困難になる人が増えいる。

    (エ)参加者の年齢差が大きい為、学習テーマや内容を統一するのが難しい。

    (オ)企画や準備、運営が公民館任せにならなおいよう、

       より主体性を持たせる工夫が必要。

    (カ)学級生の意向を尊重するあまり、娯楽や受身的な内容、

       移動教室に偏ったプログラムにならないよう配慮が必要である。

 

 

 

Blog information

中央公民館 ライフ・スタディブログ

中央公民館 ライフ・スタディ活動報告

中央公民館 ライフ・スタディ

"人が喜ぶことと、地域貢献に少しでも役立つように努めています。 楽しく・仲良く・学ぶ心を大切に"

掲示板はこちら